新着記事

  • 百珍集part1

    第315回:鮭百珍(39)

    第315回:鮭百珍(39)さてさて。本日も、鮭百珍、どんどん続けてまいりたいと思います。本日は、39回目で、40品めの鮭レシピなのでございますが。う~む。毎度毎度、この何品相当か考えるのは、難しい話なんですよね、自分でも。(笑)今回のレシピは、「奇品」扱いでいいかな、と思ってはいるのですが。ええ、「鮭の串フライ」なのですけどね。ま~、鮭ってあまりフライにはしないお魚だと思いますし、フライにするとし...

    2020年4月8日

    竹内 一乃

  • 百珍集part1

    第314回:鮭百珍(38)

    第314回:鮭百珍(38)本日、東京、大阪、神奈川、千葉、埼玉、兵庫、福岡で新型コロナウィルスに対する非常事態宣言が、政府から出されることになりましたね。罹患者が埼玉や兵庫よりも多い北海道と愛知が政府の宣言の中に入ってないのは不思議ですし、宣言の日程も5月6日までというのは、どうやって作った区切りなのかな、という疑問もありますが、何といっても健康はすべての基本です。そして、この非常事態宣言の中、必...

    2020年4月7日

    竹内 一乃

  • 百珍集part1

    第313回:鮭百珍(37)

    第313回:鮭百珍(37)本日は、鮭百珍の37回目、38品めとなっておりまして。は~…これはね、もう、ハッキリ言って尋常品でございます。ちゃんと作ってはおりますが。…またもや、包丁を使っておりません。(笑)や、今回は丼メシではないですよ。一応。でも、おっそろしく簡単なレシピであることも間違いありません。え~とですね、本日のレシピは、「鮭の生ハム巻きソテー」なんでございま...

    2020年4月6日

    竹内 一乃

  • 百珍集part1

    第312回:鮭百珍(36)

    第312回:鮭百珍(36)ふ~…いつの間にやら、鮭百珍も3分の1を過ぎ、今日で36回目、37品めとなったわけでございますが。…必死で撮影しながら食べた時間より、それ使ってツブログして進む時間の方が妙に早いのはなぜなんでしょうね??あまり進行が早いと、次の撮影が追い付かなくって困っちゃうんだよ。…(笑)ともあれ、本日の鮭百珍は…う~む&hell...

    2020年4月5日

    竹内 一乃

  • 百珍集part1

    第311回:鮭百珍(35)

    第311回:鮭百珍(35)さて。本日の鮭百珍は35回目、36品めとなるわけでございますが。本日のこれは…う~む。…やっぱ、尋常品扱いかな?ちゃんと作っているので、決してバカ野郎じゃないですが、いたってフツーのレシピだと思いますので。…と申しますのも、本日のメニューは「鮭の南蛮漬け」でございますから。…でも、どういうわけか、見た感じが何か変な仕...

    2020年4月4日

    竹内 一乃

  • 知性

    「クリエイティブ思考」とは何か(7)

    無意識からひらめく 今回は、第5章「直感――無意識の声を聞く」を検討します。この章の要点は、無意識からひらめきを得るためには、外に「注意」を向けた状態から「内省」へと切り替える必要があるということです(スコット・バリー・カウフマン&キャロリン・グレゴワール『FUTURE INTELLIGENCE――これからの時代に求められる「クリエイティブ思考」が身につく10の習慣』大和書房、2018年、106頁...

    2020年4月3日

    中西 哲也

  • 百珍集part1

    第310回:鮭百珍(34)

    第310回:鮭百珍(34)さてさて。本日も引き続き、鮭百珍の34回め、35品めとなるわけでございますが。…これはね~、扱い的には…やっぱり、尋常品かなぁ。…ちゃんと作ってますが、珍しくもなんともないのですよ。…バカ野郎系ってわけでもないのですけど。佳品や奇品に入れられるほど、特別なレシピじゃないですし、かと言って、「通品」として名前だけで記載...

    2020年4月3日

    竹内 一乃

  • 百珍集part1

    第309回:鮭百珍(33)

    第309回:鮭百珍(33)さて。本日の鮭百珍でございますが。…もうねぇ。…コレ、どうしようかしらん。いや、ぶっちゃけてしまいますと、百珍入りさせられることはさせられる品なんですが、市販品なんですよ。ええ。分類的にはおそらく、尋常品扱いで良いかと思っている品です。でも、鮭フレークみたいなおバカそのものな取り扱いで片付けられるシロモノでもないですし。困ったな~と思って、一応...

    2020年4月2日

    竹内 一乃

  • 百珍集part1

    第308回:鮭百珍(32)

    第308回:鮭百珍(32)さてさて。本日も飽きもせず、鮭百珍シリーズをツブログしてまいりたいと考えておりますが。32回目なので、32品めとなりまして、本日のこれは、まあ、また、ソースだけ変えた鮭ですので、尋常品扱いでオッケーだと思います。(笑)ソースのレシピのバリエーションさえ増やせば、このソースだけで100レシピ、作ろうと思えば作れるんじゃないかなぁ。…フランス料理のシェフなら、そ...

    2020年4月1日

    竹内 一乃

  • 百珍集part1

    第307回:鮭百珍(31)

    第307回:鮭百珍(31)さて。本日は、鮭百珍その(31)ですので、31品めとなりますが。これもね~…多分、尋常品扱いだろうとは思うのですよね。ありきたりって言うか、ソースを変えただけですから。豆腐百珍だって、色を変えて別なものにしたのを、名前くっつけて別扱いしてましたもんね。鮭だって、ソースを変えたら別レシピ扱いしたっていいですよね。(笑)というわけで、本日のレシピは、鮭のグリーン...

    2020年3月31日

    竹内 一乃

  • 百珍集part1

    第306回:鮭百珍(30)

    第306回:鮭百珍(30)ありゃ。本日のお献立画像も、トマトレシピになっちゃってますね。これまた、何という偶然でしょうか。(笑)本日の鮭百珍は、その(30)ですから、30品めとなるわけでございますが。ええもう、ズバリ、これが「鮭のトマトソース」なんでございますよ。(笑)狙ったわけじゃないのに、トマト三昧になっちゃってるところがなんともはや。(笑)これをシンクロニシティと言わずして何と言いましょう。...

    2020年3月30日

    竹内 一乃

  • 百珍集part1

    第305回:鮭百珍(29)

    第305回:鮭百珍(29)ええと、本日の鮭百珍は、29回目になりますので、29品めとなるわけでございますが。ううむ。…多分、本日のこれは尋常品相当ですね。作るには作りましたが、例によって、包丁をまったく使ってない物なので、「バカ野郎」系になってしまっているのです。どんだけ手抜き料理ばっかり作りまくっとるんだ、オマエは。と思っている皆様、ハイ、そこはもう、申し開きなんぞ、まったくできま...

    2020年3月29日

    竹内 一乃

  • 知性

    「クリエイティブ思考」とは何か(6)

    「孤独な内省」という論理 今回は、第4章「孤独――ひとりの時間で考える」を批判的に検討します。この章の要点は、「創造」には「孤独」(Solitude)が必要だということです。その根拠として、「孤独な状態で内省すると」、「自分の心と親密になれる」ので、意味や洞察が得られるという点が挙げられています(スコット・バリー・カウフマン&キャロリン・グレゴワール『FUTURE INTELLIGENCE――これ...

    2020年3月28日

    中西 哲也

  • 百珍集part1

    第304回:鮭百珍(28)

    第304回:鮭百珍(28)はいはい。本日は、鮭百珍の28回目ですので、28品めとなるわけでございますが。どうしようかなぁ、これも。作るのはちゃんと作ってるんですが、メニュー的には結構平凡だしなぁ。…通品みたいな、名前だけ書いて終わり、にするほどひどくはないけど、作ろうと思えばいつでも作れるレシピでもあるので、特別な物でもないんですよねぇ。…ええっと、本日のレシピは「鮭の...

    2020年3月28日

    竹内 一乃

  • 百珍集part1

    第303回:鮭百珍(27)

    第303回:鮭百珍(27)はいはい。本日は、鮭百珍その(27)ですので、27品めとなるわけでございますが。…もう、コレ、どうしたもんでしょうね。(笑)何品相当にすりゃいいんだか、自分でも判断に困ってるんですけど。いや、何に困るって、本品は一応、ちゃんと料理なんですけど、簡単すぎちゃうのと、道具的に見て、絶対に日本料理じゃないだろうとも思うからでございまして。ううう。ど~しよう。どうし...

    2020年3月27日

    竹内 一乃

  • 百珍集part1

    第302回:鮭百珍(26)

    第302回:鮭百珍(26)それでは。本日の鮭百珍はその(26)ですので、26品めとなるわけでございますが。これはね~…多分メニュー的には尋常品にしちゃっていいだろうと思います。わりと普通に作る物じゃないかと思いますし。佳品にするほど手間もかかってないですし、具を変えれば他の百珍にも使えてしまう品ですから、やっぱ、尋常品で良いだろうと思います。えっと、本日は「鮭のクリームシチュー」でご...

    2020年3月26日

    竹内 一乃

  • 百珍集part1

    第301回:鮭百珍(25)

    第301回:鮭百珍(25)ここをお読み下さっている皆様へ。本日のツブログをする前に、感謝と御礼を申し上げます。このブログに連載を開始して以来、連載回数が300回を超えました。いつもお読みくださって、本当にありがとうございます。ここまでどうにか続けてこられましたのは、ブログの執筆を続けていくようにと励ましてくださる方々のおかげです。本当に感謝とお礼を申し上げたい気持ちでいっぱいです。このブログを開始...

    2020年3月25日

    竹内 一乃

  • 百珍集part1

    第300回:鮭百珍(24)

    第300回;鮭百珍(24)さてさて。昨日のカリフォルニアロールは、まあ、出汁巻き卵は買ったものですけど、鮭の漬けと、きゅうりのピクルスは自家製だし、アボカドもちゃんとスライスして(のっけただけですが)作った物なので、ちょっと頑張って仕事した方かと思いまして、佳品扱いしてみましたが。…今日のこれは…バカ野郎系かもしれません。いや、料理としては、きっと、佳品相当だろうと思う...

    2020年3月24日

    竹内 一乃

  • 百珍集part1

    第299回:鮭百珍(23)

    第299回:鮭百珍(23)おやおや。本日の画像のお献立も、今日はどうやら鮭がらみになっちゃってますね。(笑)でもって、本日は鮭百珍の23回目ですから、23品めになるわけでございまして。ん~と…本日のレシピは、多分、「佳品」扱いには出来るんじゃないかと思います。一応、まともに作ってますし、バカ野郎ではないです。珍しく。(笑)もしかすると、鮭の洋風春巻き以来かなぁ。(笑)ええと、本日のレ...

    2020年3月23日

    竹内 一乃

  • 百珍集part1

    第298回:鮭百珍(22)

    第298回:鮭百珍(22)ふ~…なんとか、5分の1は、鮭百珍を続けてまいりましたが。まだまだ続きます。(笑)で、本日はその22回目になりますので、鮭百珍22品めなわけですが。これもね~、ちゃんと作ってはいるのですけど、まあ、尋常品相当でしょうねぇ。メチャメチャありきたりなレシピですので。「だから、ど~した。」とぼやいてしまうレシピなのですよ。ええ、「鮭ときのこのホイル焼き」なものです...

    2020年3月22日

    竹内 一乃

著者一覧