新着記事

  • レシピ:卵料理

    第84回:卵百珍その6

    第84回:卵百珍その6卵百珍もいよいよ大詰めとなりました。頑張って最後の103番目のレシピまでツブログしたいと思います。86)牡丹卵の仕方…鍋に湯を沸かし、新鮮な卵を半紙2枚重ねた所に割り込み、崩れないように1つずつ紙に包んで、その中に黒ゴマを少し入れ、紙の口をねじってこよりにして、くくって沸かしたお湯の中に入れてゆで、よくゆがいてから水の中に入れ、包んだ紙を取り外し、酒だしを作って...

    2019年8月21日

    竹内 一乃

  • レシピ:卵料理

    第83回:卵百珍その5

    第83回:卵百珍その5卵百珍シリーズ、まだまだ続きます。本日も頑張ります。69)金平糖卵の仕方…卵の白身を布で濾し、卵鍋をよく焼いて、布で濾した白身を箸の先で、少しずつ落として焼く。あまり大きい物は良くない。これをたくさん焼いて取り置いて、白砂糖を合わせる。この小さく焼き置いておいたものを、一つ宛玉の汁をつけて焼けば丸くなる。生姜の汁を混ぜ合わせて焼くのも一段と良い。原文:たまごの、...

    2019年8月20日

    竹内 一乃

  • レシピ:卵料理

    第82回:卵百珍その4

    第82回:卵百珍その4さて。本日も卵百珍頑張ります。52)大苞(おおつと)卵の仕方…卵を10個ほど割り、あらく溶いて、粽卵のように、紙で5~6寸(15センチ~18センチ)程度の深さの筒を作って紙の合わせ目のところは糸で縫って、粗く溶いた卵を入れて、口をしっかりとしばって、それを葦か藁でぐるりに巻き付け、三か所ほど細い糸でくくって、苞目のようにしてゆがくか蒸す。よく炊き上がったところへ...

    2019年8月19日

    竹内 一乃

  • レシピ:卵料理

    第81回:卵百珍その3

    第81回:卵百珍その3昨日の卵百珍の中には、定家卵だの、源氏卵だの、利休卵だのが出てきておりました。その時に、どうも不思議だったことがあります。定家って、多分、平安時代の歌人の藤原定家のことで、利休はきっと千利休のことだろうと思うのですけど、豆の粉を放り込んで泡立てて、卵をぶつぶつとスが立った状態にした物(つまり、メレンゲですが)が何で定家と言われるんだろうというのと、白ごまと古酒と卵を組み合わせ...

    2019年8月18日

    竹内 一乃

  • 椎野潤ブログ山村振興

    山を疾駆 世界の頂きへ スカイランニング 研修医の傍ら 己と闘う

    [緒言]今日も「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言研修医の高村貴子さん(26)は「スカイランニングのトップ選手です。スカイランニングは、2016年にはじめたのですが、2017年に、アジア大会で優勝しています。凄く、足が早いのです。2019年春から、山麓にある国立病院機構「信州上田医療センター」(長野県上田市)で、働きはじめました。研修医は、内科や救急科など、様々な分野を経験する期間です。早朝か...

    2019年8月18日

    椎野 潤

  • ヒューマン・ディレンマ

    「承認」について(8)

    斎藤環とフランクル 前回は、筆者の個人的経験から、精神のリハビリ施設の問題点を指摘しました。その問題点とは、先に他者からの承認を得られることを期待して、自分から承認を与えることが後回しになるということです。 今回と次回の記事で批判的に検討しますが、この問題点は、斎藤環の問題点でもあります。斎藤は、自分で自分の存在を承認することを起点として、他者を承認することを優先するべきだと言います。それにもかか...

    2019年8月17日

    中西 哲也

  • レシピ:卵料理

    第80回:卵百珍その2

    第80回:卵百珍その2昨日、銀糸卵と、かもじ卵のところを書きつつ、「銀箔って、今でも食用として認められていたかなぁ。」と思いまして、もし、銀箔が食用として使うことが現代で禁止されていたなら、代用品はお菓子用トッピングに使うアラザンを薄紙状態にしたやつかな、とか、炭入りの食べ物は現代でもたまに見かけるけど、イカスミを使った方がおいしくなるし、きっと黒さもはっきり残るんじゃないかな、とか、青海卵はあお...

    2019年8月17日

    竹内 一乃

  • 椎野潤ブログ山村振興

    秋田との縁 つないだ神社 神田駅西口商店街

    [緒言]今日は「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言江戸時代から、今日に至るまで、長い間だ濃密な間柄を築いてきたのに、余り大きな動きは、出なかったのです。それが最近になって、急に華が咲いたのです。このような旧藩の人達は、次の世代を見る目があり,事業センスを持っています。資金なども、自力で容易に超勝つします。ここで頭角を現わしたのは秋田県中部の、農村地五城目町です。背骨がしっかりした社会を持つ重厚...

    2019年8月17日

    椎野 潤

  • レシピ:卵料理

    第79回:卵百珍その1

    第79回:卵百珍その1豆腐料理編で、豆腐百珍なるものを見つけて、あまりに面白かったので、そのレシピを丸ごとツブログさせていただいておりましたが。実はこの百珍シリーズはですね、なんと、卵や鯛、甘藷(さつまいも)、海鰻(ハモ料理)、蒟蒻、柚版などもありまして、それの復刻版が、出版されているのですね。これらの百珍シリーズの存在を知った時には、ちょっともう、びっくりするのを通り越してしまって、面白すぎて、...

    2019年8月16日

    竹内 一乃

  • 新世代医療の展開

    「がんの味方」を攻撃 薬効を妨げる細胞・組織を狙う

    [緒言]今日は「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言オブチーボという「がん免疫薬」が開発された時、私は、人類の医療は、大きく変わったと思いました。それまで治すことが困難だと信じられてきた、末期がんが,この免疫薬の投与で、見事に治癒したからです。でも、この凄い抗がん剤の登場は、人類の「がん」との闘いの次なるステージの門を開くものに過ぎなかったのです。抗がん剤に、「がん」と闘う抗体が発見されましたが...

    2019年8月16日

    椎野 潤

  • レシピ:卵料理

    第78回:卵いろいろ

    第78回:卵いろいろ。さて、本日は卵のいろいろについて、ツブログしてみたいと思っております。そう思ったのは、何を隠そう、「ダチョウの卵」が原因でした。鶏卵が食べられるのは当たり前なんですけど、いったい世の中にどのくらい、鶏やうずら以外の卵で食べられる卵があるのだろうと思って、興味がわいたので調べてみたのですよね。そうしたら、・アヒルの卵・ダチョウの卵・ハトの卵・鯛の子・筋子・数の子・飛び子・キャビ...

    2019年8月15日

    竹内 一乃

  • 令和の新しい日本を作ろう

    いよいよ カーシェアの時代 自社所有やリースが主流の営業車 カーシェアに急速に置き換え

    [緒言]今日は「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言自社所有やリースが主流だった営業車を、カーシェアーで置き換える企業が相次いでいます。これを仕掛けたのはカーシェアー最大手のパーク24です。パーク24は、積極策を繰り出しカーシェア事業を、順調に拡大しました。でも、大きな悩みも浮上していたのです。個人会員は、休日に集中します。急増する会員数に合わせて配車すると、平日は閑散としてしまうのです。パーク...

    2019年8月15日

    椎野 潤

  • レシピ:卵料理

    第77回:食中毒・卵の衛生ポイント

    第77回:食中毒・卵の衛生ポイント昨日、サルモネラ菌と卵についてツブログさせていただいておりましたが。食中毒は私自身も大変気になりますので、ちょっといろいろと調べてみましたところ。食中毒の原因菌って、本当にいろいろあるんですねぇ。私自身もO-157やサルモネラ菌、ノロウィルス、赤痢、コレラくらいは聞き覚えがあったものの、他は大して知らなかったのですけど。①サルモネラ菌②腸炎ビブリオ③出血性大腸菌O...

    2019年8月14日

    竹内 一乃

  • ヒューマン・ディレンマ

    「承認」について(7)

    「ディレンマ」と「矛盾」 前回は、承認が循環するという、斎藤環の「構図」を批判するために、筆者の個人的な経験を例に出しました。自分で自分の存在を承認することを起点として、他者を承認するという論理には、筆者も賛同します。しかし、斎藤は、この「内」から「外」という論理と同時に、「外」から「内」という論理にも期待を表明しているのです。 すなわち、斎藤は、他者から承認を得られることを期待して、他者を承認す...

    2019年8月14日

    中西 哲也

  • レシピ:卵料理

    第76回:卵とサルモネラ菌

    第76回:卵とサルモネラ菌日本では、生卵が、卵かけごはんとか、すき焼きのつけだれとか、納豆と和えるとかして、普通に食べられておりますが。これは海外では非常に珍しいことなのだそうです。海外では、「生卵を食べるのは、日本人とロッキーだけ。」と言われているとか。(笑)なんで日本の卵は大丈夫なのだろうと思って、調べてみましたところ、日本では鶏がサルモネラに感染しないように抗生物質を餌に混ぜたり、サルモネラ...

    2019年8月13日

    竹内 一乃

  • レシピ:卵料理

    第75回:栄養強化卵

    第75回:栄養強化卵最近、牛乳でカルシウム強化乳とか、そういう加工乳が登場しておりますが。どうやら、低脂肪乳や無脂肪乳は、牛乳として認められるそうですが、カルシウムを加えたら、加工しているので、加工乳になるのだそうです。それに、卵にもそういうのがあるんですね。有名どころといたしましては、ヨード卵あたりだろうと思いますが。いったい、どうやって卵にそんな栄養を強化させられるんだろう、と思って調べてみま...

    2019年8月12日

    竹内 一乃

  • 椎野潤ブログ山村振興

    京都アニメーション支援金100億円突破 名作のモデルになった地域を巡回する巡礼の流れが発生 祭の神輿も登場

    アニ[緒言]今日も「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言京都アニメーションの事故には、多くの人々が心を痛めました。また、同社の世界に発信してきた作品が、どれだけ多くの人々を感動させていたのかも、よくわかりました。世界中で京都アニメーションを支援しようという動きが出ています。また、京アニ作品の熱烈なファン達は、京セラの名作の舞台になった地域を巡礼する「京アニ巡礼」を始めています。これらは、SNSで...

    2019年8月11日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くサプライチェーンマネージメント

    タイ ライドシェア合法化へ グラブのロビー活動実る

    緒言]今日も「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言タイのライドシェアーが、ついに合法化されます。法制化が事実上確定しました。私は、日本のマスコミが、「日本では白タクが禁止さている」といつも書いていましたから、タイなの大規模に、ライドシェアーを実施しているところは、白タク禁止はないのかと思っていたのです。でも、白タク禁止だったのです。違法な状態で数百万台が走っていました。警察は違反者を次々と逮捕し...

    2019年8月10日

    椎野 潤

  • 新世代医療の展開

    中国 新薬開発拠点として台頭 日米欧 中国13億人のデータを活用

    [緒言]今日は「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言日米欧の製薬会社が中国で、研究開発体制の整備に動きだしました。仏サノフィ、塩野義製薬は、中国の13億人を超える国民の医療に関するデータを使い、難病やアジアに多い消化器疾患などの治療薬の開発を開始しています。中国政府の臨床試験(治験)や特許制度の整備で、米欧に先駆け承認された新薬すらも、登場したのです。中国は、近年技術レベルが急速に高くなり、、開...

    2019年8月9日

    椎野 潤

  • 令和の新しい日本を作ろう

    はやぶさ2 成果「1000点」 科学・工学 両方の目標達成

    [緒言]今日は「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」は、小惑星「りゅうぐう」への着陸に2回連続して成功しました。まだ、このあと、採取した大事なサンプルを地球に持ち帰るという、最後の大仕事が残っていますが、日本経済新聞は、現時点で、成果は「1000点」と評価しています。「出来れば達成したい、夢の目標『エクストラサクセス』」に関して言えば、「工学...

    2019年8月8日

    椎野 潤

  • ヒューマン・ディレンマ

    「承認」について(6)

    「愛」の問題 前回は、斎藤環の「構図」を抽出して、それに内在する問題を指摘しました。簡潔に言えば、その問題とは、次の点に対する認識が不十分だということです。すなわち、他者との関係構築を重視することと、自分で自分の存在を承認することが、両立しがたいという点です。 今回は、このディレンマの具体例を挙げて、斎藤の「構図」の問題点をより明確にします。今回は、他者との関係構築を、親や家族ではなく、赤の他人と...

    2019年8月7日

    中西 哲也

  • 椎野潤ブログ山村振興

    インドで独自の「セブンイレブン」がはじまる 3~5年で500戸

    [緒言]今日から「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言2019年7月17日の日経新聞に、インドのセブンを運営をするインド企業、フューチャー・7・インディア・コンビニエンス社の最高経営責任者が、質問に応えた記事が出ていました。私は、この内容のブログを、2019年3月に書いています。内容は、ほとんど、同じです。すでに4カ月たっています。いかにも動きが遅いのです。でも、今回は、未来への計画が出ていまし...

    2019年8月4日

    椎野 潤

  • 椎野潤ブログ山村振興

    うなぎの養殖 商用化一歩前進 食味は人工ふ化に軍配 課題はコスト低減 年間1億匹ふ化必要

    [緒言]今日も「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言2019年7月上旬、養殖業者や専門店の店主ら十数人が都内に集まり、2種のうな重を試食しました。一つは普通の養殖ウナギ、もう一つは人工的にふ化させた稚魚を大きく育てたものです。食べ比べの結果、プロは人工ふ化ウナギに軍配を上げました。完全人工養殖の「うなぎ」は、味も見た目も優れていたのです。でも、課題は山積しています。まず、コスト低減が必要です。さ...

    2019年8月3日

    椎野 潤

  • 令和の新しい日本を作ろう

    外国人の子 保育に工夫 異文化の歩み寄りの場つくり 自動翻訳機大発展 スマホ上の自動翻訳アブリ 言葉の壁を越える鍵

    [緒言]今日は「過去ブログ」の継続です。□ 今日の一言保育施設で外国にルーツを持つ子どもが増えています。それで、現場は試行錯誤を重ねています。保護者を含め、コミュニケーしョンをどう深めるか。外国人保育士の採用や翻訳機活用など、様々な工夫が広がっています。近年,多言語自動翻訳アブリの開発が急速に進みました。そして、これを基幹にする様々なサービスを提供するスタートアップが林立しています。これらのサービ...

    2019年8月2日

    椎野 潤

  • ヒューマン・ディレンマ

    「承認」について(5)

    斎藤環の「構図」 前回は、「鏡像」関係の理論における「相互承認」の論理を説明しました。今回は、斎藤環の文献を読み解きながら、斎藤の「構図」を抽出していきます。 まず、「相互承認」の論理は、他者からの承認で自己愛が成立するという前提に依拠しています。ちなみに、「自己愛とは自分という存在を温存していこう、サバイバルしていこうという欲望のこと」です(斎藤環「つながることと認められること」桐光学園+ちくま...

    2019年7月31日

    中西 哲也

  • 私の心に湧き出たもの

    病床のテレビで「連続テレビ小説」の女優の凄い力 を見た 世界から急速に遅れる日本 強力なリーダーが必要 天命を感受し天職に殉ずるリーダー その小さいモデルを見付けた

    □ 今日の一言日本は、今、激しく進化する世界から、どんどん遅れています。これを挽回するには、強大なリーダーが必要です。「地球レベルの世界の統合」を天命と信じ、天職に殉じて渾身の力を発揮する人物を、発掘しなければならないでしょう。そう考えていたとき、病床のテレビで、思わぬ発見をしたのです。「連続テレビ小説」の主演女優の若い女性は、役者の仕事を天職と信じ、与えられた役柄の人物の生きている目的を明確に把...

    2019年7月28日

    椎野 潤

  • 私の心に湧き出たもの

    病床のテレビで見た参院選の世界 ここで、私の心に湧きだしたもの

    □ 今日の一言 病魔に襲われ病床に伏していた私が、その憔悴した体で見た、テレビ映像での参院選の世界は、凄く異様に見えました。でも、生死の境目を彷徨っていた後の私にとって、貴重なものが、多く見えてきたのです。今、世界は激しく進化しています。その中で日本は、先進国の中でただ一国、どんどん、遅れはじめています。私は、ブログで「この実情を国民に知ってもらうのが、今の最優先課題だ」と、いつも、述べていました...

    2019年7月27日

    椎野 潤

  • ヒューマン・ディレンマ

    「承認」について(4)

    川崎殺傷事件の経緯 前回は、「どのように承認を得るのか」という第2の論点について理論的検討を行い、元農水省事務次官が起こした事件の根本原因を指摘しました。今回は、川崎市の殺傷事件を取り上げて、理論的観点から原因の探求を行います。 「ひきこもり」の人たちは、通常「通り魔」事件を起こさないと言われています。前回指摘しましたが、その理由について、土井隆義は次のように述べていました。それは、「ひきこもり」...

    2019年7月26日

    中西 哲也

  • 私の心に湧き出たもの

    突然の発熱 「腸閉塞」発病 72時間完全絶食 1週間で健康回復 退院

    [緒言]突然病魔に襲われ入院し、ブログを4日間、欠刊しました。本日、再発刊します。□ 今日の一言突然「腸閉塞」という恐ろしい病魔に襲われました。救急車で病院に運び込まれ、72時間点滴を受け、水一滴も口にしない完全絶食で、腸粘膜が血液流通障害の克服に苦闘し、病魔に打ち勝つ瞬間を、ひたすら待ちました。そして、見事に全快し、8日目に退院したのです。私にとって生涯忘れ難い貴重な体験でした。金曜ブログ「私の...

    2019年7月26日

    椎野 潤

  • ヒューマン・ディレンマ

    「承認」について(3)

    「共依存」と「鏡像」 前回は、「ひきこもり」当事者が、他者から承認されたいと望みながらもその望みがかなわず、「自己否定」から暴力に訴えるという構図を確認しました。 今回は、「ひきこもり」に関連した2つの事件を読み解く第2の論点として、「どのように承認を得るのか」という点を取り上げて、理論的な解説を付け加えたいと思います。 それは、「共依存」関係ならびに「鏡像」関係の理論です。土井隆義が指摘するよう...

    2019年7月22日

    中西 哲也

  • 椎野潤ブログ山村振興

    「アタマ先生」 塾・スポーツ・林業・農業作業のAI指南役

    □ 今日の一言人工知能(AI)が教え導く『AIコーチ』が広がってきました。思考パターンや体の動き、弱点を分析し、個々の特徴に合わせて改善法を助言します。精度も徐々に向上し、人間のコーチの補佐をする形で学習塾やスポーツ、職場などで力を発揮しはじめています。このAIの「アタマ先生」は、現状では、まだ、初歩的なレベルですが、経験を積ませれば、グングン利口になると思います。会社では、まず新入社員の教育の場...

    2019年7月21日

    椎野 潤

  • 椎野潤ブログ山村振興

    「パーソナルモビリティ」「電動一人乗り」多彩に 低速・短距離移動手段 高齢者も使いやすく

    □ 今日の一言高齢者でも使いやすい低速短距離移動手段が、続々と開発されています。2019年7月3日、東京・霞が関の経済産業省で開催された、小型モビリティの展示試乗会で、トヨタ自動車が、時速2~10キロメートルと歩く程度の速さの一人乗り電動車両を披露しました。これは、時宜を得た適切な提案でした。これなら、2002年に警察庁から、原動機付き自転車と同様と判断れた電動キックボードとは、明らかに違います。...

    2019年7月20日

    椎野 潤

  • 令和の新しい日本を作ろう

    政権支持率 20歳代 7割 日本の若者は改革志向

    □ 今日の一言今、参院選で激しい論戦が闘わされています。ここで、安倍政権の支持率に変化が起きています。日本経済新聞社の2019年6月の世論調査では、60歳以上の内閣支持率は49%、20代は7割でした。2012年~1016年には、差は小さかったのですが、2017年以降に15ポイント以上の差が生まれました。一般の通説では、政権への支持率は、高齢者ほど高く若者は低いとされています。第1次安倍政権や民主党...

    2019年7月19日

    椎野 潤

  • 令和の新しい日本を作ろう

    電気自動車専売 全品ネット通販のテスラ EV世界販売 4ー6月最高

    □ 今日の一言テスラのイーロン・マスク最高経営責任者は、必ず電気自動車の時代が来ると確信し、販売する車を、EV一本に絞りました。さらに販売も、「ネット通販時代」が来るとの信念を貫き、世界に展開していた販売拠点を全て廃棄し、販売員も全て解雇しました。私は、この決断は凄いと思いました。でも、自動車は、ネット販売には、すぐにはなじみにくいものです。足元の1~2期の赤字決算は必定だと、私は思っていました。...

    2019年7月18日

    椎野 潤

  • 令和の新しい日本を作ろう

    溶ける業界の境目 コンビニ・スーパー ドラッグストアと融合

    □ 今日の一言人口減少が続く日本国内で、事業規模の拡大を志向する大手小売にとって、スーパー、コンビニ、ドラッグストアーという業態の境界線は、極めて曖昧になってきました。ある分野で浸食したかと思えば、ほかの分野では手を組む。そこにインターネット通販も加わり,競争は、ますます総合力や規模が問われる複雑な局面を迎えます。国内のコンビニは、3社に集約されました。ドラッグストアーも、淘汰が進むと思われます。...

    2019年7月17日

    椎野 潤

  • 令和の新しい日本を作ろう

    北海道の過疎地 人口3000人以下の自治体34 コンビニ49店 セコマが36店

    □ 今日の一言コンビニエンスストアで、4年連続、顧客満足度日本一になったセコマは、北海道で1091店を展開しています。道内のほぼ全ての市町村に店を置いており、かなりの過疎地もカバーしています。セコマは、北海道民の信頼を一身に集めています。セコマは、製造から販売までを一貫しておこなうSPA(製造小売業、注1)の体制をとっています。SPAとしては、日本では、ユニクロが元祖と言われていますが、実際には、...

    2019年7月16日

    椎野 潤

  • ヒューマン・ディレンマ

    「承認」について(2)

    誰からの承認か 前回は、精神科医の斎藤環の分析に基づいて、「コミュニケーション」と「承認」という視点から、川崎市の殺傷事件と農林水産省の元事務次官が自分の息子を殺害した事件について説明しました。2件とも、「ひきこもり」が関連しているという報道がなされています。 管見の限り、斎藤が最も主張したいことは、「他者の承認に左右されずに、自分を承認すること」のようです。この主張については、別稿にて詳しく検討...

    2019年7月15日

    中西 哲也

  • 令和の新しい日本を作ろう

    日の丸技術 宇宙で健在 はやぶさ2 地中の砂採取 来年帰還 小惑星探査 世界に先行

    □ 今日の一言探査機「はやぶさ2」が、2度目の着陸に成功しました。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2019年7月11日、探査機「はやぶさ2」が、地球から2億4千万キロメートル離れた小惑星「りゅうぐう」への2度目の着陸に成功したと発表しました。2月とは違う場所への再着陸と地中にあった砂や石の回収は、いずれも世界初の快挙です。「はやぶさ2」は、半径3.5メートルの円内に、ほぼ狙い通りに着陸できた模...

    2019年7月15日

    椎野 潤

  • 椎野潤ブログ山村振興

    「僧侶は楽しい」 寺を地域社会の核に お寺は第2の人生プロジェクト

    □ 今日の一言私は、年を重ねるにつれ、一日一日の充実感が、長い人生の幸福度を大きく左右すると感じています。日本経済新聞に、そんな私の今の心に、ピッタリと響く記事が出ていました。それは開眼寺住職、柴田文啓さんが語られた言葉を書いた「僧侶は楽しい」という記事です。今日は、これを読んでブログを書きます。柴田さんは、自分の後に続くシニアサラリーマンのために、臨済宗妙心寺派管長だった河野太通老大師に、お願い...

    2019年7月14日

    椎野 潤

  • 椎野潤ブログ山村振興

    ロケツーリズムに地域が盛り上がる NHK大河ドラマが縁 岐阜の観光

    □ 今日の一言2020年1月から、岐阜県を舞台にしたNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の放送が始まります。岐阜県では、映像作品のファンを受け入れることで広く観光客の誘致につなげる『ロケツーリズム(注1)』に、総力を上げて取り組んでいます。「麒麟がくる」の放送が公表されたのは、2018年4月でした。それ以来、県と8市町村、観光団体でつくる「岐阜県大河ドラマ『麒麟がくる』推進協議会(注3)」は、...

    2019年7月13日

    椎野 潤

  • 令和の新しい日本を作ろう

    成長著しいインド経済 国民生活産業改革の鍵 鮮魚の流通 アイスマン 製氷装置をインドの漁港に

    □ 今日の一言アジアに経済が急成長している国があります。この国々で、今、凄く問題になっているのは、国民の収入の増大に合わせて、人々の生活向上を支えるべき産業が、ついて行けていないことです。私は、食品産業、特に「生食産業」の勃興が、鍵だと感じています。ここでは的を鮮魚に絞りました。すると、氷がポイントです。でも「氷」を作る、清らかで清潔な水がありません。「海水から氷を作る」ここが重要です。インドに上...

    2019年7月12日

    椎野 潤

  • レシピ:卵料理

    第74回:卵と脳

    第74回:卵と脳今回からは、卵について、ツブログしてみたいと思います。前に、完全栄養食について、ツブログしておりましたが。卵がその完全栄養食の1つであることは、どなたもよくご存じのお話だと思います。で、その完全栄養食である卵が、結構脳に良いそうで。名医300人が選んだ、健康食材トップ10というものと、脳を健康にするブレインフードというものがあるのですけれども、それによりますと、1位  納豆(腸内環...

    2019年7月12日

    竹内 一乃

  • 令和の新しい日本を作ろう

    iPS細胞で新型がん免疫薬 富士フィルム 独バイエルと開発 患者以外の細胞で作成 拒絶反応は抑制

    □ 今日の一言富士フイルムは、独製薬大手バイエルと組み、iPS細胞を使ったがん免疫薬の開発を開始します。iPS細胞を使う薬が、まだ世界で実用化されていない中、両社は大量に培養できる患者以外の第三者のiPSを用いた、がん免疫薬を開発します。このシステムの開発費は約270億円です。この90%をバイエルが投資しました。投資先は、富士フイルムの子会社と米国の強力スタートアップで作った、富士フイルムの米子会...

    2019年7月11日

    椎野 潤

  • レシピ:豆腐料理

    第73回:豆腐と昆布

    第73回:豆腐と昆布ええと。今回、何でこんなタイトルでツブログしようと思ったのかと言うと。豆腐の味噌汁を眺めていて、何となく思いついたことだったのですよ。家では、豆腐のお味噌を作る場合、その中には、必ずわかめも入れるのですが、そう言えば、2つとも当たり前みたいに入れて、普通に食べているけど、わかめと豆腐の食べ合わせって、良いのだろうか?と、ふと思ったのがきっかけでございました。で、ですね。調べてみ...

    2019年7月11日

    竹内 一乃

  • 令和の新しい日本を作ろう

    認知症薬「脳を掃除」に着目 グリア細胞 老廃物除去 富士フイルム

    今日の一言アルツハイマー病は、患者の数が多く治療が困難な病気です。現代医学で最も厄介な病と言えるでしょう。数年まえ、世界の大手製薬会社が次々と新薬開発の臨床試験(治験)でつまずきました。脳にたまる老廃物が原因とみてきた「アミロイド仮説」は、今、揺らいでいます。そんな中で、脳を守る「グリア細胞」を、研究のターゲットとする新発想に、注目が集まっています。これが、治療の突破口になるのか期待がかかります。...

    2019年7月10日

    椎野 潤

  • レシピ:豆腐料理

    第72回:納豆

    第72回:納豆世間ではもう、梅雨明け宣言も全国的に出終わる頃で、いよいよ夏の到来です。そんな中、メタボ脱出の為に豆腐について今回もあれこれとツブログしているのですけれども。不思議と、豆腐は冷奴のおかげで、夏にも合うイメージがありますよね。大豆加工品で、豆腐や油揚げやがんもどきや厚揚げが登場するのに、納豆についてツブログしないで、どうしましょう、というわけで。(笑)本日は納豆についてツブログしてみた...

    2019年7月10日

    竹内 一乃

  • 令和の新しい日本を作ろう

    沖縄科学技術大学院大学 「質の高い論文」で世界10位ランク入り 東京大学を上回る

    □ 今日の一言英科学誌ネイチャーなどを発行する学術出版大手のシュプリンガー・ネイチャーは、高い割合で優れた研究論文を発表している世界の研究期間のランキングを、初めてまとめました。このランキングの1~3位は、米コールド・スプリング・ハーバー研究所、オーストリア科学技術研究所、イスラエルのワイツマン科学研究所でした。このランキングで、日本の大学で首位になったのは、10位に入った沖縄科学技術大学院大学(...

    2019年7月9日

    椎野 潤

  • レシピ:豆腐料理

    第71回:豆腐と長寿

    第71回:豆腐と長寿いや~。江戸時代の圧巻の豆腐百珍が並んだ後だと、自分のツブログがものすごく恥ずかしいです。(笑)あんな斬新で、凝っていて、バリエーションが豊富な料理が、230~240年前に食べられていたというのも、すごいお話だと思いますし、よく、あれだけのものが現代まで伝わって残っていたな、というのが正直な読後の感想でした。現代でも、懐石料理などでは、板前さんの職人技が光る、すごい料理は食べら...

    2019年7月9日

    竹内 一乃

  • ヒューマン・ディレンマ

    「承認」について(1)

    内面のディレンマ これまで、自分の内面を見つめることが創造的行為につながるということを論じてきました。 以前に、藤原正彦の著書『国家と教養』を取り上げましたが、藤原も「内」の重要性を指摘していました。藤原の議論の要点は、筆者なりに解釈すれば、「外」の知識も重要だが、「内」の情緒ともつながらなければ、真の「教養」は培われない、ということです。 たしかに、社会との関係がなければ、内面には見つめるべき対...

    2019年7月8日

    中西 哲也

  • レシピ:豆腐料理

    第70回:豆腐百珍(絶品の巻)

    第70回:豆腐百珍(絶品の巻)さて、いよいよ、豆腐百珍も残すところあと7品となりました。百珍の中でも、最上級とされる絶品の7品がどういうものだか、私自身もワクワクしながら読みましたが、ここでそれを一気に並べてみます。94)油揚(あげ)ながし…豆腐を適当な大きさに切り、ごま油で揚げ、すぐに水に入れて油気をとる。葛湯を煮立てておき、油抜きした豆腐を入れる。浮き上がるところを掬い上げて、わ...

    2019年7月8日

    竹内 一乃

  • 令和の新しい日本を作ろう

    筑波大学スタートアップ教授が起業 「サイバーダイン」に続け 米国エンジェルの日本のスタートアップへの投資促進 日本人投資家の眼を開かせる

    □ 今日の一言今、スタートアップを生み出す場として筑波大学が注目されています。筑波大学では、教授たちが先頭に立ってスタートアップを起業しています。2018年度の調査で、筑波大学で起業したスタートアップは111社に達していました。バイオ・ヘルスケア関連が3割を占めており、人工知能(AI)やゲノム編集といった先端技術を応用しています。医療・介護用の装置型ロボットを開発するサイバーダインを先頭に、社会を...

    2019年7月8日

    椎野 潤

  • レシピ:豆腐料理

    第69回:豆腐百珍(妙品の巻)

    第69回:豆腐百珍(妙品の巻)妙品もたくさんあるので、再び頑張ります。76)光悦豆腐…酒を酒香がないほど長時間煮る。布目を落した豆腐を大き目の田楽にして、塩をまぶしてきつね色に焼く。煮ておいた酒の中に入れて、再び煮る。原文:酒を久しく煮て、酒香なきほどにし、豆腐羅紋をさり、大田楽にし、塩にまぶし、きつね色に炙り、右の酒へ入れ烹る也。77)真のケンチェン…豆腐1丁を12に...

    2019年7月7日

    竹内 一乃

  • 椎野潤ブログ山村振興

    訪日客 地方を満喫 消費額1兆円超え 3年で6割伸びる

    □ 今日の一言訪日外国人客の地方における存在感が高まっています。観光庁が公表した2019年版の観光白書によりますと、地方での訪日客消費額は2018年に1兆362億円になりました。2015年と比べると58%増えており、都道府県合計の消費額に占める割合も3割に近づきました。冬のスポーツや自然、農漁村を体験する体験型の「コト消費」がけん引役になっています。訪日客の地方訪問の次のブームでは、これまで観光地...

    2019年7月7日

    椎野 潤

  • 椎野潤ブログ山村振興

    旅する星と一期一会 農業の傍ら彗星との出会いを待つ 遠い未来を見て生きる 自伐林家の眼の輝きを思い出す

    □ 今日の一言日本経済新聞に「旅する星と一期一会」という見出しを見付けました。これは彗星(すいせい)の観測に、定年後の人生を賭けて生き生きと生きている人の話しです。これを読んでいると十数年前に、岐阜県加子母の山林で、自伐林家のご主人と会い、お話しをしたことを思い出しました。この方は、ようやく育った杉を伐りだし、苗を植えていました。私が「この森は、今が伐りどきなのですか」と聞きますと、「間伐です。木...

    2019年7月6日

    椎野 潤

  • レシピ:豆腐料理

    第68回:豆腐百珍(奇品の巻)

    第68回:豆腐百珍(奇品の巻)奇品の数もたくさんありますので、今日はまた、ちょっと頑張って並べてみます。57)蜆もどき…豆腐を丸ごと水なしで中火で煮て、出た水分を掬い取り、何度もそれを繰り返し、豆腐がボロボロになって、蜆のような形とサイズになったら、油でサッと揚げ、しじみを調理するように、稀醤油で煮る。青山椒を添える原文:豆腐を全(まる)ながら、水気なしに文武火にて、烹る。水いづるを...

    2019年7月6日

    竹内 一乃

  • 令和の新しい日本を作ろう

    2100年の日本の人口 伸び率マイナス0.52 主要7カ国で最低 国連人口推計から 世界の人口を考える

    □ 今日の一言国連は、2100年に、人口が減少する国・地域が全体の6割に上ると予測しています。アフリカなど途上国は人口の増加が続きますが、多くの先進国が人口減少に直面します。日本は1095年から2100年の伸び率が0.52%と主要7カ国(G7)で最低となる見通しです。この数字を見て、日本人は、どう考えるのでしょうか。惨めな貧しい国になると思う人がいるでしょう。発想を転換すれば、今までとは違う幸福社...

    2019年7月5日

    椎野 潤

  • レシピ:豆腐料理

    第67回:豆腐百珍(佳品の巻)

    第67回:豆腐百珍(佳品の巻)佳品はたくさんありますので、ちょっと今日は頑張って並べてみたいと思います。37)なじみ豆腐…上等の白みそをよく擦って、酒を混ぜて中央が薄くなるように伸ばして、その中に適当に切った豆腐を一時(約2時間)ほど浸す。そのまま文武火(文火=弱火、武火=強火なので、中火のこと)にかけて、煮立てて、長ネギの白い部分を刻んだものと、青唐辛子と、大根おろしを添える。原文...

    2019年7月5日

    竹内 一乃

  • レシピ:豆腐料理

    第66回:豆腐百珍(通品の巻)

    第66回:豆腐百珍(通品の巻)さて。今回のツブログは豆腐百珍の第二弾としまして、通品の巻とさせていただいておりますが。本の中では、通品は、「説明する間でもない」ってことで、品名のみ書かれている有様で、それも10品のみとなっているのです。でも、これを見ると何となく、尋常品と、通品って、もしかして順位が逆なんじゃないかと思いました。というか、誰もがご家庭で作って食べているとされている、江戸時代の尋常品...

    2019年7月4日

    竹内 一乃

  • 令和の新しい日本を作ろう

    マイクロソフトとグーグル ゲームの配信で激突 アマゾンはゲーム配信分野の担当者を 大量解雇または配置転換 クラウドの覇権をかけた勝負は どのような展開になるか不透明に

    □ 今日の一言何処でもスマートフォン(スマホ)で遊べる、クラウドゲームを巡って、IT(情報技術)大手の攻防が激しさを増しています。米マイクロソフトが、2019年10月に北米で試験配信を始めると発表しました。11月にサービスを始める米グーグルと激突します。これはクラウドの覇権争いに、相違はありません。でも、クラウド覇権を狙う大本命と思っていた米アマゾン・ドット・コムは、「ゲーム」分野の担当者の大量解...

    2019年7月4日

    椎野 潤

  • レシピ:豆腐料理

    第65回:豆腐百珍(尋常品の巻)

    第65回:豆腐百珍(尋常品の巻)さて。今回は、いよいよ私のブログライターとなるきっかけを作った、豆腐百珍について書いてみたいと思います。元々は、これまで記載してきた、肉料理、魚料理に続いて、豆腐料理についていろいろ調べていた中で、あまりに再々「豆腐百珍」の名前が出てきますので、いったいどういう本なのか、調べてみたのがきっかけでした。元々豆腐百珍は、天明2年(1782年)に刊行された、100種類の豆...

    2019年7月3日

    竹内 一乃

  • 令和の新しい日本を作ろう

    日本人のアルツハイマー病の原因となる「遺伝子の変異」を発見 遺伝子治療が確立すれば 日本民族はアルツハイマー病による「人格の喪失」を免れるかもしれない 日本社会は、幸福社会の構築の階段をもう一段登れる

    □ 今日の一言日本人のアルツハイマー病発症に関わると見られる遺伝子変異を、国立長寿医療研究センターなどのグループが見つけ、米科学誌に発表しました。アルツハイマー病が、遺伝子と深い関連があることになり、もし、遺伝子治療が可能になれば、単一民族である日本人は、遺伝子の共通性も高いと思われ、日本国民の多数が、その恩恵に預かれる可能性は充分あると思うのです。そうなると、アルツハイマー病の遺伝子治療の研究は...

    2019年7月3日

    椎野 潤

  • ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

    無人配送ロボット公開実験 ヤマト運輸 楽天 など多数参加 国主導で本格実験 法規整備も目指して

    □ 今日の一言政府は、無人配送ロボットの実用化に向けて、ヤマト運輸や楽天などを中心にして、2019年度内にも、公道で走らせる実証実験を実施します。2019年6月24日に官民協議会を立ち上げ、事故が起きた場合の責任の所在や安全性などの課題を洗い出します。過度な規制で技術革新に基づく市場の発展をそこなわないようにするため、2020年以降の道路交通法改正も視野にルールの整備を進めます。私は日本は、法整備...

    2019年7月2日

    椎野 潤

  • レシピ:豆腐料理

    第64回:精進料理と豆腐

    第64回:精進料理と豆腐今回、豆腐料理を扱うにあたって、精進料理は絶対にはずせないトピックだと、ずっと考えておりました。元々、精進料理はお坊さん達が常食されている食事であるのは、どなたもご存じの話だと思いますが、精進料理が現在の形になったのは、鎌倉時代のことだそうです。曹洞宗開祖の道元というお坊さんが、中国から戻って教えを広める中で、禅僧の食事を、日本の風土にあうように変えていったそうです。そうし...

    2019年7月2日

    竹内 一乃

  • 令和の新しい日本を作ろう

    ウーバー空飛ぶタクシー 一歩前進 豪でも実験

    □ 今日の一言米ウーバーテクノロジーズが、『空飛ぶタクシー』で、主導権を握りつつあります。ワシントンで世界の航空関係者らを集めた会議を開き、米国に加えオーストラリアでも商用化を目指すことを発表しました。ウーバーは、日本進出に強い意欲を示していました。ですから、私は、期待していたのです。でも、今回は駄目でした。オーストラリアのメルボルンが選ばれました。日本人は今回は、熱意において、メルボルン市民に負...

    2019年7月1日

    椎野 潤

  • レシピ:豆腐料理

    第63回:枝豆豆腐

    第63回:枝豆豆腐枝豆と言えば、ビールのおつまみ。(笑)それから豆腐が作られていると知ったのは、つい最近です。ご存じの方もいらっしゃると思うのですが、豆腐の製品で「波乗りジョニー」と言う、不思議な名前の豆腐がありまして、その枝豆バージョンに「枝豆ジョニー」と言う名前の豆腐があるのを見つけたのが、私の、枝豆豆腐発見のきっかけだったように思います。最初はそのユニークな名前を見て、「何、この不思議な名前...

    2019年7月1日

    竹内 一乃

  • 創造性

    「創造性」についての覚書(その七)

    提言の前提 今回は、〈川喜田二郎編〉の最終回になります。前回指摘したのは、川喜田の狙いとは対照的に、現代の若者が世界の「外」にいて、「今」を過去や未来との関係で捉えていないという問題です。 また、この「今の捉え方」が、「自分の歴史の捉え方」とも関連しながら、「自己意識」あるいは「個性」を形成してゆくのです。この点を踏まえて、最終回では、改めて川喜田の「核心的論理」の“矛盾”...

    2019年6月30日

    中西 哲也

  • 椎野潤ブログ山村振興

    訪日客 地元に呼び込め 農作業や自然体験 中期滞在 富裕層対象

    □ 今日の一言東京都多摩地区の商工会は、訪日外国人向けに、多摩への日帰りツアーを企画、販売する事業を始めます。多摩の自然や地元産食材を使った食事、農作業体験などが楽しめるツアーを提供します。都心部のホテルのコンシェルジュ(注1)と共同作業で、宿泊客の要望を聞き取って個別ツアーも造ります。ここでは、コンシェルジュが顧客の希望を充分聞いて、最も望んでいる処へ的確に行けるように、紹介することを目指します...

    2019年6月30日

    椎野 潤

  • レシピ:豆腐料理

    第62回:胡麻豆腐

    第62回:胡麻豆腐前回は、卵豆腐についてツブログさせていただいておりました。実を言いますと、豆腐料理編を組むにあたって、凍り豆腐と、卵豆腐と、胡麻豆腐については、どうしてもトピックとして入れておきたかったのです。というのも、凍り豆腐は、長寿の代表格の食材ですし、卵豆腐は卵由来の品ですし、胡麻豆腐は胡麻由来の食材ですし、元をたどれば、大豆と、卵と、ゴマですから。効能的に見ると、大豆サポニンやらイソフ...

    2019年6月30日

    竹内 一乃

  • 椎野潤ブログ山村振興

    廃校再生 地域に新風 元気な若いUターンのアイディアと行動力が成功に導く

    □ 今日の一言廃校になった学校が、民間施設として活用されはじめています。過疎地での賑わいの復活や雇用創出を狙う自治体や住民が誘致し、地域の活性化に一役買っている施設が増えてきました。廃校は、地域の人口減少の歴史を背負っています。段々、学校に通う子供が減り、とうとう廃校になった。その思い出は、この上なく淋しい思い出なのです。この廃校舎を地域の元気の元にするには、余程、強烈なエネルギーを感じさせるもの...

    2019年6月29日

    椎野 潤

  • レシピ:豆腐料理

    第61回:卵豆腐

    第61回:卵豆腐豆腐の起源ははっきりしていないそうなのですが。どうも一説によりますと、今からおよそ2000年位前の、中国の漢時代に淮南王の劉安という人が、創始したと言われているそうです。また、豆腐という文字が初めて登場するのは、それより更に時代が下がって、約1000年前に書かれた「清異録」に初めて登場したと言われているそうです。日本に豆腐が伝来したのは、奈良時代か平安時代と言われているそうですので...

    2019年6月29日

    竹内 一乃

  • レシピ:豆腐料理

    第60回:生揚げ(厚揚げ)

    第60回:生揚げ(厚揚げ)油揚げと生揚げは、何が違うのかって話になりますと。豆腐を薄く切って揚げると、油揚げで、厚く切って揚げると、厚揚げになるそうなんですよね、ズバリ言っちゃうと。つまり、どっちも豆腐の揚げ物ってことですよね。揚げてある食品ですから、当然、揚げてない豆腐や湯葉よりはカロリーが高いわけですが。どのくらいカロリー差があるのかと思って調べてみましたところ。厚揚げ(100g) &hell...

    2019年6月28日

    竹内 一乃

  • 椎野潤ブログ山村振興

    東京への女性流入が鮮明に 少子化に拍車 男性より東京に定住する女性 地域社会を変える視点が重要

    □ 今日の一言日本の少子化が拡大しています。2018年の合計特殊出生率(注2)は、3年連続の低下となりました。これは晩婚や非婚化が原因とされていますが、見落とされている重要な点もあるのです。それは都市にばかり日本の女性が集まる「女性の都市化」です。総務省の「住民基本台帳人口移動報告」で「転入超過数(注1)」の推移図を見ますと、東京に対する転入超過数は、2000年から2007年までは、男女共、年々増...

    2019年6月28日

    椎野 潤

  • 創造性

    「創造性」についての覚書(その六)

    「今」の捉え方 前回は、「個性」に関する、川喜田二郎の「核心的論理」を批判的に検討しました。簡潔に言えば、「核心的論理」の前提となっている「世界内的認識」は、「無我」の状態であるべきなのに、「環境」に意識を向ける主体が存在しているという問題を抱えています。 今後、この川喜田批判の意味を具体的に考えてゆくために、「今の捉え方」という問題を取り上げます。以下では、川喜田の議論と現代の若者の捉え方を比較...

    2019年6月27日

    中西 哲也

  • レシピ:豆腐料理

    第59回:湯葉

    第59回:湯葉湯葉は私の好物の1つなのですが。湯葉と聞くと、咄嗟に「千と千尋の神隠し」に登場する湯婆を思い出してしまう私は、宮崎アニメの見すぎなのでしょうね、きっと。(笑)でも、湯葉って、湯婆ともホントに書くのだそうです。…そういう、湯葉の別の字がわかってしまうと、「千と千尋の神隠し」に登場する湯婆というのは、湯葉の精霊か何かだったんだろうか。そうすると、油屋のお風呂は豆乳なのか、と...

    2019年6月27日

    竹内 一乃

  • 椎野潤ブログ山村振興

    日本のアニメ産業の古い体質を大変革 米ネットフリックス 日本のアニメ制作5社と提携

    □ 今日の一言動画配信の世界最大手企業。米ネットフリックス(注1)が、日本のアニメ産業で存在感を示し始めています。2018~2019年に、国内のアニメ制作会社5社と包括提携し、オリジナルアニメの制作体制を整えました。これにより制作会社は、長期間に渡り作品を供給し続け、安定収入を獲得できるようになりました。日本のアニメは、今、海外で凄く高い評価があるのです。でも、古い慣習が残る業界でした。それが、こ...

    2019年6月27日

    椎野 潤

  • レシピ:豆腐料理

    第58回:凍り豆腐

    第58回:凍り菽腐タンパク質が摂れる食材は、肉、魚に続いては豆腐だと思います。この豆腐料理については、今回はぜひ、豆腐百珍についても詳しく触れて行きたいと思っています。そして、豆腐料理の最初は、高野豆腐(凍り豆腐)について、ツブログしてみたいと思っております。凍り豆腐と呼ばれている、高野豆腐のルーツは、どうやら2~3通りあるようですね。1つは、高野山のお坊さんが、豆腐をうっかり凍らせてしまって、翌...

    2019年6月26日

    竹内 一乃

  • 令和の新しい日本を作ろう

    米ウーバー トヨタ自動車と共同開発の自動運転技術 日本市場に供給検討

    □ 今日の一言ウーバーテクノージーズは、トヨタ自動車などど共同開発中のライドシェア向けの自動運転技術を、日本市場にも供給する検討を進めていることを明らかにしました。ウーバーは、日本の現状を配慮して、旅客運送の許可を受けているタクシー会社などに技術や車両を提供することなどを検討していると思われます。これは日本の現状を配慮した適切な提案です。でも、日本政府は、方針を転換し世界一厳しい排ガス規制を定めて...

    2019年6月26日

    椎野 潤

  • レシピ:魚料理

    第57回:魚の食べ合わせ

    第57回:魚の食べ合わせさて。今回は何をツブログしようかなと思いつつ、魚料理に多い合食禁(食べ合わせ)について、選んでみました。日本は昔から魚介類を豊富に食べる国柄だからなのか、魚介類の食べ合わせとしてよくないとされているものが、結構多いそうなのですよね。なので、どれくらいあるのか、まずは調べてみましたところ。①うなぎと梅干し…うなぎの脂っこさと、梅干しの酸味が刺激しあって消化不良を...

    2019年6月25日

    竹内 一乃

  • 令和の新しい日本を作ろう

    香港企業 自動運転技術を日米欧中の20社に提供 香港企業の技術の世界展開が米中対立の緩和の糸口になれるか

    □ 今日の一言人工知能(AI)による画像認識の有力企業、香港のセンスタイムが、自動車の自動運転に関連して、2021年までに、世界の自動車大手20社に、システムを供給することが明らかになりました。同社は自動運転の実用化に必要なる社内監視システムのための、AIを使った高度映像の解析技術に、特殊なノウハウを持っており、2019年から順次、各社に提供します。現在、米中の対立が厳しくなっており、どこかで、相...

    2019年6月25日

    椎野 潤

  • レシピ:魚料理

    第56回:薬膳と魚

    第56回:薬膳と魚薬膳的オススメや、薬膳的グッドな食べ合わせや、薬膳による体質別にあった肉や魚などについて、これまでいろいろとツブログしてまいりましたが。お魚にもやっぱり、薬膳的にいろいろとツブログしておきたいな、と思うところはあるわけです。で、今回はその辺りについて、書いてみようかなと思っております。漢方のご本家である中国では、内陸に暮らす人々が多いためか、海の魚より、川の魚の方が一般的なのだそ...

    2019年6月24日

    竹内 一乃

  • 令和の新しい日本を作ろう

    多子世帯の保育 東京都が独自の支援策

    □ 今日の一言東京都は、国が2019年10月から始める幼児教育・保育の無償化制度に合わせて、子どもが2人以上いる多子世帯向けに、独自の支援策を導入します。第1子の年齢がネックで、国の制度の対象外になる世帯の保育料を減額したり、無償にしたりします。幼稚園利用者向けの独自の支援策も実施します。年間88億円を投入して、子どもを大勢育てている若者たちを支援します。これで、東京都で、沢山子どもを育てようと頑...

    2019年6月24日

    椎野 潤

  • 椎野潤ブログ山村振興

    森鴎外の古里の味 インターネットで通販 島根県津和野 東京文京区と連携 隔週自宅へ宅配 地域起こし協力隊 自伐型林業者育成 林産品製造業 家具・装備品産業 地域産業内で首位

    □ 今日の一言島根県津和野町の特産品を取り扱ったインターネット通販サイトが、2019年6月開設されました。このたび、野菜や加工食品などの津和野の特産品を、都内で隔週に宅配されます。私は、今、「林業再生と山村振興」を手伝っておりますが、この島根県津和野町は、林業と深い縁のある町です。津和野町役場は、「自伐型林業(注1)」の実践者を育てることを目的にして、「地域おこし協力隊」を募集しています。きめ細か...

    2019年6月23日

    椎野 潤

  • レシピ:魚料理

    第55回:筋肉と魚、それから鮭。

    第55回:筋肉と魚、それから鮭。メタボ、ロコモ、サルコペニアはそれぞれ全部、筋肉が衰えることによっておこる現象であることは、肉料理のところでツブログさせていただいておりましたが、じゃあ、筋肉が衰えるというのは、どういうことかと言いますと。それは、筋肉の繊維数が減り、筋肉が萎縮してしまうことを言うのだそうです。この現象は30歳を境に、どんな人にも必ず起こることだそうです。特に、40歳からの低下は、年...

    2019年6月23日

    竹内 一乃

  • レシピ:魚料理

    第54回:タコの効能

    第54回:タコの効能日本人は世界一イカを消費する民族らしいのです。少し前にもちょっと触れさせていただいておりますが。実はそれと同様に、日本はタコも世界の6割を消費しているのだそうです。タコをデビルズフィッシュと呼んで、タコを食べない地域や人々も世界にはあるようですが。タコ焼きやタコの刺身、タコときゅうりの酢味噌和え、タコめしなどをいただく文化圏に生まれた身としましては、こんなおいしいものを食べない...

    2019年6月22日

    竹内 一乃

  • 椎野潤ブログ山村振興

    南阿蘇復興 若者が語り部 古里に活気を取り戻す

    □ 今日の一言熊本地震で大被害を受け、3年過ぎても住民の帰還が進展しない熊本県南阿蘇村の集落で、若者らによる地元魅力発信の試みが始まっています。『にきわいを取り戻すためにも我々が先頭に立つ』若者たちは、意欲旺盛です。志ある若者が「語り部」になって苦しかった当時のこと、立ち直ってきた道のりを後世に語り継ぐ。そして、その機会に阿蘇山麓の雄大な風景を知って訪ねてもらい「観光立村」の道を拓く。これは、地域...

    2019年6月22日

    椎野 潤

  • 創造性

    「創造性」についての覚書(その五)

    「環境」と「個性」 今回から、前回抽出した、川喜田二郎の「核心的論理」とその前提を批判的に検討していきます。 川喜田の「核心的論理」とは、「環境」をしっかりと把握することができさえすれば、自然と「個性」や「主体性」も発揮できるという論理でした。この論理は、自己が自然・環境と一体であるという境地を前提として組み立てられていました。 このように、川喜田の「核心的論理」では、「環境」と「個性」という2つ...

    2019年6月21日

    中西 哲也

  • レシピ:魚料理

    第53回:フコイダン

    第53回:フコイダン日本で、海藻の薬効が初めて登場したのは、平安時代に書かれた「本草和名」という書物においてだそうです。そこには、「モズクはこぶや腫れ物を散ずる。アラメは婦人病を治す。コンブは13種の水腫を治す。黒焼きにすると梅干しと同じ効能があり、口、舌、歯牙の病を治す。水腫の病人にコンブと煮た鯉を食べさせると、小便の出が良くなり、病を治す」などと記載されてあるそうです。で、今回のタイトルは、フ...

    2019年6月21日

    竹内 一乃

  • 椎野潤ブログ山村振興

    めしべを作る遺伝子を解明 植物の成長の制御の構造解明 奈良先端科学技術大学 バイオサイエンスで世界一に

    □ 今日の一言奈良先端科学技術大学院大学の伊藤寿朗教授は、花のめしべを正しく作るのに欠かせない遺伝子の働きを解明しました。これは世界で初めて明らかにされた大発見です。まさに、山中伸弥先生のiPS細胞の発見に次ぐ世界的な発見だと、私は思っています。山中先生に牽引されて、日本は、今、バイオ医学で世界の先端を牽引していますが、伊藤先生の発見で、植物のバイオサイエンス領域も今後、大発展し、この療域でも、日...

    2019年6月21日

    椎野 潤

  • レシピ:魚料理

    第52回:イカとシジミ

    第52回:イカとシジミたしか、東日本大震災のすぐ後だったと思いますが、リュウグウノツカイ、とか、ダイオウイカ、とか、超巨大な深海魚がえらくいっぱい、海辺にあがってきていたのが、ニュースになっていましたね。リュウグウノツカイ、なんて深海魚は、図鑑や水族館の標本で以外、見たことなかったんで、ものすごくビックリしましたが。イカの特大版を見た時は、思わず、「あれ、スルメに出来るのかな。出来るんだったら、何...

    2019年6月20日

    竹内 一乃

  • 令和の新しい日本を作ろう

    2枚羽根 風力発電実験 洋上浮体式 コストの壁に挑む NEDO 日立造船など

    □ 今日の一言新エネルギー・産業技術総合開発機構と日立造船は、風車を海に浮かせる浮体式と呼ぶ風力発電で、2枚羽根の新型の発電機による実証実験を始めました。浮体式は遠浅の海が少ない日本で、洋上風力を広げる切り札として期待されているのです。でも、海底に風車を固定する主流の方式に比べコストが高いのです。新型では部材を簡素にしコストを下げました。日本政府は、全電力の風力の割合を2030年度に1.7%と、2...

    2019年6月20日

    椎野 潤

  • レシピ:魚料理

    第51回:アサリパワー

    第51回:アサリパワーダイエットに何で貝のアサリなのか。…意外かもしれませんが、アサリはダイエットに非常に適した食材の1つなのです。1日1食、必ずアサリの入った食事をしながらダイエットをするという、アサリダイエットなるものまで存在するくらい、実は、アサリはダイエットで人気の食材なのです。とは言っても、ダイエットに欠かせないのは、バランスの取れた食事だと思いますから、卵であれ、りんごで...

    2019年6月19日

    竹内 一乃

  • 令和の新しい日本を作ろう

    米ウォールマート 生鮮宅配 冷蔵庫まで スマホで開錠 アマゾンと対抗

    □ 今日の一言米小売り最大手ウォールマートが「イン・ホーム」サービスと呼ぶ新サービスを開始します。「イン・ホーム」サービスでは、不在の顧客宅に配達員が、スマホでドアを開錠できる「スマートロック」を使って中に入り、商品を冷蔵庫や倉庫に置きます。外出中の顧客は、配達員が家に入ってから出るまでの動作を、スマホで監視します。 これはウォールマートが顧客との間に、余程の深い信頼関係がなければ出来ません。私は...

    2019年6月19日

    椎野 潤

  • レシピ:魚料理

    第50回:エビの効能、それとダイエット中のおやつについて

    第50回:エビの効能、それとダイエット中のおやつについて今回は、エビの話も含め、ダイエット中のおやつについて、少しツブログしたいと思います。ダイエッターにとって、メタボ脱出するためには、お菓子とジュースは大敵、なのはまあ、仕方ない話ではあるのですけど。お菓子のない生活を送るのって、かなり難しいと思うんですよね。会社に行けば、出張や旅行や帰省のお土産にお菓子が配られますし。それまで普通に食べていたお...

    2019年6月18日

    竹内 一乃

  • 令和の新しい日本を作ろう

    改正古物営業法成立 マンションのフロントロビー 喫茶室 駐車場で フリーマーケット開催

    □ 今日の一言中古品を手軽に売れる場所が著しく増えました。買い取り場所の規制を緩和する改正古物営業法によって、車両型の移動式店舗や大規模マンションのエントランスのような場所での買い取りができるようになったのです。改正法がもたらす日本経済への効果は、多分、凄く大きいでしょう。なにしろ、これまで生産管理分野で最も重視されていた「生産管理」と「在庫削減」が、今、国レベルで、ぐんぐん、進んでいるからです。...

    2019年6月18日

    椎野 潤

  • 令和の新しい日本を作ろう

    ユニクロ日本事業 最高経営責任者(CEO)初の女性 柳井正氏の後を継ぐ 赤井田真希氏 アパレル産業の難局に挑む

    □ 今日の一言「新しい令和の日本を作る」ブログにピッタリの明るい記事を、新聞の記述の中で見付けました。世界の産業を牽引してきた「ユニクロ」の柳井正氏の後継に、女性の赤井田真希氏が就任したのです。これは「令和の新しい日本の夜明けに」ふさわしい希望に満ちた人事でした。ユニクロが世界に先駆けて進めてきた次世代システムに、今、世界のアパレル産業は、大転換しているのです。そのタイミングに合わせるように、日本...

    2019年6月17日

    椎野 潤

  • レシピ:魚料理

    第49回:魚油

    第49回:魚油ダイエットを考えるなら、油の話を避けて通るわけにはいかないと思うのですが、油と一口に言っても、いろいろありますよね。植物性油脂、動物性油脂、鉱物性油脂とか。植物性油脂はサラダ油、胡麻油、菜種油、オリーブ油、グレープシード油、亜麻仁油などが有名どころかと思いますし、鉱物性油脂と言えばこれはもう、シリコンオイルと石油でしょう。これは食べるわけにいきませんが。(笑)そして、動物性油脂の有名...

    2019年6月17日

    竹内 一乃

  • レシピ:魚料理

    第48回:がんと魚

    第48回:ガンと魚本日はガンと魚についてのお話です。ダイエットに何で、ガンが関係あるんだろう、と思われた方もいらっしゃるかもしれません。ダイエットさせなきゃならないのは、メタボな体であって、メタボの体が、実はがんと関係があるので、今回はその話をツブログしたいなと思っています。何しろ、日本ではここ30年間ずっと、死因の第一位はがんによる死亡なのだそうですから、がんとメタボの関係が深いとなると、触れず...

    2019年6月16日

    竹内 一乃

  • 椎野潤ブログ山村振興

    銭湯で心温まる フリーマーケット 「フロマ」 人が集まるイベントも

    □ 今日の一言人の集まる場として、銭湯を活用する動きが広がってきました。洗い場や脱衣場などを生かし、フリーマーケットなどを開催する試みが拡大しています。インターネットで、フリーマーケット「メルカリ(参考資料2、注1、2)」が、多くの客を集めました。それで、若い人を中心に、フリーマーケットが大きな人気になっています。この銭湯は都市部の例ですが、山村でも同じことが言えます。でも、山村では、都市部と同じ...

    2019年6月16日

    椎野 潤

  • レシピ:魚料理

    第47回:魚と血液サラサラ、そしてカロリー

    第47回:魚と血液サラサラ、そしてカロリー青背の魚に、DHAとEPAがタップリ含まれていて、それが認知症やら、生活習慣病やら、いろいろなことに効果があるのは、前回もツブログさせていただきましたし、あまりにも有名すぎるお話ではあるのですが。今回は、DHAとEPAが一気に有名になった、その最大の理由である、血液サラサラ効果について、もう少しツブログしたいと考えております。血液がドロドロになる原因の1つ...

    2019年6月15日

    竹内 一乃

  • 椎野潤ブログ山村振興

    生活保護受給者 頻回受診の通院回数 独居者 外国人が多数

    □ 今日の一言厚生労働省の調査から、生活保護受給者の医療扶助費が、1兆8千億円に上ることがわかりました。また、生活保護受給者のうち、独居者や外国籍の人が、必要以上に医療機関に通う「頻回受診」をしている割合が高いことがわかりました。この医療扶助費の節減のため「頻回受診」を減らす対策を考えている内に、「頻回受診」が多く起るのは、「社会とのつながりが乏しいこの人達が、病院に居場所を求めているのだ」という...

    2019年6月15日

    椎野 潤