内村鑑三「代表的日本人」を読む(2)

2012年4月5日

内村鑑三「代表的日本人」を読む(2)2.内村鑑三の思想の変化 私が、今、読んでいる本は、1908年(明治41年)4月29日に、警醒社書店から刊行された、英文著作、Representative Men of Japan(代表的日本人)の翻訳書です。その訳者は、鈴木範久氏で、岩波書店の発行です。第1刷は、1995年7月に発行され、今回、読んだのは2011年6月発行の第35刷です。 私は、内村鑑三の「後...

この記事は有料会員限定です。会員の登録をすると続きをお読みいただけます。

関連記事