「凧」を飛ばして 上空の強風で風力発電 グーグル系スタートアッブに英蘭シェルが出資

2019年2月28日

□ 今日の一言 風力発電に、凄い新技術が開発されました。風力発電の基礎や海上の浮体から牽引ワイヤーで結んで、300メートルの上空を、飛行艇発電機を凧(たこ)のように飛ばして発電するのです。上空は風が強いので、発電効率は高いのです。これは日本のように、風には恵まれているが、発電所が立地できる場所は限られている国に、適した技術だと思われます。 木曜ブログ「自然エネルギーの未来」 ...

この記事は有料会員限定です。会員の登録をすると続きをお読みいただけます。

関連記事