微生物や床振動などから電気を作る IoT機器を動かすセンサー電源

2019年4月6日

□ 今日の一言 微生物や振動から、微弱な電気を集める技術が注目されています。これは、あらゆるモノがネットでつながるIoTのために、あらゆるモノから情報を集めるセンサーの電源として研究が進展しているのです。でも私は、山中で孤立して働く林業作業や山林内に、広く分散して存在する苗木のデータの収集などに、最適な電源だと感じており、「林業再生と山村振興」に、極めて重要な技術だと感じています。 土曜ブログ「...

この記事は有料会員限定です。会員の登録をすると続きをお読みいただけます。

関連記事