賃金水準 世界に劣後 脱せるか「貧者の循環」

2019年4月8日

□ 今日の一言 日本の賃金が世界で劣後しています。過去20年間の時給で9%減少しています。主要国で唯一のマイナスです。記事は「貧者のサイクルを抜け出せるか」と書いています。このことに関する答えは、2019年3月22日の日本経済新聞の記事の最後の言葉が明快です。すなわち以下です。「200兆円強と、過去最高水準の現預金を抱える現在、向き合うのは人手不足だ。潤沢な原資を振り向けて成長を目指す局面に入った...

この記事は有料会員限定です。会員の登録をすると続きをお読みいただけます。

関連記事