脱せるか「低賃金のワナ」 非製造業の無人化が救う

2019年4月10日

□ 今日の一言非製造業の無人化・省人化のイノベーションが進み始めました。小売・介護・保育などでの人手による作業を、IT(情報技術)などで効率化する新しいビジネスが、次々と開発されています。製造業がこれにより、生産性が低いから賃金があがらないという悪循環から、抜け出せるとすれば、今、苦しんでいる日本経済も、ここで次なる展開を始めるでしょう。水曜ブログ「日本の未来を考える」 2019年4月10日(水)...

この記事は有料会員限定です。会員の登録をすると続きをお読みいただけます。

関連記事

  • 椎野潤ブログ山村振興

    「ランドバンク」地域を救う 街に新たな価値観を創出

    □ 今日の一言 人口減少下で、地域衰退の懸念のある処では、空き地や空き家対策が、大きな問題です。今、その対策として「ランドバンク」が注目されています。各地で、その試みが始まっています。でも、地域創成のための「ランドバンク」は、地域を衰退させないという「覚悟」とコインの表裏をなすのです。「ランドバンク」は「覚悟形成」から出発します。土曜ブログ「椎野潤ブログ山村振興」    ...

    2019年4月20日

    椎野 潤

  • ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

    トヨタ 特許無償開放 オープン戦略に転換

    □ 今日の一言 トヨタ自動車は、ハイブリッド車(HV)中心の電動技術の特許の使用権を無償で供与すると発表しました。トヨタは、電気自動車(EV)の本格的な普及には、時間がかかると見ています。トヨタは、当面は、HVや次世代のプラグインハイブリット車(PHV)が、「とりあえずの正解」ということになって、関心を持つメーカーは多くなると読んでいます。でも、私は、HVは過渡期の技術であると見ています。時間稼ぎ...

    2019年4月19日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くサプライチェーンマネージメント

    南アジアの電子商取引急拡大 若いスタートアップ急成長 米アマゾン等による市場独占阻止

    □ 今日の一言南アジアでは、今、電子商取引が急拡大しています。ここでは若いスタートアップが急成長し、米アマゾンなど世界大手による市場独占を阻止しています。ファッション電子商取引のジリンゴは、ファッション産業の素材産業と工場、完成品を売る自営業者をネットで結ぶ、サプライチェーンマネジメントを構築しました。トコペディアは、月間のサイト訪問者が1億6千万人に達する巨大サイトに育っています。膨大な販売デー...

    2019年4月18日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くサプライチェーンマネージメント

    アパレル ネット専業が台頭 サプライチェーンマネジメント形成 透明情報開示 ZARA H&M 世界で大量閉店

    □ 今日の一言アパレルのネット専業の企業が、世界各地で台頭しています。ここではサプライチェーンマネジメントが形成され、透明情報が開示されています。今、どんどん拡大しています。一方、アパレルの世界首位、2位のZARA、H&Mは、世界で大量閉店しています。水曜ブログ「未来社会を拓くサプライチェーンマネジメント」   2019年4月17日(水)□ アパレル ネッ...

    2019年4月17日

    椎野 潤

  • 椎野潤ブログ山村振興

    フルーツも「機能性」を売る 血圧抑制ブドウ 脂肪を減らす りんご 高価でも好印象

    □ 今日の一言健康維持に効果があるなどの成分を多く含むことを立証し、機能表示を認めるように消費者庁に届け出る「機能性表示食品(注1)」の果物が増えています。表示品の中には、通常品より3割高く売れているものもあり、店頭で存在感を高めつつあります。農家の高齢化で、青森のリンゴも生産が減るなかで、輸出を志向し、農家の所得向上に貢献しています。火曜ブログ「椎野潤ブログ山村振興」    ...

    2019年4月16日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    はやぶさ 金属弾命中 世界初 クレーター形成

    □ 今日の一言宇宙航空開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」は、金属弾を撃ち込んでクレーターを作る実験に成功しました。これは世界で初めての試みで、2019年2月の着陸に続いて日本の技術力を、世界に改めて示しました。このミッションは、衝突装置の分離、遠隔カメラによる撮影、小惑星の裏側への回避と、複雑な動きを全て、自動制御で実施しました。自由自在に、探査機を自動で動かせる高い技術を示しました。今後...

    2019年4月15日

    椎野 潤

  • 椎野潤ブログ山村振興

    地域起こし協力隊 過疎地で存在感 協力隊に何を協力してもらうのか

    □ 今日の一言 世界が激しく変化し続け、日本も、ここへ来て急速な進化を始めた、今日この頃、2009年から始まり、20年を越えて地域を支えてきた「地域起こし協力隊」の存在感が、一層、大きなものになってきました。山村を中心にした地域が、どんな姿になることを目指すのかが、明らかになれば、それに向かって元気に歩み始めることが必要です。「地域おこし協力隊」の役割も、大きく変貌していくでしょう。日曜ブログ「椎...

    2019年4月14日

    椎野 潤

  • 椎野潤ブログ山村振興

    スタートアップ各地で活躍 防災システムを手軽に開発

    □ 今日の一言災害予測や避難指示などを整備したいと思っている自治体には、スタートアップが大勢入り、ニーズに合わせた、スマホアプリをどんどん作っています。このようにスタートアップは、今、社会に困りごとがあるところに、密集して集まり、便利なスマホアプリを作り、新しい厚みのある社会を形成しています。スタートアップ集団は、災害対策でも、対応策造りを通じて、新しい安全社会の形成を推進しています。土曜ブログ「...

    2019年4月13日

    椎野 潤

  • 新世代医療の展開

    途上国を人道支援するワクチンの開発・販売 平和国家を標榜する日本の重要産業に 武田 アステラス 田辺三菱 出発

    □ 今日の一言ESG(環境・社会・企業統治)の視点による投資(注1)への関心の高まりが、追い風になり、日本の医薬品産業にも、ワクチン開発・販売のチャンスがきています。これは武力をもたない、世界で唯一の大国、日本の天職です。そのような方向に、国の存立の方向を絞り切った唯一の国として、なんとしても、活路を開いて行かねばならないと思います。ワクチンは、欧米の4大製薬大手に、90%、寡占されてきた世界です...

    2019年4月12日

    椎野 潤

  • 新世代医療の展開

    がん治療薬争奪 新薬高騰 英新薬会社 第一三共に7600億円投資

    □ 今日の一言有望なバイオ医薬品を持つ第一三共は、英国の新薬開発販売会社と提携し、7600億円を獲得しました。世界のがん治療薬市場は、今、拡大しています。そして医薬品の需要は、複雑多岐になってきています。今回のこの両社の提携は「包括提携」と呼ばれるものです。これは提携範囲を絞ってリスクを軽減させたものです。複雑化する市場の中で、今後は、このような提携が増えて行く思われます。 木曜ブログ「新世代医療...

    2019年4月11日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くサプライチェーンマネージメント

    ローソン全店セルフレジ 2019年10月までに 1万4000店導入

    □ 今日の一言ローソンが、1万4000店の全店のセルフレジの決断をしました。一部店舗で無人営業します。無人レジで会計し、午前0時から5時まで、店員ゼロを目指します。また、短期的な収益は度外視して、150億円を投じました。ローソンは、今回、極めて積極的です。リスクを負って勝負に出たローソンが、どれだけの果実を得ることができるのか。覚悟したリスクは、結果としては、どのようになるのか。ローソンの今回の「...

    2019年4月9日

    椎野 潤

  • 無料公開記事

    サイトのリニューアルオープンに際して(無料公開記事)

    私は、長年、念願していた「自分が、この世に生きていた記念に」、後世に遺す「最大遺物」としての「ブログ」を、この「先導者たち」というサイトで、書き始めました。私がこれまで書いてきたブログは、2012年6月から書き始めたもので、6年10カ月、1日も欠かさず書き続けています。それは、70歳代後半のこの頃、それを「天職」と自覚したからです。私を、そこへ導いてくれたのは、内村鑑三でした(参考資料1)。内村鑑...

    2019年4月8日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    賃金水準 世界に劣後 脱せるか「貧者の循環」

    □ 今日の一言 日本の賃金が世界で劣後しています。過去20年間の時給で9%減少しています。主要国で唯一のマイナスです。記事は「貧者のサイクルを抜け出せるか」と書いています。このことに関する答えは、2019年3月22日の日本経済新聞の記事の最後の言葉が明快です。すなわち以下です。「200兆円強と、過去最高水準の現預金を抱える現在、向き合うのは人手不足だ。潤沢な原資を振り向けて成長を目指す局面に入った...

    2019年4月8日

    椎野 潤

  • 椎野潤ブログ山村振興

    観光需要 地方にも波及 人を呼ぶ街づくり 外国人も呼び寄せる

    □ 今日の一言海外からの観光客の地方への訪問も増えています。最近は、目の肥えた客も多くなり、本当に凄いもの「本物」を見抜いて集まっています。でも、どこにも、顧客が飽きずに訪ねてくれるものがあるわけではありません。客足が衰えてきたと思えた地域などでは、訪日客に頼り切らずに、自助努力をすることが、とても大事です。地元の人達が楽しそうに談笑する空気。これに、観光客も引き寄せされます。そういう空気のある場...

    2019年4月7日

    椎野 潤

  • 椎野潤ブログ山村振興

    微生物や床振動などから電気を作る IoT機器を動かすセンサー電源

    □ 今日の一言 微生物や振動から、微弱な電気を集める技術が注目されています。これは、あらゆるモノがネットでつながるIoTのために、あらゆるモノから情報を集めるセンサーの電源として研究が進展しているのです。でも私は、山中で孤立して働く林業作業や山林内に、広く分散して存在する苗木のデータの収集などに、最適な電源だと感じており、「林業再生と山村振興」に、極めて重要な技術だと感じています。 土曜ブログ「...

    2019年4月6日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    ミノムシ クモの糸 紡ぐ 絹超す繊維 実用化間近

    □ 今日の一言 ミノムシやクモなどの生き物が生成するたんぱく質から高機能繊維を量産する研究が進んでいます。化石資源に依存していないだけに、自然環境にやさしく、優れた資材として実用化に大きな期待が寄せられています。また、この種の研究によるバイオインフォマティクス(生命情報科学、注1)の進展が、次世代医療に、新しい知見をもたらすことも、注目されています。 金曜ブログ「日本の未来を考える」 ...

    2019年4月5日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    国の戦略 AI人材 年25万人育成

    □ 今日の一言 国は、今は危急のときだと判断し、一番重要なAI戦略を、自ら立案し、自ら牽引し実行してくれる決断をしてくれました。これで日本は、激しく変化していく世界で、生存していけます。私は、これでやっと安堵しました。でも、これからの実施の具体的な進展が重要です。  木曜ブログ「日本の未来を考える」 ...

    2019年4月4日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    若年層 総裁4選に「賛成」過半数 目立つ若者たちの政権支持

    □ 今日の一言 安倍晋三首相の自民党総裁4選や、政府が進めている政策に、今、若年層は、強い支持を表明しています。私は、この調査結果で、日本の若者たちが、初めて政治に関心を持ったということに注目しています。日本も、ようやく、民主主義国家になれたのです。次の選挙で、若者の投票率が上がるのかどうかが注目されます。 今、社会は、安定志向から改革志向へ変わってきています。その状況の中で、この調査での若者...

    2019年4月3日

    椎野 潤

  • 自然エネルギーの未来

    風力発電活性化 中国風力発電企業積極活動 成長市場で日本勢どう動くか

    □ 今日の一言 日本の風力発電産業は、ようやく、本格的な展開期に入りました。中国の風力発電大手が続々と上陸します。日本企業は、どう対応するのでしょうか。これから一年、日本企業の本当の力が見られると期待しています。 火曜ブログ「自然エネルギーの未来」    2019年4月2日(火)□風力発電活性...

    2019年4月2日

    椎野 潤

  • 未来社会を拓くロジスティクス

    ヤマト運輸 宅配用電気自動車開発 独DHLと共同開発 順次4万台転換

    □ 今日の一言 ヤマト運輸は独物流大手のドイツポストDHL傘下のEVスタートアップと提携して、宅配便の配送に使う小型の電気自動車(EV)を共同開発します。ヤマトは2019年秋に、首都圏で500台を導入します。4万台ある車両を順次、電気自動車に切り換えます。 月曜ブログ「未来社会を拓くロジスティクス」 ...

    2019年4月1日

    椎野 潤