第2回 「英文」と「犯罪」の成立要件

2019年4月15日

殺人や傷害などの「犯罪」と「英文」の成立って何か関係があるのでしょうか。刑法199条の「殺人罪」とは「人」を「故意」で「殺した」場合、この「故意」が「不注意」になりますと210条の過失致死罪となります。第1回目でお話した司法試験の勉強の経験からHMメソッドも「英文」の成立要件に着目しました。即ち、英文として成立する為には、(1)「主語」「述語動詞」「目的語」「補語」という4つの要素で構成された、(...

この記事は有料会員限定です。会員の登録をすると続きをお読みいただけます。

関連記事