自己紹介とブログの狙い(無料公開記事)

2019年4月13日

自己紹介
 はじめまして。中西哲也と申します。
 ブログを始めるにあたって、まず、簡単に自己紹介をさせていただきます。
 
 私は、大学院で学問的探究を行いながら、教育業界にも携わってきました。
 
 第1に、大学院で「外交史」を専攻して、歴史や政治に関する文献を読んできました。とくに、E・H・カーやマルク・ブロック、そしてジョン・L・ギャディスなど、歴史的な分析手法を解説している歴史家の書物に魅力を感じました。彼らは、「現在・過去・未来」の関係について思索を深めることの重要性を説いています。
 
 後述するブログ執筆の動機や問いとも関連するのですが、世界の歴史に関してこうした分析手法を採用するのであれば、同時に、自分自身の人生の歴史に関しても振り返らねばならないと感じるようになりました。
 
 第2に、教育業界では、大学や専門学校の非常勤講師にくわえて、家庭教師や予備校講師、そしてそろばん塾講師なども経験してきました。
 
 机の上で理屈をこねるだけではなく、自分とは異なる価値観を持つ人たちとも積極的に対話することによって、意思疎通能力が高まったように感じます。他者との対話は、多角的な観点から問題を捉え直し、自分の独りよがりに気付かせてくれるといった効果もありました。
 
 書物やインターネットなどを通して知り得た知識を、自分の経験とも重ね合わせて、人間の“器”を広げてきたつもりでした。
 
ブログの執筆に関わりたいと考えた背景
 ところが、こうした作業を通じて成長していたはずなのにもかかわらず、「ある病気」の発症を阻止することはできませんでした。
 
 実は、私は「統合失調症」を患い、4年前に病院に(強制)入院しました。現在では、日本人の約100人に1人がかかっている病気で、決して珍しくなくなってはいますが、一昔前ですと、表現が悪いですが「キチガイ」と呼ばれていたでしょう。
 
 事実、私もこの病気にかかって、「幻聴」が聞こえてくるだけでなく、対話に支障をきたすようにもなりました。最近、統合失調症が漫画でパロディ化されて問題になったようですが、私も「支離滅裂」な受け答えになりがちでした。
 
 ちなみに、統合失調症の原因については、主に「ドーパミン」が脳内で過剰に分泌されるという点に求められているようですが、「ドーパミン」は「グルタミン酸」の神経伝達とも関係しているとも言われており、未だに解明されていないようです。
 
 広井良典が言うように、精神疾患のような「現代の病」を、「特定原因論」で解決しようとすることには限界があります。ストレスなどの心理的要因のみならず、コミュニティとの関わりといった社会的要因、そして経済的要因などが複雑に絡み合った結果、心身に悪影響が生ずるのでしょう(広井良典『ポスト資本主義』岩波書店、2015年、92-95頁)
 
 さて、本題に戻りますが、私がブログで発信しようと考えた背景には、病気にかかったという体験によって、自分の内側から「問い」が発せられるようになったことがあります。当然ながら、「なぜ私は病気になってしまったのか」という問いは、自分が病気にかかって、「死」に直面するという経験をしたからこそ、いっそう切迫したものとなりました。
 
 切迫した「問い」に対して、自分で「答え」を模索しようという意欲も湧いてきました。私は、医学の進歩にも助けられて、正常な日常を取り戻しつつあります。その過程で、自己の内に潜む「狂気」に心かき乱されつつも、病気の原因について「理性」で突き止めて、乱れた生活習慣や思考力を“元に戻そう”と、もがいてきました。
 
 以上が、私がブログを書きたいと考えた背景なのですが、病気を打ち明けることには、とまどいもありました。しかし、動機は、ブログの方向性を決定づける重要な要素です。ですから、この動機の説明を抜きにしては、ブログに未来はないと考え、正直にお話しすることにしました。
 
「問い」の設定
 統合失調症は、患者によって症状に差があり、依然として原因が未解明の病気です。もちろん、先に紹介した客観的な分析に基づけば、ストレスを解消して、他者と良好な関係を築き、そして金銭面での課題を克服するという方法が、論理的には導かれるでしょう。
 
 そのため、私は、次のような治療法を意識的に取り入れてきました。たとえば、座禅を組んで瞑想をしたり、何気ない日常会話を楽しんだり、徐々に仕事量も増やしてきました。
 
 けれども、もっとも必要なことは、自分と向き合うことなのかもしれません。統合失調症になって一番辛かったことは、自分が「狂っている」ことに自分で気づくときでした。幻聴に支配されるといった「陽性」反応が最初に起こって、薬を服用したあとには、鬱に似た「陰性」反応に苦しみました。ほぼ寝たきり状態になって、私の内面は、きたなく、みじめな感情で、充満していました。
 
 本来、こうした内向的な姿勢は否定的に評価されるのでしょうが、斎藤環は、「孤独」を肯定的に評価し直しています。「孤独のさなか、自己もまた他者にほかならないと悟る経験は、他者へと開かれる第一歩です」(斎藤環『ひきこもり文化論』紀伊国屋書店、2003年、202-208、215-219頁)。
 
 自らの内に他者と出会い、自問自答を繰り返す。そうすれば、他者ありきの自分といった不安定な自我とは対照的に、自己と折り合えてこそ他者とも折り合えるといった、安定した自我を形成できるかもしれません。
 
 少し前置きが長くなりましたが、私はブログにおいて、「自分やその内面を見つめるとはどういうことか」という問いについて書いていきたいと考えています。そして、こうした問いを設定する理由は、自分に向き合うことが「創造性」につながるという「仮説」があるからです。
 
おわりに
 著名な歴史家や思想家、小説家や歌手、そして起業家などは、創造的な行為で歴史に名を残しています。私は彼らの作品や体験に触れて感銘を受けてきましたが、同時に、「彼ら全員に通ずるもの」について探し出したいという欲求も持ち合わせていました。現時点では、「自分との対話」が「創造性」には欠かせない作業だという結論に達しています。
 
 具体的に、今後ブログで取り上げていきたいのは、次のような人物です。たとえば、スティーヴ・ジョブズ、尾崎豊、芥川龍之介、福田恆存、遠藤周作などです。
 
 「まず自分の内面の声に耳を傾けよ」といった言葉は、聞き慣れていて陳腐だと思われるかもしれません。それでも、私自身にとっては、「生きている証」を手に入れられるかのような響きがあります。もしかすると単に、自分の内面を根本的に見つめ直さずに“元に戻そう”としても、ある意味監獄のような病院に再び舞い戻ってしまうのではないかと恐れているだけなのかもしれませんが。
 
 社会のシステムを理解しつつも、それに責任を押し付けることなく、意識を内に向けて、苦難に立ち向かっていきたい。社会との不調和に悩み、精神的な安らぎを求めておられる方に、私のブログが「自分との対話」の機会を生むきっかけになれればと考えています。
 
 
 

関連記事

  • 人生

    いかに生くべきか

    いきなり暗い話で恐縮だが、統合失調症と診断された頃は、いまにも死にそうだった。どのように死ぬかが問題であった。今は、どのように生きてゆくかが、大問題になった。あまりにも漠然としているので、具体的に考えてみた。学習塾を大きくするという案。どう考えても、大手予備校に正社員で働いても、個人的な性格上、怠けようとするだろう。割に合わないからだ。しかし、自分が運営に関与するような環境であれば、積極的に動いて...

    2023年6月2日

    中西 哲也

  • 日本的なるもの

    自然と出会う

    太宰治の「津軽」を読んだ。太宰の帰郷は、10年ぶりくらいだったそうだ。実は、読み始めたときは、いっこうにおもしろくなく、あまり気乗りしなかった。津軽の文句なのではないが、地域のことを詳しく知ろうとしているわけではないからだ。しかし、たしか太宰自身が最初あたりで書いていたように記憶しているが、彼は「愛」について探究しようとしていた。その言葉を信じて最後まで読んでみた。太宰が故郷について書こうとしたの...

    2023年5月28日

    中西 哲也

  • 太宰治

    妻から見た夫

    太宰治の再婚相手が、太宰について回想した著書を読み終えた。身近にいた人間が、「作家」太宰の「実生活」を詳細に語っている点で、非常に貴重であった。妻だけというより、他の人も妻に同感するかもしれないが、偉大な作家の実生活に関する評価は、かんばしくはない。具体的に言えば、「主観のかたまりのような人」で、「矛盾だらけ」であったそうだ。妻の証言によれば、現実に起こった出来事は、太宰の物語とは違っていたそうだ...

    2023年5月16日

    中西 哲也

  • 太宰治

    傑作

    太宰は、自分が生きる意味とは、後期に「傑作」を残すことにあるのだと考えていたふしがある。『晩年』を上梓する前、おそらくは死ぬ気で書いていたのだろう。しかし、彼が語っていたように、どうしてもこの処女創作集では死にきれなくなったようだ。残されている彼の手紙では、「早く死にてえ」というような表現が見られるが、早く傑作を書きたいという叫びであるように聞こえる。それゆえ、「小説」=「遺書」のように映るのは、...

    2023年4月17日

    中西 哲也

  • 私と評論

    わかりやすさと自画像

    お前の文章はわかりにくいとは、よく言われてきた。そのとき、それではお前の文章はそんなにいいものなのかと聞けば、その場では気分が晴れた気にはなるだろう。人間とはその場で勝てばそれでよいとするものだと、太宰治が『人間失格』で指摘している。そうではなく、「傑作」を残して死ぬのだ、そのように決めた者の覚悟は、やはり何か違うと感じた。それが、生活面では不能者と言えるかのような人物であっても、だ。ところで、学...

    2023年4月15日

    中西 哲也

  • 太宰治

    生のなかに死をおさめる

    今更ながらではあるが、処女作を書いていて、一番ひっかかっていたのが、タイトルにある言葉だった。ビクトール・フランクルの言葉では、死を自分のものとするというような感じだったと思う。戦中から戦後を生き切ったものたちであるからこそ、説得力をもつことができたような言葉である。若輩者が吐いたところで、やはり話題にもならなかったが、医学的には幻聴・幻覚といえるような症状がおさまることがないため、「死」への衝動...

    2023年4月12日

    中西 哲也

  • 太宰治

    「真実」を求めて

    最近、東郷克美『太宰治という物語』を読んだ。私の現在の狙いは、かっこよく言えば、日常生活を営みながら、新たな「文体」を模索してゆくことだ。そのような意識をもって、同書を読んだ。改めて自分の処女作を見直すと、研究生活の影響があったためか、まだ文章がかたいようだ。まだまだ理屈っぽいようで、読者からは「読みにくい」という感想しか頂戴していない。東郷によれば、太宰は「転向」後、「話体」の表現に明確に移行し...

    2023年4月6日

    中西 哲也

  • 太宰治

    小林秀雄と太宰治

    発狂したと診断されて、太宰のように強制入院を経験して、7年経ってようやく処女作にこぎつけた。「死」をおのれのものとするというか、「死」をおのれの「内」におさめるとでもいうか。処女作では、生きて作品を残すために、戦後日本を生きた小林秀雄の議論を読み込むところから始めた。出版後、太宰の中期的な「小市民」的生活を送っているが、どうしても前述した「課題」を達成することができそうにもなくなってきた。幻聴・幻...

    2023年4月4日

    中西 哲也

  • 人生

    どこが違うのよ

    自分を客観化するには、どうするべきか?大学院で他の人と対話して、別の視点があることを知る。多角的に考える。知識をつけるだけでなく、「思考の枠組み」を鍛えた。だから、抑止論という専門分野に取り組んだ経験は、日常生活で「モンスター・ペアレンツ」とたたかうときにも、存分に発揮されている。しかし、学問を生活経験に生かすというのは、やはり小林秀雄が言うように、本筋ではないようだ。教育において、保護者対応や生...

    2023年4月3日

    中西 哲也

  • ふりかえる

    予測しなさいよ

    学習塾を手伝っていたとき、保護者さんと雑談していたら、ある方から、今の状況を予測できなかったの、と聞かれたことがある。物書きをしていることが最優先だったので、健全なる生活を送ることができていなかったのだ。私は、今でも信じて日々を過ごしているので、後悔はしていない。ただ、おもしろいのは、予測しすぎるのもよくないということだ。高校野球は、最終学年まで続けることはできなかったが、もしかしたら先を見すぎて...

    2023年4月3日

    中西 哲也

  • 統合失調症

    生まれてすみません

    悪いことに、精神病的症状というのは、いったん発症すると、「完治」するということはないようだ。これは、精神病院につとめるお偉い先生方が患者を観察して、冷静に他者分析したという類のものではない。最初からおかしかったんだとしか言いようがない。悲しくなる。学習塾で入会希望の問い合わせが、時期的な影響があって、微増している。普通は喜ぶんだろうが、うれしくない。病気の先生が指導しているのが申し訳ないというのも...

    2023年3月31日

    中西 哲也

  • 教育

    科学的とは何か

    昔、仕事関連でお世話になった保護者さんが、顔を合せても、よそよそしい。ブログの内容を見ていただいたのだろうから、仕方ないとは思う。「頑張って生活しているんだよ」という人にとっては、聞き苦しい話なんだろう。売れなかろうが、結婚するよりも表現したいと考えている者は、常識ある社会人からすれば、「変人」なのだろう。しかし、こらえてきたものが、「爆発」しているだけなのだ。よくここまで我慢してきたと、自分で自...

    2023年3月29日

    中西 哲也

  • 人生

    計算

    サッカーや野球で、選抜メンバーを選ぶとき、監督は、どういう基準で行っているのだろうか。よく日本代表レベルだと、日本国中で話題となるため、賛否両論が聞かれることがある。監督は会見で、あの選手を選ばなかった理由は何かと、尋ねられている。たとえ実力があったとしても、ポジションが重なっているときや、コンディション、それから戦術理解の問題から、選考漏れする選手があらわれるのだ。高校のとき野球をしていたが、ど...

    2023年3月18日

    中西 哲也

  • ふりかえる

    共通理解の醸成

    今日、昔の研究会の話が、頭から離れなかった。研究会で話を振られて、つい話しすぎたことだ。公開論文ゼロの私が、研究者に質問するのは、失礼だろうと、マジメに考えていた頃の話だ。国際政治の左派と右派は、共通理解に達することが可能かどうかについて、マジメに考えていた頃の話だ。そんなことは、今どうでもよくなって、お偉いさん方にお任せしようと思っている。核ミサイルを持たない日本が、非友好国に囲まれた状況におい...

    2023年3月16日

    中西 哲也

  • ふりかえる

    お金と縁

    お金は好きだが、専門的に突き詰めて考えるほどのものではないと考えていた。そろばんを教える手伝いをしているのに、たいへんまずい話なのだが、お買い物ではほとんどお釣りなど、計算していない。値引きの計算も、面倒くさくてしていない。その結果、屋台などで、お金の計算を間違えて、損をしたことがある。自分のことになると、あまり思い出したくも、言いたくもないほどだ。しかし、他人のお金にまつわるエピソードを聞くのは...

    2023年3月13日

    中西 哲也

  • 絶望

    信頼

    有名な作家というのは、読者からの「信頼」を得たといえるのだろう。ただ、私の好きな作家や画家が、社会的な信頼を得ていたとはいえないことも知っている。別に、すすんで悪い人間になろうとは、もちろん思っているわけではない。しかし、真面目にやっていることが、馬鹿馬鹿しくなるのは、なぜなんだろうか。社会との不調和?昔人に言われて、私自身もそらそうやなと思ったのが、「ちゃんと働きよ」ということだった。たしかに、...

    2023年3月12日

    中西 哲也

  • 人生

    自己反省がない

    頭のいい人たちは、なかなか謝らない。文科省の『学習指導要領』は、新しくなったとはいうものの、その理由を「時代」に押し付けることはできないだろう。批評家の小林秀雄からすれば、戦後という時代は、西洋近代の合理主義がいきすぎた時代であった。その時から、情操教育を唱えて、主体的に考える、そして「創造」することの意義を唱えていた。小林が指摘していたように、外部の観察ではなく、もっと内面を見つめるべきだったの...

    2023年3月11日

    中西 哲也

  • 文体

    祖母のこと

    このたび、祖母が施設に入所することになった。入所できるだけでも、このご時世では、たいへんのことのようだ。要介護のレベルとか、コロナの件など、もしかすると関係しているのかもしれない。私は、日々介護していたわけではないのだが、話を聞くだけでも、疲れてくる。もう私の顔や名前も、祖母は忘れてしまっていた。思い出すのは、もう一人の祖母が、脳関連で車いす生活を続けていた姿だ。だいぶ前に亡くなったのだが、施設に...

    2023年3月6日

    中西 哲也

  • 文体

    生活と芸術

    今日、電車に乗っていると、精神病院でお世話になった職員さんを見かけた。「お世話になった」とは表面上は言うものの、強制的に入れられて、病院から脱走しようとしていた私からすれば、当時は「敵」にしか見えなかった。声をかけることはしなかったが、あれから8年も経つのに、まだ勤務されているのだなと思った。このように、今は良いように言えば、一種の「超越的」な感じになりつつある。ただ、それは、単に時が経って、過去...

    2023年3月4日

    中西 哲也

  • 教育

    そろばんの意義

    そろばんを教えていて、何の意味があるのだろうと、よく考える。子どもの頃にやっていて、大学院生のときに、少し手伝っていた。そのときは、丸付けくらいのものだった。そのため、やはり生徒が親に、教室に「おっさんがおる」みたいなことを言っていたようだ。そのときよりも手伝うようになったきっかけは、「リハビリ」であった。母に言われて嫌な言葉は、最近は「正常」に戻りつつあるようね、という言葉だ。精神科医みたいな表...

    2023年2月22日

    中西 哲也

  • ふりかえる

    自己を語るということ

    自作を語るわけではない。今後の「文体」について考える、そういうきっかけでしかない。なぜ書くのか?別に与えられた問題など解きたくて、学問をしているのではない。それはもういい。「研究者失格」という肩書きは、「芸術」や「創作」に向かうしかない。東郷克美『太宰治という物語』の最初だけ読み終わったところだ。東郷は、太宰がどうして作家になろうとしたのかについて、太宰作品を読み解きながら、「転向」の意義について...

    2023年2月21日

    中西 哲也

  • 人生

    デジタルとアナログ

    現代社会の大きな課題は、デジタルとアナログだと思う。この問題自体は、すでに多くの論者が書いていることなのだから、門外漢があれやこれやと言う必要はない。私がこの問題について言いたいことは、私が身近に感じたことから、これから生きてゆこうとする方向性について探るという姿勢である。予備校で現代文の問題を解説する時、必ずデジタルとアナログの問題が取り上げられているが、それは日本の問題そのものだからだ。日本が...

    2023年2月17日

    中西 哲也

  • 絶望

    何のための学問か

    最近、女性の国際政治学者が、夫のビジネスの影響を受けて、メディアへの露出を控えているというニュースを知った。私は、もう外の出来事に関心がなくなったので、そのことについて、とやかく言うこともないし、そんな権利も持ち合わせていない。ただ、以前に国際政治関連の論文を書いたことがあるので、このニュースが目にとまっただけのことだ。私が言うまでもなく、生真面目そうな人が、忠実に学問をせずに、お金目当てでメディ...

    2023年2月13日

    中西 哲也

  • 絶望

    湧きあがるもの

    私の内面から湧き上がってくるものがあった。それは、表現しがたいものであった。一番適切な表現は、もしかすると、「自分とは何者か」になるのではないか。それは、「問い」である。それは、普遍的な問いである。そんなものは、皆思っていることでしょ、と言われそうである。たしかに、その通りだ。その問いを、内に秘めながら、日常生活をこなすことができる方が、「常識的な社会人」として活躍されておられるのであろう。それで...

    2023年2月8日

    中西 哲也

  • ふりかえる

    内なる他者

    昔、精神科医・斎藤環の本の中で、「内なる他者」と出会うという言葉を知った。たしか、「ひきこもり」問題について述べられていた箇所で、その原因の説明に焦点が置かれていたように記憶している。私の関心に沿って、斜め読みさせてもらったのだが、誤解を恐れずに言えば、斎藤環は、「ひきこもり」の問題点だけでなく、それを理解した上で、「創造性」にまで高めてゆくという意識を有していたように思う。「ひきこもり」の結果、...

    2023年1月30日

    中西 哲也

  • 人生

    しょーもね

    軽いタイトルになってしまったが、文章を書いているときに、何かに取り憑かれているようになっていると、他のことなど全く眼中になくなる。そのため、昔はほとんどそれ以外のことは意識していなかったのだが、日常生活を送ることに注力せねばならなくなって、別にしたくもないことをしていると、タイトルのような感情に、どうしてもなってしまうのだ。それば、売れている作家であれば、やはり名文家は世離れしている人だと、逆に誉...

    2023年1月24日

    中西 哲也

  • 教育

    めぐりめぐる

    くだらない話なので、1回でまとめたいと思う。因果応報とはよく言ったものだが、生徒に教えていると、過去の自分の体験と似た構造が頭に浮かんでくる。アナロジーとでも言うのだろうか。テナントを借りる前に、自宅で教えていた時、2台分の駐車場を借りていたが(父の車を入れると3台分)、それでも足りない時間帯があった。間の悪いことに、保護者さんが別の駐車場に駐めて待機していて、借り主と鉢合わせてしまうという出来事...

    2023年1月21日

    中西 哲也

  • ふりかえる

    占いと学問

    何度も繰り返して申し訳なく思うが、研究が行き詰まったのが、評論の始まりになった。それは、今から振り返ると、自分という人間とは何者かを知る、大きな転機であったのだが、当時は、お先真っ暗という感じであった。うすうすと学者のやっていることや人となりに、うさんくささを感じつつも、学びながら将来飯を食っていきたいということに対して、淡い期待を抱いていたのも確かである。今から考えると、自分を知らなかったのだな...

    2023年1月12日

    中西 哲也

  • ふりかえる

    思いがけず

    人生においては、思いがけないことが起こりえます。今回は、そのことについて話しますが、微妙な問題です。話したいんだけれども、知られてほしいとは思わないというような感じです。スティーブ・ジョブズが述べているように、今自分がしていることが将来につながることを信じるべきなのですが、彼自身がそうであったように、点と点がつながったと分かるのは、将来のことだということは、もどかしい限りです。つまり、やっているこ...

    2022年12月18日

    中西 哲也

  • 教育

    自己肯定と自己否定

    ここに辿り着くまでに、紆余曲折があった。そろばんを教えるのを手伝うといっても、大学院生だった時に、手伝っても嫌になって、やめて、また戻るの繰り返しだった。また、教える仕事とはいっても、姉や弟のように、学部生だった時に教えた経験があるわけでもない。柄ではないと思っていたからだ。それは、私の過去を知る学校の先生が、今の私を見ても、ほんまかいなという気持ちになるだろう。同級生たちは、私が真面目だと勘違い...

    2022年11月29日

    中西 哲也