自己紹介とブログの狙い(無料公開記事)

2019年4月13日

自己紹介
 はじめまして。中西哲也と申します。
 ブログを始めるにあたって、まず、簡単に自己紹介をさせていただきます。
 
 私は、大学院で学問的探究を行いながら、教育業界にも携わってきました。
 
 第1に、大学院で「外交史」を専攻して、歴史や政治に関する文献を読んできました。とくに、E・H・カーやマルク・ブロック、そしてジョン・L・ギャディスなど、歴史的な分析手法を解説している歴史家の書物に魅力を感じました。彼らは、「現在・過去・未来」の関係について思索を深めることの重要性を説いています。
 
 後述するブログ執筆の動機や問いとも関連するのですが、世界の歴史に関してこうした分析手法を採用するのであれば、同時に、自分自身の人生の歴史に関しても振り返らねばならないと感じるようになりました。
 
 第2に、教育業界では、大学や専門学校の非常勤講師にくわえて、家庭教師や予備校講師、そしてそろばん塾講師なども経験してきました。
 
 机の上で理屈をこねるだけではなく、自分とは異なる価値観を持つ人たちとも積極的に対話することによって、意思疎通能力が高まったように感じます。他者との対話は、多角的な観点から問題を捉え直し、自分の独りよがりに気付かせてくれるといった効果もありました。
 
 書物やインターネットなどを通して知り得た知識を、自分の経験とも重ね合わせて、人間の“器”を広げてきたつもりでした。
 
ブログの執筆に関わりたいと考えた背景
 ところが、こうした作業を通じて成長していたはずなのにもかかわらず、「ある病気」の発症を阻止することはできませんでした。
 
 実は、私は「統合失調症」を患い、4年前に病院に(強制)入院しました。現在では、日本人の約100人に1人がかかっている病気で、決して珍しくなくなってはいますが、一昔前ですと、表現が悪いですが「キチガイ」と呼ばれていたでしょう。
 
 事実、私もこの病気にかかって、「幻聴」が聞こえてくるだけでなく、対話に支障をきたすようにもなりました。最近、統合失調症が漫画でパロディ化されて問題になったようですが、私も「支離滅裂」な受け答えになりがちでした。
 
 ちなみに、統合失調症の原因については、主に「ドーパミン」が脳内で過剰に分泌されるという点に求められているようですが、「ドーパミン」は「グルタミン酸」の神経伝達とも関係しているとも言われており、未だに解明されていないようです。
 
 広井良典が言うように、精神疾患のような「現代の病」を、「特定原因論」で解決しようとすることには限界があります。ストレスなどの心理的要因のみならず、コミュニティとの関わりといった社会的要因、そして経済的要因などが複雑に絡み合った結果、心身に悪影響が生ずるのでしょう(広井良典『ポスト資本主義』岩波書店、2015年、92-95頁)
 
 さて、本題に戻りますが、私がブログで発信しようと考えた背景には、病気にかかったという体験によって、自分の内側から「問い」が発せられるようになったことがあります。当然ながら、「なぜ私は病気になってしまったのか」という問いは、自分が病気にかかって、「死」に直面するという経験をしたからこそ、いっそう切迫したものとなりました。
 
 切迫した「問い」に対して、自分で「答え」を模索しようという意欲も湧いてきました。私は、医学の進歩にも助けられて、正常な日常を取り戻しつつあります。その過程で、自己の内に潜む「狂気」に心かき乱されつつも、病気の原因について「理性」で突き止めて、乱れた生活習慣や思考力を“元に戻そう”と、もがいてきました。
 
 以上が、私がブログを書きたいと考えた背景なのですが、病気を打ち明けることには、とまどいもありました。しかし、動機は、ブログの方向性を決定づける重要な要素です。ですから、この動機の説明を抜きにしては、ブログに未来はないと考え、正直にお話しすることにしました。
 
「問い」の設定
 統合失調症は、患者によって症状に差があり、依然として原因が未解明の病気です。もちろん、先に紹介した客観的な分析に基づけば、ストレスを解消して、他者と良好な関係を築き、そして金銭面での課題を克服するという方法が、論理的には導かれるでしょう。
 
 そのため、私は、次のような治療法を意識的に取り入れてきました。たとえば、座禅を組んで瞑想をしたり、何気ない日常会話を楽しんだり、徐々に仕事量も増やしてきました。
 
 けれども、もっとも必要なことは、自分と向き合うことなのかもしれません。統合失調症になって一番辛かったことは、自分が「狂っている」ことに自分で気づくときでした。幻聴に支配されるといった「陽性」反応が最初に起こって、薬を服用したあとには、鬱に似た「陰性」反応に苦しみました。ほぼ寝たきり状態になって、私の内面は、きたなく、みじめな感情で、充満していました。
 
 本来、こうした内向的な姿勢は否定的に評価されるのでしょうが、斉藤環は、「孤独」を肯定的に評価し直しています。「孤独のさなか、自己もまた他者にほかならないと悟る経験は、他者へと開かれる第一歩です」(斎藤環『ひきこもり文化論』紀伊国屋書店、2003年、202-208、215-219頁)。
 
 自らの内に他者と出会い、自問自答を繰り返す。そうすれば、他者ありきの自分といった不安定な自我とは対照的に、自己と折り合えてこそ他者とも折り合えるといった、安定した自我を形成できるかもしれません。
 
 少し前置きが長くなりましたが、私はブログにおいて、「自分やその内面を見つめるとはどういうことか」という問いについて書いていきたいと考えています。そして、こうした問いを設定する理由は、自分に向き合うことが「創造性」につながるという「仮説」があるからです。
 
おわりに
 著名な歴史家や思想家、小説家や歌手、そして起業家などは、創造的な行為で歴史に名を残しています。私は彼らの作品や体験に触れて感銘を受けてきましたが、同時に、「彼ら全員に通ずるもの」について探し出したいという欲求も持ち合わせていました。現時点では、「自分との対話」が「創造性」には欠かせない作業だという結論に達しています。
 
 具体的に、今後ブログで取り上げていきたいのは、次のような人物です。たとえば、スティーヴ・ジョブズ、尾崎豊、芥川龍之介、福田恆存、遠藤周作などです。
 
 「まず自分の内面の声に耳を傾けよ」といった言葉は、聞き慣れていて陳腐だと思われるかもしれません。それでも、私自身にとっては、「生きている証」を手に入れられるかのような響きがあります。もしかすると単に、自分の内面を根本的に見つめ直さずに“元に戻そう”としても、ある意味監獄のような病院に再び舞い戻ってしまうのではないかと恐れているだけなのかもしれませんが。
 
 社会のシステムを理解しつつも、それに責任を押し付けることなく、意識を内に向けて、苦難に立ち向かっていきたい。社会との不調和に悩み、精神的な安らぎを求めておられる方に、私のブログが「自分との対話」の機会を生むきっかけになれればと考えています。
 
 
 

関連記事

  • 創造性

    「創造性」についての覚書(その五)

    「環境」と「個性」 今回から、前回抽出した、川喜田二郎の「核心的論理」とその前提を批判的に検討していきます。 川喜田の「核心的論理」とは、「環境」をしっかりと把握することができさえすれば、自然と「個性」や「主体性」も発揮できるという論理でした。この論理は、自己が自然・環境と一体であるという境地を前提として組み立てられていました。 このように、川喜田の「核心的論理」では、「環境」と「個性」という2つ...

    2019年6月21日

    中西 哲也

  • 創造性

    「創造性」についての覚書(その四)

    思想としての「総合」 今回は、川喜田二郎の議論の意義を確認したあとで、「個性」と「主体性」に関する「核心的論理」を抽出します。 川喜田によれば、「我」を前面に出す西欧文明には、次のような特徴があります。それは、自分が創造するのみで、創造によって自分が変わることを認めないことや、仕事を信じて任せることをしないといったことです。こうした特徴をもつ西欧文明は、「三大公害」を深刻化させてしまいました。 近...

    2019年6月13日

    中西 哲也

  • 創造性

    「創造性」についての覚書(その三)

    「全体状況」と「絶対感」 前回は、川喜田二郎の近代西欧文明批判を解説しました。近代西欧文明の「我」に対して、川喜田は「没我」・「無我」を強調します。 「没我」・「無我」の境地とは、「我」ではなく、「渾沌」(こんとん)からはじまります。また、主体も客体から影響を受けるということを認めます。こうした点を踏まえて、今回は、「創造的行為の内面世界」の諸特徴について説明したいと思います。 まず、創造的行為を...

    2019年6月6日

    中西 哲也

  • 創造性

    「創造性」についての覚書(その二)

    デカルト的「我」と近代西欧文明 はじめに、川喜田二郎の議論を整理しておきましょう。川喜田は、現代の問題の根本原因は近代西欧文明にある、と論じています。この点が、川喜田の議論の軸となっています。 創造性とは問題解決の能力です。具体的に川喜田は、KJ法を通じて実践することによって、現在露呈している日本や世界の問題を解決しようとします。 それでは、川喜田の批判の対象となっている、近代西欧文明の特徴につい...

    2019年5月31日

    中西 哲也

  • 創造性

    「創造性」についての覚書(その一)

    なぜ川喜田二郎なのか 今回から4回にわたって、川喜田二郎の書籍を取り上げます。「KJ法」を開発した川喜田二郎が、「創造性」についてどのように考えていたのかについて検討していきます。 まず、なぜ川喜田二郎を取り上げるのかについて説明します。前回までの検討で明らかになった、「創造性のプロセス」を整理しておきましょう。 内省 → 教養 → 課題探求能力 → 創造性 要するに...

    2019年5月25日

    中西 哲也

  • 教養

    「内省」の力と大学教育の意義(新続)

    論理の転換 前回は、文科省の「教養教育」において、「内省」が重要な位置を占めるようになっていることを確認しました。 文科省自身も、従来の教育が「知識伝達型」になっていたことを、反省点として総括しています。現在文科省が、「課題探求能力」を前面に押し出しているということは、裏を返せば、以前はそうした側面が弱かったことを認めているということです。 このような従来の「教養教育」の問題点は、「仕事」以外のも...

    2019年5月13日

    中西 哲也

  • 教養

    「内省」の力と大学教育の意義(続々)

    文科省の「教養教育」 今回は、前回の「内省」に関する分析を踏まえて、国がどのような「教養教育」を進めているのかについて検討します(以下の参考資料は、中央教育審議会の「答申」です)。 まず、文部科学省(以下、文科省)は、「教養」について、次のように定義しています。それは、「個人が社会とかかわり、経験を積み、体系的な知識や知恵を獲得する過程で身に付ける、ものの見方、考え方、価値観の総体」です。 今なぜ...

    2019年5月8日

    中西 哲也

  • 教養

    「内省」の力と大学教育の意義(続)

    議論の整理 「令和」の時代になりました。「昭和」から「平成」に元号が変わったとき、筆者はまだ幼かったですが、「平成」という時代に、自己を認識する力が向上したと実感しています。 さて、前・中・後と3回にわたって、「志望理由書」と「研究計画書」、そして「エントリー・シート」について論じてきました。これらの書類の作成過程で、書類作成者は、高校生から大学生へ、さらには社会人へと成長してゆきます。 まず、「...

    2019年5月4日

    中西 哲也

  • 教養

    「内省」の力と大学教育の意義(後)

    「エントリー・シート」について 前回言及した通り、今回は「エントリー・シート」について書きます。結論と根拠については、前回すでに触れましたが、より具体的に説明したいと思います。 研究活動と同様に、就職活動に関しても、自分の「外」の分析に重点を置きつつ、立派に採用を勝ち取る学生はいるでしょう。 就職活動においては、事前に業界・企業研究を行うに越したことはありません。たとえば、給料や福利厚生はどうか、...

    2019年4月30日

    中西 哲也

  • 教養

    「内省」の力と大学教育の意義(中)

    「論理的矛盾」の問題 前回では、「志望理由書」を取り上げながら、自己分析を大学分析よりも優先させるべきだと述べました。その理由として、「手段の自己目的化」という問題を指摘しました。 今回は、「研究計画書」と「エントリー・シート」の両方を取り上げる予定でしたが、前者のみとさせていただきます。というのも、大学教育との関係から「内省」の意義を検討することが、予想以上に大きな試みだったからです。 今回と次...

    2019年4月26日

    中西 哲也

  • 教養

    「内省」の力と大学教育の意義(前半)

    自分の「外」が先か、それとも「内」が先か 前回の記事では、スティーヴ・ジョブズを取り上げました。前回のおさらいをしておくと、ジョブズの起業家精神の真髄は、外部社会との関係のあり方に気をもむよりも、自分自身の内なる声に耳をすますべきだというものでした。 ちなみに、この起業家の特性は、彼の「直感」のみならず、「内省」を行うという点にもあります。たしかに、ジョブズは「直感」の重要性を指摘していますが、同...

    2019年4月21日

    中西 哲也

  • 教養

    ジョブズと起業家精神の真髄

    なぜジョブズなのか 前回の記事では、ブログの方向性についてお話ししました。簡潔に言えば、「自分との対話」が「創造的行為」の源泉になりえるということです。この「仮説」は、今回はもちろん、今後も一貫させたいと考えています(ネタが尽きるまでは)。 今回は、この「仮説」をより具体的に説明したいと思います。改めて、前回の斎藤環の指摘も踏まえて言えば、自分と折り合いを付けることができる程度でしか、他人や社会と...

    2019年4月16日

    中西 哲也