第11回:タンパク質と揚げ物

2019年5月10日

第11回:タンパク質と揚げ物ダイエットを成功させるためには、たんぱく質がものすごく重要なんだってことは、筋トレジムでコーチに教わるまで、わかっていませんでした。コーチの話によると、実は、たんぱく質は全身に関係しているものだったのです。それまで私は、限りなくローカロリー食品、ベジタリアン的生活大好き人間でした。でも、たんぱく質には、人間の体を作って行くために、10もの大事な働きがあったんです。①筋肉...

この記事は有料会員限定です。会員の登録をすると続きをお読みいただけます。

関連記事

  • レシピ:卵料理

    第84回:卵百珍その6

    第84回:卵百珍その6卵百珍もいよいよ大詰めとなりました。頑張って最後の103番目のレシピまでツブログしたいと思います。86)牡丹卵の仕方…鍋に湯を沸かし、新鮮な卵を半紙2枚重ねた所に割り込み、崩れないように1つずつ紙に包んで、その中に黒ゴマを少し入れ、紙の口をねじってこよりにして、くくって沸かしたお湯の中に入れてゆで、よくゆがいてから水の中に入れ、包んだ紙を取り外し、酒だしを作って...

    2019年8月21日

    竹内 一乃

  • レシピ:卵料理

    第83回:卵百珍その5

    第83回:卵百珍その5卵百珍シリーズ、まだまだ続きます。本日も頑張ります。69)金平糖卵の仕方…卵の白身を布で濾し、卵鍋をよく焼いて、布で濾した白身を箸の先で、少しずつ落として焼く。あまり大きい物は良くない。これをたくさん焼いて取り置いて、白砂糖を合わせる。この小さく焼き置いておいたものを、一つ宛玉の汁をつけて焼けば丸くなる。生姜の汁を混ぜ合わせて焼くのも一段と良い。原文:たまごの、...

    2019年8月20日

    竹内 一乃

  • レシピ:卵料理

    第82回:卵百珍その4

    第82回:卵百珍その4さて。本日も卵百珍頑張ります。52)大苞(おおつと)卵の仕方…卵を10個ほど割り、あらく溶いて、粽卵のように、紙で5~6寸(15センチ~18センチ)程度の深さの筒を作って紙の合わせ目のところは糸で縫って、粗く溶いた卵を入れて、口をしっかりとしばって、それを葦か藁でぐるりに巻き付け、三か所ほど細い糸でくくって、苞目のようにしてゆがくか蒸す。よく炊き上がったところへ...

    2019年8月19日

    竹内 一乃

  • レシピ:卵料理

    第81回:卵百珍その3

    第81回:卵百珍その3昨日の卵百珍の中には、定家卵だの、源氏卵だの、利休卵だのが出てきておりました。その時に、どうも不思議だったことがあります。定家って、多分、平安時代の歌人の藤原定家のことで、利休はきっと千利休のことだろうと思うのですけど、豆の粉を放り込んで泡立てて、卵をぶつぶつとスが立った状態にした物(つまり、メレンゲですが)が何で定家と言われるんだろうというのと、白ごまと古酒と卵を組み合わせ...

    2019年8月18日

    竹内 一乃

  • レシピ:卵料理

    第80回:卵百珍その2

    第80回:卵百珍その2昨日、銀糸卵と、かもじ卵のところを書きつつ、「銀箔って、今でも食用として認められていたかなぁ。」と思いまして、もし、銀箔が食用として使うことが現代で禁止されていたなら、代用品はお菓子用トッピングに使うアラザンを薄紙状態にしたやつかな、とか、炭入りの食べ物は現代でもたまに見かけるけど、イカスミを使った方がおいしくなるし、きっと黒さもはっきり残るんじゃないかな、とか、青海卵はあお...

    2019年8月17日

    竹内 一乃

  • レシピ:卵料理

    第79回:卵百珍その1

    第79回:卵百珍その1豆腐料理編で、豆腐百珍なるものを見つけて、あまりに面白かったので、そのレシピを丸ごとツブログさせていただいておりましたが。実はこの百珍シリーズはですね、なんと、卵や鯛、甘藷(さつまいも)、海鰻(ハモ料理)、蒟蒻、柚版などもありまして、それの復刻版が、出版されているのですね。これらの百珍シリーズの存在を知った時には、ちょっともう、びっくりするのを通り越してしまって、面白すぎて、...

    2019年8月16日

    竹内 一乃

  • レシピ:卵料理

    第78回:卵いろいろ

    第78回:卵いろいろ。さて、本日は卵のいろいろについて、ツブログしてみたいと思っております。そう思ったのは、何を隠そう、「ダチョウの卵」が原因でした。鶏卵が食べられるのは当たり前なんですけど、いったい世の中にどのくらい、鶏やうずら以外の卵で食べられる卵があるのだろうと思って、興味がわいたので調べてみたのですよね。そうしたら、・アヒルの卵・ダチョウの卵・ハトの卵・鯛の子・筋子・数の子・飛び子・キャビ...

    2019年8月15日

    竹内 一乃

  • レシピ:卵料理

    第77回:食中毒・卵の衛生ポイント

    第77回:食中毒・卵の衛生ポイント昨日、サルモネラ菌と卵についてツブログさせていただいておりましたが。食中毒は私自身も大変気になりますので、ちょっといろいろと調べてみましたところ。食中毒の原因菌って、本当にいろいろあるんですねぇ。私自身もO-157やサルモネラ菌、ノロウィルス、赤痢、コレラくらいは聞き覚えがあったものの、他は大して知らなかったのですけど。①サルモネラ菌②腸炎ビブリオ③出血性大腸菌O...

    2019年8月14日

    竹内 一乃

  • レシピ:卵料理

    第76回:卵とサルモネラ菌

    第76回:卵とサルモネラ菌日本では、生卵が、卵かけごはんとか、すき焼きのつけだれとか、納豆と和えるとかして、普通に食べられておりますが。これは海外では非常に珍しいことなのだそうです。海外では、「生卵を食べるのは、日本人とロッキーだけ。」と言われているとか。(笑)なんで日本の卵は大丈夫なのだろうと思って、調べてみましたところ、日本では鶏がサルモネラに感染しないように抗生物質を餌に混ぜたり、サルモネラ...

    2019年8月13日

    竹内 一乃

  • レシピ:卵料理

    第75回:栄養強化卵

    第75回:栄養強化卵最近、牛乳でカルシウム強化乳とか、そういう加工乳が登場しておりますが。どうやら、低脂肪乳や無脂肪乳は、牛乳として認められるそうですが、カルシウムを加えたら、加工しているので、加工乳になるのだそうです。それに、卵にもそういうのがあるんですね。有名どころといたしましては、ヨード卵あたりだろうと思いますが。いったい、どうやって卵にそんな栄養を強化させられるんだろう、と思って調べてみま...

    2019年8月12日

    竹内 一乃

  • レシピ:卵料理

    第74回:卵と脳

    第74回:卵と脳今回からは、卵について、ツブログしてみたいと思います。前に、完全栄養食について、ツブログしておりましたが。卵がその完全栄養食の1つであることは、どなたもよくご存じのお話だと思います。で、その完全栄養食である卵が、結構脳に良いそうで。名医300人が選んだ、健康食材トップ10というものと、脳を健康にするブレインフードというものがあるのですけれども、それによりますと、1位  納豆(腸内環...

    2019年7月12日

    竹内 一乃

  • レシピ:豆腐料理

    第73回:豆腐と昆布

    第73回:豆腐と昆布ええと。今回、何でこんなタイトルでツブログしようと思ったのかと言うと。豆腐の味噌汁を眺めていて、何となく思いついたことだったのですよ。家では、豆腐のお味噌を作る場合、その中には、必ずわかめも入れるのですが、そう言えば、2つとも当たり前みたいに入れて、普通に食べているけど、わかめと豆腐の食べ合わせって、良いのだろうか?と、ふと思ったのがきっかけでございました。で、ですね。調べてみ...

    2019年7月11日

    竹内 一乃

  • レシピ:豆腐料理

    第72回:納豆

    第72回:納豆世間ではもう、梅雨明け宣言も全国的に出終わる頃で、いよいよ夏の到来です。そんな中、メタボ脱出の為に豆腐について今回もあれこれとツブログしているのですけれども。不思議と、豆腐は冷奴のおかげで、夏にも合うイメージがありますよね。大豆加工品で、豆腐や油揚げやがんもどきや厚揚げが登場するのに、納豆についてツブログしないで、どうしましょう、というわけで。(笑)本日は納豆についてツブログしてみた...

    2019年7月10日

    竹内 一乃

  • レシピ:豆腐料理

    第71回:豆腐と長寿

    第71回:豆腐と長寿いや~。江戸時代の圧巻の豆腐百珍が並んだ後だと、自分のツブログがものすごく恥ずかしいです。(笑)あんな斬新で、凝っていて、バリエーションが豊富な料理が、230~240年前に食べられていたというのも、すごいお話だと思いますし、よく、あれだけのものが現代まで伝わって残っていたな、というのが正直な読後の感想でした。現代でも、懐石料理などでは、板前さんの職人技が光る、すごい料理は食べら...

    2019年7月9日

    竹内 一乃

  • レシピ:豆腐料理

    第70回:豆腐百珍(絶品の巻)

    第70回:豆腐百珍(絶品の巻)さて、いよいよ、豆腐百珍も残すところあと7品となりました。百珍の中でも、最上級とされる絶品の7品がどういうものだか、私自身もワクワクしながら読みましたが、ここでそれを一気に並べてみます。94)油揚(あげ)ながし…豆腐を適当な大きさに切り、ごま油で揚げ、すぐに水に入れて油気をとる。葛湯を煮立てておき、油抜きした豆腐を入れる。浮き上がるところを掬い上げて、わ...

    2019年7月8日

    竹内 一乃

  • レシピ:豆腐料理

    第69回:豆腐百珍(妙品の巻)

    第69回:豆腐百珍(妙品の巻)妙品もたくさんあるので、再び頑張ります。76)光悦豆腐…酒を酒香がないほど長時間煮る。布目を落した豆腐を大き目の田楽にして、塩をまぶしてきつね色に焼く。煮ておいた酒の中に入れて、再び煮る。原文:酒を久しく煮て、酒香なきほどにし、豆腐羅紋をさり、大田楽にし、塩にまぶし、きつね色に炙り、右の酒へ入れ烹る也。77)真のケンチェン…豆腐1丁を12に...

    2019年7月7日

    竹内 一乃

  • レシピ:豆腐料理

    第68回:豆腐百珍(奇品の巻)

    第68回:豆腐百珍(奇品の巻)奇品の数もたくさんありますので、今日はまた、ちょっと頑張って並べてみます。57)蜆もどき…豆腐を丸ごと水なしで中火で煮て、出た水分を掬い取り、何度もそれを繰り返し、豆腐がボロボロになって、蜆のような形とサイズになったら、油でサッと揚げ、しじみを調理するように、稀醤油で煮る。青山椒を添える原文:豆腐を全(まる)ながら、水気なしに文武火にて、烹る。水いづるを...

    2019年7月6日

    竹内 一乃

  • レシピ:豆腐料理

    第67回:豆腐百珍(佳品の巻)

    第67回:豆腐百珍(佳品の巻)佳品はたくさんありますので、ちょっと今日は頑張って並べてみたいと思います。37)なじみ豆腐…上等の白みそをよく擦って、酒を混ぜて中央が薄くなるように伸ばして、その中に適当に切った豆腐を一時(約2時間)ほど浸す。そのまま文武火(文火=弱火、武火=強火なので、中火のこと)にかけて、煮立てて、長ネギの白い部分を刻んだものと、青唐辛子と、大根おろしを添える。原文...

    2019年7月5日

    竹内 一乃

  • レシピ:豆腐料理

    第66回:豆腐百珍(通品の巻)

    第66回:豆腐百珍(通品の巻)さて。今回のツブログは豆腐百珍の第二弾としまして、通品の巻とさせていただいておりますが。本の中では、通品は、「説明する間でもない」ってことで、品名のみ書かれている有様で、それも10品のみとなっているのです。でも、これを見ると何となく、尋常品と、通品って、もしかして順位が逆なんじゃないかと思いました。というか、誰もがご家庭で作って食べているとされている、江戸時代の尋常品...

    2019年7月4日

    竹内 一乃

  • レシピ:豆腐料理

    第65回:豆腐百珍(尋常品の巻)

    第65回:豆腐百珍(尋常品の巻)さて。今回は、いよいよ私のブログライターとなるきっかけを作った、豆腐百珍について書いてみたいと思います。元々は、これまで記載してきた、肉料理、魚料理に続いて、豆腐料理についていろいろ調べていた中で、あまりに再々「豆腐百珍」の名前が出てきますので、いったいどういう本なのか、調べてみたのがきっかけでした。元々豆腐百珍は、天明2年(1782年)に刊行された、100種類の豆...

    2019年7月3日

    竹内 一乃

  • レシピ:豆腐料理

    第64回:精進料理と豆腐

    第64回:精進料理と豆腐今回、豆腐料理を扱うにあたって、精進料理は絶対にはずせないトピックだと、ずっと考えておりました。元々、精進料理はお坊さん達が常食されている食事であるのは、どなたもご存じの話だと思いますが、精進料理が現在の形になったのは、鎌倉時代のことだそうです。曹洞宗開祖の道元というお坊さんが、中国から戻って教えを広める中で、禅僧の食事を、日本の風土にあうように変えていったそうです。そうし...

    2019年7月2日

    竹内 一乃

  • レシピ:豆腐料理

    第63回:枝豆豆腐

    第63回:枝豆豆腐枝豆と言えば、ビールのおつまみ。(笑)それから豆腐が作られていると知ったのは、つい最近です。ご存じの方もいらっしゃると思うのですが、豆腐の製品で「波乗りジョニー」と言う、不思議な名前の豆腐がありまして、その枝豆バージョンに「枝豆ジョニー」と言う名前の豆腐があるのを見つけたのが、私の、枝豆豆腐発見のきっかけだったように思います。最初はそのユニークな名前を見て、「何、この不思議な名前...

    2019年7月1日

    竹内 一乃

  • レシピ:豆腐料理

    第62回:胡麻豆腐

    第62回:胡麻豆腐前回は、卵豆腐についてツブログさせていただいておりました。実を言いますと、豆腐料理編を組むにあたって、凍り豆腐と、卵豆腐と、胡麻豆腐については、どうしてもトピックとして入れておきたかったのです。というのも、凍り豆腐は、長寿の代表格の食材ですし、卵豆腐は卵由来の品ですし、胡麻豆腐は胡麻由来の食材ですし、元をたどれば、大豆と、卵と、ゴマですから。効能的に見ると、大豆サポニンやらイソフ...

    2019年6月30日

    竹内 一乃

  • レシピ:豆腐料理

    第61回:卵豆腐

    第61回:卵豆腐豆腐の起源ははっきりしていないそうなのですが。どうも一説によりますと、今からおよそ2000年位前の、中国の漢時代に淮南王の劉安という人が、創始したと言われているそうです。また、豆腐という文字が初めて登場するのは、それより更に時代が下がって、約1000年前に書かれた「清異録」に初めて登場したと言われているそうです。日本に豆腐が伝来したのは、奈良時代か平安時代と言われているそうですので...

    2019年6月29日

    竹内 一乃

  • レシピ:豆腐料理

    第60回:生揚げ(厚揚げ)

    第60回:生揚げ(厚揚げ)油揚げと生揚げは、何が違うのかって話になりますと。豆腐を薄く切って揚げると、油揚げで、厚く切って揚げると、厚揚げになるそうなんですよね、ズバリ言っちゃうと。つまり、どっちも豆腐の揚げ物ってことですよね。揚げてある食品ですから、当然、揚げてない豆腐や湯葉よりはカロリーが高いわけですが。どのくらいカロリー差があるのかと思って調べてみましたところ。厚揚げ(100g) &hell...

    2019年6月28日

    竹内 一乃

  • レシピ:豆腐料理

    第59回:湯葉

    第59回:湯葉湯葉は私の好物の1つなのですが。湯葉と聞くと、咄嗟に「千と千尋の神隠し」に登場する湯婆を思い出してしまう私は、宮崎アニメの見すぎなのでしょうね、きっと。(笑)でも、湯葉って、湯婆ともホントに書くのだそうです。…そういう、湯葉の別の字がわかってしまうと、「千と千尋の神隠し」に登場する湯婆というのは、湯葉の精霊か何かだったんだろうか。そうすると、油屋のお風呂は豆乳なのか、と...

    2019年6月27日

    竹内 一乃

  • レシピ:豆腐料理

    第58回:凍り豆腐

    第58回:凍り菽腐タンパク質が摂れる食材は、肉、魚に続いては豆腐だと思います。この豆腐料理については、今回はぜひ、豆腐百珍についても詳しく触れて行きたいと思っています。そして、豆腐料理の最初は、高野豆腐(凍り豆腐)について、ツブログしてみたいと思っております。凍り豆腐と呼ばれている、高野豆腐のルーツは、どうやら2~3通りあるようですね。1つは、高野山のお坊さんが、豆腐をうっかり凍らせてしまって、翌...

    2019年6月26日

    竹内 一乃

  • レシピ:魚料理

    第57回:魚の食べ合わせ

    第57回:魚の食べ合わせさて。今回は何をツブログしようかなと思いつつ、魚料理に多い合食禁(食べ合わせ)について、選んでみました。日本は昔から魚介類を豊富に食べる国柄だからなのか、魚介類の食べ合わせとしてよくないとされているものが、結構多いそうなのですよね。なので、どれくらいあるのか、まずは調べてみましたところ。①うなぎと梅干し…うなぎの脂っこさと、梅干しの酸味が刺激しあって消化不良を...

    2019年6月25日

    竹内 一乃

  • レシピ:魚料理

    第56回:薬膳と魚

    第56回:薬膳と魚薬膳的オススメや、薬膳的グッドな食べ合わせや、薬膳による体質別にあった肉や魚などについて、これまでいろいろとツブログしてまいりましたが。お魚にもやっぱり、薬膳的にいろいろとツブログしておきたいな、と思うところはあるわけです。で、今回はその辺りについて、書いてみようかなと思っております。漢方のご本家である中国では、内陸に暮らす人々が多いためか、海の魚より、川の魚の方が一般的なのだそ...

    2019年6月24日

    竹内 一乃

  • レシピ:魚料理

    第55回:筋肉と魚、それから鮭。

    第55回:筋肉と魚、それから鮭。メタボ、ロコモ、サルコペニアはそれぞれ全部、筋肉が衰えることによっておこる現象であることは、肉料理のところでツブログさせていただいておりましたが、じゃあ、筋肉が衰えるというのは、どういうことかと言いますと。それは、筋肉の繊維数が減り、筋肉が萎縮してしまうことを言うのだそうです。この現象は30歳を境に、どんな人にも必ず起こることだそうです。特に、40歳からの低下は、年...

    2019年6月23日

    竹内 一乃