低コスト米 海外開拓 生産費 4割減を狙う

2019年5月10日

□ 今日の一言農林水産省は、輸出向けに低コストのコメ栽培技術を開発します。大量に収穫できる品種を開発し、自動運転トラクターなど、アグリテック(注1)を活用した次世代農業の導入を積極的に進め、生産コストの4割超の削減を目指します。日本のコメはアジアで販売が伸びていますが、価格の高さから高級外食店などに売り先が限定されています。国内需要は減少が続いており、日本のコメ産業を永続させていくためには、需要の...

この記事は有料会員限定です。会員の登録をすると続きをお読みいただけます。

関連記事