同僚はロボット カワダロボティクスの協働型ロボット ロボットと人間が紡ぐ未来の世界

2019年5月14日

□ 今日の一言私は、昨日のブログ(参考資料1、注1)を書きながら、眼から鱗(うろこ)が落ちました。日本経済新聞の井口徹也編集局長が、令和時代の幕開けの凄い巻頭文を書いておられたのです。昨日のブログは、それを引用させていただいて書きました。私は、これを書きながら、今こそ頑張らねばならないと思いました。そして今日本は、大胆な自動化で、世界の最先端に行ける立場にいることも自覚しました。今日は、この自動化...

この記事は有料会員限定です。会員の登録をすると続きをお読みいただけます。

関連記事