東京駅 日独AIロボットが案内の競演 ドイツ鉄道開発多言語ロボット「セミ」大人気 凄いコミュニケーション力

2019年6月4日

□ 今日の一言JR東日本は、東京駅改札内の商業施設で、AI(人工知能)を使った案内ロボットの実証実験を始めました。実験には、ドイツ鉄道のコミュニケーションロボット「SEMMI(セミ)」が、日本の「ペッパー」と競演し、どちらが、本当に顧客の心をつかめるのかを競い会いました。顧客が豊かな表情で質問に答える「セミ」にカメラを向けたり、実際に話しかけたりする姿が目立ちました。山形県鶴岡市の少女は、新幹線の...

この記事は有料会員限定です。会員の登録をすると続きをお読みいただけます。

関連記事