創業190年 変化する時代に合わせて 多様な産業を経験 的を絞った新産業は 菌検査装置 米国で新事業に参入

2019年6月7日

□ 今日の一言江戸時代の創業から190年。液晶関連の機器で世界シェア首位の製品も持つ、産業機器メーカーの東朋テクノロジーは、次のビジネスにとりかかります。次は食中毒の原因菌の検査装置です。富田英之社長は、「時代と共にニーズは変わる。この中で、常に新しいものに挑むのが、わが社の社風」と言っています。「創業社長は作る。2代目は守る。3代目は潰す」という昔からの諺がある中で、この会社の社長は、代々、創業...

この記事は有料会員限定です。会員の登録をすると続きをお読みいただけます。

関連記事