リゾート地で仕事と休暇を両立させる 自治体が連携してワケーション受け入れやすく調整

2019年6月9日

□ 今日の一言仕事と休暇の両立させる「ワケーション(注1)」の受け入れに積極的な自治体が連携し、7月に長野県や和歌山県など9自治体が連合組織を立ち上げます。ワケーションは、これまで日本でも、日本航空などの大手企業が、既に実施していました。でも、これまでは、資金力のある大企業が、ワケーション市場需要の中心でした。これからは、人材獲得に苦しむ中小の企業や、地場産業に、これが広がっていくと思われます。さ...

この記事は有料会員限定です。会員の登録をすると続きをお読みいただけます。

関連記事