第9回 コンテンツを世界に発信  "Why we are here"

2019年6月5日

前回はハノーバー・メッセでの商談を前にして、着々と、「自分と自社について英語で語る力」をつけられているT社長の取り組みについて、お話させていただきました。 T社長の会社では、来たるメッセで「会社と製品についての紹介・商談を成功させる」べく、社員が一丸となって、出展作品の選定や、プレゼンテーション、英会話…などの準備等を進めていらっしゃいます。メッセは、ご自分の会社のコンテンツを世界に...

この記事は有料会員限定です。会員の登録をすると続きをお読みいただけます。

関連記事

  • 経営コラムーHMメソッドで英語習得しよう

    第8回 Who we are & Why we are hereーハノーバーメッセ

    ハノーバー・メッセは、複数の専門見本市としては世界最大規模のもの。毎年100カ国以上から、5,000社前後が出展。約20万人のビジター、3,000人の報道関係者が訪れる。2019年4月のメッセには日本の企業も約80社が出展しました。前回からここコラムでは、企業戦略として海外とのコンタクトの開始を決意し、英語を自分のものにしようと決心したT社長の取り組みについてご紹介しています。T社長は、何社かの同...

    2019年5月28日

    原 眞理子

  • 経営コラムーHMメソッドで英語習得しよう

    第7回 いざハノーバー見本市に!

    今日はまず英文法について関係についてお話させていただきたいと思います。皆様のなかにも、「英文法」と聞いただけでアレルギーや拒否感を感じられる方も多いのではないでしょうか。私も、正直なところ学生時代は英文法ほど苦痛なものはないと思っておりました。英文法は、日常で使われている言葉の共通のルールを、体系としてまとめたものです。英文法は法律にも似ています。日々の生活にかかせないものなのに、条文だけみると面...

    2019年5月21日

    原 眞理子

  • 経営コラムーHMメソッドで英語習得しよう

    第6回 EU首脳会議で合意した包括案をどのように評価しますか?

    国際経済に関する記事・・・英語にするなんて難しそうです。前回はリスニングで英語の4要素5文型に着目して理解する事をお話ししました。今回はその逆、4要素5文型をつかって英文を組み立てる練習です。それにしても「EU首脳会議で合意した包括案をどう評価しますか」なんてとっても難しそうです。およそTOEIC400点レベルの方達にお集まりいただきました。ビジネスの教養は、第1級の方々です。「EU首脳会議で合意...

    2019年5月13日

    原 眞理子

  • 経営コラムーHMメソッドで英語習得しよう

    第5回 I love you は SVO!

    前回はまず聞き取れる事が重要として英語耳、英語口についてお話をさせていただきました。今回は 英文の組み立て・基本構造を学ぶ為の練習方法についてお話ししたいと思います。(1)まずはCDの音から一文を聞きます。最初はどこで文章が終わっているのかを知るのも難しい(2)次にこの文章の「主語S」と「述語動詞V」は何かを考えます   「誰が」「どうしたか」を知るのが重要だからです(3)それから文を4つの要素(...

    2019年5月6日

    原 眞理子

  • 経営コラムーHMメソッドで英語習得しよう

    第4回 「英語耳」

    「英語耳」という表現を聞いた事はありませんか。決まった定義はないのですが、私なりに解釈しますと「英語耳」は英語が聞き取れるようになる事を意味していると思います。そんなこと当たり前!なのにどうしてそのような事がいわれるようになって来たのでしょうか。今回のテーマは、「英語耳」すなわちリスニングについてですので、Aさんのケースをとりお話ししたいと思います。大学卒業以来久々に英語の勉強を再開されたAさんで...

    2019年4月29日

    原 眞理子

  • 経営コラムーHMメソッドで英語習得しよう

    第3回 1,000時間と10,000時間

    一般に、子供が母国語を覚えるには、10,000時間以上のインプットが必要と言われています。1日8時間、土曜・日曜・祝日もなく365日英語をインプットし続けて、3年4ヶ月という事になります。一方、日本の中学と高校の英語の授業時間は、6年間トータルで1,000時間となっています。この事から、「CDを聞き流すだけで、すぐに自然に、英語がある日突然口から出るようになる」という事は、難しいといえるでしょう。...

    2019年4月22日

    原 眞理子

  • 経営コラムーHMメソッドで英語習得しよう

    第2回 「英文」と「犯罪」の成立要件

    殺人や傷害などの「犯罪」と「英文」の成立って何か関係があるのでしょうか。刑法199条の「殺人罪」とは「人」を「故意」で「殺した」場合、この「故意」が「不注意」になりますと210条の過失致死罪となります。第1回目でお話した司法試験の勉強の経験からHMメソッドも「英文」の成立要件に着目しました。即ち、英文として成立する為には、(1)「主語」「述語動詞」「目的語」「補語」という4つの要素で構成された、(...

    2019年4月15日

    原 眞理子

  • 経営コラムーHMメソッドで英語習得しよう

    第1回 私に英語を教えてもらえませんか

    明日世界が滅びようとも、今日、君は林檎の木を植える (マルティン・ルター)「原さん 私に英語を教えてもらえませんか?」売上げ2500億円、利益の85%を海外で稼いでいる上場企業の内部監査室時代、私は社内やグループ会社の監査対応担当から頼まれる事が度々ありました。50歳を過ぎてP社の内部監査室に入社し、その週からオーストラリアの販社の監査に参加、その後はヨーロッパ現地法人を中心に、グループ会社、社内...

    2019年4月7日

    原 眞理子

  • 会社案内 (無料公開記事)

    日本人の英語を変えたい!HMメソッド®にかける想い

    日本人の英語を変えたい!HMメソッド®にかける想いを、youtubeでご覧いただけます。

    2019年4月2日

    原 眞理子

  • 会社案内 (無料公開記事)

    メソッド社の原眞理子代表取締役からのご挨拶

    メソッド社のミッション日本人の英語を変える!日本を取り囲む4つの海は、日本という素晴らしい民族が比類なき固有の文化と民族をはぐくむ要因となってまいりました。一方で、自らのメッセージを海を越えて発言するということを妨げてまいりました。今、グローバル化にあってこれらの海にメソッド社は橋を架けたい! その橋を渡る為に必要な、これまでの「日本人の英語を変える!」・・・これをミッションと考えます。メソッド社...

    2019年4月1日

    原 眞理子