草間彌生の作品と制作

2019年6月11日

先日、長野県松本市の松本市美術館でのコレクション展「草間彌生 魂のおきどころ」をみてきました。草間弥生の故郷である同市が彼女の作品を新たに購入したことを記念して開催されたもので、購入された「天国への梯子」、「愛はとこしえ」シリーズ全50点、「大いなる巨大な南瓜」の公開に合わせて彼女の初期作品から最新シリーズまでを網羅した展示となっていました。彼女の作品は世界各地で展示され、様々なファッションブラン...

この記事は有料会員限定です。会員の登録をすると続きをお読みいただけます。

関連記事

  • 美術

    ストリートアートとグラフィティ3

    前稿の続きになります。前稿ではグラフィティと政治的な落書きについて「公共性」というキーワードで比較してみました。今回はこれまでに述べたことを振り返りつつ、グラフィティとストリート・アートの関係についてまとめます。前稿までのキーワードとなっていた「公共性」は今回も重要になってきますので一度確認しておきたいと思います。まず場所的な要素での公共性=作品・メッセージが制作・掲示される場所があります。もう一...

    2019年5月30日

    南林 いづみ

  • 美術

    ストリート・アートとグラフィティ 2

    前稿の続きになります。「名」を書き残していく例として、「kilroy was here」とシティギャングのマーキング、また後者と同じ空間感覚の中で動き出したグラフィティについてまとめました。今回はグラフィティの発展について、またそれとほぼ時を同じくして「政治の季節」の到来により当時多く見られた政治的な落書きについて引き続き「公共性」をキーワードにまとめて行きたいと思います。不特定多数が行き来する地...

    2019年5月22日

    南林 いづみ

  • 美術

    ストリート・アートとグラフィティ

    r先日少し触れましたが今回もキース・ヘリングやその周辺に関する記事になります。ヘリングのキャリアの最初期の作品であるサブウェイ・ドローイングを出発点としてグラフィティとストリート・アートとの関係について調べ、考えてみました。サブウェイ・ドローイングは、その名前通り地下鉄の駅構内を舞台に描かれたシリーズです。駅にある使われていない黒い広告板にチョークで素早く描いては移動してまた描き、その中で晩年まで...

    2019年5月14日

    南林 いづみ

  • 表現・音楽

    THE1975とGreenDay 二つのバンドに見るロックの性格

    THE1975はイギリスのマンチェスターを拠点に活動するオルタナティブ・ロックバンドです。2013年に本格デビューを果たした後は驚異的なスピードでファンを獲得し、2010年代の音楽シーンで最も重要なバンドの一つとなりました。彼らを日本に紹介した様々なメディアの煽り文の中で、「UKロックを蘇らせた」というフレーズが印象に残っています。ロックの抱える矛盾への反省から生まれ、イギリスで一時代を築いたパン...

    2019年5月6日

    南林 いづみ

  • 美術

    ブログ執筆にあたって(無料公開記事)

    自己紹介本日より当サイトに寄稿させていただきます、南林いづみです。以後よろしくお願いいたします。職業は画家と書かせていただきましたが、生活の諸費用の一部を作品を売ったお金で補っている程度です。。日本ではアーティストの地位はかなり低いと言われています。アートを取り巻く市場が完成されていないせいかもしれません。経済に対してどう接続されているかが不透明なのです。そのせいで画家というと大金持ちか清貧のイメ...

    2019年5月3日

    南林 いづみ