訪日客 地方を満喫 消費額1兆円超え 3年で6割伸びる

2019年7月7日

□ 今日の一言訪日外国人客の地方における存在感が高まっています。観光庁が公表した2019年版の観光白書によりますと、地方での訪日客消費額は2018年に1兆362億円になりました。2015年と比べると58%増えており、都道府県合計の消費額に占める割合も3割に近づきました。冬のスポーツや自然、農漁村を体験する体験型の「コト消費」がけん引役になっています。訪日客の地方訪問の次のブームでは、これまで観光地...

この記事は有料会員限定です。会員の登録をすると続きをお読みいただけます。

関連記事