筑波大学スタートアップ教授が起業 「サイバーダイン」に続け 米国エンジェルの日本のスタートアップへの投資促進 日本人投資家の眼を開かせる

2019年7月8日

□ 今日の一言今、スタートアップを生み出す場として筑波大学が注目されています。筑波大学では、教授たちが先頭に立ってスタートアップを起業しています。2018年度の調査で、筑波大学で起業したスタートアップは111社に達していました。バイオ・ヘルスケア関連が3割を占めており、人工知能(AI)やゲノム編集といった先端技術を応用しています。医療・介護用の装置型ロボットを開発するサイバーダインを先頭に、社会を...

この記事は有料会員限定です。会員の登録をすると続きをお読みいただけます。

関連記事