認知症薬「脳を掃除」に着目 グリア細胞 老廃物除去 富士フイルム

2019年7月10日

今日の一言アルツハイマー病は、患者の数が多く治療が困難な病気です。現代医学で最も厄介な病と言えるでしょう。数年まえ、世界の大手製薬会社が次々と新薬開発の臨床試験(治験)でつまずきました。脳にたまる老廃物が原因とみてきた「アミロイド仮説」は、今、揺らいでいます。そんな中で、脳を守る「グリア細胞」を、研究のターゲットとする新発想に、注目が集まっています。これが、治療の突破口になるのか期待がかかります。...

この記事は有料会員限定です。会員の登録をすると続きをお読みいただけます。

関連記事