「パーソナルモビリティ」「電動一人乗り」多彩に 低速・短距離移動手段 高齢者も使いやすく

2019年7月20日

□ 今日の一言高齢者でも使いやすい低速短距離移動手段が、続々と開発されています。2019年7月3日、東京・霞が関の経済産業省で開催された、小型モビリティの展示試乗会で、トヨタ自動車が、時速2~10キロメートルと歩く程度の速さの一人乗り電動車両を披露しました。これは、時宜を得た適切な提案でした。これなら、2002年に警察庁から、原動機付き自転車と同様と判断れた電動キックボードとは、明らかに違います。...

この記事は有料会員限定です。会員の登録をすると続きをお読みいただけます。

関連記事