BIM

2020年11月4日

 

関連記事

  • HONZOW(新しい出版システム)

    光と影

    2019年4月30日

    岡島 正夫

  • HONZOW(新しい出版システム)

    出版の新しい風を吹かせよう/自費出版とその費用について(1)

    私は現在、「出版の新しい風」として、Amazonで自費出版することを勧めていて、いろいろなところで、そのお話をする機会が多く、そこで、自費出版について、いまさら説明するまでもありませんが、少しだけ考えてみたいと思います。文字通りに言えば、「自ら」が「費用を負担」して、本を「出版」することですが、この「費用を負担」する「自ら」とは、著者のことです。著者が自分で執筆した原稿を出版するのに必要な費用、こ...

    2014年12月18日

    岡島 正夫

  • HONZOW(新しい出版システム)

    出版の新しい風を吹かせよう/出版基礎知識(1)

    出版するということは、「原稿を書籍にすること」と、単純に言い切ってしまうことも出来るのだけれど、本当にそれだけかといえば、答えはノーです。特に、「自費出版」の場合などは、この辺の理解ができていなくて、結構混乱しているように感じています。でも、物理的には、印刷して製本すれば書籍は出来るから、それで良いじゃないかと、そう反論する声も聞こえてくるかもしれませんね。しかし、物理的に書籍を作るにしても、その...

    2014年12月12日

    岡島 正夫

  • HONZOW(新しい出版システム)

    出版の新しい風を吹かせよう/HONZOWについて(1)

    http://www.honzow.jp長年、編集者として、出版人として、多くの著者の方々からお預かりしたコンテンツを、出版社としての書籍の発行はもちろん、様々なかたちでメディア配信してきました。その一連の業務のひとつとして、現在、出版業務支援システムを「HONZOW/本造(ほんぞう)」ブランドで展開しています。この出版業務支援システム「HONZOW/本造(ほんぞう)」の基になっているのは、Ama...

    2014年12月8日

    岡島 正夫

  • 近現代日本150年とその人々

    内村鑑三について/彼とキリスト教との出会い(1)

    内村鑑三とキリスト教は切り離すことができない関係にあります。しかし、彼がキリスト教に接する(というか入信した)時期と動機は、私にとっては意外なものであり、また、その後の半世紀に亘る、彼の生涯を決定付ける大変重い精神の営みを通したものでした。彼は、キリスト教のいわゆる宣教師活動や教会に縛られることを嫌い(この点が新島襄と異なるところです)、自らの思想を表すのに「二つのJ」として、イエス(Jesus)...

    2014年7月17日

    岡島 正夫

  • 出版あれこれ

    椎野先生大いに落語を語る/新刊「噺家と席亭と私」について

    著者である椎野先生をはじめ、関係者の方々には、発売日を首を長くしてお待ちいただきながら、諸般の事情で半月ほど予定が遅れておりましたが、ついにというか、ようやくというか、Amazonから発売開始になりました。椎野先生の落語の本「噺家と席亭と私」です。椎野先生のいままでの著作群の中にあって、これは異色の本であるとお感じになる方も多いかもしれませんが、先般、出版した「内村鑑三の言葉」をお読みいただき、共...

    2013年4月19日

    岡島 正夫

  • 日々是好日

    これぞ名言

    米国で公開週の週末3日間の興行収入4903万ドルとデズニー・アニメ史上最高額を記録したCGアニメーション映画「シュガー・ラッシュ」(23日に日本公開)人気ゲームの悪役である主人公、ラルフが、自分勝手な考えでゲームの世界を飛び出し、自分と同じ疎外感を持つ少女を助けようと行動することで、自分自身が変わっていく。プロデューサーのクラーク・スペンサー氏の言葉。「誰かのために動くことで自分が変わり、自分の問...

    2013年3月16日

    岡島 正夫

  • 建築デザイン

    住宅建築とその作家達の系譜

    2月15日の椎野先生のブログ「美しい家作り「私の思い」の歴史[美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す]」を読ませていただいて、大いに触発されて、「住宅建築とその作家達の系譜」について、少しずつ、思いつくままに書いてみようという気になった。私が大学の建築学科の学生だったころ、つまり、60年代末から70年代の初めにかけては、東京オリンピック以降の高度成長期で、大型公共工事によるインフラ建設の槌音が鳴...

    2013年3月1日

    岡島 正夫

  • 電子出版

    デジタルの威力

    ここ数年、iPadは私の身体の一部となっている。2010年の日本発売時に購入して以来、2年半が経過し、今や、これなしでは、仕事も生活も成り立たない。愛機、iPad初期版(Wi-Fi+3G版)。現行版のiPad2に比べると、ズッシリと重い。パソコンの黎明期というか普及期には、ビジネスはペーパーレスになるとの予想に反して、プリントアウトする紙の消費量はかえって増大したのだが、私個人の現在の状況でいえば...

    2012年12月20日

    岡島 正夫

  • 椎野塾

    上杉鷹山と日本の未来/自信とやる気を持たせる指導者

    今日(2012.12.14)の産経新聞の「正論」で、高崎経済大学の八木秀次氏が、内村鑑三が「代表的日本人」として紹介した上杉鷹山に言及されていて、日本と日本人よ、自信を取り戻せとの趣旨で論じられてる。すでに、お読みの方もいらっしゃるでしょうが、切抜き画像を、サーバーにアップしましたので、ご興味のある方は、以下のURLからダウンロードしてください。ぜひ一読を。http://idc.media-por...

    2012年12月14日

    岡島 正夫

  • 閑話休題

    「テイクファイブ」はやはり名曲だ

    12月5日、デイブ・ブルーベックがコネティカット州の病院で、心不全で死去。享年91歳。ポール・デズモンドも既に故人だし、「時代は遠くなりにけり」か。あらためて、iPodでデイブ・ブルーベック・カルテットのアルバム「タイムアウト」を聞きながら、ご冥福を祈る。私は、高校1年生の時に、初めてJazzに開眼したのだが、当時の愛聴盤のひとつだった。このアルバム収録曲の「テイクファイブ」は全世界でヒットし、あ...

    2012年12月8日

    岡島 正夫

  • 出版あれこれ

    椎野先生のブログが本になりました!

    椎野先生が 2011/09/26 から数十回に亘り連載してこられて、大変好評だった内村鑑三についてのブログが、本になりました。書名は「内村鑑三の言葉(現代社会を突き抜ける金言)」です。Amazonで販売中しています。常時在庫有りで、24時間以内の配送です。AmazonPOD「プリントオンデマンド(Print On Demand)」の弊社発行の記念すべき第1号です。

    2012年11月5日

    岡島 正夫

  • オープン・コスト・ハウス

    「オープンコストハウス」について考える

    「オープンコストハウス」と呼ぶ、家作りのプロジェクト(あるいは実験)の、そもそもの発端と経緯は、住宅一棟分を丸ごと「建サク」でやってみたらどうだろうということだと理解している。その発想に、設計コンペによる設計者の選択という考え方を加えて実施したものが、鈴鹿の小林邸プロジェクトであった。「建サク」とは、専門工事会社(業者)に施主が直接発注するシステムだから、住宅一棟分を丸ごと「建サク」ということは、...

    2012年7月29日

    岡島 正夫

  • オープン・コスト・ハウス

    「一番偉い人が、一番無知である」のか

    前回、「予算内に工事費が収まるように、計画案を見直す局面で、設計者の関与が問題になる」と書いた。その本題に入る前に、まずは、頭の準備運動。怪我しないためのストレッチのようなものである。家作りの予備知識、というか、私の立ち位置を示しておくことが礼儀作法というものだろうから。いろいろ書き出すと、ああ、あれも、これもと、山ほどあるので、思いつくまま、書かせていただく。まず、発注者について。「クライアント...

    2012年6月3日

    岡島 正夫

  • オープン・コスト・ハウス

    設計者の関わり

    前回のブログで、「鈴鹿の小林邸のプロジェクトが成功したのは、設計者が実施設計に関与しなかった」からと書いた。「えっ、なんて馬鹿な」と思うか、「そうだよね、やっぱり」と思うか、その感想の違いは、今まで建築プロジェクトにどのような立場でかかわってきたかという、キャリアの違いと関係があるかもしれない。これは、「設計者に実施設計の能力がなかった」ということではない。このことは、鈴鹿プロジェクトの設計者の名...

    2012年5月31日

    岡島 正夫

  • オープン・コスト・ハウス

    「本当に、あの計画通りできましたねぇ!」

    オープン・コスト・ハウスについて、少し書いてみようと思います。「オープン・コスト・ハウス」とは、その名の通り、「コストを公開する家作り」である。言葉の定義としては、いたって単純明快なものだけれど、現実にはなかなか難しい。何のコストを、誰が、誰に、何のために、どのようにして、公開するのか?この問いかけに、キチンとした答えが用意されているのか、となると、さてどうだろうか?私がこのプロジェクトに関わった...

    2012年5月20日

    岡島 正夫

  • 出版あれこれ

    Amazonのオンデマンド出版

    電子書籍で大分回り道をしましたが、今月、AmazonPODの契約をしました。これはAmazonの米国本社が出版社とのBtoBビジネスとして、グローバルに展開するプログラムです。PODとは「プリントオンデマンド(Print On Demand)」の略で、既に英語圏で展開されていたサービスが、昨年春(2011年4月)から日本でも開始されていました。オンデマンド出版自体は特に目新しいものではなく、小部数...

    2012年5月17日

    岡島 正夫

  • 出版あれこれ

    再販制度というものをご存知ですか

    キンドル日本語版いよいよ登場間近ということで、何かと話題になっている。一昨年から噂ばかりが先行しているのだが、コンテンツの販売価格に関する決定権について、「アマゾンvs日本の出版会」で協議が難航しているからだ。(実は著作権の帰属問題も障壁になっているのだが・・・)電子書籍はいろいろなサイトがあるけれど、どこもデファクトスタンダードになりきれない。結局勝負は、コンテンツの質・量と決済方法の2点に極ま...

    2012年2月14日

    岡島 正夫

  • 閑話休題

    ブルーノートの真実(後世の遺物)

    ディアゴスティーニで『BLUE NOTE best jazz collection』全70号http://deagostini.jp/bnc/という企画がスタートして、相変わらず、古くて新しい世界だなぁと実感。たぶん、団塊世代を狙った企画だと思うけれど、ブルーノートのジャズ入門には、よい企画だと思います。より、ディープにブルーノートの世界にハマりたい方には(あまりいないかもしれないけれど)、三一書...

    2012年2月6日

    岡島 正夫

  • 閑話休題

    5時間53分の死闘

    5時間53分の死闘といえば、そう、あの2012年全豪オープンテニスの決勝である。最近は、忙しいせいもあるけれど、内容がつまらないという理由も手伝って、ニュース以外、ほとんどTVを観ない。たまたま、久しぶりに我が家でゆっくり日曜の夕食で、そういえば、今日は全豪オープンテニスの決勝戦の日だなぁと、何気にWOWOWをオン。ちょうどセットカウント1:1で第3セットの最中。ジョコビッチがナダルを圧倒して完全...

    2012年1月31日

    岡島 正夫

  • 建設維新

    新刊「オープン・コスト・ハウス」が本日発売

    椎野先生の最新著作「オープン・コスト・ハウス」が本日リリースされました。内容は次のとおりです。設計コンペ入賞作の住宅が、驚くべき価格で実現。それは、工務店の一生懸命のコストダウンと工事受発注サイト「建サク」を活用した工事価格の公開による成果!極限まで絞り込んだ工事予算が、さらに「建サク」で下がり、その利益をお施主さんへキックバック。革命的な家作りの実際を、著者が徹底的に取材してその仕組みを分かりや...

    2012年1月27日

    岡島 正夫

  • 出版あれこれ

    ミディアムサイズのメディア

    椎野先生がブログ(2011/08/18 エントリー)で次のように書かれている。「建設業者が作るのは、建築物ではなく、在宅介護の新しい地域コミニティである。建設産業という、呼び名を変えねばならなくなるだろう。産業は、「もの作り」の産業から、「ソーシャルインダストリィ(社会のニーズに応えた、狭義の産業を横断する社会のニーズを枠組みにもつ産業)」に変身するのである。」私も、先般、出版業が「紙に印刷して製...

    2011年8月21日

    岡島 正夫

  • 出版あれこれ

    ソーシャル・リーディング

    従来の「読書会」を、Web上でやろうという機運が、電子書籍の話題性に刺激されて、「ソーシャル・リーディング」という呼び方で広まりだしている。FaceBookやツイッターなどのSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を活用しての、リアルタイムな読書感想の共有は、読書という孤独な作業にライブ感を醸し出してくれるものだし、読む時間の無い人には、ダイジェストとしても有効だと思う。そこで当サイトでは、そ...

    2011年8月20日

    岡島 正夫

  • 出版あれこれ

    グーグル、米モトローラ買収

    グーグルがいよいよスマフォのハードに進出。米国モトローラ社を125億ドルで買収ということらしい。スマフォのOSではアンドロイドをオープンにしたため、シェア的にはiOSを抑えても、というか、かえってそのことで、アンドロイドOS商品の乱立状態となり、商品としてのスマフォは、タブレット型端末も含めて、アンドロイド軍団vsアップルの形になって、ブランド的には、アップルの一人勝ち。以前のエントリーで「アンド...

    2011年8月16日

    岡島 正夫

  • 閑話休題

    サッカー日本代表の勝利とマスコミ報道

    仕事で忙しくて見逃した試合は、必ず「良い試合」のような気がするのは、たぶん、被害妄想だとは自覚しているけれど、あの、「ドーハの悲劇」試合をリアルタイムで観てショックで体調を崩した覚えのある身としては、トラウマになっている。それにしても、やはり、10日の日韓戦をリアルタイムで見逃したのは残念。録画すらも忘れていて、(おかげで寝不足になることはなかった)、当然、当日と翌日のマスコミ報道をすがるように見...

    2011年8月12日

    岡島 正夫

  • 建設維新

    そもそもの「建設維新」

    2008年1月に、椎野先生の「先導者たち」という本の出版が、このサイトを立ち上げるきっかけであった。「建設維新」ということばも、この本の中で、先生が記したのが最初である。椎野先生と安中さんと私の三人の会合で、いろいろ建設業界のことについて、話が盛り上がった。私の記憶では、その会合の中で、誰が言い出したか定かではないが、「建設維新」という言葉がでてきたのだと思う。そう思って、「先導者たち」を書棚かか...

    2011年8月11日

    岡島 正夫

  • 建設維新

    椎野先生との出会い

    椎野先生とは、「建設業の明日を拓く」という出版プロジェクトで、ここ数年、いろいろ親しくお付き合いさせていただいている。きっかけは、30年来の私の大親友でもあり、ビジネスを戦場に例えるなら、戦友でもある安中氏のセミナーだった。安中氏の紹介で、「どんなお仕事をしているのですか」と先生がお尋ねになって、「小さな出版社を経営しております」と、自己紹介させていただいた。そのことを先生が覚えていて下さって、間...

    2011年8月7日

    岡島 正夫

  • 我が道、我が志

    思えば遠くまで来たもんだ(1)

    確か小学校の3年生の頃だったと思う。「僕は建築家になる!」と勝手に決めて、学校の勉強そっちのけで、せっせと、方眼紙に家の間取りや、立面図を書いて、厚紙に絵の具で着彩して、家の模型を作ったりして遊んでいた。今から思えば、チョッと変わった少年だったかもしれない。父親が建築家だったせいもあって、家では、不要となった青図面の裏紙をメモ用紙に使っていたのだけれど、表側の図面の方に興味を持ったのがきっかけだっ...

    2011年8月6日

    岡島 正夫

  • 出版あれこれ

    iPhoneアプリへの挑戦

    いよいよ、電子ブックを実践してみようということになって、先ずは、読者層をどうするか、すなわち、リーダー端末を何に想定するか。という事が、はじめの一歩。いろいろ考えた末に、iPhoneアプリで行こうという事になって、Xcode開発用のマシンとしてMacを購入。PC歴30年、dos版を含めてWindows一筋というより、アンチMac派を自認して来たものとしては、ついに牙城陥落ということ。とは言え、すで...

    2011年8月5日

    岡島 正夫

  • 建設維新

    クッション・ゼロ

    安中眞介氏が提唱する建設工事原価管理手法の「クッション・ゼロ」を、建設業に関わって、建設原価の透明化を目指す方には、ぜひ知っておいていただきたい世界です。安中氏の経営する(株)ハルシステム設計の公式サイト(http://www.halsystem.co.jp)で、いろいろ情報は取れますが、2008年9月27日発行の書籍「クッション・ゼロ」(安中眞介著)ISBN978-4-944107-02-5にそ...

    2011年8月3日

    岡島 正夫