関連記事

  • 木造住宅新生産システム

    なぜ われわれは 家作りのコストを 公開するのか

    なぜ われわれは 家作りのコストを 公開するのか ここまで、読んでくださった読者の方には、ここで行なわれた実験の主人公のような工務店は、家を建てようとしている人達にとって、信頼のできる企業であることは、良くわかっていただけたことと、思います。 結局、この家作りは、情報が透明なのです。特に、コスト情報が透明です。この会社は、何か裏に隠していることがある、狡い会社という印象は、ありませんね。お施主さん...

    2011年9月23日

    椎野 潤

  • 木造住宅新生産システム

    辻 哲氏からの返信

    昨日のブログにたいして、辻 哲氏から、貴重なご返信をいただいた。ここに、掲載させていただく。 昨夜のプログ「国木会に参加して」をを読ませて頂きました。地場建設業としての将来像として、「ソーシャルインダストリー」を示されましたが、全くその通りだと思います。 昨年、マーケテイングの神様のコトラーが、marketingもメーカーPUSH型marketing1.0から、顧客PULL型のmarketing2...

    2011年8月19日

    椎野 潤

  • 木造住宅新生産システム

    国木会に参加して

    今日、第二次国木会があり、参加した。国木会というのは、伊佐ホームズの伊佐 裕社長が主宰している研究会であり、私も、数年前から参加している。大体、月に一回伊佐ホームズの本社で開催している。現在、第一段階の研究が終了し、第二次国木会になっている。  この日は、新しく構築する事業の方向性を、皆で議論し、再確認した。 この新事業の目指すところは、 ・魅力ある国産木造住宅を創り出す ・国産木材、特に杉の活用...

    2011年8月18日

    椎野 潤