関連記事

  • 「雑 感」

    喜ぶことは幸せ 幸福は天から授かる

    □ 今日の一言 こんな最高な笑顔を見ることができるのは、最高の幸福です。そんな日に出会えました。 月曜ブログ「日本の未来を考える」 2018年5月7日(月)□喜ぶことは幸せ 幸福は天から授かる ☆前書き 早稲田大学の中央図書館は、日曜日も、祝際日も休まず開館しています。しかし、ゴ...

    2018年5月7日

    椎野 潤

  • 「雑 感」

    嬉しい客人の訪問

    土曜ブログ「閑話休題」 2013年4月6日嬉しい客人の訪問 昨日(4月5日)嬉しい、客人の訪問を受けました。韓国のLogisALL社の会長の徐炳倫氏と社長の朴仁述氏です。徐炳倫氏は、韓国におけるロジスティクスの権威で、韓国ロジスティクス協会の会長を長くつとめておられました。現在、12社の会社を経営さています。 私が、2003年11月に出版した、顧客起点サプライチェーンマネジメント~日本の産業と企業...

    2013年4月6日

    椎野 潤

  • 「雑 感」

    自費出版文化賞、大賞受賞者、杉山四郎氏への書簡

    自費出版文化賞、大賞受賞者、杉山四郎氏への書簡 このたび、家内が、俳句集で、自費出版文化賞に入選し、表彰式があった。私も同席したのだが、そこで、凄い、講演を聞いた。大賞受賞の杉山四郎氏の講演である。これは、北海道の開拓時代の底辺を支えた人達の隠れた業績を掘り起こして、これを書き残したもので、それを後世に残そうという志をたててから、既に、40年。今回、表彰された書は、その集大成である。これからも、生...

    2011年11月11日

    椎野 潤

  • 「雑 感」

    株式会社 Kengineオープンの設立、瀬戸社長の訪問を受けて

    株式会社 Kengineオープンの設立瀬戸社長の訪問を受けて 9月14日、MontaRoの瀬戸社長の訪問を受けました。新会社の設立のお話をうかがいました。以下は、瀬戸社長のお話です。 震災の起きる前から、建材の流通を単純化できないか、考えていました。コンピュータの3DCADで、住宅の設計図を書き、このデータを、インターネットで送ると、見積が、即座に出て、発注をクリックすると、電子発注ができ、納品指...

    2011年9月14日

    椎野 潤

  • 「雑 感」

    「雑 感」、日本の未来を考える

    「雑 感」日本の未来を考える オープン・コスト・ハウスの連載が、一段落しましたので、今日は、一日、読書で過ごしました。建設維新を考える上で、日本の未来を、なにか示唆してくれる書籍に、出会えないかと思って、読みましたが、私の未来を見つめる眼に、灯を灯してくれる書には、出会えませんでした。 本当のところ、日本は、これから、どんな国に、なって行くのでしょうか。国として、国民として、なにで収入を得て、なに...

    2011年9月11日

    椎野 潤