関連記事

  • 落語・歌舞伎・絵画鑑賞

    神楽坂をどり、落語 末廣亭

    神楽坂をどり、落語 末廣亭 今日は、「神楽坂をどり」を見に行きました。これは、毎年、4月の上旬の土曜日に行なわれます。例年ですと、櫻が散り春爛漫の季節を迎えた頃なのですが、今年は、風が冷たく、櫻は八分咲きで、丁度、見頃でした。 天気は快晴でしたが、今日も、風が冷たかったです。「神楽坂をどり」が近づくと、町中に、この「をどり」のポスターが貼られます。そして、町中、皆が、これを楽しみにしています。今年...

    2012年4月7日

    椎野 潤

  • 落語・歌舞伎・絵画鑑賞

    落語 「掛け取り萬歳」

    落語 「掛け取り萬歳」 私のブログも、また、難しい話が続きましたから、今日は、落語の話をします。 私の一番好きな落語家、柳亭市馬の代表的な噺に、「掛け取り萬歳」があります。家内が、友人からこのCDを借りてきましたので、これを聴いて楽しみました。 この噺は、大晦日の貧乏長屋を舞台にした噺です。借金が溜まっている夫婦のところに、借金取りが、次々とやってきます。これを、借金取りの好きな好み(趣味)に合わ...

    2012年1月27日

    椎野 潤

  • 落語・歌舞伎・絵画鑑賞

    平成24年度初席 吉例落語協会 初顔見世特別講演

    平成24年度初席 吉例落語協会 初顔見世特別講演 今日は、上野鈴本演芸場に、平成24年度初席 吉例落語協会 初顔見世特別講演を見にいきました。「トリ」に、現在の落語界の名人として最高峰の人だと思っている、柳家小三治が出るので、楽しみにして出掛けました。小三治が出るのは、第三部、夜の部です。 正月らしい、賑やかな高座が続き、後半は、落語協会の重鎮が顔をそろえ、良い高座でした。中入り後、最初の舞台、大...

    2012年1月10日

    椎野 潤

  • 落語・歌舞伎・絵画鑑賞

    東山魁夷 版画100選展

    東山魁夷 版画100選展 今日は、東山魁夷 版画100選展を、日本橋の丸善のギャラリーに見に行きました。東山魁夷の風景画は、以前に見たことがあり、その色彩の美しさに感動したのを、良く憶えており、是非、見たいと思い出掛けました。 東山魁夷(1908年~1999年)は、昭和を代表する日本画家です。1960年に東宮御所、1968年に落成した皇居宮殿の障壁画を担当しました。また、1970年代に、約10年の...

    2012年1月8日

    椎野 潤

  • 落語・歌舞伎・絵画鑑賞

    没後150年、歌川国芳展

    没後150年、歌川国芳展 昨年の年末の12月23日、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーに、歌川国芳展を見に行きました。クリスマスイブの前日の休日で、六本木ヒルズは、大変な混雑でした。若いカップルが多く、楽しそうな、弾んだ声に満ちており、若い男女の膨らむ夢が感じられました。この日は、良い展示を鑑賞でき、充実した一日でした。 歌川国芳(1797年~1861年)は、江戸時代末期を代表する浮世絵師の...

    2012年1月8日

    椎野 潤

  • 落語・歌舞伎・絵画鑑賞

    歌舞伎観賞 七世松本幸四郎襲名百年記念公演(再掲、歌舞伎)

    この正月は、落語のブログからはじめました。そこで、今日は、歌舞伎のブログを再掲します。これは、昨年の12月7日に、ブログに書いたものです。見落とした方も多いと思いますので、ここに再掲します。歌舞伎観賞 七世松本幸四郎襲名百年記念公演  今日は、歌舞伎を観にいきました。私は、今、「後世を、より良い世にするために、より良い遺産を遺そう」と考えて、ブログを書いていますが、古くから遺されてきた文化遺産で、...

    2012年1月3日

    椎野 潤

  • 落語・歌舞伎・絵画鑑賞

    立川 談志の生涯(落語、再掲)

    このお正月は、落語の話からはじめました。昨年、もう一本、落語のブログを書いています。見落とした方も多いと思いますので、ここに、再掲しておきます。立川 談志の生涯 天才落語家、立川談志が、なくなりました。この人は、本当に、天才肌の人でした。若い頃から頭角を現わし、落語界で、早くから注目されました。参議院議員に当選し、内閣の要職につくも、すぐ失言をして、退任をよぎなくされるなど、話題にも、事欠きません...

    2012年1月2日

    椎野 潤

  • 落語・歌舞伎・絵画鑑賞

    柳亭市馬の歌に感動する

    柳亭市馬の歌に感動する新年、あけまして御目出度うございます 今年、初のブログを書きます。昨年の末、年の瀬も押し迫った12月28日に、落語を観に行きました。柳亭市馬の落語と歌のショーです。これで、大変に元気をもらいました。柳亭市馬は、私が大好きな落語家で、現在50歳、今、脂がのりきった時期です。現在、落語協会の副会長を務めています。 本格派の落語家ですが、最近、高座の後の大喜利で、歌を歌うようになり...

    2012年1月1日

    椎野 潤