関連記事

  • 建設維新(新)

    建設産業の現状

    水曜ブログ「建設維新」(1)建設産業の現状 私は、2012年3月末で、早稲田大学の研究所を引退してから、建設業の仲間達と会うことも少なくなり、建設業の最近の情報に、疎くなってきました。 最近、頭の中を占めているのは、「日本の未来は、どうなるのだろうか」「今、何を考えておけば良いのか」等です。でも、これまで進めてきた「建設維新運動」を、途中で投げ出すことはできません。この運動で、建設業社会の大改革の...

    2012年5月16日

    椎野 潤