関連記事

  • 平成維新・建設維新

    建設 人材難が深刻(1)

    月曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年3月4日建設 人材難が深刻(1) 東北大震災の復興工事で、建設業労働者の不足が、深刻な状況になっていましたが、今回、安倍内閣が、景気押し上げの手段として、建設関連費の予算を、増額しましたので、この問題は、今後、一層、深刻になりそうです。 2013年2月20日の日本経済新聞(朝刊)では、以下のように報道しています。 「建設業の人手不足が深刻な問題として浮上...

    2013年3月4日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    自民党総裁、阿部元首相復活

    水曜ブログ 「平成維新・建設維新」 自民党総裁、阿部元首相復活 自民党総裁に、阿部元首相が復活しました。以前に、小泉元首相の後を受けて、若手の期待の星として、首相になったときも、私は期待していましたが、前回は、健康を害して挫折しました。 もともと、明るい性格で、日本という国の国家像についても、明確なビジョンを持った方であり、このところ、しばらく、リーダー不...

    2012年9月26日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    消費税増税法案が成立

    水曜ブログ「平成維新・建設維新」(9)消費費税増税法案が成立 消費税の増税を柱とする、社会保証と税の一体改革の関連法案は、2012年8月10日の参議院本会議で、民主、自民、公明3党などの賛成多数で可決成立しました。 政治のタブーとされ、歴代政府が先送りしてきた、財政再建のための増税法案が成立したことは、まことに、喜ばしいことですが、しかし、一方で、重要課題は山積しており、残されたままです。 しかし...

    2012年8月15日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    「カバの口」を閉じるには

    水曜ブログ「平成維新・建設維新」(8)「カバの口」を閉じるには 日本経済新聞の2012年8月5日の朝刊に、以下の記事が載っていました。私は、この記事の主張に、全く賛成です。そこで、今日は、それを引用させていただきます。「東京に駐在する外交官の仕事の一つは、日本の政治の動きを本国に報告することだ。近隣国の大使館の公使から「どう解釈したらいいのか、さっぱり分からない」と電話をもらったのは、1999年春...

    2012年8月8日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    介護ロボ保険対象に

    水曜ブログ「平成維新・建設維新」(7)介護ロボ保険対象に 日本経済新聞の2012年7月30日の朝刊に、以下の記事が載っていました。 「政府は介護・福祉に役立つ先端機器(介護ロボット)への公的保険の適用範囲を拡大する。歩行・食事など介護される機器、入浴・食事など介護される人の仕事を助ける機器などを介護保険の対象とする。 必要な機器を絞り込んだうえで、2015年度から、利用料の9割を補助する。介護士の...

    2012年8月1日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    先端医療で特区

    水曜ブログ「平成維新・建設維新」(6)先端医療で特区 日本経済新聞の2012年7月24日の夕刊に、以下の記事が載っていました。 「政府は、体の様々な細胞になるiPS細胞を使った再生医療など先端医療技術を迅速に確立し産業化を促進するため、地域の枠に縛られずに特定の大学や研究機関、病院、企業が連携する「機関特区」を2015年度にも設ける。 新しい薬や医療機器の製造・販売の承認手続きを短縮するなど、薬事...

    2012年7月25日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    「成長の壁を破る政策に全力を挙げよ」

    水曜ブログ「平成維新・建設維新」(5)「成長の壁を破る政策に全力を挙げよ」 2012年7月8日(日)の日本経済新聞の社説に、以下のことが、書かれていました。 「民主党分裂という代償を払いながらも、消費増税の道筋をつけた野田政権の功績は大きい。しかし消費増税は日本経済の再生に必要な政策のひとつにすぎない。」 「野田政権は成長力の強化に本腰を入れるべきだ。第1に、海外の需要を取り込む政策を急ぐ必要があ...

    2012年7月11日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    「決める政治を止めるな」

    水曜ブログ「平成維新・建設維新」(4)「決める政治を止めるな」 「決める政治を止めるな」、これは、2012年7月3日(火)の日本経済新聞の見出しに出ていた言葉です。今回、民主党が分裂しましたが、当面の政治を考えるときに、これは、キイワードだと思います。 今、衆議院の多数を占めている民主党は、参議院では、少数になっており、その勢力はねじれて「ねじれ国会」になっています。これは、二院制の民主主義では、...

    2012年7月4日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    「決められる政治」への転換点

    水曜ブログ「平成維新・建設維新」(3)「決められる政治」への転換点  社会保証と税の一体改革関連法案が、6月26日の衆議院本会議で、民主、自民、公明3党などの賛成多数で可決され、参議院に送付されました。 これは、本来の正常な国会の姿から見れば、特に特筆すべきことでは、ありませんが、ここしばらくの「決められない政治」の実態からみれば、これは画期的なことです。 民主、自民、公明の三党合意が成立したとい...

    2012年6月27日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    復興工事丸ごと委託

    水曜ブログ「平成維新・建設維新」(2)復興工事丸ごと委託 今日は、久しぶりに「建設維新」について、ブログを書きます。 2012年6月15日の日本経済新聞に、以下の記事がのりました。 「復興庁と国土交通省は、東日本大震災の復興工事で、新たな発注方式を導入する。調査・設計と工事施工を一括で、大手ゼネコンに発注する。」 そして、以下のようにも、書いています。 「日本の公共工事で、初めて本格的な一括発注方...

    2012年6月20日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    行政コストの削減 「競り下げ」による資材調達コストの低減

    火曜ブログ「平成維新・建設維新(特別ブログ)」行政コストの削減 「競り下げ」による資材調達コストの低減 今日は、火曜日ですが、もう一日、特別ブログとして「平成維新」に関するブログを書きます。 行政コストの削減のブログの第二日目は、「国の資材調達コストの削減」です。国や地方自治体が発注している資材等の購入単価は、一般の市場で取引されている単価に比べ、かなり、割高なのは、広く知られています。 この改革...

    2012年6月19日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    国の中央官庁の共同調達

    月曜ブログ「平成維新・建設維新(特別ブログ)」国の中央官庁の共同調達 消費税の増税が、やっと3党で合意して、実現の目処がたちましたが、この程度の増税は、いずれ、行なわねばならないのですから、早く決断した方が良いとは思いますが、日本の財政を再建するには、今回の10%程度の増税で、間に合うはずがないと、私は、考えてきました。 最近、16%にしないと間に合わないと言い出していますが、私は、16%でも、す...

    2012年6月18日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    消費増税 3党合意 一体改革修正協議が決着

    日曜ブログ「平成維新・建設維新(特別ブログ)」          消費増税 3党合意 一体改革修正協議が決着 今日は「決められない政治」に、きりがつく、節目の日になりました。そこで、今日は日曜ですが、特別に「平成維新」に関するブログを書きます。 2012年6月16日(土)の日本経済新聞の朝刊の一面の見出しに「消費増税 3党合意」の文字が踊りました。日本の「決められない政治」が、ようやく「決める決断...

    2012年6月17日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    NHKスペシャル 激動 トヨタピラミッド

    水曜ブログ「平成維新・建設維新」(2)NHKスペシャル 激動 トヨタピラミッド 6月10日夜、「NHKスペシャル 激動 トヨタピラミッド」という番組を見ました。これは今日の日本の繁栄を築いてきた「モノ」作りの曲がり角を、鋭く掘り下げた貴重な番組でした。これは、NHKの取材班が、1年間をかけて現地取材した番組で、大変な力作でした。 トヨタ自動車(株)は、わが国、最大の企業です。従業員数32万人、売上...

    2012年6月13日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    首相は自公との連携に踏み出すときだ

    水曜ブログ「平成維新・建設維新」(1)首相は自公との連携に踏み出すときだ 2012年5月31日の日本経済新聞に、以下の社説が掲載されていました。 「野田佳彦首相と民主党の小沢一郎元代表の会談が平行線に終わった。意見が異なる同士がよく話し合うのはよいことだが、堂々巡りを繰り返してもきりがない。野田首相は与党の分裂をおそれることなく、前に踏み出すときだ。 消費増税を巡り、野田政権は、民主党の党内議論を...

    2012年6月6日

    椎野 潤