関連記事

  • ウエルカム赤ちゃん

    合計特殊出生率1.8達成に全力を上げよう

    「今日のブログを読む、予備知識」 「人口を現状のまま維持するには、『合計特殊出生率(注1)』が、2.07必要です。2014年の同値は1.42で、前年を下回ってしまいました。政府は、2020年までに1.8を達成すると表明しました。なんとか、これを達成しなければなりません。しかし、今日、取り上げる新聞記事には、『合計特殊出生率は1.8には遠い』と書いてあります。」金曜ブログ「ウエルカム赤ちゃん」   ...

    2015年10月9日

    椎野 潤

  • ウエルカム赤ちゃん

    自治体 新米ママに育児指導 産後ケアはまかせて

    「今日のブログを読む、予備知識」 「自治体が、お産直後の母親の育児不安を解消するため、『産後ケアサービス』の提供を始めました。人口減少を防ぐために、子どもを3人、育ててもらうには、これは絶対必要です。」木曜ブログ「ウエルカム赤ちゃん」             2015年10月8日(木)自治体 新米ママに育児指導 産後ケアはまかせて 先日、富田久子さんの「ひまわり会幼児教室」を、見学に行った時、イン...

    2015年10月8日

    椎野 潤

  • ウエルカム赤ちゃん

    育児ママにお薦め求人

    水曜ブログ「ウエルカム赤ちゃん」            2015年2月11日(水)育児ママにお薦め求人 日本の人口減少は深刻です。なんとか、若い夫婦に、子供を育ててもらわねばなりません。また、今、人手不足が深刻です。国外からの応援を頼もうという声も大きいのですが、単一民族国家の日本の「和の社会」の素晴らしさは、維持しなければなりません。外の人を受け入れるには、準備しなければならない点も多いのです。...

    2015年2月11日

    椎野 潤

  • ウエルカム赤ちゃん

    こんな街なら産みたい(その2) 打開策はある

    金曜ブログ 「ウエルカム赤ちゃん」            2014年8月29日(金)こんな街なら産みたい(その2)打開策はある このような人口減少の危機において、打開策はあるようです。新聞は、その例として、以下のように書いています。 「状況打開のモデルはある。石川県川北街は若年女性人口の予測増加率が15.8%と全国一。出生率も1.62(08~12年平均)と国を上回る。人口は6295人と1980年の...

    2014年8月29日

    椎野 潤

  • ウエルカム赤ちゃん

    こんな街なら産みたい(その1)

    木曜ブログ 「ウエルカム赤ちゃん」            2014年8月28日(木)こんな街なら産みたい(その1) 少子化が続く日本、今、日本の社会は、子供を産みにくい社会になっています。なんとか、子供を産みやすい社会にしなければなりません。 2014年8月18日の日本経済新聞に、「ウエルカム赤ちゃん」「こんな街なら子供を産みたい」という、見出しを見つけました。この機会に、これを表題とするブログシ...

    2014年8月28日

    椎野 潤