関連記事

  • 林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ

    木材の輸出額最高

    水曜ブログ「林業の再生が拓く日本の未来」        2015年3月25日(水)木材の輸出額最高 国産材の輸出が増大しています。2015年3月16日(月)の日本経済新聞は、以下のように書いています。 「木材の輸出が活発になっている。スギ丸太やベニヤ合板といった国産木材の2014年の輸出額は、前年比45%増の178億3400万円となり、2年連続で過去最高を更新した。」 国産木材を輸出産業に育てたい...

    2015年3月25日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ

    林業と子育てを結びつけた地域振興

    金曜ブログ「林業の再生が拓く日本の未来Ⅱ」       2015年1月30日(金)林業と子育てを結びつけた地域振興 各地の自治体の間で、林業と子育てを結びつけて地域振興を、推進しようとする動きが広がっています。2015年1月28日の日本経済新聞の夕刊に、この記事がのっていました。 「林業と子育てを結びつけて地域振興に生かそうという取り組みが地方自治体の間で広がっている。木製の玩具の普及を進めるNP...

    2015年1月30日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ

    住宅に対する国産材の使用拡大(その2)

    木曜ブログ「林業の再生が拓く日本の未来Ⅱ」       2015年1月29日(木)住宅に対する国産材の使用拡大(その2) この新聞記事では、戦後、国をあげて植林してきたスギ、ヒノキが、ようやく伐採期を迎え、大きな蓄積になっている現状を述べ、自給率向上の目標、国土交通省、林野庁の支援について、以下のように述べています。 「日本では戦後大量に植林された木々が伐採期を迎えている。国内の森林資源は12年時...

    2015年1月29日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ

    住宅に対する国産材の使用拡大(その1)

    水曜ブログ「林業の再生が拓く日本の未来Ⅱ」       2015年1月28日(水)住宅に対する国産材の使用拡大(その1) 住宅に対する国産材の使用が拡大してきたようです。ようやく、待ちに待った状況が現われてきました。2015年1月27日(火)の日本経済新聞の夕刊に、この記事が出ていました。 「住宅用に国産の木材を使う動きが広がっている。円安や米国の住宅着工増で輸入材の価格が上昇しており、用途によっ...

    2015年1月28日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ

    住宅用丸太が値上がり

    金曜ブログ「林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ」      2014年12月12日(金)住宅用丸太が値上がり 住宅の柱や梁に使う丸太が、ここ数カ月値上がりしているようです。日本経済新聞の2014年11月8日(土)に、以下の記事がのっていました。引用させていただいて、考えてみます。 「住宅の柱や梁(はり)に使う丸太が値上がりしている。柱に使う国産の杉は今夏の安値に比べ1割高く、梁の原料となる北米産丸太の...

    2014年12月12日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ

    合板メーカー 輸出本格化

    金曜ブログ「林業再生が拓く日本の未来 Ⅱ」       2014年11月21日(金)合板メーカー 輸出本格化 国産材の利用の増大を図り、山間地域の雇用の確保を図りたい現在。そこで重要なB材加工先、「合板」の輸出が、最近、始まってきたようです。 合板は1950~60年代には、年間、30~45万㎥の輸出があり、素材輸出の花形と言われた時代もありましたが、その後、国際競争に負けて、合板は輸...

    2014年11月21日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ

    高品質 木材輸出伸びる

    火曜ブログ「林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ」       2014年10月21日(火)高品質 木材輸出伸びる 高品質の国産木材の輸出が伸びているようです。嬉しい情報です。2014年10月4日(土)の日本経済新聞の夕刊に、以下の記事が出ていました。 「日本の木材輸出が拡大している。貿易統計によると1~8月の丸太輸出は前年同期比で2.4倍の約33万5千立方㍍となった。中国や韓国などで日本産の品質評価が...

    2014年10月21日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ

    サプライチェーンを牽引するリーダー「トーセン」(その3)

    月曜ブログ「林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ」       2014年9月15日(月)「森」から「住宅作り」までのサプライチェーンサプライチェーンを牽引するリーダー「トーセン」(その3)森林・林業白書 中小工場と大規模工場の連携による製材の生産 「トーセン」の「母船式木流システム」に林野庁も注目しています。それで、「平成25年版 森林・林業白書」に、取り上げて掲載しています。きわめて簡潔に、急所を明...

    2014年9月15日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ

    サプライチェーンを牽引するリーダー「トーセン」(その2)

    金曜ブログ「林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ」       2014年9月12日(金)「森」から「住宅作り」までのサプライチェーンサプライチェーンを牽引するリーダー「トーセン」(その2)「トーセン」の歩んで来た道 昨日のブログで述べましたように、「トーセン」は、立派なシステムを構築しています。しかし、それは、どんな道を歩んで来たのでしょうか。凄く興味があります。それを確認してみましょう。「トーセン」...

    2014年9月12日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ

    サプライチェーンを牽引するリーダー「トーセン」(その1)

    木曜ブログ「林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ」       2014年9月11日(木)「森」から「住宅作り」までのサプライチェーンサプライチェーンを牽引するリーダー「トーセン」(その1)輸入品に負けない品質ならびに納品品揃えと納品速度 林業女子の杉山沙織さんと、「徳島モデル」を議論していた時、杉山さんが「『徳島モデル』以上に、日本の林業再生の牽引者になりそうなのは、栃木の『トーセン』です」と言われま...

    2014年9月11日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ

    需要の大変動の大波に翻弄されてきた製材工場

    金曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ」       2014年9月5日(金)需要の大変動の大波に翻弄されてきた製材工場 林業・木材産業を、日本の中核産業として、育て直そうと考える時に、まず、気になるのは、製材工場です。 森林で行なわれる生産「育林・原木生産」、「製材」「チップ生産」「合板製造」「プレカット」「住宅建設」一連の流れの中で、「製材工場」は中核です。この製材工場が心配なのです。 ...

    2014年9月5日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ

    椎野塾寺子屋「林業再生」の企画、スタート

    火曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ」       2014年9月2日(火)椎野塾寺子屋「林業再生」の企画、スタート 椎野塾寺子屋の第2期の各セッションには、それぞれ、企画を考えてくれているグルーブがあります。「林業再生」の企画にも、考えてくれる若者が二人います。林業女子会東京の杉山沙織さんと平井一樹君です。 2014年8月30日(土)、この若い二人と会いました。これからの日本の林業を、ど...

    2014年9月2日

    椎野 潤

  • 林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ

    椎野塾寺子屋「林業再生」の産声

    月曜ブログ 「林業の再生が拓く日本の未来 Ⅱ」       2014年9月1日(月)椎野塾寺子屋「林業再生」の産声 2014年9月12日(金)に、椎野塾 寺子屋 第1期講義(第1回)が、終了します。この講義の最終日の講演資料の最後に、私は、以下のように書きました。「なぜ、林業の再建は、進まないのでしょうか、一業種だけで、再建できるものではないからでしょうか。どうも、そればかりでばないようです。企業...

    2014年9月1日

    椎野 潤