関連記事

  • 建設維新

    「建設プラットフォーム」の「まえがき」

    少子高齢化社会が到来している。人口が減少し働き手が少なくなってきている。長期にわたり続いてきた経済の高度成長は終焉し、経済の成長は頭打ちになった。産業は停滞し、いよいよ、縮小に向かうのではないかと危惧されている。ダム、道路等の社会インフラの整備は一段落し、国の財政は、巨大な赤字になっている。今後、国の建設投資は減少させざるをえない状況である。ただし、空港、港湾など、国の競争力を左右するインフラは、...

    2010年12月1日

    椎野 潤