関連記事

  • オープン・コスト・ハウス

    鈴鹿のオープン・コスト・ハウスの実践(その5)、どんなことをやったのか、オープン・コスト・ハウスの実験

    鈴鹿のオープン・コスト・ハウスの実践(その5)     どんなことをやったのか、オープン・コスト・ハウスの実験 それでは、このオープン・コスト・ハウスでの家作りは、どのようにしてやるのでしょうか。また、鈴鹿では、実際、どんなことをやったのでしょうか。今日は、そこを整理して、お話しましょう。そこで、ここでは、その住宅作りのプロセスを、ステップにわけて、それごとに、ご説明していきましょう。ステップ1、...

    2011年8月31日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    鈴鹿のオープン・コスト・ハウスの実践(その4)、住宅作りの未来を見つめていた、お施主さんの小林さん

    鈴鹿のオープン・コスト・ハウスの実践(その4)       住宅作りの未来を見つめていた、お施主さんの小林さん オープン・コスト・ハウスの実験をするには、理解のある、お施主さんが必要です。この住宅作りは、本当に、お客様が、安心して良い家を安く作れる、素晴らしい仕組みですが、今まで、業者に、任せきりにしてきたのと比べれば、施主として、やらなければならないことも、多くなるでしょう。また、一生に一度とい...

    2011年8月30日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    鈴鹿のオープン・コスト・ハウスの実践(その3)、片岡温泉のセミナー、谷口さんとの出会い

    鈴鹿のオープン・コスト・ハウスの実践(その3)          片岡温泉のセミナー、谷口さんとの出会い 日本の林業は、なぜ、このように衰退してしまったのでしょうか。それは、外国産の木材が輸入されるようになって、国産材が、外国材との価格の競争に負けたからです。 外材が、輸入されはじめた頃、国産材のコストは、とても、高かったのです。外材との競争の結果、国産材のコストは、どんどん、下がりましたが、その...

    2011年8月30日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    鈴鹿のオープン・コスト・ハウスの実践(その2)、森と国産材を使った住宅作りへの深い想い

    鈴鹿のオープン・コスト・ハウスの実践(その2)          森と国産材を使った住宅作りへの深い想い このオープン・コスト・ハウスの、実験が始まるまでの経緯を、辿ってみますと、私と仲間たちの、日本の森に対する想いと、国産材を使った家作りへの深い思い入れに、つきあたります。今日は、このことについて書きます。 私は、地球は、生きている「大きな生き物」だと思っています。この生きている地球が、今、人間...

    2011年8月29日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    鈴鹿のオープン・コスト・ハウスの実験 (その1)、この住宅作りは、こうして始まった、立花さんとの出会い

    鈴鹿のオープン・コスト・ハウスの実験(その1) この住宅作りは、こうして始まった、立花さんとの出会い このような、画期的な住宅作りが、いつ、どうして、始まったのだったかと、考えてみますと、立花さんとの出会いが、とても、大切です。2008年の秋、立花哲也さんの訪問を受けました。場所は、早稲田大学です。紹介してくださったのは、中小企業診断士協会、住宅産業経営支援研究会の代表幹事を...

    2011年8月28日

    椎野 潤

  • ヒューマンロジスティクス

    岡山県赤磐市訪問

    岡山県赤磐市訪問 8月25日(木)、ヒューマンロジスティクス研究会で、岡山県赤磐市へ行きました。24日の夜は、「建サク」推進会の仙台大会で、仙台に泊まりましたので、25日は、朝7時50分発の全日空機で、仙台から伊丹(大阪)へ向かいました。朝、空港行きのリムジンバスに乗りました。早めのバスに乗ったのですが、道路の渋滞で、ぎりぎりになってしまいました。間に合ってよかったのですが、出だしから、ひやひやで...

    2011年8月27日

    椎野 潤

  • 建サク運営者会

    第7回建サク運営者会(仙台大会)

    第7回建サク運営者会(仙台大会) 8月24日(水)「建サク」の全国47都道府県の運営者の全国会議体、「建サク運営者会」が、宮城県仙台市の宮城県建設業会館でおこなわれました。これは、「建サク」の全国の運営会社が、未曾有の国難である、東北大震災の被災地を、「皆の力で、助けられないか」をテーマにして開催したものです。40人を越える会員が集り、熱心な討論がおこなわれました。 私は、開会の挨拶で、以下のよう...

    2011年8月27日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    お施主さんと新しい家作りを考えるシリーズ(その7)、幸福なお施主さま

    お施主さんと新しい家作りを考えるシリーズ(その7)              幸福なお施主さま これまでのことを読んでこられて、「結局、人間の信頼関係だよ。私は、人の誠意を信ずるよ。今までも信じてきたし、これからも信じるよ。家を建てるなら、本当に信じる人に、全て、任せるべきだ。面倒なことはいらないのではないか」と感じた方も、少なからず、おられたのではないかと思います。 私も、過去に、家も建てたとき...

    2011年8月23日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    お施主さんと新しい家作りを考えるシリーズ(その6)、コンセプト設計

    お施主さんと新しい家作りを考えるシリーズ(その6)               コンセプト設計 私は、三重県鈴鹿に建設された小林邸を見て、すごく感動しました。周りに建っている家と全く違う時限で、厳然と立っていたのです。本当に、近所の家とは違っていました。この小林邸に比べると、ご近所の家は、それぞれ、デザインを工夫して建てているのでしょうが、結局、皆、同じ感じで、ごちゃごちゃと並んでいるように見えた...

    2011年8月23日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    お施主さんと新しい家作りを考えるシリーズ(その5)、キックバック方式

    お施主さんと新しい家作りを考えるシリーズ(その5)                キックバック方式 鈴鹿で実験した「情報透明の住宅作り」では、もう一つ、画期的な方式を導入しました。「キックバック方式」という方式です。「建サク」に出して工事を発注して行くと、予算より安く発注できることが多いので、お金が、少しづつ、余ってきます。このお金は、最後に全額、お施主さんに返還することにしたのです。 これで、お...

    2011年8月23日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    お施主さんと新しい家作りを考えるシリーズ(その4)、「情報透明の住宅作り」の体制

    お施主さんと新しい家作りを考えるシリーズ(その4)             「情報透明の住宅作り」の体制 このインターネットサイト(「建サク」)で、お施主さんが、大工工事とか、基礎工事とか、電気工事とか、水道工事とか、システムキッチンとかを、直接発注すれば、途中の流通経費とか、管理経費とかが、省かれるので、とても安く、工事を頼めるでしょう。でも、これは実際には、とても大変です。大きなエネルギーと労...

    2011年8月23日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    お施主さんと新しい家作りを考えるシリーズ(その3)、建設プラットフォーム「建サク」

    お施主さんと新しい家作りを考えるシリーズ(その3)             建設プラットフォーム「建サク」 「建サク」は、インターネットのショッピングモール「楽天市場」の建設業版のようなものです。でも、形は、良く似ていますが、実態は、随分違うものです。「楽天市場」では、インターネット上のバーチャル商店街で、商品が売りに出され、人々がここで買物をします。 「建サク」では、インターネット上のプラットフ...

    2011年8月22日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    お施主さんと新しい家作りを考えるシリーズ(その2)、情報透明の住宅作りの実験

    お施主さんと新しい家作りを考えるシリーズ(その2)              情報透明の住宅作りの実験 建設業は、情報の闇の中に沈んでいる。この闇を打破しなければと思っていたところ、とうとう、この闇を打破する、すごい実験が、行われました。三重県鈴鹿市で行われた「情報透明の住宅作り」の実験です。 この住宅作りが、何故、情報が透明なのかというと、それは、インターネットの情報プラットフォームの上で、発注...

    2011年8月22日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    お施主さんと新しい家作りを考えるシリーズ(その1)、建設業界は信頼できますか

    お施主さんと新しい家作りを考えるシリーズ(その1)              建設業界は信頼できますか 私の友人に、「建設業界は信頼できますか」と聞くと、みんな、「ふーん」と首をかしげます。「信頼できる人はいるけどね」と言う。「建設業者というと、あまりイメージは良くないね、特に業者という言葉には、狡いという感じを持ってしまう」「建設業者というと、なにか、人の目を盗んで、儲けるやつらという感じがして...

    2011年8月21日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    お施主さんと新しい家作りを考えるシリーズのスタート

    お施主さんと新しい家作りを考えるシリーズのスタート 私は、建設維新運動を推進しています。この運動を進める中で「建設産業は、曲がり角に来ている。建設産業は、『もの作り産業』から、『ソーシャルインダストリィ』に変身するだろうと言っています。すなわち、産業は、大変革しなければならない時期に来ているのですが、これに対応していくためには、建設産業を担う人達に、意識の大変革をしてもらわねばならないのです。 そ...

    2011年8月21日

    椎野 潤

  • 木造住宅新生産システム

    辻 哲氏からの返信

    昨日のブログにたいして、辻 哲氏から、貴重なご返信をいただいた。ここに、掲載させていただく。 昨夜のプログ「国木会に参加して」をを読ませて頂きました。地場建設業としての将来像として、「ソーシャルインダストリー」を示されましたが、全くその通りだと思います。 昨年、マーケテイングの神様のコトラーが、marketingもメーカーPUSH型marketing1.0から、顧客PULL型のmarketing2...

    2011年8月19日

    椎野 潤

  • 建設維新

    観光立国、日本

    人口が減少し、国内消費が減少していく、これからの日本において、生きていく道の一つに、観光立国がある。地域の建設業が、地域になくてはならない産業として、生きていくためには、地域を観光地化し、その景観を向上させ、維持していく、担い手になるという方法もある。 美しい田園風景の中に、醜悪な建物が一つ、建っている。これを、壊せば、景観価値は、格段と上がる。これを壊すのも、公共工事である。また、これをこわして...

    2011年8月19日

    椎野 潤

  • 木造住宅新生産システム

    国木会に参加して

    今日、第二次国木会があり、参加した。国木会というのは、伊佐ホームズの伊佐 裕社長が主宰している研究会であり、私も、数年前から参加している。大体、月に一回伊佐ホームズの本社で開催している。現在、第一段階の研究が終了し、第二次国木会になっている。  この日は、新しく構築する事業の方向性を、皆で議論し、再確認した。 この新事業の目指すところは、 ・魅力ある国産木造住宅を創り出す ・国産木材、特に杉の活用...

    2011年8月18日

    椎野 潤

  • 建設維新

    建設業の信頼と規範の回復

                 建設業の信頼と規範の回復 1.建設業の信頼と規範の再形成 今、欧米諸国では、ソーシャル・キャピタルという言葉が注目されている。ここで、ソーシャル・キャピタルとは、「グループ内ないしは、グループ間の協力を容易にさせる規範・価値観・理解の共有を伴ったネットワーク」(OECD、経済協力開発機構)のことである。 このソーシャル・キャピタルには、グループの外の者と結びつけ、異質の者...

    2011年8月17日

    椎野 潤

  • 建設維新

    本を読む、日本中枢の崩壊

    古賀茂明著、「日本中枢の崩壊」を読んだ。著者は、日本は沈没すると悲痛な叫びをあげていた。私も、同じ思いをもっており、建設産業を沈没から救おうと、建設維新運動を、推進していた。この書を読んで、私は、強い共感を覚えた。 日本の沈没を防ぐには、生産性の向上を図からねばならない。そのためには、スクラップ アンド ビルドが必要になる。駄目な産業や企業が潰れて、将来性のある新たな産業や企業に、資源が廻るように...

    2011年8月16日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    木造住宅の実験の方針

    木造住宅実験グループの人達に、今年の実験について、以下の方針(案)を示した。今回の実験の方針を、以下のようにしたいと思いますが、いかがでしょうか。(1)今回の実験は、第1号の実験、鈴鹿の実験を、忠実にトレースして実験す   る。(2)改良した方がよいと言う意見は、まず、一度、やってみてから言う。(3)実験は、コンペによるコンセプト設計の決定、実施設計・見積、キックバ   ック特約付きの請負契約・建...

    2011年8月5日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    木造住宅実験グループの結成

    建設維新を推進する、新しいグループが結成された。建設維新の中での、新しい木造住宅の生産のありかたを実験することをめざす、革新をめざす有志のグループである。このグループが実証実験をしようとしているのは、顧客と生産者が真の信頼関係でむすばれて、全ての情報を公開して、進めていく情報透明な住宅生産である。早稲田大学のロジスティクス研究所に集まったのは、この実験の提唱者である、建設マッチングサイト、建サクの...

    2011年8月5日

    椎野 潤