関連記事

  • オープン・コスト・ハウス

    著書「オープン・コスト・ハウス」の校正(第一校)

    著書「オープン・コスト・ハウス」の校正(第一校) オープン・コスト・ハウスの本の原稿が、出来上がり、校正(第一校)が、きました。メディア・ポートの岡島さんが、原稿の組み換えをして下さって、随分、読みやすくなりました。 今日は、一日、原稿を読み直して、校正をします。この書が、多くの人に、読んでもらえればと、思っています。

    2011年10月29日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その18)

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その18)おわりに 私は、ここで、内村鑑三の「後世への最大遺物」に関連して、三冊の本を読み、その要点を記し、そこで感じた感想と、込み上げてくる「思い」を書き連ねました。これは、私が読んだ本を要約し、その読んだ内容についての、私の「思い」を書き加えた「ブックレビュー」です。 このブックレビューによって、100年前に、偉大なる「内村鑑三」が遺した、珠玉の言葉の数々を、現...

    2011年10月27日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その17)

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その17)デンマルク国の話 信仰と樹木とをもって国を救いし話(その2)木を植えて国を甦らせる 「デンマーク人は、戦いに敗れて、家に還ってきました。還り来(きた)れば国は荒れ、財は尽(つ)き、見るものとして、悲憤慷慨の種ならざるはなしでありました。『今や、デンマークにとり、悪しき日なり』と彼らは相互に対していいました。この挨拶に対して、『否(いな)』と答えうる者は、彼...

    2011年10月26日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その16)

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その16)デンマルク国の話 信仰と樹木とをもって国を救いし話(その1)今こそ、国民に、このことを問いかけたい この「デンマルク国の話」は、1911年(明治44年)10月22日、新宿柏木の内村鑑三の自宅内にあった、今井館において行なわれた、聖書研究会での講演記録です。この講演の内容は、「聖書研究」の1911年(明治44年)10月号に、すぐに発表され、1913年(大正2...

    2011年10月24日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    『オープン・コスト・ハウス』の本の原稿の追加

    『オープン・コスト・ハウス』の本の原稿の追加 このブログに、2011年8月から9月にかけて、「木造住宅新生産システム」と題する原稿を書いてきました。今、これを「オープン・コスト・ハウス~なぜ、われわれは、家作りのコストを公開するのか~」という書名の書籍にまとめて、出版しようとしています。現在、ブログの原稿を、書籍用の原稿に、書き改める作業を進めていますが、その過程で、新たに追加する原稿を書く必要が...

    2011年10月23日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その15)

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その15)新しい書籍の購入 ここまで、内村鑑三の「後世への最大遺物」のブログを書いてきましたが、今回、購入した本には、私が若い頃に読んだ時に、確かにあったと思った「デンマーク国の話」が、ありませんでした。それで、アマゾンで、丁寧に調べ直してみましたところ、岩波文庫に、「後世への最大遺物」「デンマルク国の話」というのがあることを発見し、さっそく、購入しました。 これを...

    2011年10月21日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その14)

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その14)青山士が後世に遺したもの(7)内務省技監、青山士 内務省は、昭和9年(1934年)5月11日付で、青山士(あきら)を、技術官僚最高のポストの技監に任命しました。青山士は、5年間の新潟勤務を終えて、東京に向かいました。 青山士の親友で、古代ハスの発見者として有名な、大賀一郎は、「工学士青山士君の面影」の中で、次のように書いています。「昭和8年3月、彼は新潟を...

    2011年10月17日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その13)

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その13)青山士が後世に遺したもの(6)信濃川・大河津自在堰の再建 金融恐慌が吹き荒れる昭和2年(1927年)6月24日。梅雨の最中に、内務省土木局は、大混乱に陥り、震え上がりました。内務省、土木局が、威信をかけて巨費を投じて建造した、信濃川の大河津自在堰の8連のうち3連が、激流に洗われて、突然、陥没しました。「東洋一」を誇った大河津分水自在堰の放水量調節機能は完全...

    2011年10月16日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その12)

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その12)青山士が後世に遺したもの(5)荒川放水路の開削(その2) 大正4年(1915年)10月30日、青山士(あきら)は岩淵水門工事主任(現在の事務所長)となりました。岩淵水門は、荒川放水路建設工事の中で、最重要であり、最難関工事とされていました。底なしの軟弱地盤のためです。 青山士は、パナマ運河開削工事に、初期の段階から参加した、豊富な経験と知識を生かして、日本...

    2011年10月15日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その11)

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その11)青山士が後世に遺したもの(4)荒川放水路の開削(その1) 明治45年(1912年)1月27日、青山士は、日本郵船の客船で、横浜港に着きました。港で、彼を出迎えたのは、末弟の杉村良介だけでした。内村鑑三門下生の友人達の姿は、ありませんでした。青山士の青春は、終わったのです。 翌日、恩師廣井勇教授を、牛込区市ヶ谷仲之町の私邸に訪ねました。帰国報告のかたわら、就...

    2011年10月13日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その10)

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その10)青山士が後世に遺したもの(3)パナマ運河の開削(その2) 明治37年(1904年)3月3日、アメリカ政府は、パナマ運河建設に向けて、海軍将校ジョン・ウォーカーを理事長とする、パナマ地峡理事会(ICC)を、正式に発足させました。巨大運河の建設事業は、軍隊を投入し、アメリカ政府直轄事業として、展開されることになりました。 しかし、現地測量が、一向にはかどらず、...

    2011年10月12日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その9)

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その9)青山士が後世に遺したもの(2)パナマ運河の開削(その1) 青山士の後輩の高橋裕氏(執筆当時、東京大学、工学部助教授)は、土木学会誌の昭和37年(1962年)1月号に「名誉会員、青山士氏をお訪ねして」の中で、以下のように書かれています。 「『その頃から、私の気が、だんだん、変になってきたんですよ』と先輩(青山士)は、懐かしげに笑いながら、パナマ時代のことを回顧...

    2011年10月11日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その8)

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その8)青山士の生涯(1) 内村鑑三の「後世への最大遺物」を読んで、その志と言葉に共鳴し、その志を実践して、わが国の貴重な土木構築物を後世に遺した、青山士(あきら)について、もう少し、詳しく、調べてみようと思いました。私のブログを読んで下さっている人の中には、土木関係の方も多いので、読んでいただければ、良いお手本になるだろうと、思ったからです。 そこで、青山士が書い...

    2011年10月10日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その7)

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その7) この一年、後世への遺物を溜めて、また、集まろう内村鑑三は、後世への最大遺物の中で、また、以下のように言っています。 もし、私に、良い友人があったならば、大事業ができるのではないかと思いませんか。そのような考えは、人々に、実際に起こる考えであります。しかし、種々の不幸に打ち勝つことによって、大事業というものは出来るのです。それが大事業です。それ故に、われわれ...

    2011年10月8日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その6)

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その6) 内村鑑三の言葉が大きな影響を与えた人達 内村鑑三の思想や言葉が、その人の生涯を決めてしまうほど、大きな影響を与えた人が、多数、存在します。今回は、その人達のことを、少し、たどって見ましょう。青山士(あきら) 内村鑑三の思想と言葉に、大きな影響を受けた人の一人に、青山士がいます。青山士は、一高時代の1899年、内村鑑三の社会教育演説会に出席し、そこで、はじめ...

    2011年10月8日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その5)

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その5) 夏期講演「後世への最大遺物」第二回、(2) 内村鑑三は、金も遺物ではあるが、最大遺物と言うことはできない。事業も著述も、また、同様である。人間が、誰でも後世に遺せるもの、それは「勇ましい高尚なる生涯」だろうと言っています。 内村鑑三は、これについて、以下のように言っています。 「人間が、後世に遺すことのできる、そうして、これは誰にでもできる遺物で、利益ばか...

    2011年10月6日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その4)

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その4) 夏期講演「後世への最大遺物」第二回、(1) 内村鑑三は、金を遺すことにも、事業を遺すことにも、天職にないものは、何を遺したら良いのか、それは「思想」だろうと言っています。 内村鑑三は、これについて、以下のように言っています。 「もし、私が、金を溜めることができず、社会が、私が事業をすることを許さなければ、私は、まだ、一つ、遺すものを持っています。それは、何...

    2011年10月4日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その3)

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その3) 夏期講演「後世への最大遺物」第一回、(2) 内村鑑三は、金を遺す天職にないものは、一体、何を遺したら良いのか、それは「事業」だろうと言っていますが、この「事業」という言葉は、現代で使われている言葉とは、少し意味合いが違うように思われます。内村鑑三は、「事業」について、以下のように、述べています。 「どういう事業が、一番、誰にも、わかるかというと、それは土木...

    2011年10月2日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その2)

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その2) ブログを、4日ほど、お休みしました。今、「オープン・コスト・ハウス」という本の執筆を、進めています。この一カ月ほど、ブログに書いてきたものを、今、本の原稿に、まとめているのですが、この作業のため、4日間、ブログが、書けませんでした。今日から、また、ブログを再開します。夏期講演「後世への最大遺物」第一回、(1)内村鑑三は、この夏期講演で、最初に、以下のように...

    2011年10月1日

    椎野 潤