関連記事

  • 後世への最大遺物

    スティーブ・ジョブズ、Ⅰ、Ⅱ、を読む(その1)

    スティーブ・ジョブズ、Ⅰ、Ⅱ、を読む(その1) 21世紀において、後世に残る遺物を遺した人は、誰だろうかと考えたときに、真っ先に、アップルの会長のスティーブ・ジョブズのことが、頭をよぎりました。そのスティーブ・ジョプズの伝記が出版されたと聞き、さっそく、それを購入しました。 今、それを読みはじめています。その帯には、「最初で最後の決定的伝記」「いま明かされる、カリスマのすべて」「自身が語り尽くした...

    2011年11月30日

    椎野 潤

  • 建設維新

    「『自分経営』入門」を読む(その5)

    「『自分経営』入門」を読む(その5)「タコ理論」「タコ」と「タコつぼ」(3)「地域に貢献する企業」になるための「タコつぼ」かぶり 「タコ理論」のブログは、しばらく、間が開きました。今日は、久しぶりに「タコ理論」の続きです。 「タコ理論」を、勉強して、大変に、勉強になりました。特に、「タコ理論」の前回のブログ(「『自分経営』入門」を読む(その4)、「タコ理論」「タコ」と「タコつぼ」(2)、2011年...

    2011年11月29日

    椎野 潤

  • 建設維新

    大阪維新の会の躍進

    大阪維新の会の躍進 11月27日(日)、注目されていた大阪市長選と大阪府知事選の、ダブル選挙が行われました。結果は、大阪維新の会の代表、橋下徹氏が大阪市長選で、現職で民主、自民両党の地元レベルの支援を受けた、平松邦夫氏を大差で破って当選しました。また、大阪府知事選挙でも、同じ大阪維新の会の幹事長、松井一郎氏が当選しました。 民主も自民も、既存の政党は、影が薄い感じですね。民主党の関係者が、消費税や...

    2011年11月28日

    椎野 潤

  • 建設維新

    TPPへの参加と日本の未来(その5)、NHKの討論(4)

    TPPへの参加と日本の未来(その5)NHKの討論(4) 先日書いた「TPPへの参加と日本の未来(その4)」のブログに書いた「官需法」という法律は、どんな法律だろうかと思い、インターネットで調べて見ました。そうしたら、先日書いたブログでは、思い違いをしていました。すなわち、先日、ブログを書いた時点では、「官公需法」は、地場の建設会社を保護する法律だと思って書きましたが、実は、中小企業を保護する法律で...

    2011年11月27日

    椎野 潤

  • 建設維新

    建築市場時代からの良き友たちの出会い

    建築市場時代からの良き友たちの出会い 今日は、良い方たちの出会いが実現しました。私が、10年前から進めてきた「建築市場研究」に賛同され、一緒に研究し、これを企業内で実現されてきた竹中工務店の柴田恭幸さんと、同じく「建築市場」を、ともに担ってきた、福島県会津若松の「福島建築市場」の加藤雅之さんの出会いがありました。 お二人とも、私の大事な友達ですが、今回が、初めての出会いです。これは、これから正念場...

    2011年11月24日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その19)、私が遺す「後世への最大遺物」、私の夢、「私の遺したい生涯」の形

    内村鑑三の「後世への最大遺物」(その19)私が遺す「後世への最大遺物」、私の夢、「私の遺したい生涯」の形 50年後の日本の建設労働者の80%は、海外の人達になるでしょう。その95%が、「建サク」を通じてくるようにしたいと思います。 そこで、マッチングして、販売されるものは、「技術」、「人の誠実と信頼」、「工事完成に対する責任」です。50年後の想像を絶する進歩をした、超高度のコンピュータ技術と、人と...

    2011年11月23日

    椎野 潤

  • 建設維新

    TPPへの参加と日本の未来(その4)、NHKの討論(3)

    TPPへの参加と日本の未来(その4)NHKの討論(3) 私は、このプログで、日本の未来を考えて、長期的な視点に立って考えねば駄目だと主張してきました。改革には、痛みを伴う、これを乗り越えて行かねば駄目だと主張してきました。 でも、現実に、痛みを受ける当事者に、自分自身がなったときに、はたして、受容できるだろうかと、考え込んでいました。もちろん、そのような局面に立たされたら、自分の直面する困難を、な...

    2011年11月22日

    椎野 潤

  • 建設維新

    TPPへの参加と日本の未来(その3)、NHKの討論(2)

    TPPへの参加と日本の未来(その3)NHKの討論(2) また、テレビ討論にもどります。この討論には、二人の対米交渉の経験者がいました。お二人の共通認識は、米国はジビアで、対米交渉は、心してあたらねば難しい、ということでした。 お一人は、現時点でのTPP参加反対論者でした。TPP参加は、今でなくても良い、時期早尚であるということ、経験によると、対米交渉は難しく、結果は、7対3であった。7は米国にとら...

    2011年11月21日

    椎野 潤

  • 建設維新

    TPPへの参加と日本の未来(その2)、NHKの討論(1)

    TPPへの参加と日本の未来(その2)NHKの討論(1) 2011年11月18日(金)、22時からのNHKの番組、「NHKスペシャル、TPP・どうなる日本、参加すべきか?いなか?国益は守れるのか?経済成長は?アメリカの思惑は?」を見ました。 ここでは、TPPについて、参加賛成派と慎重派にわかれて、激しい討論がおこなわれました。議論は、なかなか、かみ合いませんでしたが、このような、本音の討論を、国民の...

    2011年11月20日

    椎野 潤

  • ネオロジスティクス共同研究会

    ネオロジ2011年11月(6-1-7)、11月の講演とロジ討論(3)

    ネオロジ2011年11月(6-1-7)11月の講演とロジ討論(3)                                    椎野 潤3.ロジ討論プラネット物流の歩み プラネットVANは、だれでも得をする話で、抵抗はなかったので、広がるのも早かった。これに対して、プラネット物流は、各社の利害が、いろいろとある。それで、時が熟したときにスタートした。 プラネット物流の小林社長は、対、花王...

    2011年11月19日

    椎野 潤

  • ネオロジスティクス共同研究会

    ネオロジ2011年11月(6-1-7)、11月の講演とロジ討論(2)

    ネオロジ2011年11月(6-1-7)11月の講演とロジ討論(2)                                    椎野 潤2.「物流の社会的地位」は、どうしたら高められるか ~「物流共同化」の体験を踏まえて「次世代物流の探索」~ 首都圏流通機構株式会社、顧問、津久井 英喜氏から「物流の社会的地位」は、どうしたら高められるか ~「物流共同化」の体験を踏まえて「次世代物流の探索...

    2011年11月18日

    椎野 潤

  • ネオロジスティクス共同研究会

    ネオロジ2011年11月(6-1-7)、11月の講演とロジ討論(1)

    ネオロジ2011年11月(6-1-7)11月の講演とロジ討論(1)椎野 潤1.あなたの損得計算は確かですか 早稲田大学商学学術院の藤田精一教授から、「あなたの損得判断は確かですか」と題する講演を聞いた。 損得判断には、二種類ある。(1)利益拡大問題(2)公平を目的にする意志決定問題 利益拡大問題:これは簡単である。答えは一つである。 公平を目的にした意志決定問題:これは難しい。答えは沢山ある。納得...

    2011年11月17日

    椎野 潤

  • 建設維新

    「『自分経営』入門」を読む(その4)

    「『自分経営』入門」を読む(その4)「タコ理論」 「タコ」と「タコつぼ」(2)「タコつぼ」と共存する それでは、「そんな『タコつぼのタコ』は、どうなれば、良いのでしょうか。やはり、『タコつぼ』は、壊したほうが良い。『タコつぼ』は、破られるべきです。で『タコつぼ破り』という発想が生まれました。」 しかし、「人間が、生きていることと、人間が存在していることと、『タコつぼ』を持っていることとは、同義」で...

    2011年11月16日

    椎野 潤

  • 建設維新

    「『自分経営』入門」を読む(その3)

    「『自分経営』入門」を読む(その3)「タコ理論」 「タコ」と「タコつぼ」(1)「タコつぼ」はどこから来たかまず、「自分経営」に関わりのある理論のうち、一番、中心になる「タコ理論」から、考えていくことにしましょう。 「タコつぼ」について、著者は、以下のように述べています。簡単にいうと「いまの社会の問題は、人々が『タコつぼ』に入ってしまっているために、起こっている」のです。「そして、個人の『タコつぼ』...

    2011年11月15日

    椎野 潤

  • 建設維新

    「『自分経営』入門」を読む(その2)

    「『自分経営』入門」を読む(その2) このブログは、建設維新運動を、私と一緒に、熱心に進めてきた方々が、読んでくださっていると思います。建設業は「このままでは駄目だ、変わらねばならない」、いや「変わるだろう」だけど「悪い方へ変わっていっては困る」「良い方へ導かねば」。皆、そう思って、考えてきました。また、「建設業社会が、変わるのなら、企業も、それに対応して、変わっていかねばならないだろう」「どう、...

    2011年11月14日

    椎野 潤

  • 建設維新

    「『自分経営』入門」を読む(その1)

    「『自分経営』入門」を読む(その1) 先日、早稲田大学の友成真一先生の、ご講演をうかがって、大変、感銘を受けました。そこで、「問題は『タコつぼ』ではなく、『タコ』だった」という、お話をうかがいました。このことに関する、先生の書があることを知り、早速、購入しました。 一読して、凄く、面白かったです。自分のやってきたこと、やりたいと思っていたことが、凄く、整理できるように思えました。 特に、先生が、「...

    2011年11月13日

    椎野 潤

  • 建設維新

    TPPへの参加と日本の未来(その1)

    TPPへの参加と日本の未来(その1) 野田首相は、TPP(環太平洋経済連携協定)の交渉参加を表明しました。この当然の決定に、これだけ国論が割れるとは、日本の未来も、このままでは、危ういのではないかと、危惧を感じます。 わが国は、戦後、貿易立国を国是として、ここまで発展してきました。今後も、これで生きていくしかない国です。本来なら、皆、関税をなくして、もっと貿易を盛んにしようと、各国に働きかけること...

    2011年11月12日

    椎野 潤

  • 「雑 感」

    自費出版文化賞、大賞受賞者、杉山四郎氏への書簡

    自費出版文化賞、大賞受賞者、杉山四郎氏への書簡 このたび、家内が、俳句集で、自費出版文化賞に入選し、表彰式があった。私も同席したのだが、そこで、凄い、講演を聞いた。大賞受賞の杉山四郎氏の講演である。これは、北海道の開拓時代の底辺を支えた人達の隠れた業績を掘り起こして、これを書き残したもので、それを後世に残そうという志をたててから、既に、40年。今回、表彰された書は、その集大成である。これからも、生...

    2011年11月11日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    『オープン・コスト・ハウス』の本の原稿の追加、(その2)

    『オープン・コスト・ハウス』の本の原稿の追加 このブログに、2011年8月から9月にかけて、「木造住宅新生産システム」と題する原稿を書いてきました。今、これを「オープン・コスト・ハウス~なぜ、われわれは、家作りのコストを公開するのか~」という書名の書籍にまとめて、出版しようとしています。現在、ブログの原稿を、書籍用の原稿に、書き改める作業を進めていますが、その過程で、新たに追加する原稿を書く必要が...

    2011年11月10日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    『オープン・コスト・ハウス』打合せ会

    『オープン・コスト・ハウス』打合せ会11月8日(火)、オープン・コスト・ハウスの打合せ会が、行なわれた。 著作、『オープン・コスト・ハウス』の第一校のチェックについて 著作、『オープン・コスト・ハウス』の第一校を、実験チームのメンバーに、読んでもらった。その感想を聞き、追加記載した方が良いところを、指摘してもらった。 以下の感想および指摘をもらった。(1)全般に、わかりやすく、読みやすい。(2)こ...

    2011年11月9日

    椎野 潤

  • ネオロジスティクス共同研究会

    ネオロジ2011年10月(6-1-6)、10月の講演とロジ討論(3)

    ネオロジ2011年10月(6-1-6)10月の講演とロジ討論(3)椎野 潤3.ロジ討論、「クリナップでは、なぜ、ロジスティクスSCMが、ここまで、うまく進行したのか」クリナップロジスティクスの大竹重雄社長に、参加いただいて、ロジ討論を行なった。テーマは「クリナップでは、なぜ、ロジスティクスSCMが、ここまで、うまく進行したのか」である。 まず、冒頭、討論参加のサッシメーカーの方が、「私共でも、ロジ...

    2011年11月4日

    椎野 潤

  • ネオロジスティクス共同研究会

    ネオロジ2011年10月(6-1-6)、10月の講演とロジ討論(2)

    ネオロジ2011年10月(6-1-6)10月の講演とロジ討論(2)椎野 潤2.クリナップグループが目指すサプライチェーンマネジメント クリナップロジスティクス株式会社、代表取締役 大竹重雄氏から、お話をいただいた。クリナップロジスティクス株式会社は、クリナップ株式会社の100%子会社である。クリナップ株式会社は、昭和24年10月創業、資本金、132億円、売上高、1008億円、社員数2853名で、シ...

    2011年11月3日

    椎野 潤

  • ネオロジスティクス共同研究会

    ネオロジ2011年10月(6-1-6)、10月の講演とロジ討論(1)

    ネオロジ2011年10月(6-1-6)10月の講演とロジ討論(1)椎野 潤1.ライフサイクルコスティングの概念と事例 日本信頼性学会の門奈哲也氏から、お話を聞いた。最初に、ライフサイクルコスティングの身近な例のお話を聞いた。 まず、日常使用する自家用車の購入について、考えてみる。 すると、皆が考えることは(1)頑丈で長く使える車(耐久性、メンテナンス性)(2)燃費が良い車(ハイブリッドカー)(3)...

    2011年11月1日

    椎野 潤