関連記事

  • 建設維新

    大晦日になりました

    大晦日になりました 今日は、大晦日です。今日は、部屋の大掃除をしました。きたるべき新年からみて、不要になるものを、大量廃棄しました。企業にも、国にも、不要になるものが、どんどん、溜まるようです。 国は、企業以上に大変です。企業は、業績が悪化したら、リストラして、人員整理します。そして、経費を削減します。また、勤労意欲をなくしたものは、解雇して社内の活性化を図ることができます。 しかし、国には、その...

    2011年12月31日

    椎野 潤

  • 建設維新

    野田総理頑張る

    野田総理頑張る 読売新聞の今朝の朝刊は、以下のように、書いています。 「消費税増税を巡る、民主党内の調整は、29日深夜、決着した。党、税制調査会と、一体改革調査会の合同総会は、消費税率の引き上げ時期を、当初の原案より半年遅らせ、「2014年4月に8%、15年10月に10%」とする、野田首相が提示した修正案を了承した。首相は総会で「今、我々が逃げたら、この国はどうなるのか」と消費税増税の必要性を訴え...

    2011年12月30日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    著書「オープン・コスト・ハウス」の巻末資料、説明文

    著書「オープン・コスト・ハウス」の巻末資料、説明文著書「オープン・コスト・ハウス」の著者校正が来た。巻末資料に、説明をつけることになり、説明文を書いた。説明文は、以下の通りである。 本書は、「オープン・コスト・ハウス」として、コスト情報を透明に開示することを目指しておりますので、お施主さんと工務店に了解をもらって、ここに、ありのままの情報を開示します。(1)巻末資料(1)~(2)は、ささきみずえさ...

    2011年12月27日

    椎野 潤

  • ネオロジスティクス共同研究会

    12月の講演とロジ討論(1)

    ネオロジ2011年12月(6-1-8)12月の講演とロジ討論(1) 椎野 潤1.東芝グループ ロジスティクス改革の取組み 2011年12月の、ネオロジスティクス共同研究会では、株式会社東芝のロジスティクス企画室の正木祐二室長から、「東芝グループ ロジスティクス...

    2011年12月26日

    椎野 潤

  • 訪問取材日記

    電気工事のマッチングの実践の訪問記 (発注者の訪問)

    訪問日:2011/12/22電気工事のマッチングの実践の訪問記 (発注者の訪問) 電気工事を「建サク」マッチングサイトで発注した、三和建設株式会社を訪問した。三和建設の東京支店の常務取締役東京支店長、森本行則氏と工務課長、中山 章氏に、お会いし、お話をうかがった。 今回、マッチングしたのは、目黒区に建設中の4階建てマンション2棟である。この内、東棟は、4階建ての8戸で、単身賃貸である。一方、西棟は...

    2011年12月23日

    椎野 潤

  • 訪問取材日記

    電気工事のマッチングの実践の訪問記 (受注者の訪問)

    訪問日:2011/12/20電気工事のマッチングの実践の訪問記 (受注者の訪問) 東京都目黒区のマンションの電気工事を「建サク」マッチングサイトで、請け負った、明電社(埼玉県川越市)の社長、吉野川裕之氏を訪問した。明電社は、平成15年の設立の電気工事会社である。設立後、9年目である。 従業員は、17人で、そのほとんどは、職人である。従業員のほとんどは、電気工事士、1種、2種を持っている。手の足りな...

    2011年12月21日

    椎野 潤

  • 建設維新

    遅すぎた財政再建策

    遅すぎた財政再建策 今日の読売新聞の朝刊の一面に、「遅すぎた財政再建策」という記事が載りました。イタリア発の警告と、いうことですが、イタリアの財政危機で、教育予算が削られ、小学校のトイレのトイレットペーパーも、買えなくなったとか、政府は、中小企業に対して、公共工事の代金を、イタリア国債で支払うことを打診しているという、危機的な状況が報告されています。 イタリアでは、さすがに「財政再建を進めなければ...

    2011年12月19日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    『オープン・コスト・ハウス』打合せ会

    『オープン・コスト・ハウス』打合せ会 12月16日(金)、『オープン・コスト・ハウス』の打合せ会が、行なわれました。この会に、この日はじめて、設計士の平野信義氏が、参加されました。平野氏は、片岡温泉の設計コンペで一等に入選し、現在、具体的な設計を担当されている人です。 まず、井上 正リーダーから、経過報告がなされました。現在、岐阜県多治見市で建設する、和食店併用住宅のプロジェクトの、設計コンペを、...

    2011年12月17日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    スティーブ・ジョブズ、Ⅰ、Ⅱ、を読む(その6)

    スティーブ・ジョブズ、Ⅰ、Ⅱ、を読む(その6)マッキントッシュの発売、その栄光と沈没 「アップルⅡ」のお蔭で、アップルは、ジョブズのガレージから、一気に、新興産業のトップ企業にまで、登りつめました。販売台数は、1977年の2,500台が、1981年に21万台と、うなぎ登りに増加しました。 しかし、ジョブズは、いらいらしていました。「アップルⅡ」が、いつまでも売れ続けることは、ありえないし、また、電...

    2011年12月15日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    スティーブ・ジョブズ、Ⅰ、Ⅱ、を読む(その5)

    スティーブ・ジョブズ、Ⅰ、Ⅱ、を読む(その5)アップルⅡの登場、ニューエイジの夜明け パーソナルコンピュータ・フェスティバルの展示開場を歩きまわりながら、ジョブズは、パーソナルコンピュータは、全てがそろったパッケージの状態でなければならない。次のアップルは、キ―ボードが組み込まれた、素晴らしいケースを用意し、電源から、ソフトウエアから、モニターまで、全て、一つにまとめた製品にしようと、考えていまし...

    2011年12月12日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    スティーブ・ジョブズ、Ⅰ、Ⅱ、を読む(その4)

    スティーブ・ジョブズ、Ⅰ、Ⅱ、を読む(その4)アップルの誕生、アップルⅠの登場 二十一世紀を発明した人々が、スティーブ・ジョブズのようにサンダル履きで、マリファナを吸う西海岸のヒッピーだったのは、彼等が、世間と違う見方をする人達だったからでしょう。東海岸や、英国、ドイツ、日本などのように、階級を重んじる社会では、他人と違う見方をするのは、大変、難しいのだと思われます。まだ存在しない世界を思い描くに...

    2011年12月10日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    スティーブ・ジョブズ、Ⅰ、Ⅱ、を読む(その3)

    スティーブ・ジョブズ、Ⅰ、Ⅱ、を読む(その3)アタリとインド スティーブ・ジョブズは、18カ月を、リード大学で過ごしたあと、実家にもどり、仕事を探しはじめました。彼が、ここで就職したのは、ビデオゲームメーカーのアタリ社でした。その頃、アタリは、人気の企業でした。 創業者は、ノーラン・ブッシュネル、時代を先取りする先見性を持ち、カリスマ性もあり、人々を惹きつける演出力も、兼ね備えた人物でした。ジョブ...

    2011年12月8日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    スティーブ・ジョブズ、Ⅰ、Ⅱ、を読む(その2)

    スティーブ・ジョブズ、Ⅰ、Ⅱ、を読む(その2)生い立ち、青年時代 スティーブ・ジョブズは、自分が養子であることは、小さい頃から知っていました。6歳か7歳の頃、向かいの女の子から「本当のお父さん、お母さんは、いらないと思うの?」と聞かれ、泣きながら家に駆け込むと、両親は、「落ち着いて、しっかり聞いて」と言って「私たちは、あなたを選んだのよ」と、ゆっくりと繰り返し語ってくれたそうです。 この「捨てられ...

    2011年12月6日

    椎野 潤

  • 建設維新

    平成維新と建設維新(その2)

    平成維新と建設維新(その2) 昨日のブログで、「平成維新と建設維新」と言うことを書きましたが、大事なことを、書き落としていました。今日のブログでは、その点を追加して書いておきます。 昨日、書いた「平成維新」は、今、欧州で大問題になっている経済危機と、同根のものです。ドイツのメルケル首相が、EU加盟各国に対して、国家財政の健全化を求め、現在の危機の打開のため、各国の国家財政の監視や、規律を守らない国...

    2011年12月2日

    椎野 潤

  • 建設維新

    平成維新と建設維新 (その1)

    平成維新と建設維新 平成維新(第二の明治維新)が、今、起こりつつあります。私は、これまで、国そのものの改革は、大きな課題すぎて、私の手には余ると考えて、遠慮して、自分の専門領域の建設業の改革に止めて、「建設維新」をすすめようと言ってきました。 しかし、本当は、ここだけ考えても、結論は出ないようです。今日、早稲田大学招聘研究員の上川路宏さんと、話をしていて、つくづく、そう感じました。 ここでは、国の...

    2011年12月1日

    椎野 潤