関連記事

  • 美しい木造住宅の美しい街並みと美しい日本の国土作りを考える

    美しさは工業生産できるのか(その1) 品質の多様性

    美しさは工業生産できるのか(その1)品質の多様性 神戸大学大学院経営学研究科教授で、ハーバード大学ビジネススクール元助教授の三品和弘氏の「どうする?日本企業(東洋経済)」を読み、興味深い記述に出会いました。それは、品質に関することです。 私は、若い頃、建設業の企業に在籍していた時代に、品質管理にのめり込んでいた時期がありました。その頃、品質機能展開の研究を、日本科学技術連盟で、製造業の品質管理担当...

    2012年2月29日

    椎野 潤

  • ネオロジスティクス共同研究会

    ネオロジ2012年2月(6-1-10) 2月の講演とロジ討論(3)

    ネオロジ2012年2月(6-1-10)2月の講演とロジ討論(3) 椎野 潤3.ロジ討論小規模自律分散生産システムの試み 浜ゴムの現状から、お話ください。 三重に、米国から学んだ大規模工場を作った。これは、バス・トラックのタイヤを、5,000本/日、作っている。...

    2012年2月28日

    椎野 潤

  • ネオロジスティクス共同研究会

    ネオロジ2012年2月(6-1-10) 2月の講演とロジ討論(2)

    ネオロジ2012年2月(6-1-10)2月の講演とロジ討論(2) 椎野 潤2.(強い小さな)小規模工場づくり工法の一考察 2012年2月の、ネオロジスティクス共同研究会では、第二講演者として、浜ゴムエンジニアリング株式会社の取締役社高山章久氏から、「(強い小...

    2012年2月27日

    椎野 潤

  • 建設維新

    父・金正日と私 金正男独占告白

    父・金正日と私 金正男独占告白 文芸春秋社の出版した「父・金正日と私 金正男独占告白」を、読みました。東京新聞の五味洋治氏が、北朝鮮の金正日前総書記の長男、金正男氏と、親密な交遊を深め、夥しいメールの交換をおこない、長時間のインタビューを行なった結果を、まとめています。 金正日氏の死去という難しい政治情勢の中で、交わされた正直で率直な会話が、記されており、貴重な情報です。これは、これからの朝鮮半島...

    2012年2月26日

    椎野 潤

  • ネオロジスティクス共同研究会

    ネオロジ2012年2月(6-1-10) 2月の講演とロジ討論(1)

    ネオロジ2012年2月(6-1-10)2月の講演とロジ討論(1)                                    椎野 潤1.動産担保融資の実態と活用 2012年2月の、ネオロジスティクス共同研究会では、NPO法人 日本動産鑑定 理事長の久保田清氏から、「動産担保融資の実態と活用」と題するお話をうかがった。動産担保融資と動産評価の意義動産担保融資の定義:企業の事業そのものに着...

    2012年2月23日

    椎野 潤

  • 建設維新

    沈む日本 危機感共有 秋入学 大学改革

    沈む日本 危機感共有 秋入学 大学改革 東京大学の秋入学への意向表明が、今、大きなうねりとなって、社会を揺さぶっています。もともと、島国の日本は、海外の変化に対する反応が鈍く、全てにおいて、対応が遅れがちです。 大学の入学が、日本だけ、4月であることが、大学間の世界の連携の上で、問題であることは、古くから一部の識者の間では、問題視されていました。 私が、早稲田大学に奉職することになった1998年当...

    2012年2月20日

    椎野 潤

  • 建設維新

    何よりも大事なのは国民の理解

    何よりも大事なのは国民の理解 2月18日の読売新聞に、以下の記事がでていました。 「首相は、17日夜、早速、NHKの番組に出演し、一体改革について『何よりも一番大事なのは、国民の理解だ。しっかり説明していきたい』と述べ、自ら広報活動の先頭に立つ考えを示した。 開催のメドがそ立たない与野党協議に関しては『これからも粘り強く呼びかけたい』と述べるとともに、『2014年4月から消費税を8%に引き上げる前...

    2012年2月18日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    『オープン・コスト・ハウス』打合せ会 2012.02

    『オープン・コスト・ハウス』打合せ会 2月15日(水)、『オープン・コスト・ハウス』の打合せ会が、行なわれました。この日は、オープン・コスト・ハウスの施工実験、第3号の岐阜県多治見市の店舗併用住宅の設計コンペについて、検討を行ないました。 コンペでは、12件の応募がありました。この応募作品について、実験チームメンバーで検討を行ないました。まず、井上リーダーから、昨日、施主に、作品を見てもらった感想...

    2012年2月17日

    椎野 潤

  • ネオロジスティクス共同研究会

    第7回 ロジスティクス トップフォーラム・ワセダ

    第7回 ロジスティクス トップフォーラム・ワセダ高橋輝男先生のお話「ロジスティクス・レビュー」 2月10日、11日の二日間、『第7回 ロジスティクス トップフォーラム・ワセダ』が、早稲田大学早稲田キャンパスで開催されました。製造業、ロジスティクス業などの企業の経営者・経営幹部が、18人参加し、盛大に行なわれました。 最初に、高橋輝男名誉教授から「ロジスティクス・レビュー」と題する、お話がありました...

    2012年2月12日

    椎野 潤

  • 建設維新

    50年後高齢者4割

    50年後高齢者4割 1月30日の読売新聞の夕刊に、以下の記事がでていました。 「厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は30日、2060年までの日本の将来推計人口を公表した。女性が生涯に産む子どもの数に近い合計特殊出生率は、50年後は1.35になるとし、前回(2006年)の推計値1.26を上方修正した。ただ、人口の減少傾向は変わらず、2010年の1億2806万人が、2060年は8674万人まで減...

    2012年2月10日

    椎野 潤

  • 建設維新

    フランス 付加価値税上げ

    フランス 付加価値税上げ 1月30日の読売新聞に、以下の記事がでていました。 「フランスのサルコジ大統領は、29日、地元テレビインタビューで、同国の付加価値税(VAT、日本の消費税に相当)の標準を、今年10月から、1.6ポイント引き上げて21.2%にする方針を発表した。」 「仏のVAT標準税率は、現在、19.6%、今月から、5.5%から7%に引き上げられた食料品などに適用される軽減税率については、...

    2012年2月9日

    椎野 潤

  • 建設維新

    黒船がきた(2) テレビ事業 韓国に完敗

    黒船がきた(2) テレビ事業 韓国に完敗 先日、新聞で、「テレビ事業、韓国に完敗」という主旨の記事を読みました。アメリカのラスベガスで開かれた、世界最大の家電ショーで、韓国のメーカーが発表した、次世代テレビに、注目が集りました。厚さ、僅か4㎜。色鮮やかな有機ELテレビ。難しいとされていた大型化を、世界ではじめて実現しました。日本のメーカーは、完全に先を越されました。有機ELテレビは、日本のメーカー...

    2012年2月8日

    椎野 潤

  • 建設維新

    黒船がきた(1) 31年ぶりの貿易赤字

    黒船がきた(1) 31年ぶりの貿易赤字 読売新聞の1月25日の夕刊に、以下のような記事が、出ていました。 「財務省が25日発表した2011年の貿易統計によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は、2兆4927億円の赤字となった。年間での貿易赤字は、第2次石油危機で、輸入額が大幅に増えた1980年以来、31年ぶりだ。東日本大震災や円高などで、輸出が落ち込む一方、原子力発電所事故を受け、火力発電に...

    2012年2月7日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    「オープン・コスト・ハウス」アマゾン、在庫切れ

    「オープン・コスト・ハウス」アマゾン、在庫切れ 心配した通り、アマゾンでの「オープン・コスト・ハウス」は、注文が殺到して、在庫切れになりました。 出版社(メディアポート)に、FAX(03-5275-6968)で、発注してください。その方が、早く、とどきます。 よろしく、お願いいたします。

    2012年2月7日

    椎野 潤

  • 訪問取材日記

    躍進する住宅会社、アエラホームのマッチングの利用、訪問記(発注者の訪問)

    アエラホームの訪問記は、修正が出ましたので再掲します。訪問日:2012/01/27躍進する住宅会社、アエラホームのマッチングの利用、訪問記(発注者の訪問) 最近、コンピュータ・インターネットサービス「建サク」を、積極的に使っておられる住宅建設会社、アエラホーム(株)の本社を、東京、西新宿に訪問し、工事推進部の深澤英文次長と、同部工事課の太田晶夫課長に、お会いし、お話をうかがった。 アエラホームは、...

    2012年2月7日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    「オープン・コスト・ハウス」の出版

    「オープン・コスト・ハウス」の出版 去年の夏頃から、ブログに書いていました、「オープン・コスト・ハウス」が、書籍として、出版されました。今日、アマゾンのホームページを見ましたら、この本が載っていました。これは、住宅作りにおいて、画期的な方法を提案しています。これは、木造戸建て住宅作りについて、「建設維新」の糸口をなすものになると思っています。一度、是非、読んでみてください。 アマゾンのURLは、以...

    2012年2月6日

    椎野 潤