関連記事

  • 建設維新

    急増する空き家を考える

    急増する空き家を考える 3月18日の夜、NHKが、クローズアップ現代で、「急増した空き家の秘密、撤去始めた自治体」という番組を放送していました。「最近、大分、空き家が多くなっているんだろうな」と予想していましたが、実態は、大分ひどい状況になっているようです。 現在、使われていない家が187万戸あり、「この内、多くが空き家であろう」ということでした。空き家には、危険な状態になっているものも多く、この...

    2012年4月19日

    椎野 潤

  • 椎野塾

    椎野塾開校

    椎野塾開校 椎野塾が、開校しました。椎野塾は、早稲田大学元教授 椎野潤が、現在、曲がり角にきている日本の未来を考え、未来に、より良い社会を遺して行くことを念願して、志を同じくする人と交流を深めて行くために、開催する勉強会です。 2012年3月15日(木)[第一回目]と4月12日(木)[第二回目]に、「開校記念講話」を、ご好意で、塾の会場の提供を申し出て下さった、伊佐ホームズ(株)の社員の皆様に、語...

    2012年4月18日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(11)

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(11)8.「代表的日本人」と内村鑑三(その3) 内村鑑三が、明治期に形成されつつあった「近代日本」について、強い危惧を感じ、そのあり方に、厳しい批判を加えていたのは、何でありましょうか。まず、その第一は「人間は、何のために生きるのか」という、人間の存在の根源を問う視点の欠如でしょう。 内村鑑三は、この近代日本の「神」(これは結局、「代表的日本人」が「天」といって、そ...

    2012年4月17日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(10)

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(10)8.「代表的日本人」と内村鑑三(その2) 西郷隆盛が持っていた「天職観」も、内村鑑三が、西洋人に伝えたかったものでしょう。「天の声」を聴いて、それに従うという透徹な心と確固たる信念、これが「これから、どのような社会を構築すべきか、誰にもわからなかった」明治維新の初期の段階から、維新を目指す多くの志士の心を、広く大きくまとめていました。 明治維新において、「まさ...

    2012年4月16日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(9)

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(9)8.「代表的日本人」と内村鑑三(その1) 内村鑑三の「代表的な日本人」に登場する5人の日本人に共通しているのは、「天」、「神」、「天道」、「法」などの超越的存在(以下、ここでは、これらを代表して「天」と呼ぶ)に、耳を傾け、これに従って強い信念をもって生きた人達であったということです。 この5人は、いずれも、長く続いた平和により、怠惰の風潮が生じた後に、現れていま...

    2012年4月15日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(8)

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(8)7.日蓮上人 仏僧(その2) 「蓮長は、さらに知識を探求するための旅にでました。あらゆる邪気から天皇の都を守るために、京都の鬼門の方向にそびえる叡山は、過去1000年の間、日本の仏教を学ぶための主たる中心でありました。」 「そこで釈尊の説いた教えが研究され、黙想がなされ、相伝されてきたのでした。最盛期には、天皇にも、民衆にも脅威を与えた3000人もの強力な僧兵を...

    2012年4月14日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(7)

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(7)7.日蓮上人 仏僧(その1)日本の仏教 内村鑑三は、キリスト教徒を中心とする、世界の人々に、日本の宗教の中心をなす、仏教について、その伝来と発展の経過を、わかりやすく、説明しています。 「仏教の日本への伝来時期は、第29代欽明天皇治下の13年である西暦551年であるとされます。仏教年代学者たらは、それは『仏滅後1501年』と主張します。587年には、聖徳太子によ...

    2012年4月13日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(6)

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(6)6.中江藤樹 村の先生昔の日本教育 「『私たち西洋人が諸君の救済に訪れるまでに、諸君は日本でどのような学校教育を授けられていたのであるか。日本人諸君は異教徒にしては、もっとも賢明な国民に見える。今日の諸君があるのには、さぞかし道徳的、知的な教育を受けてきたにちがいない。』 このような質問に、私ともが母国を離れ、はじめて西洋の文明人のなかに立ちまじったとき、たびた...

    2012年4月12日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(5)

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(5)5.二宮尊徳 農民聖者今世紀初頭の日本農業 「日本の農業は、世界でもっとも注目すべき農業であると考えます。土の塊の一つ一つがていねいに扱われ、土から生ずる芽の一つ一つが、親の愛情に近い配慮と世話とを与えられます。私どもに欠けていた科学を、たゆまぬ勤勉でおぎない、こうして菜園ともいえるような、きめ細かく整然とした1300万エーカーの耕地を所有しているのです。」 「...

    2012年4月10日

    椎野 潤

  • 椎野塾

    [椎野塾 第2講]

    [椎野塾 第2講] 2012.4.12国産材を用いた美しい木造住宅 「校倉」 椎野塾 塾長  椎野 潤平成維新 私が、ここで「維新」と言っているのは、劣化し...

    2012年4月9日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(4)

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(4)4.上杉鷹山 封建領主封建時代 人と事業 「鷹山(ようざん)が、今の羽前(うぜん)の国にある米沢藩の世継ぎになったとき、まだ17歳の少年でありました。九州の小大名である秋月家に生まれた鷹山は、自分の家よりも格が高く所領も大きな、上杉家の養子になったのでした。しかし、後述するように、そのことは、鷹山にとっては有難迷惑なことでした。鷹山は、全国にもまれなほど、重い責...

    2012年4月8日

    椎野 潤

  • 落語・歌舞伎・絵画鑑賞

    神楽坂をどり、落語 末廣亭

    神楽坂をどり、落語 末廣亭 今日は、「神楽坂をどり」を見に行きました。これは、毎年、4月の上旬の土曜日に行なわれます。例年ですと、櫻が散り春爛漫の季節を迎えた頃なのですが、今年は、風が冷たく、櫻は八分咲きで、丁度、見頃でした。 天気は快晴でしたが、今日も、風が冷たかったです。「神楽坂をどり」が近づくと、町中に、この「をどり」のポスターが貼られます。そして、町中、皆が、これを楽しみにしています。今年...

    2012年4月7日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(3)

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(3)3.西郷隆盛 新日本の創設者1868年の日本の維新 内村鑑三が、英文で書いた、この書は、世界の人々に読まれることを意識して書かれています。徳川時代に、長期にわたって鎖国していた日本を、誤解されないように、非難されないように、注意深く、言葉を選んで語りかけています。そして、日本が世界に対して負っている使命を、以下のように述べています。 「ヨーロッパとアジアとの好ま...

    2012年4月6日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(2)

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(2)2.内村鑑三の思想の変化 私が、今、読んでいる本は、1908年(明治41年)4月29日に、警醒社書店から刊行された、英文著作、Representative Men of Japan(代表的日本人)の翻訳書です。その訳者は、鈴木範久氏で、岩波書店の発行です。第1刷は、1995年7月に発行され、今回、読んだのは2011年6月発行の第35刷です。 私は、内村鑑三の「後...

    2012年4月5日

    椎野 潤

  • 後世への最大遺物

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(1)

    内村鑑三「代表的日本人」を読む(1)1.代表的な日本人 内村鑑三の「後世への最大遺物」を読み、その言葉に感動し、今こそ、これが必要だと感じ、これからの生活を、この言葉に従って生きて行こうと決心した私ですが、内村鑑三が、同じ頃、執筆した代表的な著作「代表的な日本人」を、是非、読まねばならないと思っていました。買い求めましたが、なかなか、時間が取れず、読めませんでしたが、ようやく、時間がとれ、今日から...

    2012年4月4日

    椎野 潤

  • 「瓢箪から駒」放談会

    「瓢箪から駒放談」 奈良セミナーに参加して思ったこと(その3)

    「瓢箪から駒放談」 奈良セミナーに参加して思ったこと(その3)3.今井町の町並みと講演 第2日目は、国の重要伝統的建造物郡保存地区に、指定されている今井町の見学と、その保存会の会長の若林さんのお話を聞きに、今井町へ出掛けました。激しい雨で、車窓から、外の景色が見えないほどでした。 この日は、「奈良まほろばソムリエ友の会」の「今井町に学ぶ」セミナーが、ここで開かれており、われわれ「瓢箪から駒」 奈良...

    2012年4月3日

    椎野 潤

  • 「瓢箪から駒」放談会

    瓢箪から駒放談」 奈良セミナーに参加して思ったこと(その2)

    「瓢箪から駒放談」 奈良セミナーに参加して思ったこと(その2)2.講演を聞いて感じたこと(2)、鈴木邦宏さんのお話 二番目の講演は、ファインモールドの鈴木邦宏さんのお話でした。ファインモールドは、小さいけれども、とても、ユニークなプラモデルメーカーです。 鈴木さんのお話も、とても面白い、お話しでした。今の製造業企業の常識を覆すものでした。多くの示唆を得る言葉をいただきました。以下、鈴木さんのお話で...

    2012年4月2日

    椎野 潤

  • 「瓢箪から駒」放談会

    瓢箪から駒放談」 奈良セミナーに参加して思ったこと(その1)

    「瓢箪から駒放談」 奈良セミナーに参加して思ったこと(その1)1.講演を聞いて感じたこと(1)、鉄田憲男さんのお話 2012年3月30~31日、奈良県奈良市の「国際奈良学セミナーハウス」で開催された、「瓢箪から駒放談 奈良セミナー」に、大伸社の上平豊久さんに、誘われて参加しました。 この会合は、もの凄くエネルギーのある前向きな人達の集りで、大いに元気をもらいました。素晴らしい、多くの新しい仲間と出...

    2012年4月1日

    椎野 潤

  • 建設維新

    人生の新しいステージの出発

    人生の新しいステージの出発 2012年3月31日で、早稲田大学ロジスティクス研究所は、設置期間満了になり、私は、その顧問を退任しました。今日は、人生の次の新しいステージ(第4ステージ)の元旦です。(私のこれまでの人生で、一番長かった、企業に勤めていた時代を第1スシージ、早稲田大学大学院(MBA)時代を第2ステージ、昨日までの6年間のロジスティクス研究所時代を第3ステージ、今日から80歳までの期間を...

    2012年4月1日

    椎野 潤