関連記事

  • 特別ブログ

    金婚式 伊勢の旅

    特別ブログ金婚式 伊勢の旅 5月29日から31日まで、2泊3日で、伊勢に旅行に行ってきました。私たち夫婦の結婚50周年の記念旅行です。 日本の原点と思われる伊勢神宮を参拝しました。また、伊勢湾に浮かぶ離島、答志島に行きました。そこには、篤い人情、日本人の心の原点が凝縮したような社会がありました。 この旅のことは、あらためて、ブログに書きます。

    2012年5月31日

    椎野 潤

  • 平成維新

    「取捨選択」自治体急ぐ

    火曜ブログ「平成維新」(3)「取捨選択」自治体急ぐ 2012年5月21日(月)の日本経済新聞の朝刊に、以下の記事が出ていました。 「インフラ更新費の膨張に対し、地方自治体は公共施設の取捨選択に踏み込み始めている。神奈川県秦野市は将来の更新費用を算出し、昨年3月に公共施設の床面積を40年かけて3割削減する計画を決めた。今年10月からは保険福祉センターの一角を郵便局にリースし、住民票の発行を委託する。...

    2012年5月29日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本と日本人美質を探求する

    月曜ブログ「日本の未来を考える」(3)日本と日本人美質を探求する 5月15日の椎野塾「日本の未来を考える」の第一回講話会が終わった後、ご都合のつく方と懇親会に行きました。その時のビールが美味かったです。この夜、堀 昭一さんからうかがった、スティーブ・ジョブズのお話は、私の心に響くものがありました。 近年、亡くなった方の中で、後世に最大遺物を遺した人は、誰だろうかと考えていたときに、その一人として、...

    2012年5月28日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語家 桂歌丸の著書 「恩返し」不死鳥ひとり語り

    日曜ブログ「閑話休題」(3)         落語家 桂歌丸の著書 「恩返し」不死鳥ひとり語り 落語芸術協会会長の桂歌丸さんが書いた「『恩返し』不死鳥ひとり語り」と言う本を、読みました。本の広告のチラシに、「あたしには、まだ、まだ、この世でやるべきことがある」と書いてありましたので、「この人は、後世に最大遺物を遺そうとしているのではないか」「そのような生涯を送ろうと志しているのではないか」と思い、...

    2012年5月27日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    皐月恒例 市馬落語集

    土曜ブログ「閑話休題」(3)皐月恒例 市馬落語集 5月25日(金)、柳亭市場の落語独演会を聞きに行きました。「皐月恒例 市馬落語集」です。この日は、ゲストとして歌手の青木光一さんが出演しました。青木光一さんは、大正15年生まれで、87歳になりますが、とても元気で、顔も艶々しています。声も、その年齢とは思えない声量と艶があり、まだ、現役でした。 チラシには、「市馬は、今回は、歌は封印」と書いてありま...

    2012年5月26日

    椎野 潤

  • 書評「今週のこの一冊」

    内村鑑三に関する書籍

    金曜ブログ 書評「今週の一冊」(2)「別冊 環 18 内村鑑三」 新保祐司偏 2011.12.30、藤原書店 2012年3月17日、「鎌倉の教育を良くする会」 第43回 講演会「内村鑑三 生誕150年」を聞きにいきました。講演者は、都留文化大学教授、新保祐司氏でした。この講演会は、伊佐ホームズの伊佐裕社長から、ご紹介いただいたのです。パンフレットのコピーには、以下のように、書かれていました。 「『...

    2012年5月25日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    「お客様向け小冊子の作成」

    木曜ブログ「オープン・コスト・ハウス」(3)「お客様向け小冊子の作成」 2012年1月に、オープン・コスト・ハウス、なぜ、われわれは、家作りのコストを公開するのか(メディア・ポート)を、出版しました。この結果、いろいろな所から、反響がありました。 特に、ゆくゆくは、家を建てたいと思っている、建築技術者の友人からの問い合わせが多かったのです。この人達は、わかりやすく、面白かったよと言って下さいました...

    2012年5月24日

    椎野 潤

  • 建設維新

    高齢インフラ 不安な足元 通行止めの橋 3年で1.5倍

    水曜ブログ「建設維新」(2)高齢インフラ 不安な足元 通行止めの橋 3年で1.5倍 2012年5月21日(月)の日本経済新聞の朝刊に、以下の記事が出ていました。 「公共インフラの『平均年齢』が上昇している。直近10年では4歳上昇し、15歳を突破した。新規投資の減少に加え、老朽化したインフラの更新が間に合わないためだ。 安全を確保できないため通行止めの橋梁は3年間で1.5倍に急増した。財政難のなかイ...

    2012年5月23日

    椎野 潤

  • 平成維新

    「座して死を待つより」 危機の電子立国シャープの決断

    火曜ブログ「平成維新」(2)「座して死を待つより」 危機の電子立国シャープの決断 2012年5月21日(月)の日本経済新聞の朝刊に、以下の記事が出ていました。 「3月26に、月曜日。大阪市阿倍野区にあるシャープ本社2階の応接に3人の男が入った。 一人はシャープ会長(当時)の町田勝彦(68)。もう一人は1週間後に社長就任が決まっている常務執行役員(同)の奥田隆司(58)。最後の一人は世界最大のEMS...

    2012年5月22日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    椎野塾「日本の未来を考える」講話会第一講

    月曜ブログ「日本の未来を考える」(2)椎野塾「日本の未来を考える」講話会第一講 椎野塾 日本の未来を考えるグループの第一回の講話会が、5月15日、開催されました。私が椎野塾で、お話したいこと、議論したいことを、お示しし、代表世話人の上平豊久さんに、皆さんに、お声をかけていただいたところ、多くの素晴らしい方々が、ご参集くださいました。 当日、ご参加下さったのは、以下の方々です。三谷広治先生:金沢工業...

    2012年5月21日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    韓流ドラマ「トンイ」

    日曜ブログ「閑話休題」(2)               韓流ドラマ「トンイ」 私は、今、NHKのBSテレビで、日曜日の夜9時から放送している、韓流ドラマ「トンイ」に、嵌まっています。それは、私が、現在、ブログで書いている内村鑑三の「後世の遺物」と、とても関係があり、強い興味を覚えるからです。 これまで、私は、内村鑑三が書いた「代表的な日本人」を熟読して、ブログを書いてきました。鑑三が、ここで取り...

    2012年5月20日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    新宿 末廣亭 5月中席

    土曜ブログ「閑話休題」(2)新宿 末廣亭 5月中席 5月18日(金)、一日、時間を空け、ゆっくり、落語を聴きにいきました。新宿 末廣亭です。末廣亭の寄席は、昼の部と夜の部があるのですが、入れ換え制はとっていませんので、時間があれば、両方を通して見ることができます。 この日は、昼の部の途中から見ました。昼の部の主任は、柳家小満んで、この人は、8代目桂文楽の弟子でしたが、師匠文楽の死後、5代目小さんの...

    2012年5月19日

    椎野 潤

  • 書評「今週のこの一冊」

    技師 青山 士(あきら) その精神の軌跡

    金曜ブログ 書評「今週の一冊」(1)技師 青山 士(あきら) その精神の軌跡 2008.11、鹿島出版社 毎週、金曜日は、書評「今週の一冊」です。この書評の第一回は、内村鑑三の教えに、感動し、後世への最大遺物を残した、代表的な人物、青山 士の評伝を、紹介します。この書「技師青山士、その精神の軌跡」には、青山士の生涯が、詳細に記されています。青山士は、バナマ運河の建設工事に、7年半にわたり従事し、...

    2012年5月18日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス(新)

    椎野塾 第二グループ オープン・コスト・ハウスグループ 第一回会合

    木曜ブログ「オープン・コスト・ハウス」(1)椎野塾 第二グループ オープン・コスト・ハウスグループ 第一回会合 毎週木曜日のブログは、「オープン・コスト・ハウス」をテーマにして書きます。 「オープン・コスト・ハウス」では、まず、インターネットで全国の設計者からコンセプト設計を募集する「設計コンペ」を実施し、施主が本当に作りたいと思っているデザインと基本設計を固めます。 そして、これを出来るだけ安価...

    2012年5月17日

    椎野 潤

  • 建設維新(新)

    建設産業の現状

    水曜ブログ「建設維新」(1)建設産業の現状 私は、2012年3月末で、早稲田大学の研究所を引退してから、建設業の仲間達と会うことも少なくなり、建設業の最近の情報に、疎くなってきました。 最近、頭の中を占めているのは、「日本の未来は、どうなるのだろうか」「今、何を考えておけば良いのか」等です。でも、これまで進めてきた「建設維新運動」を、途中で投げ出すことはできません。この運動で、建設業社会の大改革の...

    2012年5月16日

    椎野 潤

  • 特別ブログ

    椎野塾「日本の未来を考える」 第一講 内村鑑三の言葉に触発されて「日本の未来を見る」

    本日、椎野塾「日本の未来を考える」講話会、第一講を開催しました。大変に盛り上がった、良い、講話会でした。講話会で配布した資料を、ブログに掲載します。少々長いですが、ご興味をお持ちの方は、是非、お読み下さい。椎野塾「日本の未来を考える」 第一講(資料)         2012年5月15日 ...

    2012年5月15日

    椎野 潤

  • 平成維新

    「平成維新」ブログの開設

    火曜ブログ「平成維新」(1)「平成維新」ブログの開設 私は、2011年8月から、「後世に、今の『思い』を伝えたい」と考えて、出来るだけ毎日、ブログを書いてきました。しかし、その内容が次第に多岐にわたり、一日の文字量も、段々、多くなりました。書き綴るのも、非常なる努力を要しましたが、これを読み続けて下さった方々には、大変な、ご苦労をお掛けしたと思います。 私自身は、残り少なくなってきた人生の、一日一...

    2012年5月15日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    椎野塾「日本の未来を考える」開講

    月曜ブログ「日本の未来を考える」(1)椎野塾「日本の未来を考える」開講 椎野塾 日本の未来を考えるグループの第一回の講話会が、明日(5月15日)開講します。 早稲田大学ロジスティクス研究所は、2012年3月末日をもちまして設置期間が満了になりました。私は、早稲田大学の研究所の顧問を引退し、椎野ロジスティクス研究所を設置し、所長として仕事をはじめました。  また、2011年8月から、原則、毎日、ブロ...

    2012年5月14日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 浅草演芸ホール 薫風のGW特別興行

    日曜ブログ「閑話休題」(1)落語 浅草演芸ホール 薫風のGW特別興行 2012年5月7日 ゴールデンウイーク明けの一夜、浅草演芸ホールに落語を聞きに行きました。薫風のGW特別興行です。 この日は、私が現代の落語の名人の一人と思っている、柳家小三治が出演するというので、楽しみにして出掛けました。お目当ての小三治が出る上に、GW特別興行ということで、人気者も沢山でるので、客席は満席でした。 数日前の5...

    2012年5月13日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 柳家権太楼 爆笑十夜

    土曜ブログ「閑話休題」(1)落語 柳家権太楼 爆笑十夜 2012年5月5日 ゴールデンウイークの最中、上野鈴本演芸場に落語を聞きに行きました。柳家権太楼 爆笑十夜です。 柳家権太楼は爆笑王と言われており、いつ聞きに言っても面白い落語家ですが、この夜も、とっても、面白かったです。噺は「代書屋」でした。「代書屋」という噺は、もう何度も、いろいろな人から聞いているのですが、この人の噺となると、また、別格...

    2012年5月12日

    椎野 潤

  • 良き昔の復活

    ブログの週間工程表

    ブログの週間工程表 これまで「私の思い」を述べたいと思い、毎日、ブログを書いてきましたが、段々、内容が多岐にわたり、文章も次第に長くなりました。読みにくい、ブログを読んでくださってきた、皆様に感謝します。 このあたりで、整理したいと思います。少し読みやすくします。各曜日ごとのテーマを決め、そのテーマに沿った内容のブログを書きます。皆様、ご興味のあるテーマを、お選びの上、お読みください。 曜日別のテ...

    2012年5月11日

    椎野 潤

  • 建設維新

    TPP 空転する日米協議

    TPP 空転する日米協議 2012年4月29日の日本経済新聞の朝刊の「けいざい解説欄」に、「TPP 空転する日米協議」と題する記事がのりました。 編集委員の太田泰彦氏の書かれた論説ですが、これは私の言いたいことを、見事に代弁してくれているような内容で、本当に納得できるものでした。私が、TPPにおける日本国内での認識に危機感をもって、ブログに書いてきたことが、ここでは、そのまま書かれています。 そこ...

    2012年5月3日

    椎野 潤

  • 建設維新

    味の素の経営戦略

    味の素の経営戦略2012年4月28日の日本経済新聞の朝刊に、以下のような記事がでていました。 「味の素が傘下の飲料大手カルピスの全株式をアサヒグループホールディングスに売却する最終調整に入った。味の素は2012年3月期、連結営業利益が過去最高益になったもようで、ほぼ無借金。それでもブランド力のあるカルピスを売却するのは食品メジャーに脱皮するためだ。 味の素の中では利益率の低いカルピスを手放し、調味...

    2012年5月2日

    椎野 潤