関連記事

  • 閑話休題

    後世に最大遺物を遺した人々 勇ましい高尚なる生涯

    土曜ブログ「閑話休題」(9)後世に最大遺物を遺した人々 勇ましい高尚なる生涯 土曜ブログでは、「後世への最大遺物」を遺した人達を、拾い上げて、ブログに書いていますが、今回は、今日の社会で「勇ましい高尚なる生涯」を残した人のことを書きます。 それは、6月23日、64歳の若さで、壮烈な生涯を終えた畏友、故工藤南海夫さんについてです。 工藤さんは、私の「未来に、今よりも、良い社会を遺したい」という活動を...

    2012年6月30日

    椎野 潤

  • 書評「今週のこの一冊」

    「自分経営」入門 ~問題は「タコつぼ」ではなく「タコ」だった~

    金曜ブログ 書評「今週の一冊」(7)「自分経営」入門 ~問題は「タコつぼ」ではなく「タコ」だった~ 友成真一著 2008.01.15 第1刷  この本は、早稲田大学大学院教授の友成真一先生の著書です。2011年の秋、私は、早稲田大学建設維新研究会と建設ロジスティクス研究会の人達と、先生の「自分経営」のお話を聞きました。 そして凄い感銘を受け、本をさっそく購入し、その感想を、ブログに書きました。(こ...

    2012年6月29日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス(新)

    「家を建てたいと思っておられる方への手紙」

    木曜ブログ「オープン・コスト・ハウス」(7)「家を建てたいと思っておられる方への手紙」 これから、家を建てたいと思っている方に、「画期的な家作り法」である「オープン・コスト・ハウス」を、ご理解いただきたいと考えて、「オープン・コスト・ハウス」、「家を建てたいと思っておられる方への手紙」と言う小冊子をつくりました。この草案を、椎野塾「オープン・コスト・ハウス」グループの皆さんに検討していただき、修正...

    2012年6月28日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    「決められる政治」への転換点

    水曜ブログ「平成維新・建設維新」(3)「決められる政治」への転換点  社会保証と税の一体改革関連法案が、6月26日の衆議院本会議で、民主、自民、公明3党などの賛成多数で可決され、参議院に送付されました。 これは、本来の正常な国会の姿から見れば、特に特筆すべきことでは、ありませんが、ここしばらくの「決められない政治」の実態からみれば、これは画期的なことです。 民主、自民、公明の三党合意が成立したとい...

    2012年6月27日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    貨幣制度の確立 「統治神学」としての朱子学

    火曜ブログ「日本の未来を考える」(9)貨幣制度の確立 「統治神学」としての朱子学 昨日のブログで述べましたように、家康は、ほとんど、秀吉までの前時代に行なわれていた、良いことを踏襲しました。 家康は、江戸を中心に巧みに大名を配置していますが、これも秀吉の行なっていた方式の踏襲です。秀吉は、大阪を中心に親族や譜代を配置し、有力者は東北や西南に押し込み、全国の要点に、腹心の部下を置きましたが、家康も、...

    2012年6月26日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本とは何か

    月曜ブログ「日本の未来を考える」(8)日本とは何か 椎野塾「日本の未来を考える」では、50年後の日本の未来を考えてみようとしています。ここでは、その未来に向って、今、何をしたら良いかを、皆で、考えていますが、その作業を進めるにあたって、今、日本において、いろいろ、顕在化してきている不具合をとりあげて、それを矯正する対策を考えるよりも、日本および日本人が持っている、良い点を洗い出し、それを一層、強化...

    2012年6月25日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    後世に最大遺物を遺した人々 思想 孔子の教えを後世に遺した人達

    日曜ブログ「閑話休題」(8)後世に最大遺物を遺した人々 思想 孔子の教えを後世に遺した人達 今日のブログでは、昨日のブログに続いて、孔子の教えを後世に遺した人達のことを書きます。 孔子の教えが、その後、儒教として確立するまでの間には、その教えを拡充し、さらに、これを後世に遺した、多くの偉大なる人物がいました。 その最大人物として、孟子(紀元前372年~289年)を、あげることができます。孟子は、孔...

    2012年6月24日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    後世に最大遺物を遺した人々 思想 孔子

    土曜ブログ「閑話休題」(7)後世に最大遺物を遺した人々 思想 孔子 土曜ブログでは、このところ、後世に貴重な遺物を遺してくれた人達を、各界から探し出し、その生涯について書いていますが、今日は、偉大な思想体系 人の道を遺した、孔子を取り上げてみましょう。 孔子(紀元前552年~479年)は、中国の古い王朝、周王朝が衰微して、各地に群雄が割拠していた、中国史の春秋時代の乱世の世を生きた人です。なお、こ...

    2012年6月23日

    椎野 潤

  • 書評「今週のこの一冊」

    「朝鮮儒教の二千年」

    金曜ブログ 書評「今週の一冊」(6)「朝鮮儒教の二千年」 姜 在彦著 株式会社 講談社 2012.02.09 第1刷  内村鑑三が、その著「代表的日本人」において、「勇ましい高尚なる生涯」を、後世への最大遺物として遺した、代表的な日本人として取り上げた、上杉鷹山は、天の声に導かれ「人の道」を生きた人でした。 この「天の声」に導かれた「人の道」とは、どのような道なのでしょうか。私は、この道は、「孔子...

    2012年6月22日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス(新)

    椎野塾 オープン・コスト・ハウス研究グループ 第二回勉強会

    木曜ブログ「オープン・コスト・ハウス」(6)椎野塾 オープン・コスト・ハウス研究グループ 第二回勉強会 2012年6月20日、東京京橋の建サク事業本部で、椎野塾 オープン・コスト・ハウスグループの第二回勉強会を行ないました。 まず、開会の挨拶として、塾長から、このオープン・コスト・ハウスの推進プロジェクト全体の中における、椎野塾の役割を説明しました。 そして、塾長が作成した、(1)「家を建てたいと...

    2012年6月21日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    復興工事丸ごと委託

    水曜ブログ「平成維新・建設維新」(2)復興工事丸ごと委託 今日は、久しぶりに「建設維新」について、ブログを書きます。 2012年6月15日の日本経済新聞に、以下の記事がのりました。 「復興庁と国土交通省は、東日本大震災の復興工事で、新たな発注方式を導入する。調査・設計と工事施工を一括で、大手ゼネコンに発注する。」 そして、以下のようにも、書いています。 「日本の公共工事で、初めて本格的な一括発注方...

    2012年6月20日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    行政コストの削減 「競り下げ」による資材調達コストの低減

    火曜ブログ「平成維新・建設維新(特別ブログ)」行政コストの削減 「競り下げ」による資材調達コストの低減 今日は、火曜日ですが、もう一日、特別ブログとして「平成維新」に関するブログを書きます。 行政コストの削減のブログの第二日目は、「国の資材調達コストの削減」です。国や地方自治体が発注している資材等の購入単価は、一般の市場で取引されている単価に比べ、かなり、割高なのは、広く知られています。 この改革...

    2012年6月19日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    国の中央官庁の共同調達

    月曜ブログ「平成維新・建設維新(特別ブログ)」国の中央官庁の共同調達 消費税の増税が、やっと3党で合意して、実現の目処がたちましたが、この程度の増税は、いずれ、行なわねばならないのですから、早く決断した方が良いとは思いますが、日本の財政を再建するには、今回の10%程度の増税で、間に合うはずがないと、私は、考えてきました。 最近、16%にしないと間に合わないと言い出していますが、私は、16%でも、す...

    2012年6月18日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    消費増税 3党合意 一体改革修正協議が決着

    日曜ブログ「平成維新・建設維新(特別ブログ)」          消費増税 3党合意 一体改革修正協議が決着 今日は「決められない政治」に、きりがつく、節目の日になりました。そこで、今日は日曜ですが、特別に「平成維新」に関するブログを書きます。 2012年6月16日(土)の日本経済新聞の朝刊の一面の見出しに「消費増税 3党合意」の文字が踊りました。日本の「決められない政治」が、ようやく「決める決断...

    2012年6月17日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    後世に最大遺物を遺した人々 落語 三遊亭圓朝

    土曜ブログ「閑話休題」(6)後世に最大遺物を遺した人々 落語 三遊亭圓朝 土曜ブログでは、このところ、後世に貴重な遺物を遺してくれた人達を、各界から探し出し、その生涯について書いていますが、今日は、現代落語の祖といわれる、三遊亭圓朝を取り上げてみましょう。 初代三遊亭圓朝は、江戸から明治への転換期にあって、伝統的な話芸に、新たな可能性を開いた、偉大な落語家です。三遊派の総師、宗家であり、三遊派のみ...

    2012年6月16日

    椎野 潤

  • 書評「今週のこの一冊」

    「代表的日本人」 内村鑑三著 鈴木範久訳

    ブログ 書評「今週の一冊」(5)「代表的日本人」 内村鑑三著 鈴木範久訳 2011年6月24日 岩波書店、35刷 この書、「代表的日本人」は、「後世への最大遺物」と並んで、内村鑑三の代表的な著書であり、内村鑑三の著作の中で、最も読まれている一冊です。 内村鑑三は、長い間、鎖国を続け、明治維新において国を開いた、日本という国の素晴らしさを、西欧諸国の主としてキリスト教徒の教養人に、知ってもらいたいと...

    2012年6月15日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    椎野塾 オープン・コスト・ハウス研究グループ

    木曜ブログ「オープン・コスト・ハウス」(5)椎野塾 オープン・コスト・ハウス研究グループ オープン・コスト・ハウスは「お施主さんにとっては、本当に欲しいと思っていた家を、実現できる範囲での最低コストで、手に入れることができるように」、また、「施工する工務店にとっては、受注時の不毛な叩き合いによる消耗戦はやめて、本当に良い家を限りなく安く作って、施主に喜んでもらうように」、それ等ができる「家つくりの...

    2012年6月14日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    NHKスペシャル 激動 トヨタピラミッド

    水曜ブログ「平成維新・建設維新」(2)NHKスペシャル 激動 トヨタピラミッド 6月10日夜、「NHKスペシャル 激動 トヨタピラミッド」という番組を見ました。これは今日の日本の繁栄を築いてきた「モノ」作りの曲がり角を、鋭く掘り下げた貴重な番組でした。これは、NHKの取材班が、1年間をかけて現地取材した番組で、大変な力作でした。 トヨタ自動車(株)は、わが国、最大の企業です。従業員数32万人、売上...

    2012年6月13日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    「徳のある人」になる リーダーシップのあるリーダーを育てる

    火曜ブログ「日本の未来を考える」(7)「徳のある人」になる リーダーシップのあるリーダーを育てる 内村鑑三は、100年前、「日本は、このままで良いのか」と、日本の未来について、強い危惧の言葉を発していました。そして「代表的日本人」という書を、自ら英文で書いて、日本的美質を持っていた、代表的な偉人達5人を、世界の人々に紹介しました。 私は、ここで鑑三が発していた危惧の意味するところは、「徳がある人」...

    2012年6月12日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    尊敬される国になった日本 世界平和の推進者になれないか

    月曜ブログ「日本の未来を考える」(6)尊敬される国になった日本 世界平和の推進者になれないか 著書「日本人の美質」の中で、著者、坂東眞理子先生は、以下のように述べています。 大震災に際して「世界各国から寄せられた義援金は、一カ月余りで41億6000万円にものぼりました(外務省4月22日)。それもアメリカなど先進国だけでなく、比較的貧しい国々からも、多くの支援がよせられました。政府の支援だけでなく多...

    2012年6月11日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    春風亭一之輔 真打ち昇進披露 六月特別公演

    日曜ブログ「閑話休題」(5)          春風亭一之輔 真打ち昇進披露 六月特別公演 2012年6月7日、読売ホールで開催された「春風亭一之輔 真打ち昇進披露公演」を聞きにいきました。私の好きな一流の噺家が勢揃いしており、とても盛り上がった面白い落語会でした。 この日、高座に上がったのは、柳家三三、立川談春、春風亭一朝、柳亭市馬、春風亭一之輔の5人です。 最初に高座に上がったのは、柳家三三で...

    2012年6月10日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    俳人 種田山頭火

    土曜ブログ「閑話休題」(5)俳人 種田山頭火 2012年6月6日の夜、俳人 種田山頭火の演劇を見に行きました。「うしろ姿のしぐれてゆくか」漂泊の俳人 種田山頭火(劇団民芸、宮本研 作、兒玉庸策演出)です。 家内から「種田山頭火のお芝居がありますが、見に行きませんか」と言われた時、私は、即座に「行こう」と言いました。私は、かねてから、種田山頭火は、内村鑑三の言う「後世への最大遺物」を遺した代表的な人...

    2012年6月9日

    椎野 潤

  • 書評「今週のこの一冊」

    「日本人の美質」 坂東眞理子

    金曜ブログ 書評「今週の一冊」(4)「日本人の美質」 坂東眞理子 2011年12月20日 KKベストセラーズ 今週は、昭和女子大学学長 坂東眞理子さんの「日本の美質」を推薦します。 東北大震災と、これにより引き起こされた原発事故によって、日本および日本人の弱点は、きわめて明瞭に、浮き彫りになりました。 リーダーの不在、緊急時に統合的な対応ができない政府および東電の組織、これの原因となっている官僚組...

    2012年6月8日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    「家を建てたいと思っておられる方への手紙」

    木曜ブログ「オープン・コスト・ハウス」(4)「家を建てたいと思っておられる方への手紙」~この小冊子を読んでごらんになりませんか~まえがき 私は、この春まで、大学に勤めておりましたが、もう76歳になりましたので、引退いたしました。そして、残り少なくなってきた人生で、あと何をすれば一番有益かを考えたとき、若い頃、読んだ「内村鑑三の『後世への最大遺物』」という講演録を読み直しました。 これは100年前の...

    2012年6月7日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    首相は自公との連携に踏み出すときだ

    水曜ブログ「平成維新・建設維新」(1)首相は自公との連携に踏み出すときだ 2012年5月31日の日本経済新聞に、以下の社説が掲載されていました。 「野田佳彦首相と民主党の小沢一郎元代表の会談が平行線に終わった。意見が異なる同士がよく話し合うのはよいことだが、堂々巡りを繰り返してもきりがない。野田首相は与党の分裂をおそれることなく、前に踏み出すときだ。 消費増税を巡り、野田政権は、民主党の党内議論を...

    2012年6月6日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本人の美質 「しかたがない」と受け入れる強さ

    火曜ブログ「日本の未来を考える」(5)日本人の美質 「しかたがない」と受け入れる強さ 著書「日本人の美質」の中で、著者、坂東眞理子氏は、日本人の美質として「しかたがない」と受け入れる強さを、あげています。この点に関しても、私は同感です。 明治維新のとき、また、第二次大戦の敗戦のとき、日本人は、自分達のおかれた境遇を「しかたがない」と受け入れました。占領軍に対して抵抗することに、エネルギーを使うのを...

    2012年6月5日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本人の美質 外国人が評価する日本人の美質

    月曜ブログ「日本の未来を考える」(4)日本人の美質 外国人が評価する日本人の美質 昭和女子大学学長 坂東眞理子氏の「日本人の美質」という本を買いました。読んでみると、今、「椎野塾」で考えている「日本の未来を考える」に、ぴったりと答えてくれている内容でした。 少し、引用させていただいて、私の感想を書いてみます。 本書の中で、著者は、外国人から見た「日本人の美質、十項目」として、著者が、オーストラリア...

    2012年6月4日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    伊勢の離島 答志島訪問

    日曜ブログ「閑話休題」(4)              伊勢の離島 答志島訪問 伊勢神宮に、お参りしたあと、伊勢湾に浮かぶ答志島に行きました。この島には、濃い人情が残っていました。宿の人の心は暖かかったです。 昨日、宿の主人が取ってきたという魚を料理してもらって食べました。私には、見たこともない、名も知らない魚でしたが、素晴らしく美味でした。魚の名は、宿の主人に聞くと、「かし」と「もいお」で、「も...

    2012年6月3日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    伊勢神宮参拝

    土曜ブログ「閑話休題」(4)伊勢神宮参拝 椎野塾「日本の未来を考える」で、「日本の良いところを考える」ことにして、あれこれと考えている内に「日本は、有史以来、一度も、異民族に征服されたことがない」と言うことに思い当たりました。また、内村鑑三が、当時の日本の現状を憂いて言っていた言葉「神なき国」と言う言葉を思い出しました。 そして、私は、これを読み「神はあったはずだ」「今もあるはずだ」と思いました。...

    2012年6月2日

    椎野 潤

  • 書評「今週のこの一冊」

    「日本人とは何か」 神話の世界から近代まで、その行動原理を探る

    金曜ブログ 書評「今週の一冊」(3)「日本人とは何か」 神話の世界から近代まで、その行動原理を探る 山本七平 2006年8月1日 祥伝社 初版第1刷発行 その帯には、以下のように書かれています。 「山本学」の集大成 日本人論の白眉 待望の復刊! 日本はなぜ、民主主義を簡単に受け入れることができたのか?  また、裏表紙には、以下のようにあります。 山本七平が築き上げた「日本学」の集大成 日本人はなぜ...

    2012年6月1日

    椎野 潤