関連記事

  • 閑話休題

    本を楽しむ「三遊亭圓朝の明治」(その3)

    日曜ブログ「閑話休題」(25) 本を楽しむ「三遊亭圓朝の明治」(その3) 道具入りの芝居噺を、弟子に譲り渡して、素噺に転向したあとの三遊亭圓朝は、その風貌も、一変させたようです。自慢だった、圓朝髷をおろして断髪し、着物も地味で品の良いものとなり、幕末までの「緋の襦袢の頃の圓朝」とは、同一人とは思えぬほどの変貌でした。 東京国立近代美術館に所蔵されている、鏑木清方(かぶら...

    2012年9月30日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    本を楽しむ「三遊亭圓朝の明治」(その2)

    土曜ブログ「閑話休題」(24) 本を楽しむ「三遊亭圓朝の明治」(その2) 明治維新の観察者として、青壮年期を過ごした三遊亭圓朝に、自分がこの変革の時代の渦中にいることを、自覚させたのは、上野の戦争でした。 1868年(慶応4年)5月14日、圓朝は、日本橋瀬戸物町の寄席伊勢本に出演中でした。その日は、楽屋入りが遅くなるのを気にしながら、家を出たのですが、浅草見附の大木...

    2012年9月29日

    椎野 潤

  • 書評「今週のこの一冊」

    書評「今週の一冊」「三遊亭圓朝の明治」

    金曜ブログ 書評「今週の一冊」(18)書評「今週の一冊」「三遊亭圓朝の明治」矢野誠一著、文芸春秋、1999.7.20、第1刷発行 この本は、幕末から、明治のはじめにかけての、江戸の落語をめぐる風景が読み取れる楽しい本です。三遊亭圓朝は、近代落語の租と呼ばれている人です。ここでは、幕末の開国から、新政府の樹立、これが落ち着くまでの四半世紀の間の、激変する落語界の中を生き抜き、近代落語の形を形成した、...

    2012年9月28日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本国の形成の歴史が育んだ、日本と日本人の美質と欠点

    木曜ブログ 「日本の未来を考える」      日本国の形成の歴史が育んだ、日本と日本人の美質と欠点 ここまでに調べてきたように、日本と言う国は、2000年にたる長年月の間、異民族に征服されたことがなく、自分達が正しいと思って保持してきた価値観を、根底から突き崩されるという経験もなく、平和の中に過ごしてきました。 すなわち、人間にとって最も理想的な世界、人を信ずることができる世界、善意が支配すること...

    2012年9月27日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    自民党総裁、阿部元首相復活

    水曜ブログ 「平成維新・建設維新」 自民党総裁、阿部元首相復活 自民党総裁に、阿部元首相が復活しました。以前に、小泉元首相の後を受けて、若手の期待の星として、首相になったときも、私は期待していましたが、前回は、健康を害して挫折しました。 もともと、明るい性格で、日本という国の国家像についても、明確なビジョンを持った方であり、このところ、しばらく、リーダー不...

    2012年9月26日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本社会と日本の生い立ち

    火曜ブログ 「日本の未来を考える」            日本社会と日本の生い立ち 日本において、法律が制定され、国が治められた歴史を遡っていきますと、聖徳太子が定めた「律令」にたどりつきます。これは、当時、世界の大先進国であった中国の唐の制度に習って、導入されたものです。 この時、日本にも、国の基本となる憲法にあたるものが、制定されたのですが、驚くことに、明治憲法の制定に至るで、この「律令」を廃...

    2012年9月25日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本人の美質の淵源

    月曜ブログ  「日本の未来を考える」(43)              日本人の美質の淵源 日本人は、今回の東日本大震災の後の、冷静、沈着、「ガマン」強い行動が、世界の人達を驚かせ、絶賛されました。反面、日本の政治は、決断できない政治が続き、原子力発電所の事故の処理においても、政府と東電の処理の不手際は、目に余るものがあり、世界の人々の失笑をかいました。 この日本と日本人の美質と欠点は、いつ頃、ど...

    2012年9月24日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    本を楽しむ「三遊亭圓朝の明治」(その1)

    日曜ブログ「閑話休題」(23)本を楽しむ「三遊亭圓朝の明治」(その1) 今日のブログでは、近代落語の租と言われている、三遊亭圓朝と、その生きていた時代を、探検していってみることにしましょう。 三遊亭圓朝は、明治維新という、日本の大変革期を生きた人でした。明治維新というのを、嘉永6年~安政5年(1853年~1858年)の開国期に始まり、明治10年(1877年)の西南戦争の前後までの四半世紀ととらえま...

    2012年9月23日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    本を楽しむ「彦六覚え帖」

    土曜ブログ「閑話休題」(22) 本を楽しむ「彦六覚え帖」 今日のブログでは、先日、噺を聞いた、落語家林家正雀師匠の書いた本、「彦六覚え帖」について書きます。この本は、正雀さんが、師匠、八代目林家正蔵(彦六)の人柄と面影を書いたものです。 表紙の裏に、「巨星墜ちて30年、頑固一徹、曲がったことが大嫌い、とんがり彦六(八代目林家正蔵)、いちばん末の弟子・正...

    2012年9月22日

    椎野 潤

  • 書評「今週のこの一冊」

    書評「今週の一冊」「人類を幸せにする国・日本」

    金曜ブログ 書評「今週の一冊」(17)書評「今週の一冊」「人類を幸せにする国・日本」井沢元彦著、祥伝社、2010.12.25、初版第3刷発行 この本は、日本と日本人の美質を調べているうちに、出会いました。この本では、日本人が発明した工業製品や、食べ物、日本独自の文化、技術などが、世界の人達を幸せにした事例を、沢山示しています。 日本人は、こんなに、世界の幸福社会作りに、貢献しているのかと、驚きます...

    2012年9月21日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    第3回椎野塾 9月例会

    木曜ブログ 「日本の未来を考える」(43) 第3回椎野塾 9月例会 2012年9月18日(火)、第3回椎野塾、9月例会を開催しました。 まず、遠藤正利さんから、自分を磨き、充実した人生を送るために、取り組むべきこととして、(1)本質を見抜く力(識見)(2)本質を伝える発言力(3)本質を目指す実行力これらを養うこと。(4)さらに、何よりも、仲間を信用、...

    2012年9月20日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    神道的感覚がすみずみまで行き渡っている社会

    水曜ブログ 「日本の未来を考える」(42) 日本人の美質の淵源「神道」(2)神道的感覚がすみずみまで行き渡っている社会 ピーター・ドラッカーは、「日本では、神社やお祭りのみならず、神道的感覚、すなわち、環境としての日本の特殊性に対する感覚が、古くから隅々まで行き渡っており、それが風景画に表れているのだ」と指摘していましたが、神道的感覚が、隅々まで行き渡ってい...

    2012年9月19日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本人の心の淵源「神道」

    火曜ブログ 「日本の未来を考える」(41) 日本人の美質の淵源「神道」(1)神道の巨大な習合力 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教等の一神教と比べると、日本の「神道」は、かなり異質です。多神教で、信徒が重んずべき聖典や教義もなく、教祖も存在しない。 しかも、エルサレムには、ユダヤ教の「嘆きの壁」をはじめ、古くからの教会やモスクが、多数存在するが、伊勢神宮には...

    2012年9月18日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    外国人が見た幕末から明治初期の日本人

    月曜ブログ 「日本の未来を考える」(40) 日本人は、世界から尊敬されてきた その起源は古い(3) 外国人が見た幕末から明治初期の日本人大災害で冷静・沈着・前向きな日本人 日本の開国の年である、1854年の12月23日(安政元年11月4日)に、大地震が起きました。東海沖を震源とするM8.4の安政地震です。そして、その32時間後に、同規模の南海沖...

    2012年9月17日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 林家正雀 「安中草三 牢破り」

    日曜ブログ「閑話休題」(21)落語 林家正雀 「安中草三 牢破り」 今日のブログでは、先日、聞いた林家正雀の落語の二席目の「安中草三 牢破り」について書きます。 この安中草三と言う噺は、三遊亭圓朝の「後開榛名の梅が香(おくれざきはるかなのうめかが)」の一部で、大変な長編ものです。「圓朝全集」の巻十の丸一冊分、57回600頁を占めています。話の発端は、寛政7年9月で、大詰めは、文政4年12月ですから...

    2012年9月16日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 林家正雀 「田能久」

    土曜ブログ「閑話休題」(20) 落語 林家正雀 「田能久」 楽しみにしていた、林家正雀の落語を聞きに行きました。場所は、お江戸日本橋亭です。ここはこじんまりした席亭ですが、本当に正雀の噺が好きな、落語の通の人達が集まっており、とても、アットホームです。 最初の噺は、「田能久(たのきゅう)」でした。これは民話を基にした噺で、最近では、演じられることも少ない...

    2012年9月15日

    椎野 潤

  • 書評「今週のこの一冊」

    書評「今週の一冊」「日本人は、なぜ、世界から尊敬され続けるのか」

    金曜ブログ 書評「今週の一冊」(16)書評「今週の一冊」「日本人は、なぜ、世界から尊敬され続けるのか」(魏志倭人伝、ドラッカーも! 2000年前から外国が絶賛)、黄文雄著、徳間書店、2011.07.25、第4刷発行 東日本大震災の後の日本人の沈着冷静、「ガマン」強く人を思いやる精神は、世界のメディアから絶賛され、報道されましたが、この人間としての資質と社会の性格は、相当、古くから日本と日本人が、持...

    2012年9月14日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本に初めて上陸した西洋人が見た日本人

    木曜ブログ 「日本の未来を考える」(39) 日本人は、世界から尊敬されてきた その起源は古い(2) 日本に初めて上陸した西洋人が見た日本人初めて上陸した西洋人の日本人観 1543年(天文12年)は、日本に初めて西洋人が来た年です。この頃、日本は、戦国時代の末期であり、戦国大名達は、争って戦い、人々はその戦乱に巻き込まれていました。 日本は、天平の時代...

    2012年9月13日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    古代からの日本および日本人への称賛

    水曜ブログ 「日本の未来を考える」(38) 日本人は、世界から尊敬されてきた その起源は古い(1) 古代からの日本および日本人への称賛 東日本大震災の後の日本人の「ガマン」強い、冷静な、他人を思いやる行動は、世界を驚かせ、各国のメディアは、絶賛して報道しましたが、この日本人の美質は、どこからきたのでしょうか。 江戸時代の「村の学校」の教育は、...

    2012年9月12日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    2050年の日本(7) 2050年までの日本の経営戦略

    火曜ブログ 「日本の未来を考える」(37)2050年の日本(7) 2050年までの日本の経営戦略未来予測は当たらない 「2050年の世界」を大胆に予測した、英「エコノミスト」誌は、一方で、「未来予測は当たらない」、特に「悲観的予測は当たらない」と言っています。そして、これは予測に際し「人間が考えて取る対策を、考慮していないからだ」とも言っています。 本書で2050年の日本の姿は、悲観的ですが、「対...

    2012年9月11日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    2050年の日本(6) シュンペーターの創造的破壊の嵐

    月曜ブログ 「日本の未来を考える」(36)2050年の日本(6) シュンペーターの創造的破壊の嵐創造的破壊の嵐 前回までのブログで、エコノミスト達の2050年までの予測では、日本は、世界で一番見込みのない国であることが、明らかになりました。日本だけでなく、ドイツ、フランス、イギリス等、西欧諸国は、日本に次いで見込みのない国であり、アメリカも、これに次いで駄目な国でした。 この予測で、予測不能だった...

    2012年9月10日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    2050年の日本(5) グローバリゼーションとアジアの世紀

    日曜ブログ 「日本の未来を考える」(35) 今日は、日曜ブログ「閑話休題」で、気楽なお話を書く日ですが、特別に、「日本の未来を考える」の続きを書きます。2050年の日本(5) グローバリゼーションとアジアの世紀 グローバリゼーションとロジスティクス、サプライチェーン・マネジメント ここで、「グローバリゼーション」という語は、世界中の市場が統合されることをひと言で表現したもののようです。それは、輸送...

    2012年9月9日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    2050年の日本(4) 高齢化社会における国家財政

    土曜ブログ 「日本の未来を考える」(34) 今日は、土曜ブログ「閑話休題」で、気楽なお話を書く日ですが、特別に、「日本の未来を考える」の続きを書きます。2050年の日本(4) 高齢化社会における国家財政高齢化社会の到来よる国家財政の悪化 2050年の世界を考えると、それまでの間に、世界各国で高齢化が確実に進行していくことがわかります。 この高齢化は、年金と保険医療費の増大を伴います。そして、ベビー...

    2012年9月8日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    2050年の日本(3) 「人口の配当」による国の成長と縮小(その2)

    金曜ブログ 「日本の未来を考える」(33) 金曜ブログは、書評「今週の一冊」ですが、今日は、特別に、「日本の未来を考える」の続きを書きます。2050年の日本(3) 「人口の配当」による国の成長と縮小(その2)2050年までの人口増大国と人口減少国 ところで、2050年までの人口増大国は、どこでしょうか。また、人口減少国は、どこでしょうか。 パーカーは、人口の増加の著しい国について、以下のように言っ...

    2012年9月7日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    2050年の日本(2) 「人口の配当」による国の成長と縮小(その1)

    木曜ブログ 「日本の未来を考える」(32)2050年の日本(2) 「人口の配当」による国の成長と縮小(その1)「人口の配当」による国の成長と縮小 2050年の世界を考えてみると、大きく成長している国と、縮小している国があると思われます。 ジョン・バーカー(「エコノミスト」誌、グローバリゼーション・エディター)は、著書2050年の世界、「第一章 人口の配当を受ける成長地域はここだ」の中で、以下のよう...

    2012年9月6日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    2050年の日本(1) 貴重な著書の出版

    水曜ブログ 「日本の未来を考える」(31)2050年の日本(1) 貴重な著書の出版 椎野塾で、50年後の日本の未来を見つめて、今、必要とする対策を考えている、私達にとって、待望の書が出版されました。「2050年の世界」~英「エコノミスト」誌は予測する~です。 本書を執筆・編集したのは、英「エコノミスト」社です。同社が出版している英「エコノミスト誌」は、この種の世界の大変化の予測を、これまでたびたび...

    2012年9月5日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    海外メディアが報じた大震災後のニッポン(8) まとめ

    火曜ブログ「日本の未来を考える」(30)海外メディアが報じた大震災後のニッポン(8) まとめ ここまでに、東日本大震災のあとの、日本人の行動に対する海外メディアの報道について、書いてきました。 大災害に際して、日本人のとった、冷静、沈着、お互いに思いやり、譲り合う「ガマン」強い行動は、我々、日本人が自覚していた以上に、凄いことだと、世界の人々から評価されていることが、わかりました。 これ等は、日本...

    2012年9月4日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    海外メディアが報じた大震災後のニッポン(7) 韓国

    月曜ブログ「日本の未来を考える」(29)海外メディアが報じた大震災後のニッポン(7) 韓国 地震の発生直後、日本人の冷静さに驚嘆したのは、韓国人も、ほかの国の人々と同様でした。 全国紙「中央日報」は、3月14日付の社説に,「大災害より強い日本人」と題した社説を掲載し、次のように書いています。 「日本人は、死の恐怖のなかでも揺らいでいない。退避要員のあとについて、次々と避難し、小学生でさえ教師の引率...

    2012年9月3日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    海外メディアが報じた大震災後のニッポン(6) 中国・台湾

    日曜ブログ「日本の未来を考える」(28) 今日は、日曜ブログ「閑話休題」で、気楽なお話を書く日ですが、特別に「日本の未来を考える」の続きを書きます。海外メディアが報じた大震災後のニッポン(6) 中国・台湾 欧米諸国のメディアは、西欧の価値感と基本的に違うものを持つ、東洋文化の国、ニッポンの日本人の行動を、一様に、驚きの声を上げて報道しましたが、東洋の諸国は、どう受けとめたのでしょうか。 東洋の国々...

    2012年9月2日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    海外メディアが報じた大震災後のニッポン(5) ドイツ・フランス

    土曜ブログ「日本の未来を考える」(27) 今日は、土曜ブログ「閑話休題」で、気楽なお話を書く日ですが、特別に「日本の未来を考える」の続きを書きます。海外メディアが報じた大震災後のニッポン(5) ドイツ・フランス 東日本大震災の報道において、ドイツとフランスは、他の西欧諸国とは、少々違った反応をしました。 日本人の沈着、冷静、助け合う「ガマン」の精神には、大いに驚き、絶賛して報道しましたが、ドイツも...

    2012年9月1日

    椎野 潤