関連記事

  • 日本の未来を考える

    「集まれ 地球の子ども達」(その3) バイリンガルに育てることの難しさと大切さ

    金曜ブログ 日本の未来を考える「集まれ 地球の子ども達」(その3) バイリンガルに育てることの難しさと大切さ バイリンガルの子として育てることの難しさと、その大切さを、著者は、以下のように述べています。 「コシェノとシェブラの第一言語は、日本語である。つまり母国語である。母の国の言葉とはよく言ったものだと感心していたら、必ずしも母の国の言葉が、第一言語になるとは限らないと気がついた。シュノンは一...

    2012年11月30日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    「集まれ 地球の子ども達」(その2) 複合文化家族でのカルチャー・ショック

    木曜ブログ 日本の未来を考える「集まれ 地球の子ども達」(その2) 複合文化家族でのカルチャー・ショック 異なる文化の夫と結婚し、子育てをしてみると、子どもの躾けも、根本的に違うことが分かったようです。著者は、以下のように語っています。 「いくら海外で生活しても、日本人が日本社会に戻って来ると、元の木阿弥。私自身、幼い頃に、『そんなことをすると笑われる』『みっともないからやめなさい』『そんなこと...

    2012年11月29日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    「集まれ 地球の子ども達」(その1) 複合文化家族の形成

    水曜ブログ 日本の未来を考える「集まれ 地球の子ども達」(その1) 複合文化家族の形成 これからの教育で重要なのは、子どもを、どのように国際人に育てるかということですが、実際に、グローバル・ピープルを、育てる活動を、実践している人がいます。「バイカルチュラル・チルドレンの会」を設立し、活動している高橋信子氏です。この会は、バイカルチュラル(複合文化の)の親子の集りで、その活動として、異文化、異民族...

    2012年11月28日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    古いものを掘り起こして保存する草の根運動

    木曜ブログ 日本の未来を考える 古いものを掘り起こして保存する草の根運動 最近、「日本の未来を良いものにしよう」と志している同志に、いろいろな所で会うようになりました。 日本人の古くからの生活を保存しようとしている奈良県の今井町の若林稔さんと会いました。この人は、国の重要文化財に指定されている中世の商人街の、古い建物と街並みだけでなく、その中で、営まれている生活そのもの...

    2012年11月27日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本人には「岩盤のような道徳」がある

    水様ブログ 日本の未来を考える 日本人には「岩盤のような道徳」がある 私は、今の日本の「徳育」の現状を、凄く心配してますが、これを心配しているのは、私一人ではないようです。「徳育」を、熱心に進めている人達は、あちこちにいます。 道徳教育をすすめる有識者の会、代表世話人、渡部昇一、上智大学名誉教授は、著書「13歳からの道徳教科書」(育鵬社、扶桑社刊)の中で、日本人に...

    2012年11月26日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    「心」の教育には母親の教育が最も重要

    火曜ブログ 日本の未来を考える 「心」の教育には母親の教育が最も重要  井深 大氏は、受胎から2~3歳までの時期における教育が、人間の「心」の形成において、きわめて重要であると言っておられます。そして、母親による子供の教育に、もっと力を入れるべきだと、強く訴えて来られました。 すなわち、母親こそ、人間の「心」の教育にとって、きわめて、重要な存在であり、本当の「心」の...

    2012年11月25日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    欧米の教育」と「日本の教育」は根本的に違うはず

    月曜ブログ 日本の未来を考える「欧米の教育」と「日本の教育」は根本的に違うはず 井深 大氏は、「欧米の教育」と「日本の教育」は、根本的に、違うはずだと、以下のように述べておられます。 「欧米のように、個人を基本にした、個人対社会という図式で考える国々における教育と、日本あるいは中国のように儒教の教えを基本にした集団尊重の図式で考える国では、同じ「教育」という言葉は使っていても、全く別の出発点に立つ...

    2012年11月24日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    27年前に既にあった同じ危機感

    金曜ブログ 日本の未来を考える 27年前に既にあった同じ危機感 私は、井深 大氏の「心の教育」を読んで、井深 大氏が、日本における「人つくり」に対して、27年前に、既に、今、私が持っているものと全く同じ問題意識があったことに、畏敬の念を覚えました。 そして、この27年間、さして、効果的な対策が打たれたようには思えないことを、残念に思いました。 井深氏は、2...

    2012年11月23日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    井深 大氏の日本に対する危機感

    木曜ブログ 日本の未来を考える井深 大「心の教育」 井深 大氏の日本に対する危機感 戦後の日本を牽引してきた世界企業、ソニーを育てられた井深 大氏を、私は、高徳の経営者として、尊敬してきました。この井深氏は、ソニーを見事な企業に育てるかたわら、「日本人の心の教育」の現状を心配し、その改善のために熱心な活動を進めてこられました。 実は、私は、井深氏の最晩年に、...

    2012年11月22日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    その後の徳育

    水様ブログ 日本の未来を考える その後の徳育 この江戸時代の徳育は、明治維新後も「道徳教育」として、継承されましたが、その後、次第に台頭した軍国主義の思想に汚染され、第二次世界大戦の敗戦とともに、旧来の悪弊として、日本人は、その全てを軍国主義とともに捨て去りました。 しかし、戦後もしばらくの間は、富を持つ者を、高い地位にあるものとは別に、...

    2012年11月21日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本人の美質を育ててきた古(いにしえ)の学校

    火曜ブログ 日本の未来を考える 日本人の美質を育ててきた古(いにしえ)の学校 ここまでに、国際的舞台で、活躍できる、グローバル・ピープルを、育てることについて、書いてきましたが、50年後の日本を支える日本人を育てる目標としては、それだけでは、私には、もの足りません。  このグローバル・ピープルの育成は、日本だけでなく、世界各国が、こぞって、その人材育成を、強力に推し進めるに違...

    2012年11月20日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    バイカルチャー・チルドレン

    月曜ブログ 日本の未来を考える バイカルチャー・チルドレン インター・ナショナル・スクールに入れるのとは別の方法で、グローバル・ピープルを、育てる活動をしている人もいます。「バイカルチュラル・チルドレンの会」を設立し、活動している高橋信子さんです。この会は、バイカルチュラル(複合文化の)の親子の集りで、その活動として、異文化、異民族への理解を深めることを目...

    2012年11月19日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 朝日名人会(その1) 林家正雀「音曲噺 質屋芝居」

    日曜ブログ「閑話休題」            落語 朝日名人会(その1) 昨日、朝日明人会という落語会を観に行きました。過日、林家正雀の落語会に行ったとき、正雀師匠に、直接話す機会があり、家内が「『質屋芝居』が、とても、面白かったです。また、あったら教えてください。」と、言っていました。 そのことから、加藤浩さんが、この朝日名人会に、林家正雀が出ることを教えてくれました。一番、聴きたがっていた、歌...

    2012年11月18日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    後世に遺物を遺す人達 落語文化 加藤浩(その3)

    土曜ブログ「閑話休題」       後世に遺物を遺す人達 落語文化 加藤浩(その3) 先日、上野の鈴本演芸場に、柳亭市馬の落語を聴きに(見に)行きました。これは、また、とても、面白い落語会でした。加藤浩さんは、少しづつ、次世代(後世)の落語文化社会のめざすものを、見せてくれるようです。 ますます、楽しみになりました。 この日、市馬は、二席、噺をしました。一席目は、「締め込み(盗人の仲裁)」で、二席...

    2012年11月17日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    グローバル・ピープルの育成

    金曜ブログ 日本の未来を考える グローバル・ピープルの育成グローバル・ピープル 過日、「人を育てる」ことの重要性を強調しましたが、それでは、どのような人を育てたら良いのでしょうか。それは、まず、国際社会をリードしていける、グローバル・ピープルを育てることです。 堀さんは、堀さんの近くにいる今の若い人達は、ごく自然に、グローバル・ピープルに育っており、何の抵抗も...

    2012年11月16日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    競争力のある企業を続々と輩出する社会を実現する

    木曜ブログ 日本の未来を考える 競争力のある企業を続々と輩出する社会を実現するシリコンバレーモデル 50年後の日本を考えるとき、今、最も重要なのは、競争力のある企業を続々と輩出する活性に満ちた社会を、生み出していくことだと思います。そのとき、思い出されるのが、経営学で議論されてきた「シリコンバレーモデル」です。 この「シリコンバレー」というのは、米国のカルフォルニア州北部の...

    2012年11月15日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    50年後の日本と日本人(その6)50年後、日本と日本人になって欲しい姿

    水様ブログ 「日本の未来を考える」  50年後の日本と日本人(その6)50年後、日本と日本人になって欲しい姿50年後の日本と日本人 50年後の世界を通観してみますと、伸びてくるアフリカ勢やアジア諸国に押されて、日本は、相対的には、小さくなっていくようです。しかし、私は、経済規模は、必ずしも、拡大しなくても良いと思うのですが、その頃の日本人は、せめて、今の生活レベルを維持して、目的を持ち生き甲斐を持...

    2012年11月14日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    50年後の日本と日本人(その5)50年後までの日本の戦略

    火曜ブログ 「日本の未来を考える」 50年後の日本と日本人(その5)50年後までの日本の戦略戦略の方針 ここまでに、50年後までの日本と、日本をとりまく世界の状況は、大体、わかりました。 それでは、ここで有効な対策は、何でしょうか。ここで、椎野塾の議論で定めた、検討順序の方針が、大きく影響しました。 すなわち、「日本と日本人の良いところを明確にして、これを保存して伸ばし、その上で、欠...

    2012年11月13日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    50年後の日本と日本人(その4)「エコノミスト」誌の予測する2050年の世界

    月曜ブログ 「日本の未来を考える」 50年後の日本と日本人(その4)「エコノミスト」誌の予測する2050年の世界 ここまでに、50年後の日本の姿を眺めてきました。しかし、その頃、世界はどうなっているのでしょうか。50年後の日本を良く理解するには、50年後の世界が、理解しておく必要があります。現在は、アフリカ等の新興国での人口爆発が続いていますが、人類の人口爆発は、50年後も続いているのでしょうか。...

    2012年11月12日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    後世に遺物を遺す人達 落語文化 加藤浩(その2)

    日曜ブログ 「閑話休題」 後世に遺物を遺す人達 落語文化 加藤浩(その2) 日曜ブログ「閑話休題」後世に遺物を遺す人達 落語文化 加藤浩(その2) 「席亭」とは、寄席の経営者のことを、こう呼ぶようです。加藤浩さんは、子供の頃から、これになるのが夢だったようです。小学校の文集に、将来の夢として「寄席をやる」と書いていたと言われます。 加藤少年には、大志がありました。「少年時代...

    2012年11月11日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    後世に遺物を遺す人達 落語文化 加藤浩(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」        後世に遺物を遺す人達 落語文化 加藤浩(その1) 先日、林家正雀が、圓朝作の安中草三の噺をした落語会に聴きに行って、加藤浩さんと会い、越智多藁惠さんの著作「席亭志願」という本を買いました。 この落語会は、「落語カフェ」で開かれたもので、観客は少なく、小さな落語会でした。私は、これでは多分、採算は合わないだろうなと思い、この会をプロデュースしている加藤浩という人...

    2012年11月10日

    椎野 潤

  • 書評「今週のこの一冊」

    席亭志願 ~落語を愛し支える人々~

    金曜ブログ 書評「今週の一冊」「席亭志願~落語を愛し支える人びと~」、越智多藁惠著、株式会社 彩流社、2012.10.30刊 今、落語に、嵌まっている私にとって、最高の本に出会いました。私を、落語に嵌めてくれた張本人、「落語会、プロデューサー」、加藤 浩さんのことが、書いてある本です。 私が、昨年の夏、大学の現役を引退する決意をして、妻とのコミュニケーションのため、また、私の生き方の目標としている...

    2012年11月9日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    50年後の日本と日本人(その3)日本の対応

    木曜ブログ 「日本の未来を考える」        50年後の日本と日本人(その3)日本の対応「人口の負の配当」を受ける国々の対応 同誌は、「この『人口の負の配当』を受ける国々が、どう反応するかは、見当もつかない。」としています。そして、以下のように述べています。「しかし、ここで労働年齢の成人が大きな事業リスクをとり、多くのイノベーションを生み出し、新しい家族を形成し、貯蓄率と株式保有率を高めるとい...

    2012年11月8日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    50年後の日本と日本人(その2)50年後の日本の経済力

    水曜ブログ 「日本の未来を考える」      50年後の日本と日本人(その2)50年後の日本の経済力 50年後、日本の経済力は、人口減少と高齢化の進む中で、どうなっていくのでしょうか。ニッセイ基礎研究所の熊谷潤一氏は、50年後の世界経済におけるGDPを試算し、以下のように述べておられます。 50年後のGDPは、どのように変化するだろうか。 「まず、米国について見ると、50年後も、依然として最大規模...

    2012年11月7日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    50年後の日本と日本人(その1)50年後の日本

    火曜ブログ 「日本の未来を考える」50年後の日本と日本人(その1)50年後の日本難しい未来の予測 ところで、50年後には、日本は、一体、どんな姿になっているのでしょうか。 今日から、ブログで、そのことを、書きます。 日本の社会は、既に、人口が減少し始め、世界一の高齢化社会になっていますが、今後は、さらに、高齢化は進み、人口の減少もどんどん進展して、支えねばならない被扶養人口が増えていくのに対して、...

    2012年11月6日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 林家正雀 音曲噺 「豊竹屋」

    月曜ブログ「閑話休題」 落語 林家正雀 音曲噺 「豊竹屋」 林家正雀の連続口演で、もう一席、貴重な音曲噺を聞きました。演題は、「豊竹屋(とよたけや)」です。 この噺の原話は不明瞭ですが、貞享4年(1687年)の笑話本「はなし大全」中巻ノ二「口三味線」が、原話のようです。 大坂で、天保年間(1830~44年)から、口演されてきた、歴史のある貴重な音曲噺です。 義太夫...

    2012年11月5日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 林家正雀連続口演 「安中草三(総集編)」

    日曜ブログ「閑話休題」落語 林家正雀連続口演 「安中草三(総集編)」 今日、林家正雀の「安中草三」の総集編を聞きにいきました。 この安中草三と言う噺は、三遊亭圓朝の「後開榛名の梅が香(おくれざきはるかなのうめかが)」の一部で、大変な長編ものです。「圓朝全集」の巻十の丸一冊分、57回600頁を占めています。話の発端は、寛政7年9月で、大詰めは、文政4年12月ですから、なんと前後、21年にわたる大河ド...

    2012年11月4日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    岡 潔 春宵十話(2)

    土曜ブログ 「日本の未来を考える」             岡 潔 春宵十話(2) 今、私は、高名な数学者、岡 潔さんの著「春宵十話」を読んでいます。この本が出版されたのは、2006年(平成18年)ですが、執筆されたのは、1963年(昭和38年)です。ですから、最近、出版された本とは、凄く違うように思えます。 この50年で、世の中や考え方が、大きく、変わったことが良くわかります。戦後と、今の中間点...

    2012年11月3日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    書評「今週の一冊」 「集まれ 地球の子ども達」

    金曜ブログ 書評「今週の一冊」書評「今週の一冊」「集まれ 地球の子ども達」、日本の子ども達のための国際人教育、高敏信子著、株式会社 新評論、1994.3.25、第1版第1刷発行 椎野塾での議論で、今、大事なのは「子ども達を、国際社会で活躍できるように、『国際人』として育てるには、どうすれば良いのか」を、考えることだとわかってきました。そのために、参考になる本はないかと、探していましたが、良い本に出...

    2012年11月2日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    第4号 実験住宅開始

    木曜ブログ「オープン・コスト・ハウス」 第4号 実験住宅開始 10月31日(水)、三重県、複合温泉リゾート施設「アクアイグニス」で、「オープン・コスト・ハウス」の実験住宅第1号の鈴鹿住宅を建設した、マインドハウスの谷口貞規社長に、お目にかかりました。「オープン・コスト・ハウス」の第4号実験住宅が始まったのです。 以下が、谷口貞規さんのお話です。 ...

    2012年11月1日

    椎野 潤