関連記事

  • 日本の未来を考える

    大晦日を迎えて

    月曜ブログ「日本の未来を考える」大晦日を迎えて 今日は、いよいよ、大晦日です。いつも、この日になると、過ぎし一年について、思いを馳せます。 今年は、日本の未来を心配して、4月に「椎野塾」を立ち上げ、志を同じくする人達と「日本の未来を考える」活動を進めてきました。 椎野塾では、「50年後の日本は、どんな姿になるのだろうか」について、議論しました。しかし、皆、はっきりとしたイメージは、浮かびませんでし...

    2012年12月31日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    この一年、私と「落語」

    日曜ブログ「閑話休題」この一年、私と「落語」 2012年は、まもなく終わりますが、この一年の初めの頃、私は、落語に熱心に通い始めていました。その頃の動機は、「私は笑うことが少ない」「もっと笑った方が良い」「落語を聞きに行こう」というものでした。 家内との共通の趣味として、家庭内のコミュニケーションの増進という意味もありました。 しかし、一年、落語に通った結果、私にとって「落語」の位置づけは、違った...

    2012年12月30日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    年忘れ市馬落語集

    土曜ブログ「閑話休題」年忘れ市馬落語集 12月26日、恒例の年末、「年忘れ市馬落語集」を聞きにいきました。年に一度、柳亭市場が、思いきり歌を歌って、盛り上がる一夜です。 私も、ここ数年、この歌を、年の納めに、聞きにいくのが、恒例になっています。 この日は、春風亭一之輔と立川談春が、応援に駆けつけ、歌の前に、落語が三席ありました。 立川談春の「粗忽の使者」、柳亭市馬の「二番煎じ」、春風亭一之輔の「鈴...

    2012年12月29日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本と日本人の美質と弱点(その12)日本人の美質の育成の重要度ランキング(上位10傑)

    金曜ブログ「日本の未来を考える」日本と日本人の美質と弱点(その12)日本人の美質の育成の重要度ランキング(上位10傑)「日本人の美質の育成」の重要度も、他の項目と同様に、投票して、重要度ランキングを決めました。その結果、ここで抽出された上位10項目は、以下の通りです。なお、○内の数字は、重要度のランキングです。また、[ ]の数字は、評価で獲得した評価点です。順位 評価点              ...

    2012年12月28日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本と日本人の美質と弱点(その11)日本・日本社会の美質の育成の重要度ランキング(上位10傑)

    木曜ブログ「日本の未来を考える」日本と日本人の美質と弱点(その11)日本・日本社会の美質の育成の重要度ランキング(上位10傑)ここでも、重要項目リストを椎野塾のメンバーに送付して、「日本・日本社会の美質の育成」の重要度のランキングを決める投票を実施しました。その結果は、以下の通りです。 なお、○内の数字は、重要度のランキングです。また、[ ]の数字は、評価で獲得した評価点です。順位 評価点    ...

    2012年12月27日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本と日本人の美質と弱点(その10)日本人の欠点(弱点)の是正の重要度ランキング(上位10傑)

    水曜ブログ「日本の未来を考える」日本と日本人の美質と弱点(その10)日本人の欠点(弱点)の是正の重要度ランキング(上位10傑) 作成した重要項目リストを椎野塾のメンバーに送付して、「日本人の欠点」について、重要度のランキングを決める投票を実施しました。その結果は、以下の通りです。 なお、○内の数字は、重要度のランキングです。また、[ ]の数字は、評価で獲得した評価点です。順位 評価点       ...

    2012年12月26日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本と日本人の美質と弱点(その9)日本・日本社会の欠点(弱点)の是正の重要度ランキング(上位10傑)

    火曜ブログ「日本の未来を考える」日本と日本人の美質と弱点(その9)日本・日本社会の欠点(弱点)の是正の重要度ランキング(上位10傑)このようにして作成したリストを、椎野塾のメンバーに配布し、日本・日本社会ならびに日本人の欠点と美質について、重点的に改善しなければならない項目を選出し、重要度1位から10位のランク付けを行ないました。これを結果が以下です。これで、早急に対策をとらねばならない、問題点の...

    2012年12月25日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本と日本人の美質と弱点(その8)日本人の美質の育成の重要項目の抽出

    月曜ブログ「日本の未来を考える」日本と日本人の美質と弱点(その8)日本人の美質の育成の重要項目の抽出日本人の美質については、既に多くのデーターがありますので、これに、椎野塾のメンバーが、重要と思われるものを選出し、あらたに気がついた項目を補足して、総合的な重要項目リストを作成しました。これを以下に示します。(1)まじめ(SA)(2)食事・食文化(一日に、別々のものを食べるのは、日本人だけである)(...

    2012年12月24日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 第16回 大手町落語会

    日曜ブログ「閑話休題」落語 第16回 大手町落語会 昨日、第16回 大手町落語会に行ってきました。出演者は、昔昔亭桃太郎、柳家権太楼、瀧川鯉昇、柳家さん喬でした。演目は、春雨宿(桃太郎)、二番煎じ(権太楼)、千早振る(鯉昇)、幾代餅(さん喬)でした。 落語協会2名、落語芸術協会2名の、比較的珍しい組み合わせでした。落語芸術協会の2人が、もっぱら、ギャグを入れて、客席の笑いをとる役割で、落語協会組の...

    2012年12月23日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 柳亭市弥 二つ目昇進祝いの会

    土曜ブログ「閑話休題」落語 柳亭市弥 二つ目昇進祝いの会 先日、柳亭市馬の弟子、柳亭市也改め 柳亭市弥が、二つ目に昇進し、それを祝う会(いちやぼし)が開催され、私も聞きにいきました。 場所は、内幸町ホールでした。柳亭市弥は「転宅」と「竹の水仙」の二席、落語を話しました。また、師匠の柳亭市馬が、「山号寺号」の一席を話し、三波春夫の「俵星玄番」を、通しで歌って応援しました。さらに、春風亭市之輔も、応援...

    2012年12月22日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本と日本人の美質と弱点(その7)日本・日本社会の美質育成の重要項目の抽出

    金曜ブログ「日本の未来を考える」日本と日本人の美質と弱点(その7)日本・日本社会の美質育成の重要項目の抽出 日本・日本社会の美質については、既に多くのデーターがありますで、これに、椎野塾のメンバーが、重要と思われるものを選出し、あらたに気がついた項目を補足して、総合的な重要項目リストを作成しました。これを以下に示します。(1)安全な社会(夜、9時以降、女性が一人で歩ける。小学生低学年が、一人で電...

    2012年12月21日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本と日本人の美質と弱点(その6)日本人の欠点(弱点)の重要項目の抽出

    木曜ブログ「日本の未来を考える」日本と日本人の美質と弱点(その6)日本人の欠点(弱点)の重要項目の抽出 日本人の美質については、大分、情報があつまりましたが、欠点のデータは、ありませんでした。そこで、椎野塾のメンバーに、平素から気になっている項目を抽出してもらい、一覧表を作成しました。これを以下に示します。(1)リスクを取って決められない(SA)(2)アピールしない。(謙遜なのだが、相手からは、上...

    2012年12月20日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本と日本人の美質と弱点(その5)日本・日本社会の欠点(弱点)の重要項目の抽出

    水曜ブログ「日本の未来を考える」日本と日本人の美質と弱点(その5)日本・日本社会の欠点(弱点)の重要項目の抽出 これまでに、日本人の美質については、大分、情報が集り、整理もつきました。次に、日本・日本社会の美質と欠点を、明らかにしていきます。これらは、椎野塾のメンバーと討論して、抽出しました。 日本・日本社会の欠点は、最近、目についており、気になることも多いのです。ここでは、椎野塾のメンバーに、平...

    2012年12月19日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本と日本人の美質と弱点(その4) 外国人が賞讃する日本・日本社会の凄いところ

    火曜ブログ「日本の未来を考える」日本と日本人の美質と弱点(その4) 外国人が賞讃する日本・日本社会の凄いところ 次に、外国人が賞讃してきた、日本および日本社会の、凄いところについての言葉を、集めました。なお、(  )内のⅣ.Ⅴ.Ⅵ.はデータ区分(群)です。Ⅳ.;各国メディア、Ⅴ.:日本企業女性経営者、Ⅵ.:COOL JAPANです。また、○内の数字は、類似語の種類数です。 整理結果は、以下の通りで...

    2012年12月18日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本と日本人の美質と弱点(その3)外国人が称賛する日本人の美質(類似語の集約)

    月曜ブログ「日本の未来を考える」日本と日本人の美質と弱点(その3)外国人が称賛する日本人の美質(類似語の集約) 外国人の称賛する、日本人の美質の言葉を、集めましたが、ここには重複した語が多くありました。また、良く類似した事を異なる言葉で示したものもありました。そこで、れらを、できるだけ整理しました。以下に、その結果を示します。 なお、( )内のⅠ.~Ⅴ.は、時代およびデータ区分(群)です。Ⅰ:太古...

    2012年12月17日

    椎野 潤

  • オープン・コスト・ハウス

    「オープン・コスト・ハウス」第4号 実験開始

    「オープン・コスト・ハウス」第4号 実験開始 10月31日(水)、三重県、複合温泉リゾート施設「アクアイグニス」で、「オープン・コスト・ハウス」の実験住宅第1号の鈴鹿住宅を建設した、マインドハウスの谷口貞規社長に、お目にかかりました。ここで、嬉しいニュースをききました。「オープン・コスト・ハウス」の第4号実験が始まったのです。 以下が、谷口貞規さんのお話です。 設計コンペを実施しました。コンペを実...

    2012年12月16日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    三重県複合温泉リゾート施設『アクアイグニス』訪問記

    三重県複合温泉リゾート施設『アクアイグニス』訪問記「建サク」を主宰する立花哲也さんが、経営する片岡温泉が、複合温泉リゾート施設に、生まれ変わりました。 片岡温泉は、湧出する温泉の温度が42℃で、加熱をする必要もなく、水を入れて薄めて温度を下げる必要もない、理想的な温度の温泉で、湧出する湯をかけ流しにする湯として、温泉好きな人達に愛されてきた湯宿でした。 このたび、この温泉が、高速道路の工事とぶつか...

    2012年12月15日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本と日本人の美質と弱点(その2)外国人が賞讃する日本人の美質の言葉、

    金曜ブログ「日本の未来を考える」日本と日本人の美質と弱点(その2)外国人が賞讃する日本人の美質の言葉、 これまでに、外国人が賞讃してきた「日本人の美質」について、(1)ニッポンのここ.スゴイ!~外国人が見たクールジャパン~、(2)世界が感嘆する日本人、~海外メディアが報じた大震災後のニッポン~、(3)「日本人は、なぜ、世界から尊敬され続けるのか」、(4)日本人が、世界に誇れる33のことの4冊の本を...

    2012年12月14日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本と日本人の美質と弱点(その1)椎野塾の活動「日本・日本人の良いところ」

    木曜ブログ「日本の未来を考える」日本と日本人の美質と弱点(その1)椎野塾の活動「日本・日本人の良いところ」 椎野塾では、日本および日本人の良いところを探しました。その時に、メンバーの坂本和之さんが作ってくれた資料を示します。 坂本さんは、コンピューターネットワークのインフラ構築の最新技術を、最先端の技術を持つメーカーやソフトベンダーの技術者に教育している、グローバル企業、ファーストレーン(株)の社...

    2012年12月13日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    井形慶子「日本人の背中」(その5)外国に住む日本人が感じること

    水曜ブログ「日本の未来を考える」  井形慶子「日本人の背中」(その5)外国に住む日本人が感じること在外日本人が見た 祖国日本 それでは、外国に住んでいる日本人は、祖国日本の現状を、どう感じているのでしょうか。井形氏は、以下のように書いています。 「なかには、定期的に日本に里帰りする人もいるので、会って話すと、日本は、このままでは沈没してしまう。今の日本や、日本人が情けないとする声が圧倒...

    2012年12月12日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    井形慶子「日本人の背中」(その4)外国人コンプレックスから脱出するには

    火曜ブログ「日本の未来を考える」  井形慶子「日本人の背中」(その4)外国人コンプレックスから脱出するにはロンドンにおける日本人留学生 著者、井形慶子氏は、日本人の留学生の姿について、興味深い体験談を、以下のように語っています。 「私が、ロンドンで、現地の日本人留学生と待ち合わせをすると、必ず何人かの留学生も一緒にやってきます。そこで、みんなで、食事をしたり、パブに出かけるのですが、『イギリ...

    2012年12月11日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    井形慶子「日本人の背中」(その3)日本と日本社会の弱点

    月曜ブログ「日本の未来を考える」  井形慶子「日本人の背中」(その3)日本と日本社会の弱点 このように、日本人の生活や心のありようについて、欧米人は、称賛し、羨むのですが、その良いところは、裏を返すと弱点になっています。次は、その点に、触れておきましょう。日本と日本人の弱み 本書の中で、著者が言っているように、日本の企業では、人々は、朝早くから夜遅くまで働いていますが、会議が多く、...

    2012年12月10日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 五街道雲助蔵出し落語会(2)「木乃伊取り」

    日曜ブログ「閑話休題」 落語 五街道雲助蔵出し落語会(2)「木乃伊取り」  五街道雲助の師走落語会の2席目は、「木乃伊取り(ミイラとり)」でした。 この「木乃伊」で、ミイラと読むのには、まず、驚きました。この日本語の「みいら」は、16~17世紀にポルトガル人から取り入れた言葉の一つで、ポルトガル語「mirra」が、そのもとであるようです。ただし、この「mirra」は、元来...

    2012年12月9日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 五街道雲助蔵出し落語会(1)「付き馬」

    土曜ブログ「閑話休題」 落語 五街道雲助蔵出し落語会(1)「付き馬」 先日、五街道雲助の師走落語会に行きました。場所は、浅草見番、浅草寺の真裏にある、小さな畳み敷きの部屋です。ここに、本当の雲助ファンが、集まっていました。 雲助は、この蔵出し落語会を、もう、随分長くやってきているようです。雲助は、持ちネタの多い噺家として、定評がありますが、それでも、いよいよ、蔵の中は、...

    2012年12月8日

    椎野 潤

  • 書評「今週のこの一冊」

    書評「今週の一冊」「武士道」

    金曜ブログ 書評「今週の一冊」書評「今週の一冊」「武士道」、新渡戸稲造著 矢内原忠雄訳、株式会社 岩波書店、2012.4.5 第98刷発行 本書「武士道」は、新渡戸稲造が、1899年(明治32年)、38歳の時、執筆したものです。博士が、病気療養のため、アメリカ滞在中に、執筆した英文著作です。 博士は、この「武士道」を通じて、日本人の「心」と「生きる規範」を、世界の人達に知らしめました。 当書は、当...

    2012年12月7日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    井形慶子「日本人の背中」(その2)日本人の心の淵源「神道」

    木曜ブログ「日本の未来を考える」  井形慶子「日本人の背中」(その2)日本人の心の淵源「神道」「神道」の神が宿る土地 日本人の心の淵源には、「神道」の神が宿っています。本書の著者、井形慶子氏は、今も存在する「神道」の聖地を訪ねた体験をしているようです。 彼女は、朝鮮半島に最も近い国境の島、長崎県の対馬島の「豆酸(つつ)」という寒村に、行きました。そこは、まさに、「神道」の信仰が濃厚...

    2012年12月6日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    井形慶子「日本人の背中」(その1)欧米人が絶賛する日本人の生活 社会

    水曜ブログ「日本の未来を考える」   井形慶子「日本人の背中」(その1)欧米人が絶賛する日本人の生活 社会 井形慶子さんは、英国の生活をテーマにした月間情報誌「ミスター・パートナー」の編集長として、100回を越える渡英の後に、ロンドンにも住まいを持った、若き女性実業家です。ここでは、井形慶子さんが、外国人がみた日本人について書いた書「日本人の背中」~欧米人は、どこに惹かれ、何に驚くのか~を、数回に...

    2012年12月5日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    「集まれ 地球の子ども達」(その5) 多国籍の子ども達のコミュニケーション

    火曜ブログ 日本の未来を考える「集まれ 地球の子ども達」(その5) 多国籍の子ども達のコミュニケーション 著者は、カナダ人が主宰した異文化コミュニケーション講座の授業で見た、サウジアラビヤを訪問したアメリカ人が、コミュニケーションに失敗した事例のビデオに驚き、以下のように述べています。 「私たち日本人が、漠然とイメージしていた外国人は、なんと強烈に、アメリカ人的な価値観を持った人間をイメージしてい...

    2012年12月4日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    「集まれ 地球の子ども達」(その4) バイカルチュラル・チルドレンの会の誕生

    月曜ブログ 日本の未来を考える「集まれ 地球の子ども達」(その4) バイカルチュラル・チルドレンの会の誕生 本著の著者、高橋信子氏は、複合文化を持つ子どもを育て、日本という単一文化で、異文化に対する排他性のある社会において、この日本社会を、世界に開けた心の広いものに脱皮させていくには、なにか、具体的な活動をしなければ、だめだと思ったようです。それには、同じ境遇の人が集り、手を結ぶことだと考えまし...

    2012年12月3日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 朝日名人会(その3) 「柳家権太楼 死神」

    日曜ブログ「閑話休題」落語 朝日名人会(その3) 「柳家権太楼 死神」 朝日名人会では、もう一つ、注目する噺がありました。 それは「死神」です。 柳家権太楼は、「爆笑王」と言われていますが、この「死神」は、笑うところは、ほとんど、ありません。でも、権太楼は、いつもの笑顔と、面白い仕種で観る人の心をなごませ、しんみりと「死神」を話します。この噺は、とても、味わいがありました。 権太楼の「死神」は、正...

    2012年12月2日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 朝日名人会(その2) 隅田川馬石 「締め込み」

    土曜ブログ「閑話休題」落語 朝日名人会(その2) 隅田川馬石 「締め込み」 先日聴きに行った、朝日名人会では、林家正雀の音曲噺「質屋芝居」の他に、私にとっては、注目する噺が、二話ありました。 その第一は、隅田川馬石の「締め込み」です。 「締め込み」は、たまたま、数日前、柳亭市馬から、この噺を聞いていました。対照的な芸風の二人から、同じ噺を聴きましたから、大変、興味ある鑑賞ができました。 隅田川馬石...

    2012年12月1日

    椎野 潤