関連記事

  • 日本の未来を考える

    縦割り行政の弊害をどうすれば克服できるか

    木曜ブログ「日本の未来を考える」縦割り行政の弊害をどうすれば克服できるか 日本の縦割り行政の弊害は、常に指摘されていますが、科学技術政策についても、同様のことが言えるようです。 日本経済新聞は、1月21日の社説に、以下のように書いています。 「安倍政権が日本経済再生本部などを設けて政策づくりの態勢を整えるなか、置き去りになっている課題がある。科学技術政策の司令塔である総合技術会議(議長・安倍晋三首...

    2013年1月31日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    外国人観光客の倍増

    水曜ブログ「日本の未来を考える」外国人観光客の倍増 日本の未来を考えるとき、観光産業は,きわめて重要です。「未来のなりたい姿」を描き出し、それに向って、着々と準備し、実績を積み重ねていく必要があります。 東日本大震災の影響で、大きく減少していた、日本を訪れる海外からの旅行者が、大分、回復したようです。 日本経済新聞の1月27日の社説は、以下のように書いています。 「海外から日本を訪れる旅行者の数が...

    2013年1月30日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    先人に学ぶ大局観と周到さ 山田方谷

    火曜ブログ「日本の未来を考える」先人に学ぶ大局観と周到さ 山田方谷 安倍内閣が発足して、日本は、少し元気になったようです。長い間苦しんできた円高は、円安になり、株価も上昇しています。しかし、この目先のことで、喜んでいては、駄目なのです。 日本の置かれている環境と立場は、今までと、いささかも変わりません。そう考えてみると、日本の今置かれている現状を、あらためて、直視しておく必要があります。 今日は、...

    2013年1月29日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    元気が出てきた日本 頑張れ日本

    月曜ブログ「日本の未来を考える」元気が出てきた日本 頑張れ日本 安倍内閣が発足して、日本は大分元気が出たようです。喜ばしいことです。私は、この1年半、日本の危機感の欠如と元気のなさに、強い危機感を持ち、ブログに書いてきました。しかし、ようやく、元気がでてきました。「待ってました」と言う感じです。 しかし、これで、また、戦後の高度成長時代がもどってくると思ったら、大間違いです。時代は変わっているので...

    2013年1月28日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    元気をもらって帰れる「落語会」に

    日曜ブログ 「閑話休題」50年後に良い落語文化社会を遺す(1)元気をもらって帰れる「落語会」に 50年後の日本は、人口が減っていると予測されています。今、1億2000万人いる人口が、2060年には、8600万人に減ると、厚生労働省、国立社会保障、人口問題研究所は、予測しています。 また、英国のエコノミスト誌は、2010年に、世界経済の5.8%を占めていた、日本のGDP(経済の豊かさを示す指標)は、...

    2013年1月27日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    古今亭志ん陽 上野鈴本の主任

    土曜ブログ「閑話休題」古今亭志ん陽 上野鈴本の主任 上野鈴本演芸場の2013年1月下席の夜の部で、古今亭志ん陽が、主任(トリ)を勤めました。私は、さっそく、見に行きました。あの朝太が、伝統ある鈴本の高座で主任(トリ)になったのです。その晴れ姿を見てやらねばと、出かけました。 鈴本演芸場の一月下席、夜の部のプログラムを見て、まず、驚きました。いつも、私がみている柳家系の人が、一人もいないのです。 ま...

    2013年1月26日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    柳亭市馬とその落語会

    芸を磨き古典を伝承する噺家たち(3)3 柳亭市馬とその落語会 私は、趣味として、落語を聞きに行き、内村鑑三の「勇ましく高尚なる生涯」を後世に遺す噺家を探しました。それは、「高い志」を持ち、日々それを目指して精進し、進化し続ける生涯を送る人です。噺家の人として日々進化し、それにつれて芸も、日々進化していく人です。 私は、このような視点で落語家を見たとき、柳亭市馬師匠に共感しました。市馬師匠の芸は、常...

    2013年1月25日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語協会 上野鈴本演芸場 初席

    芸を磨き古典を伝承する噺家たち(2)2.4 落語協会 上野鈴本演芸場 初席 正月の寄席は、1月1日から10日の10日間は、初席と呼んで、華やかで楽しい空気につつまれます。ここには、当代の代表的な噺家が総出演し、今、活躍している師匠たちが、何を目指し、どんな努力をしているかを、一望するのにも、最適の場です。 ここ数年、上野鈴本演芸場に初席を観にいってんます。柳家小三治のひきいる落語協会の初席の様子を...

    2013年1月24日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    芸を磨き古典を伝承する噺家たち

    今日から、何日かは、「人間形成」と噺家について、書きます。芸を磨き古典を伝承する噺家たち(1)1 高度の芸域を目指して精進する噺家たち 圓朝ものや音曲噺など、現在、消えかかっている古典芸能としての落語を、再発掘して、これを後世に遺すことは、とても、重要ですが、今、広く古典落語と言われている多くのポピュラーな古典を、さらに磨いて立派なものにして後世に遺す活動も、大変に重要です。そして、本当に深い意味...

    2013年1月23日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    言文一致運動

    火曜ブログ「閑話休題」三遊亭圓朝の明治(4)1)言文一致運動 圓朝は自分の話した噺を、このころ始められていた日本語速記術によって速記し、これを公開することを許可しました。この決断は、後世に多くの遺物を残すことになった点において、多大な功績を残しました。今日、これによって、多くの圓朝作品を文字で読むことができるのです。 これは、当時、新聞に連載されるなどして、人気を博しました。これが二葉亭四迷らの文...

    2013年1月22日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語芸人の社会的地位の向上

    三遊亭圓朝の明治(3)1)落語芸人の社会的地位の向上 圓朝は、明治10年(1877年)の39歳から、50歳の明治21年(1888年)までの11年間、山岡鉄舟に師事し、禅の修行をしました。また、この鉄舟の紹介で、井上馨、山縣有朋、澁澤榮一といった、政財界の大立者とも知遇を得ました。そして、落語芸人の社会的な地位を高めました。 三遊亭圓朝の没後、その名跡を誰が継ぐかが問題になりました。有力候補は、三遊...

    2013年1月21日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    明治維新の観察者

    日曜ブログ「閑話休題」三遊亭圓朝の明治(2)明治維新の観察者 明治維新の観察者として、青壮年期を過ごした三遊亭圓朝に、自分がこの変革の時代の渦中にいることを、自覚させたのは、上野の戦争でした。 1868年(慶応4年)5月14日、圓朝は、日本橋瀬戸物町の寄席伊勢本に出演中でした。その日は、楽屋入りが遅くなるのを気にしながら、家を出たのですが、浅草見附の大木戸が閉じられていて通行ができませんでした。圓...

    2013年1月20日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    三遊亭圓朝の明治

    土曜ブログ「閑話休題」三遊亭圓朝の明治(1) この三遊亭圓朝については、多くの書籍が出版されています。その内、わかりやすく面白い一冊に、「三遊亭圓朝の明治」という本があります。ここでは、この本を読みながら、「三遊亭圓朝と明治」について、書いて行きましょう。1)激動の時代に生きた圓朝 三遊亭圓朝は、明治維新という、日本の大変革期を生きた人でした。明治維新というのを、嘉永6年~安政5年(1853年~1...

    2013年1月19日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語の神様 三遊亭圓朝

    金曜ブログ 「閑話及第」落語の神様 三遊亭圓朝 三遊亭圓朝は、江戸から明治への転換期にあって、伝統的な話芸に、新たな可能性を開いた、偉大な落語家です。私は、この人は近代落語の祖だと感じています。 圓朝は、二代目三遊亭圓生門下の音曲師橘屋圓太郎の子とし江戸湯島で生まれました。7歳の時、子圓太と名乗って、早くも高座にあがりました。 後に、父の師、圓生に入門しましたが、母と義兄の反対に会って、一旦は...

    2013年1月18日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    「後世への最大遺物を遺す」落語家たち(2)桂 歌丸

    木曜ブログ 「閑話休題」「後世への最大遺物を遺す」落語家たち(2)桂 歌丸 後世への最大遺物を遺そうと努力している落語家は、他にも多数います。 まず、注目したのは、桂 歌丸です。歌丸は、落語芸術協会の会長です。現在の東京の落語の世界は、「落語協会」と「落語芸術協会」の二大勢力があり、それと、落語協会から脱退して、独自のグループを形成している立川談志の「立川流」と三遊亭円楽の「円楽党」があります。 ...

    2013年1月17日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    「後世への最大遺物を遺す」落語家たち(1)立川談志

    「後世への最大遺物を遺す」落語家たち(1)立川談志  私は落語家の中に、凄い人達を発見しました。今の日本では、サラリーマン等は、定年退職の後、しっかりした目標をもって生きる人は、少ないように感じます。 会社にいる間、一生懸命、会社のために働きますが、定年退職したあとは、糸の切れた凧のように、空をさまよう存在になっています。 自分の生きる生涯の目的を定めて「志を立て」立志の生涯を送れる人は、稀なので...

    2013年1月16日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本の農業を考える(その2)

    火曜ブログ「日本の未来を考える」日本の農業を考える(その2) 長野県農業試験場の松田順次氏や、民間電気技師、関口正夫氏の努力によって、農業の省力化が一気に進み、農家は「腰を曲げた重労働」から開放されたのですが、これによって日本農業の近代化と、競争力強化は、進展しませんでした。 すなわち、この農業の生産性向上は、米の価格のコストダウンには、つながらず、小規模コメ農家が、借金で、高価な機械を買ったこと...

    2013年1月15日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本の農業を考える(その1)

    月曜ブログ「日本の未来を考える」日本の農業を考える(その1) 今、わが国では、TPPの議論に参加するかどうかで、国論が二分している感がありますが、日本は、今、農業を、どのような姿にしたいと考えているのでしょうか。私には、日本の農政の未来図が全く見えないのです。 50年後の日本の農政は、どんな姿になって欲しいのでしょうか。それが、どこまで実現できるかどうかは別にしても、こうなれば、一番良いという未来...

    2013年1月14日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    日本演芸若手研精会(2)

    日曜ブログ「閑話休題」日本演芸若手研精会(2) 今日のブログは、日本演芸若手研精会の口演について、昨日のブログの続きを書きます。月島での研精会ですが、ここで、いよいよ、真打の登場です。 真打として、最初に登場したのは、春風亭一之輔です。一之輔が、大抜擢で真打になったのは、昨年の3月ですから、真打になって、まだ、10カ月です。しかし、もう、古くからの真打という風貌です。 上野、新宿、浅草、池袋、国立...

    2013年1月13日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    日本演芸若手研精会(1)

    土曜ブログ「閑話休題」日本演芸若手研精会(1) 若手の二つ目を育てる「日本演芸若手研精会」の口演を聞きにいきました。この会は、民間の篤志家、稲葉守治氏(故人)が、長年、私費を投じて育ててきたもので、稲葉氏のあとを加藤 浩氏が継いでいます。 これは昭和54年(1979年)に、国立演芸場が出来たのを期に始めたもので、開設から、既に、34年になります。 今日の落語ブームは、このような人達の陰の努力に支え...

    2013年1月12日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    2013展望(下)

    金曜ブログ「日本の未来を考える」2013展望(下) 日本経済新聞の2013展望(下)では、MITのリチャード・サミュエルズ教授が「経済再生民意に応えよ」と題して、以下のように述べられています。新時代への移行期 リチャード・サミュエルズ教授は、2013年の日本について、以下のように述べておられます。 「多くの国民が期待する政治の実現にむけた、過渡期が続くことになるだろう。小選挙区制を導入して以来の政...

    2013年1月11日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    2013展望(中)

    木曜ブログ「日本の未来を考える」2013展望(中) 日本経済新聞の2013展望(中)では、ソフトバンク社長の孫 正義氏が「『引きこもり』こそリスク」と題して、以下のように述べられています。日米はわが国 孫氏は、「なぜ、世界規模を追求する必要があるのだすか」という質問に答えて、以下のように述べておられます。 「日本は50年に、人口が9千万人程度まで減少するが、米国は、まだまだ増えると予測されている。...

    2013年1月10日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    2013展望(上)

    水曜ブログ「日本の未来を考える」2013展望(上) 日本経済新聞に、2013展望というコラム記事(上、中、下)が、掲載されました。各界の方々の貴重な提言が、ここに書かれています。これを引用させていただいて、プログを書きます。思い込みから抜け出せ まず、2013展望(上)で、工学院大学教授、畑村洋太郎氏は「『思い込み』からぬけだせ」と題して、以下のように述べられています。狭い国民の視野 「国民の反応...

    2013年1月9日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    産業の新たな担い手(その2)

    火曜ブログ「日本の未来を考える」産業の新たな担い手(その2)ベンチャー企業の育つ風土の構築 日本経済新聞の社説は、さらに、次のように書いています。(以下、引用させていただきます。) 「もう一つの成長の担い手は、ゼロから業を起こすベンチャー企業だ。長らく日本は『ベンチャー不毛の地』といわれたが、その常識は徐々に変わり始めた。 昨年は、求人サイトのリブセンスが、東証1部に上場し、村上太一社長(26)は...

    2013年1月8日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    産業の新たな担い手(その1)

    月曜ブログ「日本の未来を考える」産業の新たな担い手(その1) 今日は1月7日(月)、私の今年、初出勤日です。今日から、2013年の仕事が始まります。 椎野塾では、2012年には、「50年後の日本を考える」として、日本の未来を検討してきましたが、とりあえず、現状を見てみますと、戦後の高度成長時代は、完全に終了し、もう大分前から、新しい時代に入っていることと、その新しい時代の進むべき方向が、今だに明ら...

    2013年1月7日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 正月初席

    日曜ブログ「閑話休題」落語 正月初席 2013年 落語の初席が始まりました。華やかな寄席が始まっています。 東京には、有力寄席として、上野鈴本演芸場、新宿末廣亭、池袋演芸場、浅草演芸ホールの4カ所があります。 各寄席は、1カ月を上席(1日~10日)、二の席(11日~20日)、下席(21日~30日)と区切り、31日がある月は、この日を、余一会と呼んで、それぞれ工夫した演目が企画されます。そして、一月...

    2013年1月6日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    東京の寄席

    土曜ブログ「閑話休題」東京の寄席 2013年 落語の初席が始まりました。華やかな寄席が始まっています。今日のブログでは、東京の寄席について、まず、書いておきましょう。 東京の有力寄席は、上野鈴本演芸場、新宿末廣亭、池袋演芸場、浅草演芸ホールの4カ所です。1)上野鈴本演芸場 この内、最も古い歴史を持っているのは、上野鈴本演芸場です。上野鈴本演芸場の前身は、軍団席本牧亭です。軍談席本目亭は、江戸期・安...

    2013年1月5日

    椎野 潤

  • 書評「今週のこの一冊」

    書評「今週の一冊」「立ち上がれ日本人」、

    金曜ブログ 書評「今週の一冊」書評「今週の一冊」「立ち上がれ日本人」、マハティール・モハド著 加藤暁子訳、株式会社 新潮社、2003.12.15 発行 本書「立ち上がれ日本人」は、1981年から2003年まで、マレーシアの首相を勤め、「ルック・イ-スト政策」で、日本を見習えと言って国を指導してきた、親日家のマハティール・モハド氏が、日本人に、叱咤激励して、書き綴ってくれた書です。 本書は、出版され...

    2013年1月4日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    見たくない初夢

    木曜ブログ「日本の未来を考える」見たくない初夢 2013年1月3日、今朝の日本経済新聞に、「見たい初夢、見たくない初夢」という記事がのっていました。そして、「見たくない初夢」について、以下のように書いていました。 以下、要約して、書かせていただきます。 「環太平洋経済連携協定(TPP)の枠組みを巡る協議から日本が不参加を決めて、ほぼ10年がすぎた。(すなわち、これは、10年後の日本についての『夢』...

    2013年1月3日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    50年後 日本はどうなりたいのか

    水曜ブログ「日本の未来を考える」50年後 日本はどうなりたいのか 昨日のブログで、私が、今、思い描いている、50年後の日本について、書きましたが、これは、実は、私が、そうなって欲しい50年後の社会ではないのです。 「50年後の日本はどうなっていると思いますか」と問われると、平素の癖で、自分の考えている予測を、話してしまうのです。難しいとは思うけれども、できれば、こうなって欲しいという、希望は盛り込...

    2013年1月2日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    新年 あけまして 御目出度うございます

    火曜ブログ「日本の未来を考える」新年 あけまして 御目出度うございます 新年 明けまして 御目出度うございます。2013年の元旦を迎えました。 私達の「日本の未来を考える」椎野塾は、2013年、いよいよ、「未来を創造する旅」にでます。 2012年、椎野塾では、「50年後の日本を、より良い社会にするには」ということを、考えてきました。そこでは、「50年後の日本は、どんな姿になるだろうか」と予測しよう...

    2013年1月1日

    椎野 潤