関連記事

  • 日本の未来を考える

    起業家が次々と興る社会へ

    木曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年2月28日起業家が次々と興る社会へ 私は、「日本の社会を、シリコンバレーのように、起業家が、次々と興る社会にしたい」と、プログに書いてきましたが、このことについて、日本経済新聞の2013年2月20日(朝刊)の社説では、以下のように述べています。 「脱デフレを掲げる安倍政権の登場で、日本経済は活気を取り戻しつつある。この勢いを一時的なものに終わらせず、息の...

    2013年2月28日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    首相 農業強化策を指示

    水曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年2月27日首相 農業強化策を指示 このところ、安倍晋三首相の動きは敏捷です。首相を支える人達の連携も良く、首相の指示に、ただちに対応できているようです。これが、本当に、活性のある政府の姿です。 2013年2月26日の日本経済新聞(朝刊)は、以下のように報道しています。 「安倍晋三首相は、26日午前、首相官邸で開いた日本経済再生本部で、環太平洋経済連携協定...

    2013年2月27日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本の成長戦略の未来図を描く

    火曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年2月26日日米首脳会談(その3)日本の成長戦略の未来図を描く 政府は環太平洋経済連携協定(TPP)の問題において、国民に正しい理解を得て、正しい判断をしてもらう上で、重要なのは、TPPで、日本の利益になるものは何かを、明確に示すここと、不利益を被る人達に対する救済と転身の具体的な内容を明示して、納得してもらうことでしょう。 言うなれば、未来図が必要です。...

    2013年2月26日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日米首脳会談(その2)

    月曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年2月25日日米首脳会談(その2)TPPの金看板に傷 米国のオバマ大統領が、日本に配慮して、妥協してくれたお蔭で、安倍晋三首相は、チャンスをもらいましたが、この妥協を、残念に思っている人も、米国内はもとより、世界各国にいるでしょう。そのことに、気がつかねばなりません。 オバマ大統領は、実際の協定の妥結の際には、妥協はかならず起ると考えていたでしょう。でも、...

    2013年2月25日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日米首脳会談(その1)

    日曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年2月24日日米首脳会談(その1) 今日は、「閑話休題」で、落語などの気楽な話を書く日です。いつもは、落語のブログなどを良く書きます。楽しみにされていた落語ファンの方には、申しわけありません。今日も、お休みします。来週の土、日は、落語のブログを書く予定です。TPP交渉参加 6月にも 今朝、日本経済新聞の朝刊を読んで、私の心は明るくなりました。長い間、続いて...

    2013年2月24日

    椎野 潤

  • 建設業の明日を拓く選書

    新たな選書の出版[その後(3)]

    土曜ブログ「建設業の明日を拓く選書」 2013年2月23日新たな選書の出版[その後(3)]  今週は、「建設業の明日を拓く選書」の出版原稿の加筆修正に追われています。それで、いつものブログは、一週間お休みしています。 今日は、「閑話休題」で、落語などの気楽な話を書く日です。いつもは、落語のブログなどを良く書きます。楽しみにされていた落語ファンの方には、申しわけありません。今週は、お休みします。来週...

    2013年2月23日

    椎野 潤

  • 建設業の明日を拓く選書

    新たな選書の出版[その後(2)]

    金曜ブログ「建設業の明日を拓く選書」 2013年2月22日新たな選書の出版[その後(2)] 今週は、「建設業の明日を拓く選書」の出版原稿の加筆修正に追われています。それで、いつものブログは、一週間お休みしています。今日は、「美しい家の立ち並ぶ美しい日本を、後世に残す」のブログを書く予定の日ですが、これもお休みします。次回は、来週、金曜日、3月1日です。 「建設業の明日を拓く選書」の加筆・修正は、8...

    2013年2月22日

    椎野 潤

  • 建設業の明日を拓く選書

    新たな選書の出版[その後(1)]

    水曜ブログ「建設業の明日を拓く選書」 2013年2月21日新たな選書の出版[その後(1)] 今週は、「建設業の明日を拓く選書」の出版原稿の加筆修正に追われています。それで、いつものブログは、一週間お休みしています。 建設業の明日を拓く選書「山と森と住まい」全12巻中、2月18日~21日の4日間で、加筆・修正が7巻(第5~11巻)終了しました。 終了した選書は、以下の通りです。(1)第5巻、林業と住...

    2013年2月21日

    椎野 潤

  • 建設業の明日を拓く選書

    新たな選書の出版

    水曜ブログ「建設業の明日を拓く選書」 2013年2月20日新たな選書の出版 私が、この10年間に、書いてきた著書を、再整理して、「選書」として、再出版することになりました。 ある程度、厚い本として出版していた本を、テーマ別に再分割して、読者が読みやすい本にして、アマゾンでオンデマンド出版します。 とりあえず、「建設業の明日を拓く、シリーズ」を、「建設業の明日を拓く選書」として、40冊程度にして、出...

    2013年2月20日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 日本演芸若手研精会(その3)

    火曜ブログ「閑話休題」 2013年2月19日落語 日本演芸若手研精会(その3) 二つ目の四人目は、柳亭市楽です。市楽は、柳亭市馬の一番弟子で、私は、柳亭市馬の噺を、一番良く聴きにいっていますので、この中では、一番多く、噺を聞いている噺家です。市楽は、千葉県出身、1981年生まれで、今、31歳です。この人も早稲田大学の出身です。 この若手研精会の活動にも熱心に参加しており、市馬落語会で研精会のチケッ...

    2013年2月19日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 日本演芸若手研精会(その2)

    月曜ブログ「閑話休題」 2013年2月18日落語 日本演芸若手研精会(その2) 二つ目の二人目は、柳亭こみちです。こみちは、柳亭燕路の弟子で、名人柳家小さん治の孫弟子です。小さん治の師系の弟子として、女流の本格的な噺家への成長が期待されています。 東京都出身、日本舞踊は、吾妻流の名取です。この人も早稲田大学の出身です。 演題は「兵庫船」でした。この噺の原話は、文化年間に出版された「写本落噺柱の花」...

    2013年2月18日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 日本演芸若手研精会(その1)

    日曜ブログ「閑話休題」 2013年2月17日落語 日本演芸若手研精会(その1) 私の未来の落語界を担う有望落語家の育成機関である、「日本演芸若手研精会」を、応援する活動が、いよいよ、始まりました。 研精会参加の皆さんの噺を、聴くことから始めたいと思い、さっそく、公演を聞きに出かけました。日本演芸若手研精会第378回如月公演です。 場所は、水天宮前の日本橋劇場でした。昨年、真打に昇進した、落語芸術協...

    2013年2月17日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    歌舞伎の巨星墜ちる 市川團十郎逝く

    土曜ブログ「閑話休題」 2013年2月16日歌舞伎の巨星墜ちる 市川團十郎逝く 現代歌舞伎の巨匠、市川團十郎が亡くなりました。この人は、私が、今、探している「勇ましく高尚なる生涯」を、送った人です。 團十郎は、「つい先程まで、元気に舞台に立っていたのに」と、突然の悲報に驚きました。事実、昨年の12月までは、京都南座で、公演していたようで、12月18日に、軽い肺炎のため休演し、その後、虎ノ門病院に入...

    2013年2月16日

    椎野 潤

  • 美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す

    美しい家作り「私の思い」の歴史

    金曜ブログ「美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す」 2013年2月15日「私の思い」の歴史 私の「美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す」活動には、歴史があります。私が畏友、伊佐裕さんに、誘われて、伊佐ホームズの中に、「椎野会」を作っていただき、志を同じくする人達と、会合を持つようになった、最初の目的は、高度に工業的な「建築市場システム」の導入でした。 でも、この伊佐ホームズという会社の社風...

    2013年2月15日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    椎野先生への手紙(その3)

    木曜ブログ「日本の未来を考える」2013年2月14日5.地域の自立・活性化と六次産業  最近「六次産業」という言葉が良く使われます。六次産業とは、農業・林業・水産業などの一次産業が、加工(二次産業)・流通販売(三次産業)にも、積極的に業務展開する経営の多角化のことです。 今、農・林・漁業の活性化の方策として、多くの六次産業の試みが行なわれています。しかし、その主体者が、大企業であることも多く、ここ...

    2013年2月14日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    椎野先生への手紙(その2)

    水曜ブログ「日本の未来を考える」2013年2月13日2. 日本人の原点「神道」には「自然を征服する」という思想はない  シューマッハー氏は、いまから40年前に、自然に戦いを挑むような生産技術には、いずれ矛盾が噴出することを予言しました。 その点、神道には「自然に戦いを挑む」という発想はありません。日本は2000年以上も前から神道の国です。神道は森羅万象への畏敬の念を大切にする教えです。 椎野先生の...

    2013年2月13日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    椎野先生への手紙(その1)

    火曜ブログ「閑話休題」 2013年2月12日椎野先生への手紙(そのl) 今日のブログから、森山狸人君からきた「椎野先生への手紙」を、転載します。なお、本文中に、引用文が多いので、文末に、引用文献を、私がつけました。ご興味をお持ちの方は、原書をお読みください。1.「生産の問題」は未解決(スモール イズ ビューティフルより) 閉塞感が広がっています。先行きが見えず不安です。でもこのままではいけません。...

    2013年2月12日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    意気投合した同士とのうれしい再開

    月曜ブログ「閑話休題」 2013年2月11日椎野先生への手紙(序)意気投合した同士とのうれしい再開 私が、2008年11月に出版した、建設業の明日を拓く 3「山と森と住まい」という本があります。それは、日本の木材が、輸入木材との製品競争(品質・コスト等)に負けて、国産材が使われなくなり、これにより森林の手入れが行なわれず、森は疲弊し荒れてきていることを、憂いて書いた本です。 それで家を国産材で作ろ...

    2013年2月11日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    映画鑑賞 ライフ・オブ・パイ

    日曜ブログ「閑話休題」 2013年2月10日映画鑑賞 ライフ・オブ・パイ 家内と久しぶりに映画を見に行きました。インドから北米に向う船が、暴風雨に会って遭難し、救命ボートに乗った少年が、ベンガルトラと227日間漂流する話です。 原作は、カナダの作家、ヤン・マーテルが2001年に上梓し、42の言語に翻訳されたベストセラーです。 監督は、台湾生まれ、台湾育ちで、現在、米国で活躍中のアン・リー氏です。 ...

    2013年2月10日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    後世への最大遺物 落語

    土曜ブログ「閑話休題」 2013年2月9日後世への最大遺物 落語 私は、最近「落語」を、後世への最大遺物だと考えるようになりました。まず、落語は、江戸時代からの日本人の美質と、日本の社会の美しい人間関係の姿を、今日まで、伝えてくれている、貴重な文化遺産です。 そして、落語は、高座の上で口演する噺家と観衆が、直接、交信する芸です。絶えず、両者の間で、心の通信が行き交い、つながっています。 ですから、...

    2013年2月9日

    椎野 潤

  • 美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す

    新しいブログの始まり

    金曜ブログ「美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す」 2013年2月8日新しいブログの始まり 今日から、新しいブログを始めます。今まで、金曜ブログは、書評「今週の一冊」でしたが、これを、書評「今月の一冊」に変更して、第1金曜日に掲載します。残りの金曜日は、「美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す」を掲載します。 5年ほど前、伊佐ホームズの伊佐裕社長の訪問を受けました。当時、私が推進していた「建...

    2013年2月8日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    ブログの月間クリック数 10万件突破

    木曜ブログ「日本の未来を考える」ブログの月間クリック数 10万件突破 私のブログの月間クリック数が、10万件を突破しました。多くの皆様に、ご愛読いただき感謝しております。 私のこのブログを開設してから5年、毎日、書く決心をしてから1年半です。その間、クリック数は、着実に増えていましたが、今年、1月から急上昇しました。 私のブログの、どのようなところに、皆様の共感をいただけたのでしょうか。2011年...

    2013年2月7日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    規制改革実現へ既得権との対決避けるな

    水曜ブログ「日本の未来を考える」規制改革実現へ既得権との対決避けるな 私は、マスコミに対して、日本の未来に対して、重要なことを、強く発言してほしいと、常に、ブログに書いて、要望してきました。 今日(2月6日)の日本経済新聞の社説に、待望の強力な記事がのりました。私が、久しく待望していた記事です。以下に引用させていただきます。 「民主党政権がほぼ3年にわたって休眠させてきた規制改革会議を安倍晋三首相...

    2013年2月6日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    子育ての母 地域の絆 希薄化

    火曜ブログ「日本の未来を考える」子育ての母 地域の絆 希薄化 日本で、今、重要なことは教育で、その鍵は、乳幼児に対する母親の接し方だと、考えています。そのことに関して、心配な記事が、1月25日の日本経済新聞(夕刊)に出ていました。記事は、以下のとおりです。 「乳幼児を育てる母親を対象にしたベネッセ次世代育成研究所のアンケート調査で、3人に1人が『子供同士を遊ばせながら立ち話をできる人が近所にいない...

    2013年2月5日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    働く意欲を失わせない生活保護への改革

    月曜ブログ「日本の未来を考える」働く意欲を失わせない生活保護への改革 今日は、立春です。私は、この日をいつも心待ちにしています。いよいよ、春がくるなと、いつも思います。これからも、寒い日は多いのですが、少しづつ春の気配が見えてる、私は、このような季節が好きです。 少しづつでも、進化の見える社会、会社など共に、これから春の到来がはじまる。この季節が好きです。今日は、人の意欲と保護について、ブログを書...

    2013年2月4日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 柳家三三 独演会「冬」

    日曜ブログ「閑話休題」落語 柳家三三 独演会「冬」 1月28日(月)の夜、柳家三三 独演会「冬」を聴きに行きました。場所は、中野ZERO小ホールです。 開口一番で、桂三木男が「だくだく」を話し、柳家三三が「『し』の字嫌い」「三人無筆」「三味線栗毛」の三席を話しました。 最初に登場した桂三木男は、落語界のサラブレッドです。すなわち、母の父(祖父)は3代目桂三木助、母の弟(叔父)は4代目桂三木助です。...

    2013年2月3日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    未来の望ましい社会の姿を創造する

    土曜ブログ 「閑話休題」50年後に良い落語文化社会を遺す(2)未来の望ましい社会の姿を創造する 私は、これまで、建設業の未来に関心を持ち、これを、より良いものにして行くことを考えてきました。木造住宅を作る造作大工なども、落語家と同じように技能を磨き、より高い技能レベルと芸術性をめざしていました。 しかし、日本経済の高度成長時代の大量生産の要求により、生産の工業化やシステム化が進展し、このような大工...

    2013年2月2日

    椎野 潤

  • 書評「今週のこの一冊」

    絶望の国の幸福な若者たち

    金曜ブログ「書評 今週のこの一冊」絶望の国の幸福な若者たち 古市憲寿著 株式会社講談社 2012.1.26 第8刷発行 これは26歳の気鋭の社会学者による2011年最大の話題作です。これを読むと、私が、これまで持っていた、今の若者に対する認識と、若者たちが実際に感じていること生きていることの間に、大きな乖離があるのに驚きました。 まず、この本の出だしの一言に驚きました。「近頃の若者はけしからん」と...

    2013年2月1日

    椎野 潤