関連記事

  • 閑話休題

    噺家 柳家三三(その2)

    日曜ブログ「閑話休題」 2013年3月31日噺家 柳家三三(その2)  柳家三三は、いつも堂々としていて、自信に満ちているように見えます。それでも、酷く悩む時もあるようです。この対談で、以下のように言っています。 「去年の1月末、僕が喋ることに何の意味があるんだろうと思うと辛くて、かなり煮詰まってしまって、これ以上噺家続けるのは、どうなんだろうかっていう状態だったんです。高座に上がって虚しいと思っ...

    2013年3月31日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    噺家 柳家三三(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」 2013年3月30日噺家 柳家三三(その1)  柳家三三は、私が、期待している若手の一人です。今日は、柳家三三にいて、ブログを書きます。 柳家三三は、柳家小三治の弟子で、神奈川県出身、1974年生まれで、今、38歳です。現代落語の名人、柳家小三治の弟子です。早くから頭角を現わし、若いのに、すでに、芸が成熟しています。 噺の途中で間をとって、ためて、緩急をつける語り口には、師...

    2013年3月30日

    椎野 潤

  • 美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す

    後世に遺物を遺した人達(近代日本住宅芸術) 吉村順三の言葉(3)

    金曜ブログ「美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す」 2013年3月29日後世に遺物を遺した人達(近代日本住宅芸術)吉村順三(その4)吉村順三の言葉(3) 近代日本住宅芸術を確立して、これを後世に遺した人として、吉村順三に、たどりついた私は、吉村順三の遺した言葉を探し始めています。 今日のブログでは、先週に引き続き、吉村順三の金言集「建築は詩」から、順三の遺した言葉を拾ってみることにしましょう。...

    2013年3月29日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    TPP交渉参加 中韓の背中押す

    木曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年3月28日TPP交渉参加 中韓の背中押す 2013年3月27日の日本経済新聞は、以下のように報道していました。 「日中韓3カ国は26日、自由貿易協定(FTA)締結に向けた第1回交渉(次官級)を、ソウル市で開き、経済連携へ一歩踏み出した。 領土をめぐり対日強硬路線を続けてきた中韓の背中を押したのは、安倍晋三首相による環太平洋経済連携協定(TPP)交渉へ...

    2013年3月28日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    自由貿易圏の効果大

    水曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年3月27日自由貿易圏の効果大 2013年3月21日の日本経済新聞に、以下のような記事がありました。 「世界貿易は大胆に国境の壁をなくせる国同士が経済の果実を独占しつつある。関税や人の移動を制限する障壁を取り払い、安いモノを素早く手にいれる「仲間」をつくれるかが国の将来を左右する時代だ。 世界では3つの巨大な通商交渉が進んでいる。環太平洋経済連携協定(TP...

    2013年3月27日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    地価の下げ止まり

    火曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年3月26日地価の下げ止まり 2013年3月22日の日本経済新聞の社説では、以下のように書いています。 「国土交通省が発表した公示地価をみると、住宅地、商業地ともに下落幅が一段と縮まった。不動産市場への資金の流入が増えており、大都市部では地価は、ほぼ下げ止まったと判断できる。 今回の結果を見る限り、長らく続いた土地デフレからの脱却も近い。安倍内閣が掲げる脱...

    2013年3月26日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    円安 訪日客3割増

    月曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年3月25日円安 訪日客3割増 日本が、長い間、苦しんでいた、円高、株安が、円安、株高に変わって、明るい話題が増えているようです。 日本の未来を考えるとき、重要なポイントの一つである「観光客」も、増加の兆しが見えてきているようです。 日本経済新聞の2013年3月22日の朝刊は、以下のように報道しています。 「日本を訪れる外国人が増えている。日本政府観光局が...

    2013年3月25日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    連続口演 五街道雲助「お富・與三郎」、隅田川馬石「名人長二」(2) 名人長二

    日曜ブログ「閑話休題」 2013年3月24日連続口演 五街道雲助「お富・與三郎」、隅田川馬石「名人長二」(2)名人長二 今日は、隅田川馬石の「名人長二」の連続口演について、ブログを書きます。 この口演も6回連続です。五街道雲助の「お富・與三郎」とセットで、6日間おこなわれました。この連続口演は、以下の6編からなっていました。(1)仏壇叩き(2)湯河原宿(3)谷中天龍院(4)請地親殺し(5)清兵衛縁...

    2013年3月24日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    連続口演 五街道雲助「お富・與三郎」、隅田川馬石「名人長二」(1) お富・與三郎

    土曜ブログ「閑話休題」 2013年3月23日連続口演 五街道雲助「お富・與三郎」、隅田川馬石「名人長二」(1)お富・與三郎 五街道雲助の「お富・與三郎」と、隅田川馬石の「名人長二」の連続口演がありました。とても珍しい口演ですので、3月は、これに集中しようと、他の落語口演は、予定にいれずに、張り切って待っていました。 そして、その結果を丁寧に、ブログに書きたいと思っていましたが、仕事で1日、もう一日...

    2013年3月23日

    椎野 潤

  • 美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す

    後世に遺物を遺した人達(近代日本住宅芸術) 吉村順三の言葉(2)

    金曜ブログ「美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す」 2013年3月22日後世に遺物を遺した人達(近代日本住宅芸術)吉村順三(その3)吉村順三の言葉(2) 近代日本住宅芸術を確立して、これを後世に遺した人として、吉村順三に、たどりついた私は、吉村順三の遺した言葉を探し始めています。 今日のブログでは、先週に引き続き、吉村順三の金言集「建築は詩」から、順三の遺した言葉を拾ってみることにしましょう。...

    2013年3月22日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    内向き断ち成長を手に

    木曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年3月20日内向き断ち成長を手に 2013年3月16日の日本経済新聞で、同紙の経済部次長、瀬能 繁氏は、以下のように述べています。 「『農業が壊滅する』『国民皆保険が崩れる』ここ数年、国内でのTPP反対論は「何を守るか」といった内向きの議論に終始した。」一橋大学の青木玲子教授は「『TPPが日本にプラスなのは間違いないのに、政治家が説明できずにいる』と語る。...

    2013年3月21日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    新聞の見出しに「夢」と「希望」を持ちました

    水曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年3月20日新聞の見出しに「夢」と「希望」を持ちました 2013年3月16日の日本経済新聞の紙面を見て、私は、嬉しくなりました。なんと、希望に満ちた前向きな見出しでしょうか。 私は、新聞に、このような見出しが並ぶのを、心待ちにしていました。 以下の見出しを、あらためて見てみてください。 TPP交渉「守る」から「攻め」へ、成長へ「開国」決断、「今、ラストチャ...

    2013年3月20日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    一番大事なことを、国民に直接話してください。

    火曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年3月19日一番大事なことを、国民に直接話してください。 安倍首相が、2013年3月15日午後6時より、官邸でTPP交渉参加表明に関する記者会見をしました。その時の全文を、岡島正夫さんが、このブログに、いち早く、掲載してくださいました。 ですから、このブログを読んでくださっている方は、お読みになった事と思います。このブログは、グッドタイミングでした。 私も...

    2013年3月19日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    稲葉守治 追善特別公演 日本演芸若手研精会 ~思い出の一席~(3)

    月曜ブログ「閑話休題」 2013年3月18日稲葉守治 追善特別公演 日本演芸若手研精会 ~思い出の一席~(3) 今日のブログも、日本演芸若手研精会の口演について、昨日のブログの続きを書きます。 仲入り後の最初の高座は、柳亭市楽でした。市楽は、柳亭市馬の一番弟子で、千葉県出身、1981年生まれで、今、31歳です。この人も早稲田大学の出身です。この若手研精会でも熱心に活動しています。 演題は「壷算」で...

    2013年3月18日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    稲葉守治 追善特別公演 日本演芸若手研精会 ~思い出の一席~(2)

    日曜ブログ「閑話休題」 2013年3月17日稲葉守治 追善特別公演 日本演芸若手研精会 ~思い出の一席~(2) 今日のブログは、日本演芸若手研精会の口演について、昨日のブログの続きを書きます。 三番目に高座にあがったのは、柳亭こみちでした。こみちは、柳亭燕路の弟子で、名人柳家小さん治の孫弟子です。小さん治の師系の弟子の女流の本格的な噺家として期待されています。 東京都出身、日本舞踊は、吾妻流の名取...

    2013年3月17日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    稲葉守治 追善特別公演 日本演芸若手研精会 ~思い出の一席~(1)

    土曜ブログ「閑話休題」 2013年3月16日稲葉守治 追善特別公演 日本演芸若手研精会 ~思い出の一席~(1) 有望な若手落語家を育てる日本演芸若手研精会に、出かけました。この日は、この研精会を、私費を投じて育てられた、育ての親、稲葉守治氏の追善特別公演でした。 研精会のメンバー全員が出演して、稲葉守治氏の思い出を語り「思い出の一席」を口演しました。 場所は、日本橋の社会教育会館でした。いつも市馬...

    2013年3月16日

    椎野 潤

  • 美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す

    後世に遺物を遺した人達(近代日本住宅芸術) 吉村順三の言葉(1)

    金曜ブログ「美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す」 2013年3月15日後世に遺物を遺した人達(近代日本住宅芸術)吉村順三(その2)吉村順三の言葉(1) 近代日本住宅芸術を確立して、これを後世に遺した人として、吉村順三に、たどりついた私は、吉村順三の遺した言葉を探し始めました。 そうしたら、これにぴったりの書に、行き着きました。 建築家 吉村順三の言葉100「建築は詩」です。 今日のブログでは...

    2013年3月15日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    成長が賃金を増やす流れをつくろう(2)

    木曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年3月14日成長が賃金を増やす流れをつくろう(2) 今、やらねばならないことは、政府にも沢山、あります。日本経済新聞の2013年2月17日(朝刊)の社説には、このことにも、厳しく、触れています。以下に引用します。 「生産性や付加価値を高めるために、企業が活動しやすい環境をつくらねばならない。賃金の引上げを、経済界に促すのもいいが、政府自身やるべきことは多い...

    2013年3月14日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    成長が賃金を増やす流れをつくろう(1)

    水曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年3月13日成長が賃金を増やす流れをつくろう(1) ようやく、長い間続いて苦しんでいた円高が、円安に変わり、株も上昇し、民間企業の収益の上方修正の発表が続いています。 久しぶりに、日本国内に、好況感が溢れ、人々の表情は、明くるくなりました。これは本当に、嬉しいことです。 でも、好景気が来たと、喜んでいて良いのでしょうか。本当の企業の内容が、今後の持続的な好...

    2013年3月13日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    成長と財政再建につながる予算か(3)

    火曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年3月12日成長と財政再建につながる予算か(3) 私は、昨年からブログで、増税だけでは財政再建はできない。それ以上に歳出の削減が必要だと述べてきました。 また、増税に反対してきた人達の言い分は、増税より歳出の削減の方が先だと言いたかったのでしょう。 それは正しいのですが、あの頃の危機感に欠ける日本国の状態では、多くの利権を破壊しなければならない歳出削減は、...

    2013年3月12日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    成長と財政再建につながる予算か(2)

    月曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年3月11日成長と財政再建につながる予算か(2) 民主党政権から安倍政権に変わってから、切り込めたところもあります。2013年1月30日の日本経済新聞(朝刊)の社説を、もう一度、見てみましょう。 「安倍政権だから切り込めた予算もある。民主党政権が手をつけなかった生活保護費の削減は前進だ。本当に必要な人に支給し、働ける受給者の自立を促すためにも、一層の効率化...

    2013年3月11日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    人形町 市馬落語集

    日曜ブログ「閑話休題」 2013年3月。10日人形町 市馬落語集 柳亭市場の独演会「市場落語集」を、人形町に、聞きにいきました。この日、高座にあがったのは、柳亭市江と柳亭市馬で、市馬は三席話しました。 柳亭市江は、柳亭市馬の二番目の弟子で、1982年生まれ東京都出身で、現在31歳の二つ目です。 この日の演題は「六尺棒」でした。この噺の原話は不明ですが、文化4年の口演記録が残っていますので、かなり古...

    2013年3月10日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    ザ・柳家!五代目Ⅳ 五代目小さん十八番

    土曜ブログ「閑話休題」 2013年3月9日ザ・柳家!五代目Ⅳ 五代目小さん十八番 先週のブログでは、五代目春風亭柳朝の第23回忌 追善落語会について、書きました。個性溢れる五代目柳朝を忍ぶ弟子、孫弟子の、思い溢れた落語会でした。 今日は、現在の落語界の主流をなす、柳家一門を築き、落語協会を磐石なものにした五代目柳家小さんの弟子達の、師匠への思いを込めた集いの報告をお送りします。 五代目柳朝は、「稲...

    2013年3月9日

    椎野 潤

  • 美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す

    後世に遺物を遺した人達(近代日本住宅芸術)吉村順三(その1)

    金曜ブログ「美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す」 2013年3月8日後世に遺物を遺した人達(近代日本住宅芸術)吉村順三(その1)吉村順三の生涯 私は、今、「美しい家の立ち並ぶ日本を後世に遺す」ことを自分の生涯の目標の一つとして活動しています。 この分野で、後世への最大遺物を遺した人は誰かを、探求していきましたら、吉村順三に至りました。 吉村順三こそ、「近代日本住宅の美を芸術の域に高める」とい...

    2013年3月8日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    成長と財政再建につながる予算か(1)

    木曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年3月7日成長と財政再建につながる予算か(1) 安倍晋三政権が決めた、2013年度予算案は、「成長と財政再建」を両睨みした予算と言っていましたが、、「本当にそうなのか」と心配していましたが、2013年1月30日の日本経済新聞の社説も、同様な危惧を述べています。 かなり、具体的な指摘をしてくれていますので、以下、引用させていただきます。 「安倍晋三政権が20...

    2013年3月7日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    建設 人材難が深刻(2)

    火曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年3月6日建設 人材難が深刻(2) 建設業の労働者不足は、建設業労働の仕事自体に魅力がなく、将来に希望をもてないのが、むしろ、根本原因ではないかと危惧します。 最近、お会いした地域ゼネコンの社長は、「あそこに行けば、この位金になる」と言っても、行こうとしない。「明らかに、金銭に対して、執着心が弱くなってきている」と、言っておられました。 社会が豊かになり、...

    2013年3月6日

    椎野 潤

  • 建サク運営者会

    建設プラットフォーム、新しい展開

    火曜ブログ「建サク運営者会」 2013年3月5日建設プラットフォーム、新しい展開 建設プラットフォーム「建サク」も、新しい時代を迎えました。このところ、ながらく、建設需要が減少し、職人達は、仕事を探すのに苦労していましたが、東日本大震災で、震災復興の需要が急増し、さらに、安倍内閣の景気回復対策として、建設業関連の高額の予算がついたので、その人手不足は、さらに加速されました。 今、建設会社は、人手の...

    2013年3月5日

    椎野 潤

  • 平成維新・建設維新

    建設 人材難が深刻(1)

    月曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年3月4日建設 人材難が深刻(1) 東北大震災の復興工事で、建設業労働者の不足が、深刻な状況になっていましたが、今回、安倍内閣が、景気押し上げの手段として、建設関連費の予算を、増額しましたので、この問題は、今後、一層、深刻になりそうです。 2013年2月20日の日本経済新聞(朝刊)では、以下のように報道しています。 「建設業の人手不足が深刻な問題として浮上...

    2013年3月4日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    五代目春風亭柳朝 二十三回忌 追善落語会(2)

    日曜ブログ「閑話休題」 2013年3月3日五代目春風亭柳朝 二十三回忌 追善落語会(2) 五代目春風亭柳朝 二十三回忌 追善落語会では、落語会が終わったあと、座談会がありました。これが、落語以上に面白かったのです。 五代目春風亭柳朝という人は、お洒落でしたが、身なりには、構わない人だったようです。家はというと、本当に構わない方で、稲荷町の師匠の家は、4.5畳の箱状で、倉庫のような建物だったようです...

    2013年3月3日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    五代目春風亭柳朝 二十三回忌 追善落語会

    土曜ブログ「閑話休題」 2013年3月2日五代目春風亭柳朝 二十三回忌 追善落語会 古今亭志ん朝と並んで、「二朝時代」を築いたといわれた、五代目春風亭柳朝が、亡くなって、もう、23年になります。この柳朝の二十三回忌、追善落語会が、柳朝門下の人達とゆかりの深い人との共同で、開催されました。 当日、参加したのは、柳朝の弟子、春風亭一朝、正朝、一朝の弟子の六代目柳朝、同じく一朝の弟子で、昨年、飛び越し真...

    2013年3月2日

    椎野 潤

  • 美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す

    堀部安嗣の建築

    金曜ブログ「美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す」 2013年3月1日堀部安嗣の建築 「堀部先生のことを、ブログに書きたいのですが、堀部先生の作品がわかる資料を、いただけませんか」と、伊佐裕氏に、お願いしますと、「堀部安嗣の建築」という立派な本が送られてきました。 本の帯には、「彼方への想いと、身近きものへの眼差し。時を重ねて、美しくなっていく家。 処女作『南の家』『ある町医者の記念館』から、...

    2013年3月1日

    椎野 潤