関連記事

  • 日本の未来を考える

    地域の魅力を生かす再開発

    火曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年4月30日地域の魅力を生かす再開発 2013年4月24日の日本経済新聞の社説は、以下のように述べていました。 「大都市中心部で、再開発が活発になりつつある。今月だけでも、東京・お茶の水駅前や、大坂駅前で、オフィス、住宅、商業などが入る地域再開発が完了。今後も名古屋駅や東京の渋谷、虎ノ門などで大規模な工事が続く。これを機に、都市の魅力や国際競争力を高めたい...

    2013年4月30日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 柳家三三 独演会 「春」

    月曜ブログ「閑話休題」 2013年4月29日落語 柳家三三 独演会 「春」 2013年4月28日、なかのZERO小ホールに、「柳家三三 独演会」を聞きにいきました。 この日の演目は、柳家ろべえ チハヤブル柳家三三 高砂や柳家三三 五貫裁き柳家三三 質屋庫でした。 この日、最初に登場したのは柳家ろべえです。柳家ろべえは、柳家小三治の一番弟子の柳家喜多八の弟子です。柳家喜多八は、私の地元の神楽坂に、よ...

    2013年4月29日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 人形町 市馬落語集

    日曜ブログ「閑話休題」 2013年4月28日落語 人形町 市馬落語集 2013年4月19日、人形町 日本橋社会教育会館に、「人形町 市馬落語集」を聞きにいきました。 この日の演目は、柳亭市楽 肥瓶柳亭市馬 黄金餅柳亭市馬 粗忽の使者でした。 この日、最初に登場したのは柳亭市楽です。二つ目ですが、大分、落語らしくなってきました。日本演芸若手研精会でも、大変、熱心に活躍しています。自分の出番のない日に...

    2013年4月28日

    椎野 潤

  • 建設維新

    落語 柳亭市馬独演会

    土曜ブログ「閑話休題」 2013年4月27日落語 柳亭市馬独演会 2013年4月14日、三鷹市芸術文化センター星のホールに「柳亭市馬独演会」を見にいきました。 この日の演目は、柳亭市助 出来心柳亭市弥 悋気の独楽柳亭市馬 厩火事柳亭市馬 花見の仇討ちでした。 この日、一番に登場した柳亭市助は、まだ、前座ですが、とても、前座には見えません。丁度、1週間前、日本演芸若手研精会でも、トップバッターで登場...

    2013年4月27日

    椎野 潤

  • 美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す

    日本住宅教室 建築デザイン 堀部安嗣コース(2011年)

    金曜ブログ「美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す」 2013年4月26日日本住宅教室 建築デザイン 堀部安嗣コース(2011年) 今日は、堀部安嗣氏が講師をされている「日本住宅教室」の報告の第3回目です。2008年から2009年にかけて、日本住宅教室 建築デザイン 堀部安嗣コースの授業が、6回おこなわれました。それを、先週と先々週のブログで、お伝えしました。 この教室は、2011年にも、3回開...

    2013年4月26日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    耕作放棄地を強制集約

    木曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年4月25日耕作放棄地を強制集約 2013年4月24日の日本経済新聞の朝刊に、以下のような記事がのりました。 「政府・自民党は23日、農業の競争力強化に向けた改革案を固めた。放置された農地を都道府県が強制的に借り、集約して農業生産法人などに貸し出す制度を来年度にも導入する。 農地全体の1割に達した耕作放棄地を有効利用する狙い。環太平洋経済連携協定(TPP)...

    2013年4月25日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    ネット解禁で身近な選挙へ

    水曜ブログ「日本の未来を考える」  2013年4月24日ネット解禁で身近な選挙へ 日本経済新聞の2013年4月20日の社説は、以下のように書いています。 「ネット選挙を解禁するための改正公職選挙法が成立した。政党や候補者が電子メールを通じた投票を呼び掛けができるようになるなど選挙運動は様変わりしそうだ。有権者にとって、政治が身近な存在になるように上手に役立てたい。 IT(情報技術)を用いた情報伝達...

    2013年4月24日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本に財政健全化の道筋求めたG20

    火曜ブログ「日本の未来を考える」  2013年4月23日日本に財政健全化の道筋求めたG20 2013年4月21日の日本経済新聞の社説は、以下のように書いています。 「ワシントンで開いた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、為替相場の問題は大きな議題にならず、日本政府が懸念していた円安批判は起きなかった。ただ、共同声明は日本に『信頼に足る中期財政計画』の策定を求めた。日本は、財政出動...

    2013年4月23日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    課題解決に役立つ国会論戦を期待する

    月曜ブログ「閑話休題」 2013年4月2013年4月22日課題解決に役立つ国会論戦を期待する 2013年4月18日の日本経済新聞の社説は、以下のように書いています。 「国会は、よりよい国づくりのために衆知を集める場だ。与野党がアイディアを持ち寄り、接点を探るのが仕事であり、批判の応酬で終わっては時間の無駄だ。 政権交代後の初の党首討論は、そのことの大事さを改めて浮き彫りにした。 民主党の海江田万里...

    2013年4月22日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    著書出版 建築市場研究 早稲田大学建築市場研究会基調講演録

    日曜ブログ「閑話休題」 2013年4月2013年4月21日著書出版 建築市場研究 早稲田大学建築市場研究会基調講演録 筆者は、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科に在籍時代、アジア太平洋研究センターに設置した、産学共同研究会である、「建築市場研究会」を主宰し、毎月研究会を開催し、基調講演をおこなっていた。 本書は、その講演録である。本書シリーズの冒頭の「建築市場研究の発刊に際して」の中で、筆者は、以...

    2013年4月21日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    著書出版 建設維新選書の出版

    土曜ブログ「閑話休題」 2013年4月2013年4月20日著書出版 建設維新選書の出版2008年1月から出版している建設業の明日を拓くシリーズは、現在、4冊出版していますが、建設業を拓く「建設維新」という活動は、今後、長期にわたることが予測されるため、絶版にならずに、永続的に出版されることが望まれます。そこで、絶版になることがない、オンデマンド出版で、再出版することになりました。まず、「山と森と住...

    2013年4月20日

    椎野 潤

  • 美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す

    日本住宅教室 建築デザイン 堀部安嗣コース(2008年~2009年 ②)

    金曜ブログ「美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す」 2013年4月19日日本住宅教室 建築デザイン 堀部安嗣コース(2008年~2009年 ②) 今日は、堀部安嗣氏が講師をされている「日本住宅教室」の報告の第2回目です。 2009年1月28日、第4回目の講義がおこなわれました。 この日の前半は、影響を受けた建築について、お話がありました。ウッツォンのキンゴーハウスのデザイン、ル・トロネ修道院、...

    2013年4月19日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    人口減少 高齢化社会到来

    木曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年4月18日人口減少 高齢化社会到来 いよいよ、日本も、人口減少高齢化社会に突入しました。心配していたことが、現実のものとなったのです。 日本経済新聞の2013年4月17日の朝刊は、以下のように書いています。 「総務省が16日発表した2012年10月時点の推計人口によると、数値を公表し始めた1950年以降、65歳以上の高齢者(老人人口)が初めて3千万人を超...

    2013年4月18日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    TPP 日米協議が決着

    水曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年4月17日TPP 日米協議が決着 政府は、2013年4月12日、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加に向けた、日米事前協議が決着したと発表した。 日本経済新聞の2013年4月13日の社説は、以下のように書いています。 「環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐる日米間の事前協議が決着し、日本の交渉参加が事実上、決まった。新しい貿易・投資のルールを築く作業に...

    2013年4月17日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    人口減少を食い止めることに全力をあげよ

    火曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年4月16日人口減少を食い止めることに全力をあげよ 日本の50年後の姿を想像してみると、「人口の減少による負の配当」による影響が、一番大きいようです。今、予測されている通りに、人口が減ると、希望をもてる未来像は、なかなか、浮かんできません。 なんとしても、人口減少を防ぐことに、国をあげて、国民全員で、取り組むべきです。今、国として、やらねばならないことは山...

    2013年4月16日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日本の農業の未来を拓け 農協に期待する

    月曜ブログ「椎野塾」 2013年4月15日日本の農業の未来を拓け 農協に期待する 今、私達は、50年後の日本の未来を考える活動をしていますが、ここで日本の未来にとって、きわめて重要なのは、農業でしょう。 私は、今日の日本人の価値観や美質が、どんな環境で育ってきたかを、考えてきましたが、結局、日本の文明の原点は、稲作の伝播と、農業集落の形成、その互助体制を基幹にした農村コミュニティにあると思いあたり...

    2013年4月15日

    椎野 潤

  • 椎野塾

    奈良県 大和今井町訪問(2)

    日曜ブログ「椎野塾」 2013年4月14日奈良県 大和今井町訪問(2) 椎野塾の皆さんと、室町時代からの街並みが保存されている、今井町を訪問しました。2013年4月13日、朝早く、東京を発ち、新幹線で京都まで行き、近鉄橿原線に乗って、八木西口駅までいきました。ここから、今井町は、すぐ近くです。 現地で、古くから続いている社会と街並みの保存に努力されておられる若林稔さんが、出迎えてくださいました。 ...

    2013年4月14日

    椎野 潤

  • 椎野塾

    奈良県 大和今井町訪問(1)

    土曜ブログ「椎野塾」 2013年4月13日奈良県 今井町訪問 2013年4月13日~14日は、椎野塾のメンバーと奈良県、今井町を訪問します。 今朝は、朝、早くに家を出て、早朝の新幹線に乗って、京都まで行き、近鉄 橿原線に乗って、八木西口駅までいき、あとは徒歩です。 現地では、今井町街並み保存会会長の若林さんと、地域のみなさん、奈良で地域おこしをやっておられる方々が、待っていてくださいます。 今井町...

    2013年4月13日

    椎野 潤

  • 美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す

    日本住宅教室 建築デザイン 堀部安嗣コース(2008年~2009年 ①)

    金曜ブログ「美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す」 2013年4月12日日本住宅教室 建築デザイン 堀部安嗣コース(2008年~2009年 ①) 堀部安嗣氏が講師をされている「日本住宅教室」がありました。これは、最初が2008年11月から2009年3月にかけて、6回、次に2011年2月から5月にかけて3回、計9回、開催さています。 この時のことを書いた、ブログが見つかりました。このブログから堀...

    2013年4月12日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    民による市場創造の重視を

    木曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年4月11日民による市場創造の重視を 2013年4月8日の日本経済新聞の朝刊に、日本経済研究センター主任研究員の坪内浩氏の論説が載っていました。 坪内氏は、以下のように述べています。 「まず、2%の物価上昇率を2年程度で達成するという日銀の新体制の目標は実現可能なのか、予測に用いているマクロモデル(注、参照)で検証した。」 その結果「物価上昇率が2%に達す...

    2013年4月11日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    新たな雇用ルールを作る

    水曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年4月10日新たな雇用ルールを作る 2013年4月8日の日本経済新聞の社説に、以下のことが書かれていました。 「企業の活力は、どうすれば生まれるのか。人材の新陳代謝は欠かせない。目的を達成するために最適な人材で組織を構成し、状況の変化にあわせて臨機応変にメンバーを入れ替える。それで創造的な製品やサービスを生み出している米シリコンバレー企業は典型例だ。」 「...

    2013年4月10日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農業の国際化(その2)

    火曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年4月9日農業の国際化(その2) 本間正義教授は、第3の農業のサービス産業化について、以下のように述べておられます。 「農業のサービス産業化は中山間農業の生き残る道である。グリーンツーリズムや食のテーマパークなどは既に展開されている。 より大きな市場が期待できるのは、農業のプロセスを商品化することである。農作業に魅力を感じる都市住民は多く、ワーキングホリデ...

    2013年4月9日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農業の国際化(その1)

    月曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年4月8日農業の国際化(その1) 日本経済新聞の2013年4月4日の朝刊に、本間正義、東京大学教授が、農業の国際化について、貴重な提言を書かれています。 私は、日本の農業の未来図が見えないと、永らく危機感を持っていましたが、この提言は、これに応えてくれています。 本間教授は、以下のように述べられています。 「安倍晋三首相が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉...

    2013年4月8日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 第380回 日本演芸若手研精会 卯月公演

    日曜ブログ「閑話休題」 2013年4月7日落語 第380回 日本演芸若手研精会 卯月公演 2013年4月7日、日本演芸若手研精会 卯月公演を見にいきました。場所は、水天宮の日本橋劇場でした。 この日の演目は、柳亭市助 出来心古今亭志ん助 牛ほめ柳亭こみち 町の若い衆入船亭小辰 ねずみ春風亭昇々 ちりとてちん入船亭遊一 寝床でした。 この日の圧巻は、柳亭こみちでした。妊娠9カ月で、高座に上がる決意も...

    2013年4月7日

    椎野 潤

  • 「雑 感」

    嬉しい客人の訪問

    土曜ブログ「閑話休題」 2013年4月6日嬉しい客人の訪問 昨日(4月5日)嬉しい、客人の訪問を受けました。韓国のLogisALL社の会長の徐炳倫氏と社長の朴仁述氏です。徐炳倫氏は、韓国におけるロジスティクスの権威で、韓国ロジスティクス協会の会長を長くつとめておられました。現在、12社の会社を経営さています。 私が、2003年11月に出版した、顧客起点サプライチェーンマネジメント~日本の産業と企業...

    2013年4月6日

    椎野 潤

  • 書評「今週のこの一冊」

    建築家 吉村順三の言葉 100 「建築は詩」

    金曜ブログ「書評 今月の一冊」 2013年4月5日建築家 吉村順三の言葉 100 「建築は詩」 永橋為成 監修、吉村順三建築展実行委員会編、株式会社 彰国社、2005.10.20、第1版発行 今、金曜ブロクは、「美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す」を、毎週、書いていますが、毎月、第1金曜日は、「書評 今月の一冊」を、お届けすることにしています。 今日は、金曜ブログの「吉村順三の言葉」で、引用...

    2013年4月5日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    少子化対策「三本の矢」

    木曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年4月4日少子化対策「三本の矢」 日本経済新聞の今日の夕刊に以下の記事が出ていました。 「安倍晋三首相は森雅子少子化相と会い、少子化対策推進に向けた「3本の矢」に取り組むように指示した。①待機児童を含めた子育て支援②仕事と家庭の両立支援③結婚、妊娠、出産の手厚い支援策の3点を徹底するように求めた。 森氏は記者団に「今までやってきた分野をさらに手厚くし、薄か...

    2013年4月4日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    「分かりやすさ」の大きな効果

    水曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年4月3日「分かりやすさ」の大きな効果 日本経済新聞の2013年4月3日の「大機小機」欄に、以下のようなことが書かれていました。 「安倍晋三政権が誕生して3カ月が過ぎたところだが、このわずかの期間にこの国の空気が大きく変わった。 なんといっても安倍首相の政治理念、政策目的、さらには政策手段も、前政権時代とは違って明確で分かりやすい。この「分かりやすさ」が空...

    2013年4月3日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    挫折の教訓 快走支える

    火曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年4月2日挫折の教訓 快走支える 2013年3月31日の日本経済新聞は、以下のように書いていました。 「第2次安倍晋三内閣が、4月4日で発足から100日目を迎える。デフレ脱却や「決められる政治」への期待を背景に内閣支持率は高い水準を保っている。官邸主導で進める政権運営に目立った失策はなく、首相が信頼を寄せる側近たちの結束も固い。首相や周囲が共有する5年半前...

    2013年4月2日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    法人減税と規制緩和必要

    月曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年4月1日法人減税と規制緩和必要 2013年3月25日の日本経済新聞は、以下のように報道していました。 「地域経済500調査で、安倍晋三首相の経済政策『アベノミックス』の評価を聞いたところ、84%が『評価できる』と答えた。足元の景気を改善させる原動力になった経済政策に対する地方企業の支持の強さがうかがえる。 一方、足元の円高修正に伴い、円安の打撃を感じる企...

    2013年4月1日

    椎野 潤