関連記事

  • 閑話休題

    日本演芸若手研精会 月島納涼公演 その1

    日曜ブログ「閑話休題」              2013年6月30日日本演芸若手研精会 月島納涼公演 その1 2013年6月11日、日本演芸若手研精会 月島納涼公演 その1を聞きに行きました。場所は、月島社会教育会館です。 この日も、若手が一生懸命口演していました。この日のブログラムは下記のとおりです。柳亭 市助(前座)道具屋金原亭 小駒   鷺とり入船亭 遊一   たがや古今亭 志ん吉  出来...

    2013年6月30日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    あだち落語会 in 天空劇場 第一回 柳家権太楼独演会

    土曜ブログ「閑話休題」              2013年6月29日あだち落語会 in 天空劇場 第一回 柳家権太楼独演会 2013年6月27日、柳家権太楼の独演会を聞きに行きました。場所は、足立区北千住の天空劇場です。 この企画は、江戸時代の四宿の一つ「千住宿」を、もっと広く知ってもらおうと、足立区が後援して、ボランティア団体等が主催して開催したものです。 会場に、区の職員やボランティア団体の...

    2013年6月29日

    椎野 潤

  • 美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す

    美しい家の立ち並ぶ美しい日本をめざして

    金曜ブログ「美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す」 2013年6月28日美しい家の立ち並ぶ美しい日本をめざして この金曜ブログの表題は、「美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す」ですが、ここまでに、このブログで、お話ししてきた「校倉」プロジェクトで、美しい日本の風景が形成できるでしょうか。 たしかに、種子(たね)は、播きましたが、このままでは、国土が美しくなるのは、多分、難しいでしょう。 伊...

    2013年6月28日

    椎野 潤

  • ネオロジスティクス共同研究会

    サプライチェーン・ロジスティクスの経営戦略(その3)

    木曜ブログ「サプライチェーン・ロジスティクス」    2013年6月27日サプライチェーン・ロジスティクスの経営戦略(その3) 今日も、ロジスティクスに関するブログです。専門用語などが多く出てきますから、専門でない方には、わかりにくいと思います。わかりにくいと思われた方は、読み飛ばしてください。ブログを読むのを、お休みください。1.3 サプライチェーン・ロジスティクスシステムの構築、クリナップの事...

    2013年6月27日

    椎野 潤

  • ネオロジスティクス共同研究会

    サプライチェーン・ロジスティクスの経営戦略(その2)

    水曜ブログ「サプライチェーン・ロジスティクス」    2013年6月26日サプライチェーン・ロジスティクスの経営戦略(その2) 今日も、ロジスティクスに関するブログです。専門用語などが多く出てきますから、専門でない方には、わかりにくいと思います。わかりにくいと思われた方は、読み飛ばしてください。ブログを読むのを、お休みください。1.2サプライチェーン・ロジスティクスの経営戦略 それでは、このサプラ...

    2013年6月26日

    椎野 潤

  • ネオロジスティクス共同研究会

    サプライチェーン・ロジスティクスの経営戦略(その1)

    サプライチェーン・ロジスティクスの経営戦略(その1) 今週は、今日から3日間、ロジスティクスに関するブログを書きます。専門用語などが多く出てきますから、専門でない方には、わかりにくいかもしれません。わかりにくいと思われた方は、読み飛ばしてください。1.1サプライチェーン・ロジスティクスの定義 早稲田大学の高橋輝男博士は、ロジスティクスの定義について、米国のフレーゼル博士の示した以下の5階層を示して...

    2013年6月25日

    椎野 潤

  • 地球と人間の共生

    新しいブログの始まり

    月曜ブログ「地球と人間の共生」         2013年6月24日新しいブログの始まり 今日から、新しいブログを始めます。今まで、月曜日から木曜日までのブログは、「日本の未来を考える」でしたが、今日から、月曜日は、「地球と人間の共生」を掲載します。 これまで、私は、人間の行なう産業活動が、地球環境を破壊し続けている現状を憂慮し、人間の活動と地球環境の共生の必要性を力説してきました。 イギリスの科...

    2013年6月24日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    石の教会 内村鑑三記念堂 訪問(その4)

    日曜ブログ「閑話休題」  2013年6月23日石の教会 内村鑑三記念堂 訪問(その4) 私は、今から考えると、その時、「動物の耳」になっていたようです。驚くべきことに、家内が、病院の隣の棟の公衆電話で、話している声が聞こえました。また、病人に聞こえないように小さい声で「今晩が山場でしょう」と言っている会話も聞こえました。 翌朝、眼を醒ますと、病室の窓が空いていました。コスモスが一輪、風に揺れていま...

    2013年6月23日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    石の教会 内村鑑三記念堂 訪問(その3)

    土曜ブログ「閑話休題」  2013年6月22日石の教会 内村鑑三記念堂 訪問(その3) 内村鑑三記念堂に書かれていた「鑑三の言葉」を、何度も、反芻して読み直してみると、いろいろと、心に響くものがありました。 最も心に残ったのは「二つのJ」という言葉です。私は二つのJを愛する。第三のものはない。一つはイエス(Jesus)、もう一つは(Japan)である。 私は、晩年になって、内村鑑三の言葉に再会して...

    2013年6月22日

    椎野 潤

  • 美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す

    画期的な「校倉」の特許

    金曜ブログ「美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す」 2013年6月21日画期的な「校倉」の特許 このブログで述べてきた「校倉」は、特許の認定を受けました。今まで、特許は「モノ」や「ハードな技術」に与えられてきましたが、この特許は、「ソフト(住まい方)」と「ハード(建築技術)」の「連携」に与えられたのです。これは前例のない画期的なことです。 このブログに、この特許のことを書くにあたり、伊佐ホーム...

    2013年6月21日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    早稲田会議(その4)

    木曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年6月20日早稲田会議(その4) 昨日に続いて、早稲田会議についてのブログを書きます。2013年6月17日(月)の日本経済新聞に、見開き両面(全面)の大きい記事で、「早稲田会議」が出ていました。 この記事に書かれていることを、引用させていただきます。これを、ブロクの読者に、読んでもらいます。Roundtable C 企業のイノベーションと人材マネージメント...

    2013年6月20日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    早稲田会議(その3)

    水曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年6月19日早稲田会議(その3) 昨日に続いて、早稲田会議についてのブログを書きます。2013年6月17日(月)の日本経済新聞に、見開き両面(全面)の大きい記事で、「早稲田会議」が出ていました。 この記事に書かれていることを、引用させていただきます。これを、ブロクの読者に、読んでもらいます。Roundtable B ビジネスモデルの創出 「これまでの日本企...

    2013年6月19日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    早稲田会議(その2)

    火曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年6月18日早稲田会議(その2) 昨日に続いて、早稲田会議についてのブログを書きます。2013年6月17日(月)の日本経済新聞に、見開き両面(全面)の大きい記事で、「早稲田会議」が出ていました。 この記事では、以下の三つの課題を取り上げています。(1)Roundtable A 国のイノベーション(2)Roundtable B ビジネスモデルの創出(3)Ro...

    2013年6月18日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    早稲田会議(その1)

    月曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年6月17日早稲田会議(その1) 2013年6月17日(月)の日本経済新聞に、見開き両面(全面)の大きい記事で、「早稲田会議」が出ていました。 主催 早稲田大学、共催 早稲田大学ビジネススクール、後援 日本経済新聞社、協賛 NTTデータです。 早稲田大学の鎌田 薫総長が「『未来のイノベーション』を担うために」と題して、以下のように、述べられています。 「日...

    2013年6月17日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    石の教会 内村鑑三記念堂 訪問(その2)

    日曜ブログ「閑話休題」  2013年6月16日石の教会 内村鑑三記念堂 訪問(その2) 内村鑑三記念堂には、当時の写真を交えて、多くの鑑三の言葉が、飾ってありました。そこには、ひたすら真理を求め続け、人間の真実の生き方を求め続けた、内村鑑三の生涯が、見事に整理されて凝縮して詰まっていました。 そこで小冊子を配布していました。私も、一冊、いただいてきました。そこには、内村鑑三の思いが、それを述べた言...

    2013年6月16日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    石の教会 内村鑑三記念堂 訪問(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」  2013年6月15日石の教会 内村鑑三記念堂 訪問(その1)軽井沢に、内村鑑三記念堂を訪ねました。台風が、日本列島の南部に来ており、天気予報は、大荒れの天気を警告していましたが、幸い、穏やかな天気で、時折、高原の青い空が、顔を覗かせる散策日和となりました。大きく弓なりに湾曲した大岩、二つの岩の間に、青空が覗く静かな空間に、石の教会はありました。石に浄化されて流れ落ちる水の...

    2013年6月15日

    椎野 潤

  • 美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す

    第三世代木造住宅作り

    金曜ブログ「美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す」 2013年6月14日第三世代木造住宅作り わが国の住宅作りは、出来るだけコストの安い良質な住宅を、多量に作ることに、向けられてきました。この目的を達成するため「住宅生産工業化」が、行なわれました。 戦後の住宅不足の中で、人々は、懸命働き、住宅ローンを借り、自分の資産の形成をめざして、住宅を建てました。 そして、長い間、地価が上昇し続けていまし...

    2013年6月14日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    参院選後も経済優先

    木曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年6月13日参院選後も経済優先 2013年6月11日(火)の日本経済新聞の朝刊に、以下の記事が載っていました。 「安倍晋三首相は7月の参院選後も経済優先の政策運営を進める方針だ。秋の臨時国会を『成長戦略実行国会』と位置付け、経済再生を軌道に乗せる成長戦略の追加策(第2弾)の検討に入った。 首相周辺によると、首相は最近の不安定な相場に気をもんできるという。5...

    2013年6月13日

    椎野 潤

  • ネオロジスティクス共同研究会

    ネオ・ロジスティクス共同研究会 2013年度 5月 月例会(その2)

    ネオ・ロジスティクス共同研究会2013年度 5月 月例会(その2)講演の概要                             椎野 潤2.「NECのロジスティクス活動~ビックデータ・センサーを活用した物流品質トレーサビリティ紹介~」                       小笠原温(日本電気)       この日の第二講演者は、日本電気、新事業推進本部の小笠原温氏であった。演題は「NE...

    2013年6月12日

    椎野 潤

  • ネオロジスティクス共同研究会

    ネオ・ロジスティクス共同研究会 2013年度 5月 月例会(その1)

    ブログ読者の皆様へ 6月10日から12日の3日間は、ブログに早稲田大学ネオ・ロジスティクス共同研究会の記録を掲載しています。 このネオ・ロジスティクス共同研究会は、ロジスティクスの専門家の集まりですから、専門用語が沢山出てきます。専門外の方には、わかりにくいかと思います。わかりにくいと、思われた方は、ブログを,読みとばしてください。ネオ・ロジスティクス共同研究会2013年度 5月 月例会(その1)...

    2013年6月11日

    椎野 潤

  • ネオロジスティクス共同研究会

    2013年度 4月 月例会(その2)

    ネオ・ロジスティクス共同研究会2013年度 4月 月例会(その2)講演の概要                             椎野 潤2.「ベンチャーファイナンス」       樋原 伸彦 (早稲田大学商学研究科) この日の第二講演者は、早稲田大学の樋原 伸彦准教授であった。樋原准教授は、まず、「べンチャーファイナンスはなぜ必要か」と問いかけた。その上で「その質問の前に、『ベンチャー企業は...

    2013年6月10日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    若手落語家の話を聞く (その1) 古今亭志ん吉(2)

    日曜ブログ「閑話休題」  2013年6月9日若手落語家の話を聞く (その1)今日は、古今亭志ん吉君のインタビューの続きです。古今亭志ん吉(2)椎野 高座の話の中で、地方まわりのことが、良くでますが、若い人も、地方まわりをするのですか。志ん吉 それは、師匠にもよります。落語界は、個人的なつながりが、多いですから、結局、知り合いがあって、呼ばれる人と、あまり、呼ばれない人とがあります。椎野 高座にあが...

    2013年6月9日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    若手落語家の話を聞く (その1) 古今亭志ん吉(1)

    土曜ブログ「閑話休題」  2013年6月8日若手落語家の話を聞く (その1) 落語文化の未来を担う、若手落語家の話を聞くことにしました。その第1号は、古今亭志ん吉君です。古今亭志ん吉(1)椎野 本日は、お忙しい中、お時間お取りいただき、ありがとうございました。どうか、よろしくお願いいたします。まず、落語家になりたいと思った動機から、うかがいます。どんなことから、落語家に、なりたいと思ったのですか。...

    2013年6月8日

    椎野 潤

  • 美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す

    あたらしい家 校倉の展開(3)

    金曜ブログ「美しい家の立ち並ぶ美しい日本を後世に遺す」 2013年6月7日あたらしい家 校倉の展開(3) 先週のブログでは、私が「平面図を見せるのから、始めるのでは駄目だ」と、言ったのに対して、お客を接する現場からは「それでは、お客に説明のしようがない」と、悲鳴があがったところまで、書きました。 確かに、顧客に「校倉」という、はっきりしたイメージを、知ってもらうには「具体的な物」が必要です。 その...

    2013年6月7日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    成長戦略の目標ばかり踊っていないか

    木曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年6月6日成長戦略の目標ばかり踊っていないか 2013年6月6日(木)の日本経済新聞の社説は、以下のように述べていました。 「安倍晋三首相が成長戦略の第3弾を発表した。国際的なビジネス環境を整える「国家戦略特区」の創設、電力や医療といった公的部門の開放が柱だ。1人あたりの国民総所得を今後10年間で150万円以上増やす考えも示した。 民間部門の活力を存分に引...

    2013年6月6日

    椎野 潤

  • ネオロジスティクス共同研究会

    2013年度 4月 月例会(その1)

    ネオ・ロジスティクス共同研究会2013年度 4月 月例会(その1)講演の概要                             椎野 潤Ⅰ.「アジア人材を活用したくグローバル化の強化策」    大滝 令嗣 (早稲田大学商学研究科) この日の第一講演者は、早稲田大学の大滝 令嗣教授でした。講演の冒頭、大滝教授は、プラック教授、モリソン教授の「相変わらず、日本的経営で、海外展開をしているのが、沈...

    2013年6月5日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    出版取り次ぎ3位楽天傘下に ネット通販 書店2000店で受取り

    火曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年6月4日出版取り次ぎ3位楽天傘下に ネット通販 書店2000店で受取り 2013年6月4日(火)の日本経済新聞に、以下の記事がのっていました。 「楽天は出版取次3位の大坂屋(大坂市)を傘下に収める。7月にも大坂屋が実施する第三者割り当て増資を10億円前後で引き受け、3割超を出資する筆頭株主になる。 大坂屋と取引のある全国約2000の書店で、仮想商店街「楽...

    2013年6月4日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    官民連携でアフリカ開発を進めよう

    月曜ブログ「日本の未来を考える」 2013年6月3日官民連携でアフリカ開発を進めよう 2013年6月2日(日)の日本経済新聞の社説は、以下のように書いていました。 「日本政府がアフリカ連合(AU)や国連と共催する第5回アフリカ開発会議が横浜市で始まった。アフリカ諸国の首脳が一堂に会し、3日までの期間中、アフリカ開発の課題や協力策を話し合う。 最大のテーマは、従来の援助中心の支援ではなく、アフリカの...

    2013年6月3日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    第6回 ベこ吉の会

    日曜ブログ「閑話休題」 2013年6月1日第6回 ベこ吉の会  古今亭志ん吉君が、熱心なファンに囲まれてやっている勉強会「べこ吉の会」に、行ってきました。 「若い噺家を応援しよう」と、ブログで呼びかけましたところ、企業の要職にある方が、何人も、駆けつけてくださいました。ご協力ありがとうございました。今後とも、よろしく、お願いいたします。 ここで、志ん吉君の、溌剌とした姿を見ることができました。清々...

    2013年6月2日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    第10回 奮闘馬石の会 噺 山崎屋通し

    曜ブログ「閑話休題」 2013年5月31日第10回 奮闘馬石の会 噺 山崎屋通し 2013年6月2日5月25日、池袋演芸場に、「奮闘馬石の会 噺 山崎屋通し」を聞きに行きました。当日、池袋演芸場は、馬石のファンで、一杯でした。 この日の噺「山崎屋」は、初代三遊亭遊三が、明治20年前後に、当時、流行の「よかちょろ節」を当て込んで、「山崎屋」の前半部に、くっつけて、滑稽噺に改作したものですが、現在では...

    2013年6月1日

    椎野 潤