関連記事

  • 閑話休題

    落語  三笑亭夢吉  インタビュー(その1)

    月曜ブログ 「閑話休題」 2013年09月30日(月)落語 三笑亭夢吉 インタビュー(その1) 研精会の若手落語家、三笑亭夢吉(落語芸術協会)君と、インタビューしました。夢吉君が、落語の師匠のもとに入門した頃のこと、落語家になって、何を考えて修行してきたかなど、いろいろ、楽しい話を聞きました。 このインタピュー記録は、後日、著書として出版...

    2013年9月30日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    金原亭龍馬 真打昇進襲名披露興行(その2) 唐茄子屋政談(上下通し)

    日曜ブログ「日本の未来を考える」           2013年9月29日(日)金原亭龍馬 真打昇進襲名披露興行(その2)唐茄子屋政談(上下通し) いよいよ、この日のトリ、金原亭小駒改め龍馬の真打初高座です。演目は「唐茄子屋政談」で、上下通しで話しました。立派な長講でした。  この唐茄子屋政談は、講談の大岡越前守ものを、元にした噺です。ただし、この落語には、奉行様は登場しません。 明治時代には、初...

    2013年9月29日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    金原亭龍馬 真打昇進襲名披露興行(その1)

    土曜ブログ「日本の未来を考える」           2013年9月28日(土)金原亭龍馬 真打昇進襲名披露興行(その1) 9月22日、金原亭龍馬 真打昇進襲名披露興行を見に行きました。場所は、上野、鈴本演芸場です。 この日は、金原亭小駒が、真打になって、名前を龍馬と改めた最初の高座です。鈴本演芸場は満席で、会場には、昇進祝の華やいだ空気が、漂っていました。 最初に高座に上がったのは、桂才紫でした...

    2013年9月28日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    IHIが発電所運営

    金曜ブログ「日本の未来を考える」           2013年9月27日(金)IHIが発電所運営 2013年9月18日(水)の日本経済新聞の朝刊に、以下の記事が載っていました。 「IHIは、海外で再生可能エネルギーを使った発電所の運営事業を始める。今年度中に、米国でバイオマス(生物資源)発電所など8カ所の運営を受託。インドネシアなど東南アジアにも再生エネ発電所の運営事業を広げたい考えだ。 IHI...

    2013年9月27日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    戦略特区 都『外資税優遇強化』を

    木曜ブログ「日本の未来を考える」           2013年9月26日(木)戦略特区 都『外資税優遇強化』を 一昨日、ブログに書いた、法人実効税率を下げて、国際競争力を強める具体的な戦略を、東京都が『国家戦略特区』の具体策に盛り込んで、政府に申請したようです。 日本経済新聞の2013年9月21日(土)の朝刊に、以下の記事が載っていました。 「東京都は政府に対し、都心に進出する外国企業への税制優...

    2013年9月26日

    椎野 潤

  • 50年後の地域社会の鍵『地産地消』

    『地産地消』(その1) 50年後の日本は、どうなるか

    水曜ブログ「日本の未来を考える」           2013年9月25日(水)「50年後の地域社会の鍵『地産地消』」(その1)50年後の日本は、どうなるか 50年後の日本は、どうなるのか。私は、今、『椎野塾』で、仲間と、これを議論しています。 日本の人口減少は、既に始まっています。これから、どんどん、加速されて行くことでしょう。2010年に、1億2000万人いた人口が、50年後には、8600人程...

    2013年9月25日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    消費税来春8%首相決断

    火曜ブログ「日本の未来を考える」           2013年9月24日(火)消費税来春8%首相決断 日本経済新聞の2013年9月19日(木)の夕刊に、首相が消費税を来春8%に上げる決断をしたことが、報道されました。 私は、首相の日本の未来を見据えた判断からみれば、とっくに決断しておられると思っていました。あとは、念には念を入れた状況確認と、世論の醸成、日本独特の根回しだと、思っていました。 も...

    2013年9月24日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 「噺小屋」長月の独り看板 入船亭扇遊(その3)

    月曜ブログ「閑話休題」                2013年9月23日(月)落語 「噺小屋」長月の独り看板 入船亭扇遊(その3)子別れ 第三席目は「子別れ」でした。この噺は柳派の初代春風亭柳枝の創作落語ですが、その後、多くの名人、上手の手によって磨きぬかれました。これは、人情噺の大ネタで、多くの演者によって演じられています。 元来は、上、中、下に分かれていたものですが、最近は、下だけを演じる人...

    2013年9月23日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 「噺小屋」長月の独り看板 入船亭扇遊(その2)

    日曜ブログ「閑話休題」                2013年9月22日(日)落語 「噺小屋」長月の独り看板 入船亭扇遊(その2)青菜 第二席目は「青菜」でした。この青菜も、大変、ポピュラーな噺で、ベテランも若手も、多くの噺家が、この噺を話します。 良い古典落語には、「江戸の風」が吹いていると、言われますが、この噺の「キモ」も、江戸の風が、感じられるかどうかでしょう。 あるお屋敷に植木の手入れに...

    2013年9月22日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 「噺小屋」長月の独り看板 入船亭扇遊(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」                2013年9月21日(土)落語 「噺小屋」長月の独り看板 入船亭扇遊(その1) 2013年9月7日、国立演芸場へ落語を見に行きました。演者は入船亭扇遊です。扇遊は、落語協会の大御所、入船亭扇橋の一番弟子で、現在、60歳で、脂ののり切った時期です。 独演会は、まだ、2回目ということで、聞くチャンスの少ない人ですが、噺を聞いてみると、とても、味わい...

    2013年9月21日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    医療 混合診療を拡大

    金曜ブログ「日本の未来を考える」           2013年9月20日(金)成長戦略 第2弾へ始動(その3)医療 混合診療を拡大 三つ目の分科会は、医療・介護です。医療・介護について、記事では、以下のように書いています。 「医療は保険診療と保険外診療を併用する『混合診療』の大幅拡大を挙げた。患者の収入で受けられる医療の格差が開くとして、日本医師会が、混合医療に強く反対し、現在は、原則として禁止...

    2013年9月20日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    雇用 転職支援へ能力評価制

    木曜ブログ「日本の未来を考える」             2013年9月19日(木)成長戦略 第2弾へ始動(その2)雇用 転職支援へ能力評価制 二つ目の分科会は、雇用・人材です。雇用・人材について、記事では、以下のように書いています。 「雇用分野では、転職しやすい制度を作る。これまでは、それぞれの企業が労働者の能力を評価していたが、企業の外で客観的に能力を評価する仕組みを検討する。新しい第三者機関...

    2013年9月19日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    歳出増に歯止めをかける意志はあるのか

    水曜ブログ「日本の未来を考える」             2013年9月18日(水)歳出増に歯止めをかける意志はあるのか 2013年9月6日の日本経済新聞の社説は、以下のように書いていました。 「2014年度予算案の概算要求の結果がまとまった。一般会計の要求総額は、過去最大の99兆2500億円で、13年度予算の92兆6100億円を大幅に上回った。」 「旧来型の公共事業などの増額要求が相次ぎ、必要以...

    2013年9月18日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    研精会応援、平成25年度中央区 大サークル体験会、「落語を楽しむ」(その4)

    火曜ブログ「閑話休題」                2013年9月17日(火)研精会応援、平成25年度中央区 大サークル体験会、「落語を楽しむ」(その4)三笑亭夢吉 この日の主任(トリ)は、三笑亭夢吉でした。演題は、佐野山でした。 江戸は寛政年間の話です。一番の横綱、4代目谷風、相撲の神様と言われた大横綱が、生涯一度の八百長をしました。十両筆頭の佐野山との一番です。 佐野山は、貧乏でしたが、心が...

    2013年9月17日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    研精会応援、平成25年度中央区 大サークル体験会、「落語を楽しむ」(その3)

    月曜ブログ「閑話休題」                2013年9月16日(月)研精会応援、平成25年度中央区 大サークル体験会、「落語を楽しむ」(その3)桂宮治 仲入り後、最初に高座に上がったのは、桂宮治でした。演題は、反対俥でした。 明治、大正の頃は、タクシーという乗り物はありませんでした。当時は人力車です。当時、人力車は、「人の足」「町の足」でした。でも、急いでいる人に限って、ろくな車に、あ...

    2013年9月16日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    研精会応援、平成25年度中央区 大サークル体験会、「落語を楽しむ」(その2)

    日曜ブログ「閑話休題」                2013年9月15日(日)研精会応援、平成25年度中央区 大サークル体験会、「落語を楽しむ」(その2)古今亭志ん吉 二番目に、高座に上がったのは、古今亭志ん吉でした。演題は、代脈でした。 江戸中橋の漢方医、尾台良玄は、名医として、知られていましたが、その弟子の銀南は、血の巡りの悪い若者でした。 「銀南!また、居眠りをしているのか?」「お呼びでご...

    2013年9月15日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    研精会応援、平成25年度中央区 大サークル体験会、「落語を楽しむ」(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」               2013年9月14日(土)研精会応援、平成25年度中央区 大サークル体験会、「落語を楽しむ」(その1) 2013年9月6日、いつも、研精会の落語を聞きに行っている月島社会教育会館に、研精会の応援による、平成25年度中央区、大サークル体験会、「落語を楽しむ」を聞きに行きました。 入場無料の落語会でしたが、聴衆の集まりは悪く、広いホールに集まった客は...

    2013年9月14日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    民の創意工夫を生む環境作りこそ

    金曜ブログ「日本の未来を考える」           2013年9月13日(金)民の創意工夫を生む環境作りこそ 私は、一昨日のブログで、国の経営戦略の重要性について述べ、思い切った『選択と集中』『広く世界の未来を見据えた展望に基づく決断』の重要性について、お話ししました。 しかし、この国の『選択と集中』で、何を選択するのか、国はどうすればよいのでしょうか。官による一方的な選択は、果たして、的を得た...

    2013年9月13日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    営的視点で効率よく、国を動かそう

    木曜ブログ「日本の未来を考える」           2013年9月12日(木)経営的視点で効率よく、国を動かそう 昨日のブログで、国の経営戦略の重要性について述べましたが、2013年8月29日の日本経済新聞の社説に、そのことに関する貴重な提言が出ていました。 今日は、これを引用させていただきながら、このことを考えてみようと思います。  「日本社会はもめごとを嫌う。何をする場合にも事前調整が重視さ...

    2013年9月12日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    「選択と集中」が分けた半導体産業の明暗

    水曜ブログ「日本の未来を考える」             2013年9月11日(水)「選択と集中」が分けた半導体産業の明暗 2013年8月28日の日本経済新聞の社説に、重要なことが書いてありました。日本の半導体企業の明暗が、大きく別れてきたのです。 本来、同じ位の力を持っていた企業が、これほど、明確に、明暗をわけたのです。それは、先を見る眼と決断の『経営力』の差でした。 この社説を引用させていただ...

    2013年9月11日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 第385回 日本演芸若手研精会 長月公演 (その5)

    火曜ブログ「閑話休題」                2013年9月10日(火)落語 第385回 日本演芸若手研精会 長月公演 (その5)金原亭 小駒 この日の主任(トリ)は、真打昇進間近の金原亭小駒でした。 9月下席の上野鈴本演芸場をかわきりに、10月上席の新宿末廣亭、中席の浅草演芸ホール、下席の池袋演芸場、11月上席の国立演芸場と、50日間にわたる真打昇進、披露公演が続きます。 噺家にとって、...

    2013年9月10日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 第385回 日本演芸若手研精会 長月公演 (その4)

    月曜ブログ「閑話休題」                2013年9月9日(月)落語 第385回 日本演芸若手研精会 長月公演 (その4)入船亭 遊一 仲入り後の最初の高座は、入船亭遊一でした。演題は麻のれんです。 これは、強情な按摩の噺です。療治に来た、按摩の杢市(もくいち)は、旦那に「良かったら、泊まっていかないか」「家内が、今、里へ帰っているんだよ」と言われます。 杢市は「さいですか」「でも、...

    2013年9月9日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 第385回 日本演芸若手研精会 長月公演 (その3)

    日曜ブログ「閑話休題」                2013年9月8日(日)落語 第385回 日本演芸若手研精会 長月公演 (その3)桂 宮治 次に高座に上がったのは、桂宮治でした。宮治は、今年度からの参加です。最後に、入ってきました。演題は幇間腹(たいこはら)です。 宮治は、もともと、明るい笑いを呼ぶ噺で、大いに魅力がありましたが、最初は、少し気になっていた他のメンバーとの違和感も、すっかりな...

    2013年9月8日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 第385回 日本演芸若手研精会 長月公演 (その2)

    土曜ブログ「閑話休題」                2013年9月10日(土)落語 第385回 日本演芸若手研精会 長月公演 (その2)入船亭小辰 次に高座に上がったのは、入船亭小辰でした。入船亭小辰は、今の研精会のメンバーの中で、年少のグループにいますが、今、どんどん、噺がうまくなっています。 この日の噺も、説得力があり、力強く、わかりやすかったです。悪ガキ、金坊に、翻弄される親父のタジダジと...

    2013年9月7日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 第385回 日本演芸若手研精会 長月公演 (その1)

    金曜ブログ「閑話休題」                2013年9月6日(金)落語 第385回 日本演芸若手研精会 長月公演 (その1) 日本演芸若手研精会の長月公演を聞きにいきました。場所は、人形町、日本橋劇場です。 この日の番組は、以下の通りでした。柳亭 市助   出来心柳亭こみち   武助馬入船亭小辰   真田小僧桂  宮治   幇間腹入船亭遊一   麻のれん金原亭小駒   大工調べ柳亭 市...

    2013年9月6日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    M&Aテコに成長加速を

    木曜ブログ「日本の未来を考える」              2013年9月5日(木)M&Aテコに成長加速を 2013年8月30日の日本経済新聞の社説は、M&Aについて、以下のように書いていました。 「企業が成長戦略やグローバル化を進めるうえで、自社に足りない経営資源を取り込むM&A(合併・買収)は、欠かすことができない経営手法である。」 「日本企業による海外企業の買収は史上最高の件数を記録した昨年...

    2013年9月5日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    TPP域内分業優遇 複数国生産『累積』で関税なし

    火曜ブログ「日本の未来を考える」            2013年9月4日(水)TPP域内分業優遇 複数国生産『累積』で関税なし 日本の国内製造業の空洞化の歯止めをかけるのに、有効な施策が出てきたようです。それは、TPPで、今、各国が協議している施策です。 日本経済新聞の2013年8月30日(金)の朝刊に、以下の記事が出ていました。 「環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、各国は自動車や家電などの...

    2013年9月4日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    法人税率下げを考える

    火曜ブログ「日本の未来を考える」              2013年9月3日(火)法人税率下げを考える 昨日のブログで述べた『法人税実効率』は、国と地方を合わせた負担を示したもので、この負担の割合は、国によって様々です。 2013年8月14日(水)の日本経済新聞に、各国のこの負担の状況が示してありました。 次に、この数値を引用させていただいて、整理してみます。             国    ...

    2013年9月3日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    法人税率下げ検討指示

    月曜ブログ「日本の未来を考える」            2013年9月2日(月)法人税率下げ検討指示 私が、日本経済再建の本丸と考えてきた『法人税率下げ』が、検討されることになりました。 私は、民主党政権の頃から『なぜ、法人税下げを真剣に議論しないのか』とブログで書き続けてきました。 6月に、安倍首相が、アベノミックスの第三の矢を発表した時、発表後、1時間もしないうちに、株価の暴落が起きました。 ...

    2013年9月2日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 林家正雀 特集 復活噺 第三夜 (予告)

    日曜ブログ「閑話休題」                2013年9月1日(日)落語 林家正雀 特集 復活噺 第三夜 (予告) 林家正雀師匠の「復活噺 第三夜」が、9月30日(月)に開催されます。場所は、8月と同じ、お江戸日本橋亭です。 今回、正雀師匠が発掘されて、口演される噺は、以下が予定されています。(1)上方芝居(2)年枝の怪談上方芝居 事前に勉強しておいて、噺を聞きたいと思って、インターネッ...

    2013年9月1日

    椎野 潤