関連記事

  • 50年後の地域社会の鍵『地産地消』

    エネルギーのバイオマス化による地産地消による地域振興(5) 滝の上町の事例(その5)

    木曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年10月31日(木)「50年後の地域社会の鍵『地産地消』」(その9)北海道各地でのエネルギーのバイオマス化による地産地消による地域振興(5)滝の上町の事例(その5) 滝の上町でのバイオマス化による地産地消による地域振興への活動は、1999年から始まっており、2013年の現在まで、すでに、14年にわたって続けられています。 その間、以下のよ...

    2013年10月31日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農業改革は、どうなるのか(その3)

    水曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年10月30日(水)農業改革は、どうなるのか(その3) 日本の米価格の下落を防ぐため、生産量を減らし、過当競争を防ぐ政策は、大変、消極的な政策です。これは企業の経営の例で見れば、良くわかります。 需要が減って行くか、工場の合理化で生産量が増加して、作ったものが販売しきれない状況になれば、工場を縮小し、従業員を他の成長分野に配転し、それが出...

    2013年10月30日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農業改革は、どうなるのか(その2)

    火曜ブログ「日本の未来を考える」            2013年10月29日(火)農業改革は、どうなるのか(その2) 農業改革について、注目すべき記事が、2013年10月25日の日本経済新聞に、出ていました。 「政府は、コメ農家を手厚く保護してきた農業政策を抜本的に見直す検討に入った。24日開いた産業競争力会議で民間議員が、コメの生産量を国が決めて高価格を維持する生産調整(減反)の廃止を提言。農...

    2013年10月29日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農業改革は、どうなるのか(その1)

    月曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年10月28日(月)農業改革は、どうなるのか(その1) 日本の改革の鍵を握る、農業の改革は、どうなるのでしょうか。ここしばらくが、その成否を左右する、重要な時期になると思われます。 安倍内閣が6月にと発表した、改革・成長戦略が、いよいよ具体化してきましたから、既得権を守る改革反対勢力の反抗も、いよいよ、具体化してきました。 2013年10...

    2013年10月28日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 特別企画公演 正雀噺の世界 (その4)

    日曜ブログ「閑話休題」               2013年10月27日(日)落語 特別企画公演 正雀噺の世界 (その4)幸助餅 幸助は、橘屋から使いがきたので、橘屋を訪ねました。幸助の女房、お玉は、橘屋の一番芸者でした。それを、当時、大店、玉川屋という大店の主だった幸助が、身請けして女房にしました。 この女房のお玉が、橘屋に行って、「年が越せない。金がなくて、新しい商売も、始められない」とこぼ...

    2013年10月27日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 特別企画公演 正雀噺の世界 (その3)

    土曜ブログ「閑話休題」                 2013年10月26日(土)落語 特別企画公演 正雀噺の世界 (その3)笠と赤い風車 平岩弓枝作 浅草の馬道に、豆腐屋の嘉吉の店がありました。嘉吉は、大変な働きものでした。男の子が生まれました。しかし、産後のひだちが悪く、おかみさんは三日後に亡くなりました。 嘉吉が困っていた時、おかみさんの妹のおせんさんは、「兄さん、この子は、私が育てますよ...

    2013年10月26日

    椎野 潤

  • 50年後の地域社会の鍵『地産地消』

    エネルギーのバイオマス化による地産地消による地域振興(4)滝の上町の事例(その4)

    金曜ブログ「日本の未来を考える」            2013年10月25日(金)「50年後の地域社会の鍵『地産地消』」(その8)北海道各地でのエネルギーのバイオマス化による地産地消による地域振興(4)滝の上町の事例(その4) このボイラーの設置に先立ち、2008年には、エネルギー資源である山林内の未利用材の安定供給体制の具体的な構築を始めています。 まず「里土場集材方式」を導入しました。 吉田...

    2013年10月25日

    椎野 潤

  • 50年後の地域社会の鍵『地産地消』

    エネルギーのバイオマス化による地産地消による地域振興(3)滝の上町の事例(その3)

    木曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年10月24日(木)「50年後の地域社会の鍵『地産地消』」(その7)北海道各地でのエネルギーのバイオマス化による地産地消による地域振興(3)滝の上町の事例(その3) バイオマスによる地産地消の地域振興と、雇用の創出において、まず、第一に重要なのは、町が保有するボイラーの石油燃料費です。この町外に流出する石油燃料費が、まず、最初の段階で、町...

    2013年10月25日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    起業家を育てる(その3)

    水曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年10月23日(水)起業家を育てる(その3)起業者への資金的援助 政府は、この起業者に、資金援助を考えているようです。新聞記事(日本経済新聞、2013年10月16日)は、以下のように書いています。 「市町村がつくる支援の枠組みを政府が認定すれば、支援対象の創業者には、起業にむけた資金を補助する。補助金は、創業者には、最大200万円、市町村...

    2013年10月23日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    起業家を育てる(その2)

    火曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年10月22日(火)起業家を育てる(その2)「創業塾」全国に300ヶ所 昨日のブログで書きましたように、日本では、今、新しい内需を創出するための「起業」が求められています。 そして、その原動力として、民間の力、市民の力が必要ですが、国も、これを支援することを、真剣に考え始めたようです。 日本経済新聞の2013年10月16日(水)の夕刊に、...

    2013年10月22日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    起業家を育てる(その1)

    月曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年10月21日(月)起業家を育てる(その1) 安倍内閣が、6月に決めた「成長戦略」の、具体化と実効の動きが出てきました。10月に、本当に動いてくれるだろうかと危惧していましたが、その点では、納得です。 いろいろ、言い訳をして、先延ばしにするということは、避けられているようです。これは、安倍首相のリーダーシップと熱意のたまものです。 ここ数...

    2013年10月21日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 特別企画公演 正雀噺の世界 (その2)

    日曜ブログ「閑話休題」           2013年10月20日(日)落語 特別企画公演 正雀噺の世界(その2)男の花道 東海道、金谷の宿に一人の男がいました。女中を呼んでも来ません。二階に歌舞伎の中村歌右衛門一行がいて、取り込んでいたのです。一方、男は、長崎への留学で最新の医術を身につけ、江戸へ帰る途中の若い眼科医師、半井源太郎(なからいげんたろう)でした。 源太郎は、早くに...

    2013年10月20日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 特別企画公演 正雀噺の世界 (その1)

    土曜ブログ「閑話休題」               2013年10月19日(土)落語 特別企画公演 正雀噺の世界 (その1) 上野鈴本演芸場、十月中席(10月11日~20日)は、特別企画公演、『正雀噺の世界』が開催されていました。 古くから伝えられていた噺、また、一時期、人々に凄い感動を与えたが、いつの間にか忘れられた噺を堀り起こして、人々に伝えたいと努力している、林家正雀師匠の噺が、ここでは特集...

    2013年10月19日

    椎野 潤

  • 50年後の地域社会の鍵『地産地消』

    エネルギーのバイオマス化による地産地消による地域振興(2) 滝の上町の事例(その2)

    金曜ブログ「日本の未来を考える」            2013年10月18日(金)「50年後の地域社会の鍵『地産地消』」(その6)北海道各地でのエネルギーのバイオマス化による地産地消による地域振興(2)滝の上町の事例(その2) プロジェクトを進めるには、いろいろと金が必要になりますから、補助金を是非もらいたいと思うようになり、相談にいきます。 すると「国の補助金は、国民の血税を使って、皆さんの活...

    2013年10月18日

    椎野 潤

  • 50年後の地域社会の鍵『地産地消』

    エネルギーのバイオマス化による地産地消による地域振興(1) 滝の上町の事例(その1)

    木曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年10月17日(木)「50年後の地域社会の鍵『地産地消』」(その5)北海道各地でのエネルギーのバイオマス化による地産地消による地域振興(1)滝の上町の事例(その1) 先々週のブログで、これまで外部に流失していた金を、地域内で廻すことによって、地域の雇用を創出し、地域企業を潤すことを、大友詔雄先生が、その著、「自然エネルギーが生み出す地域の...

    2013年10月17日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    米「決められない政治」のわけ(その2)

    水曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年10月16日(水)米「決められない政治」のわけ(その2) 2013年10月12日(土)の日本経済新聞の朝刊の『米「決められない政治」のわけ』と題した記事から、続けて引用させていただいて、ブログを書きます。 「自分の主張を曲げるくらいなら債務不履行(デフォルト)になったほうがまし」。今の共和党強硬派の思考回路をある議会関係者はこう解説する...

    2013年10月16日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    米「決められない政治」のわけ(その1)

    火曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年10月15日(火)米「決められない政治」のわけ(その1) 2013年10月12日(土)の日本経済新聞の朝刊は、『米「決められない政治」のわけ』と題して、以下のように書いています。 「米政府機関の一部閉鎖が始まってから1週間あまり、17日には米連邦政府の債務上限(国債発行枠)引き上げの妥協期限を迎える。民主・共和両党には、歩みより兆しも出...

    2013年10月15日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    米財政「緊急行動を」 G20共同声明

    月曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年10月14日(月)米財政「緊急行動を」 G20共同声明 2013年10月12日(土)の日本経済新聞の夕刊は、以下のように書いています。 「ワシントンで開いた日米欧と新興国による20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は11日午後、共同声明を採択し閉幕した。焦点となっていた米国の財務問題で、米国債の債務不履行(デフォルト)への懸念...

    2013年10月14日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    牛めし落語会の噺

    日曜ブログ「閑話休題」               2013年10月13日(日)「牛めし落語会」(その2)この日の噺  第一席目は、「地噺(じばなし)」の「紀州」でした。 一般に、落語は、登場人物同志の「対話」と、必要最小限の情景の叙述である「地の文」から、成り立っています。 しかし、中には、普通の落語では比率の大きい「会話」が、相対的に少なく、「地の文」中心で展開される噺もあります。これを「地噺...

    2013年10月13日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    林家正雀師匠の手作りの「牛めし」をご馳走になる。

    土曜ブログ「閑話休題」               2013年10月12日(土)「牛めし落語会」(その1)林家の牛めし  10月6日(日)に、林家正雀師匠の手作りの「牛めし」を、ご馳走になりました。これは「林家の牛めし」と言われ、今では、正雀師匠しか作れない「牛めし」です。 これは、正雀さんの師匠、八代目林家正蔵師匠が、自ら手作りで作り、皆に振る舞っていたもので、正蔵師匠が稲荷町に住んでいましたの...

    2013年10月12日

    椎野 潤

  • 50年後の地域社会の鍵『地産地消』

    『地産地消』 (その4) 日本の田舎は宝の山(その2)

    金曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年10月11日(金)「50年後の地域社会の鍵『地産地消』」(その4)日本の田舎は宝の山(その2) 本書(日本の田舎は宝の山)の著者、曽根原久司氏は、移住地として、山梨県を選びました。それは、そこが、農業資源が豊富にあり、巨大消費地、首都圏から車で2時間の距離にあることが、決め手でした。 その場所は、山梨県白州町の山間(やまあい)で、近くに...

    2013年10月11日

    椎野 潤

  • 50年後の地域社会の鍵『地産地消』

    『地産地消』(その3) 日本の田舎は宝の山(その1)

    木曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年10月10日(木)「50年後の地域社会の鍵『地産地消』」(その3)日本の田舎は宝の山(その1) このブログでは、日本の多くの地域、特に山間地が、これから進行する人口減少社会の中で荒廃しないようにするには、「地産地消」が、重要な「キイ」になると主張してきました。 最近、このことを考える上で、格好の本を見つけました。「日本の田舎は宝の山」~...

    2013年10月10日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 林家正雀 特集 復活噺 第三夜 (その6)

    水曜ブログ「閑話休題」                 2013年10月9日(水)落語 林家正雀 特集 復活噺 第三夜 (その6)お富与三郎~島ぬけ~(その2) その夜は、ひどい嵐の日でした。皆は、唯一の楽しみの雑炊を食べて、布団に入って眠りました。与三郎は、この雨の中を、駆け出しました。すると、後から「ぴしゃ、ぴしゃ」と足音がついてきます。 それは久次でした。「一人で、島を抜けるんだろう」「おれ...

    2013年10月9日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 林家正雀 特集 復活噺 第三夜 (その5)

    火曜ブログ「閑話休題」                 2013年10月8日(火)落語 林家正雀 特集 復活噺 第三夜 (その5)お富与三郎~島ぬけ~(その1) 第三席目は、お富与三郎~島ぬけ~でした。この噺の元は、長唄の四代目芳村伊三郎をモデルにした勘坤坊良斎による講談です。落語では、初代の古今亭志ん生の18番でした。 歌舞伎にもなっており、歌舞伎では、玄冶店(げんやだな)が有名です。 この日の...

    2013年10月8日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 林家正雀 特集 復活噺 第三夜 (その4)

    月曜ブログ「閑話休題」                2013年10月7日(月)落語 林家正雀 特集 復活噺 第三夜 (その4)年枝の怪談(その2) この夜は、一ぱいのお客さんでした。この夜、年枝が話した怪談噺は、二代目三遊亭圓生の「唄の宿」でした。 下から唄声が聞こえてきました。誰かが唄っています。「あれは誰かね」と聞きますと「『いそ』さんです。」と言います。「年は幾つ」と聞きますと「18です」...

    2013年10月7日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 林家正雀 特集 復活噺 第三夜 (その3)

    日曜ブログ「閑話休題」                2013年10月6日(日)落語 林家正雀 特集 復活噺 第三夜 (その3)年枝の怪談(その1) 第二席目は、春風亭年枝(しゅんぷうていねんし)という、実在の噺家を主人公とした噺です。春風亭年枝は、三代目春風亭柳枝(りゅうし)の弟子です。春風亭柳枝は、江戸落語柳派の由緒ある名跡です。 江戸時代は、長崎だけが開港していましたが、明治になり、江戸も開...

    2013年10月6日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 林家正雀 特集 復活噺 第三夜 (その2)

    土曜ブログ「閑話休題」                2013年10月5日(土)落語 林家正雀 特集 復活噺 第三夜 (その2)四段目(その2) 「やっぱり、見てきたのか」旦那は、真っ赤になって怒ります。定吉は「謀る謀ると思いしが」と芝居口調で言いましたから、旦那の堪忍袋の緒がきれて、「今日という今日は、勘弁できない」と、定吉を、蔵の中に引きずって行き、閉じ込めてしまいました。 定吉は「お腹がぺこ...

    2013年10月5日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 林家正雀 特集 復活噺 第三夜 (その1)

    金曜ブログ「閑話休題」                 2013年10月4日(金)落語 林家正雀 特集 復活噺 第三夜 (その1) 林家正雀師匠は、最近、演じる人がいなくなり、長らく途切れていた噺を、苦労して掘り起こし、復活させています。9月30日、その第三夜を、聴きに行きました。正雀師匠の熱演で、大変楽しい一夜でした。 場所は、前回と同じ、お江戸日本橋亭でした。熱心なファンが、大勢、聴きにきてい...

    2013年10月4日

    椎野 潤

  • 建設維新

    「建設人材難 成長縛る」 コスト増、対応急務に

    木曜ブログ「建設維新」                2013年10月3日(木)「建設人材難 成長縛る」 コスト増、対応急務に 建設業界の人材不足が、日本経済全体の成長の阻害要因になるということが、久しぶりに、新聞に載っていました。 2013年9月18日(水)の日本経済新聞に、以下の記事が載っていました。 「建設業の人手不足が経済活動のコスト増を招く恐れが強まってきた。厚生労働省によると、人が足り...

    2013年10月3日

    椎野 潤

  • 50年後の地域社会の鍵『地産地消』

    『地産地消』(その2) 北海道芦別市の取組み

    水曜ブログ「日本の未来を考える」           2013年10月2日(水)「50年後の地域社会の鍵『地産地消』」(その2)北海道芦別市の取組み 先週のブログで、これまで外部に流失していた金を、地域内で廻すことによって、地域の雇用を創出し、地域企業を潤すことを、大友詔雄先生が、その著、「自然エネルギーが生み出す地域の雇用」の中で、述べておられることを紹介しました。 今日ブログでは、北海道芦別市...

    2013年10月2日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語  三笑亭夢吉  インタビュー(その2)

    火曜ブログ 「閑話休題」 2013年10月01日(火)落語 三笑亭夢吉 インタビュー(その2) 研精会の若手落語家、三笑亭夢吉(落語芸術協会)君と、インタビューしました。夢吉君が、落語の師匠のもとに入門した頃のこと、落語家になって、何を考えて修行してきたかなど、いろいろ、楽しい話を聞きました。 このインタピュー記録は、後日、著書として出版...

    2013年10月1日

    椎野 潤