関連記事

  • 閑話休題

    日本演芸若手研精会 春風亭昇々(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」               2013年11月30日(土)日本演芸若手研精会 春風亭昇々(その1)「強情灸」 研精会に参加している春風亭昇々は、勢いが良く、独創的で、活力のある芸をする若者です。ちょっと、紹介しておきましょう。 これは、水無月の公演です。 通り掛かった、知り合いの男が、苦しそうに唸って歩いていたので、家へ呼び込んで事情を聞いてみました。 「どこへ行っていたんだ...

    2013年11月30日

    椎野 潤

  • 50年後の地域社会の鍵『地産地消』

    「茅乃舎のだし」(その2)

    金曜ブログ「日本の未来を考える」            2013年11月29日(金)「50年後の地域社会の鍵『地産地消』」(その17)「茅乃舎のだし」(その2) この事業モデルば、先週のブログで紹介した海洋堂のフィギアのビジネスモデルと、共通点があります。 第1に、海洋堂の風神・雷神は、国立博物館の地下のショッピングモールでしか、売っていませんでした。この茅乃舎の料理も、福岡の山中にしかありません...

    2013年11月29日

    椎野 潤

  • 50年後の地域社会の鍵『地産地消』

    茅乃舎の「だし」(その1)

    木曜ブログ「日本の未来を考える」            2013年11月28日(木)「50年後の地域社会の鍵『地産地消』」(その16)茅乃舎の「だし」(その1) 私は、先週のブログで、海洋堂のフィギア(模型)が、世界に大展開していることを述べ、そのビジネスモデルが、日本の山村発の小さな特産品にも、応用できるのではないかと述べましたが、さっそく、それに似たビジネスモデルを発見しました。 福岡県の山の...

    2013年11月28日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    スーパーのネット直結(その2)

    水曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年11月27日(水)スーパーのネット直結(その2) 11月20日(水)の日本経済新聞は、以下のようにも、書いています。 「2012年の消費者向け電子商取引(EC)市場は9兆5千億円と5年で8割伸びた。アマゾンジャパンや楽天は食品や日用品の販売も強化。店で品定めしてネットで購入した商品を自宅まで届けてもらう「ショールーミング」という商行為も...

    2013年11月27日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    スーパーのネット直結(その1)

    火曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年11月26日(火)スーパーのネット直結(その1) 小売店は、今、急成長するネット販売に、市場を急速に奪われつつあります。店舗で、買うものを決めておいて、実際の買い物はネットでおこなう客が多くなっています。 イオン等のスーパーは、これに対抗して、実店舗とネット販売システムを直結するシステムの導入を、はじめました。 日本経済新聞の11月20...

    2013年11月26日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    外国人旅行者に優しい国に

    月曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年11月25日(月)外国人旅行者に優しい国に 今年、日本を訪れる外国人の数が、過去、最大になるようです。 日本経済新聞の2013年11月24日(日)の社説は以下のように書いています。  「観光などで日本を訪れた外国人が今年、過去最高となることが確定した。10月末までの累計が過去最高だった2010年の年間訪日者数を上回ったからだ。  「経済...

    2013年11月25日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    日本演芸若手研精会、柳亭こみち(その2)

    これは、2013年、長月の公演です。柳亭こみち 柳亭こみち姐さんは、2816グラムの男子を出産しました。元気に、研精会の高座に復帰しました。皆をまとめる中心だった、こみち姐さんは、お母さんに出世したようです。ますます、皆の中心になっていくことでしょう。 また、研精会が、華やぎました。この日の演目は「武助馬(ぶすけうま)」です。 旦那のところに、お客さまがきました。もと、この店にいた、武助です。役者...

    2013年11月24日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    日本演芸若手研精会、柳亭こみち(その1)

    これは、日本芸能若手研精会、卯月公演です。 柳亭こみち この日の圧巻は、柳亭こみちでした。妊娠9カ月で、高座に上がる決意も凄いものがありましたが、噺も勢いがあり、歯切れのよい江戸弁で、女性噺家の一つの姿を、確立しつつあると感じました。 今日、話さねば話せないと言って話した「町の若い衆」は、「妊婦」の噺です。 長屋の熊五郎、兄貴分が、家を増築したので、お祝いに出かけました。熊五郎は、「兄貴は偉い」と...

    2013年11月23日

    椎野 潤

  • 50年後の地域社会の鍵『地産地消』

    「尖った市場 フィギア」

    金曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年11月22日(金)「50年後の地域社会の鍵『地産地消』」(その15)「尖った市場 フィギア」 ここで、尖った市場の代表である、フィギア(模型)ついて述べてみましょう。 海洋堂は、プラモデルを売っていた会社でした。好きな子供に、自由にやらせていたら、いっぱい、アーティストが生まれました。 国立博物館の地下のミュージアムショップ。そこでしか...

    2013年11月22日

    椎野 潤

  • 50年後の地域社会の鍵『地産地消』

    小さい「尖った市場」

    木曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年11月21日(木)「50年後の地域社会の鍵『地産地消』」(その14)小さい「尖った市場」 地産地消とは、一見、離れるように見えますが、ここでは、この小さい「尖った市場」の話をしてみましょう。 インターネットで、顧客が、欲しいものを探して、買うようになると、先週述べたような、その一つ一つは、小さいけれども、強烈な「尖った市場」が、現れます...

    2013年11月21日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    米国民の対日世論を大事にしよう

    水曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年11月20日(水)米国民の対日世論を大事にしよう 日本経済新聞の2013年11月15日(金)の社説は以下のように書いています。 「米国の新しい駐日大使キャロライン・ケネディ氏が着任する。日米の絆が一段と深まることを期待したい。」 「歴代大使は①米政界の大物②実務的な外交官③大統領の親しい友人――が務めることが多かった。政官界の公職経験が...

    2013年11月20日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    地球環境問題に関して安倍首相の理念の表明が必要だ

    火曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年11月19日(火)地球環境問題に関して安倍首相の理念の表明が必要だ 日本経済新聞の2013年11月12日(火)の社説は以下のように書いています。 「政府が決めようとしている温暖化ガス削減の新目標は、環境先進国を自負する日本としてあまりに低水準だ。目標をもっと高められないか。目標決定の根拠やプロセスが不透明なのも問題だ。」 「地球温暖化の...

    2013年11月19日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    日本演芸若手研精会 市楽 中村仲蔵(その3)

    月曜ブログ「閑話休題」               2013年11月18日(月)日本演芸若手研精会 市楽 中村仲蔵(その3) このブログは、先週のつづきです。 やってる最中に、うまいと思わされるのは、まだ、うまくないのです。 この仲蔵の定九郎は、声をかけてもらえない。この、ただ、ざわざわとする客席の姿に、仲蔵は、やりそこなったと思いました。 後世、名人と言われた人は、どこか違います。その形が、いち...

    2013年11月18日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    日本演芸若手研精会 市楽 中村仲蔵(その2)

    日曜ブログ「閑話休題」               2013年11月17日(日)日本演芸若手研精会 市楽 中村仲蔵(その2) このブログは、昨日のつづきです。 その帰り道です。一点にわかにかき曇り、大変な降りになりました。「ちょっと、雨宿りさせてください。」「ごゆっくりして下さい。」「蕎麦をください。」と蕎麦を食べていますと、「親父、酒を持ってこい。」と、破れ笠を投げ出して、侍が入ってきました。 ...

    2013年11月17日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    日本演芸若手研精会 市楽 中村仲蔵(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」               2013年11月16日(土)日本演芸若手研精会 市楽 中村仲蔵(その1)日本演芸若手研精会の霜月公演を聞きにいきました。場所は、人形町、日本橋劇場です。 この日の番組は、以下の通りでした。柳亭  市助    子ほめ金原亭 龍馬    後生鰻桂   宮治    たらちね古今亭志ん吉    夢の酒柳亭 こみち    安兵衛狐柳亭  市楽    中村仲...

    2013年11月16日

    椎野 潤

  • 50年後の地域社会の鍵『地産地消』

    大きくない方が良い小さい方が良い

    金曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年11月15日(金)「50年後の地域社会の鍵『地産地消』」(その13)大きくない方が良い小さい方が良い 今までの日本社会は、大きいほど良い、生産性が高いほど良いというのが常識の社会でした。これからの人口減少、コンパクト化社会では、これが逆になるようです。 先週までのブログで、取り上げていた、北海道の滝の上町も、人口もすくない小さい地域でし...

    2013年11月15日

    椎野 潤

  • 50年後の地域社会の鍵『地産地消』

    建設業の農業生産法人

    木曜ブログ「日本の未来を考える」            2013年11月14日(木)「50年後の地域社会の鍵『地産地消』」(その12)建設業の農業生産法人 地産地消による地域社会の活性化を考えるとき、地域の建設業者の存在は、重要です。その地域と言うとき、特に地域の範囲がせまい場合ほど、その重要度は増します。ここでは、総合建設業とは、建設工事もやることもある、なんでもやる業者です。 「ハコモノ」の建...

    2013年11月14日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農業改革は、どうなるのか(その9)

    水曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年11月13日(水)農業改革は、どうなるのか(その9)農政改革の始動(その2) 2013年11月7日(木)の日本経済新聞を、今日も、続けて引用します。 「減反にからむ直接補助金は、今年度の総額で約1700億円。民主党政権は、減反補助金を中心に農家の所得補償関連政策に、年間7000億円前後を投じた。自民党が野党時代に『ばらまき政策の典型』と...

    2013年11月13日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農業改革は、どうなるのか(その8)

    火曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年11月12日(火)農業改革は、どうなるのか(その8)農政改革の始動(その1) 農政改革が、ようやく、動き始めました。2013年11月7日(木)の日本経済新聞は、以下のように書いています。 「安倍政権が掲げる農政改革が動き初めた。農林水産省は5年後にコメの生産調整(減反)をやめる方針を6日の自民党農林部会などに示し了承された。減反に協力す...

    2013年11月12日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農業改革は、どうなるのか(その7)

    月曜ブログ「日本の未来を考える」          2013年11月11日(月)農業改革は、どうなるのか(その7)減反はなくし農家の個性を競争力に 2013.10.30の日本経済新聞の社説は、以下のように書いています。 「農業の競争力を高めるためには、これまでの平等主義ではなく、それぞれの農家の「強さ」を伸ばす政策への発想転換が重要だ。 大規模化で生産コストを下げられる農家は、その路線を追求し、規...

    2013年11月11日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 権太楼ざんまい(その5)

    日曜ブログ「閑話休題」               2013年11月10日(日)落語 権太楼ざんまい(その5) 今日のブログは、柳家権太楼の「幽霊の辻」のつづきです。 おばあさんの話は、続きます。 「首くくりの松がありますよ。娘が宿場の女郎に売られたんですよ。逃げててきたんだけど、ここで、首をくくったんですよ。」「それから、ここで、若い娘さんの幽霊が出るんですよ。」「『ちょ~~い。ちょ~~い。』と...

    2013年11月10日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 権太楼ざんまい(その4)

    土曜ブログ「閑話休題」                2013年11月9日(土)落語 権太楼ざんまい(その4)幽霊の辻 錦秋恒例、権太楼ざんまいの、第2話は、「幽霊の辻」でした。 以下は、柳家権太楼の「幽霊の辻」の私の記録です。 「冗談じゃァないよな、『どうしても、今日中に、届けてくれ』と言うんだからな。」「山を越えるなんて、聞いていなかったもの。」「行けるのかな。」 「茶店の婆さんに聞いてみよう...

    2013年11月9日

    椎野 潤

  • 50年後の地域社会の鍵『地産地消』

    エネルギーのバイオマス化による地産地消による地域振興(7) 滝の上町の事例(その7)

    金曜ブログ「日本の未来を考える」           2013年11月8日(金)「50年後の地域社会の鍵『地産地消』」(その11)北海道各地でのエネルギーのバイオマス化による地産地消による地域振興(7)滝の上町の事例(その7)Ⅲ.活用調査と燃焼実験 次の段階では、調査や実験がおこなわれ、計画の実現性が検証されています。(1)木材パーク用堆肥製造研究(地域提案型雇用創造事業を活用、2005年)(2)...

    2013年11月8日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農業改革は、どうなるのか(その6)

    木曜ブログ「日本の未来を考える」           2013年11月7日(木)農業改革は、どうなるのか(その6)農産物の輸出支援(2) 農産物の輸出支援の第2の柱は、果物の貯蔵施設への援助です。新聞記事(2013.10.31、日本経済新聞、夕刊)は、以下のように書いています。 「支援のもう一つの柱は、果物の貯蔵施設の整備費の助成だ。中国や台湾など中華圏では、縁起が良いとされる赤色で大きな日本産の...

    2013年11月7日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農業改革は、どうなるのか(その5)

    水曜ブログ「日本の未来を考える」           2013年11月6日(水)農業改革は、どうなるのか(その5)農産物の輸出支援(1) 農業改革で、きわめて重要なのは、輸出の振興ですが、その具体策の一部が、ようやく、明らかになりました。 日本経済新聞の10月31日(木)の夕刊は、以下のように書いています。 「政府は食品の輸出を後押しする。高級和牛や果物など日本が強みを持つ農畜産物を、輸出先の求め...

    2013年11月6日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    農業改革は、どうなるのか(その4)

    火曜ブログ「日本の未来を考える」           2013年11月5日(火)農業改革は、どうなるのか(その4) 農業改革のような、根本的で、重要な問題が、そう簡単に解決するはずがありません。これから、当然のこと、いろいろな波瀾がありそうです。新聞(2013年10月25日の日本経済新聞)ば、以下のように書いています。 「もっとも、見直しを行なう行方は波瀾含みだ。TPP交渉で日本は、農業分野の高率...

    2013年11月5日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 権太楼ざんまい(その3)

    月曜ブログ「閑話休題」                 2013年11月4日(月)落語 権太楼ざんまい(その3) 今日も、柳家権太楼、「茶の湯」のつづきです。 「大家の小僧さんが、手紙を持ってきた。」「『今晩、拙宅で、茶飯をご馳走するので、お越しいただきたい』茶の湯の招き状だ。」 「それは、よかったね。」「でも、茶の湯は、難しいんだよ。」「『知らないから、教えてください。』と言えば良よ。」「物知り...

    2013年11月4日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 権太楼ざんまい(その2)

    日曜ブログ「閑話休題」                 2013年11月3日(日)落語 権太楼ざんまい(その2)柳家権太楼、「茶の湯」のつづきです。 炭火をおこします。煙が、もうもうと立ち込めました。「茶道具を出しておくれ。」「ドンブリがありますよ、深いのと浅いのとあります。」「深いのは男用だ。」「竹のジャラジャラがありますよ。泡立たせ器ですね。」 青きなこを入れてカンカラカンと混ぜました。「何と...

    2013年11月3日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 権太楼ざんまい(その1)

    土曜ブログ「閑話休題」                2013年11月2日(土)落語 権太楼ざんまい(その1) 錦秋恒例、権太楼ざんまい、を聞きに行きました。 案内の小冊子に、ネタ帳がありました。第1回 死神 人形買い第2回 二番煎じ 笠碁第3回 文七元結 寝床第4回 笠碁 御慶第5回 百年目 黄金の大黒第6回 抜け雀 死神第7回 宿屋の仇討 一人酒盛第8回 大山詣り 疝気の虫第9回 一人酒盛り ...

    2013年11月2日

    椎野 潤

  • 50年後の地域社会の鍵『地産地消』

    エネルギーのバイオマス化による地産地消による地域振興(6) 滝の上町の事例(その6)

    金曜ブログ「日本の未来を考える」           2013年11月1日(金)「50年後の地域社会の鍵『地産地消』」(その10)北海道各地でのエネルギーのバイオマス化による地産地消による地域振興(6)滝の上町の事例(その6)Ⅱ.滝の上町木質バイオマス資源検討委員会 2001年、滝の上町の木質バイオマス資源を検討するために、「滝の上町木質バイオマス資源検討委員会」が設立されました。この委員会では、...

    2013年11月1日

    椎野 潤