関連記事

  • 地域の未来を考える

    地域の未来を考える(その15) 地産地消と自立ということ

    金曜ブログ「地域の未来を考える」            2014年1月31日(金) 地域の未来を考える(その15)地産地消と自立ということ 私は、50年後の日本の望ましい国家の顔に、二つの顔があると言いました。その一つは、東京を中心とした「都市国家」、二つ目は、「地域自立型自然共生国家」です。 私は、前者については、あまり心配していません。日本人の今の発想で、うまく出来るからです。問題は後...

    2014年1月31日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域の未来を考える(その14) 離島での里山資本主義の成功例

    木曜ブログ「地域の未来を考える」            2014年1月30日(木) 地域の未来を考える(その14)離島での里山資本主義の成功例 参考図書に、里山資本主義の離島での事例が示されています。離島は、コミュニティが閉じており、里山資本主義を推進するには、向いているようです。 人々が、自分、自社ではなく、島の視点になりやすいのでしょう。その反面、島の人々は、タコツボの中におり、外が見...

    2014年1月30日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    人々に生きる喜びを与えるのが私が生きている目的(その4) 中村勘九郎とヤマザキ マリ(2)

    水曜ブログ「閑話休題」                 2014年1月29日(水) 人々に生きる喜びを与えるのが私が生きている目的(その4)中村勘九郎とヤマザキ マリ(2) ヤマザキ マリさんが、日本に来ている時に、勘三郎さんから「今、中村屋に来てよ」と電話をもらいました。「公演は『聖天町、法界房』でした。これは凄かったです。ぼんやり立っていますと、袖を引っ張る人がいます。法界房姿の勘三郎...

    2014年1月29日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    人々に生きる喜びを与えるのが私が生きている目的(その3) 中村勘九郎とヤマザキ マリ(1)

    火曜ブログ「閑話休題」               2014年1月28日(火) 人々に生きる喜びを与えるのが私が生きている目的(その3)中村勘九郎とヤマザキ マリ(1) この熱血漫画家、ヤマザキ マリさんが、歌舞伎の次世代を担う、若手歌舞伎役者、中村勘九郎(31歳)さんに、「何かがなんでも会いたい」と会いました。 このテレビ画像では、昨年、働き盛りで亡くなった、勘九郎さんの父、中...

    2014年1月28日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    人々に生きる喜びを与えるのが私が生きている目的(その2) 熱血漫画家、ヤマザキ マリ(2)

    月曜ブログ「閑話休題」               2014年1月27日(月) 人々に生きる喜びを与えるのが私が生きている目的(その2)熱血漫画家、ヤマザキ マリ(2) このヤマザキ マリさんの奔放な生涯は、母親からもらったエネルギーに起因しているようです。マリさんは、「母親は、好きなことをやっている人だったから、ストレスの溜まっているのを、見たことがなかった。」「ですから、仕事...

    2014年1月27日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    人々に生きる喜びを与えるのが私が生きている目的(その1) 熱血漫画家、ヤマザキ マリ(1)

    日曜ブログ「閑話休題」               2014年1月26日(日) 人々に生きる喜びを与えるのが私が生きている目的(その1)熱血漫画家、ヤマザキ マリ(1) 2014年1月25日(日)、NHKテレビで、面白い番組を見ました。NHKEテレ東京「知らないって、ワクワク」です。 この日は、熱血漫画家、ヤマザキ マリさんが、歌舞伎界の次代を担う期待の星、中村勘九郎さんと会って、...

    2014年1月26日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    里山資本主義の先進国、オーストリア(5) 利子で生活する

    土曜ブログ「地域の未来を考える」            2014年1月25日(土) 地域の未来を考える(その13)里山資本主義の先進国、オーストリア(5)利子で生活する この章の著者夜久さんは、以下の質問をしています。「いよいよ肝心の質問を、ヨハン・ツェッシャーさんに投げかけてみる。『森林が一年間に成長する量の100%を利用することを目指しているのですよね? しかし、100%を超えてしまっ...

    2014年1月25日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    里山資本主義の先進国、オーストリア(4) 森林マイスター制度

    金曜ブログ「地域の未来を考える」            2014年1月24日(金)地域の未来を考える(その12)里山資本主義の先進国、オーストリア(4)森林マイスター制度 オーストリアも、日本と同じように、長い歴史の中で、徒弟制度による技術の伝承と人材育成を進めてきた国です。 この国の森林を管理し、かつ、自ら作業する「森林マイスター」に、私は、今、注目しています。オーストリアでは、林業従事...

    2014年1月24日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    里山資本主義の先進国、オーストリア(3) 暖房ボイラーのオートメーション

    木曜ブログ「地域の未来を考える」            2014年1月23日(木)地域の未来を考える(その11) 里山資本主義の先進国、オーストリア(3)暖房ボイラーのオートメーション NHK広島の夜久恭裕氏は、オーストラリアに行って、いろいろと、参考になるものを見てきています。その一つに、真庭市(岡山)で軌道に乗りつつある、石油からペレットへの、エネルギー源変換に関する技...

    2014年1月23日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    里山資本主義の先進国、オーストリア(2) 先進事例、ギュッシング(2)

    水曜ブログ「地域の未来を考える」            2014年1月15日(水)地域の未来を考える(その10)里山資本主義の先進国、オーストリア(2)先進事例、ギュッシング(2) これは、このブログで、今までに取り上げてきた、北海道の滝の上町と岡山県真庭市と同じ発想ですが、なにしろ、これは、先進事例なのです。 1990年と言えば、日本はバブル崩壊前後です。日本では、この不況を乗りきれば、再び、元...

    2014年1月22日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    里山資本主義の先進国、オーストリア(1) 先進事例、ギュッシング(1)

    火曜ブログ「地域の未来を考える」            2014年1月14日(火)地域の未来を考える(その9)里山資本主義の先進国、オーストリア(1)先進事例、ギュッシング(1) オーストラリアは、ドイツの南方、中部ヨーロッパの内陸に位置する、小さい国です。人口は、1000万足らず。面積は北海道と同じ位です。 首都、ウイーンは、昔から、音楽の都として有名です。森林面積は、日本の15%位しかありませ...

    2014年1月21日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    ネットを使い個人の力を引き出そう

    月曜ブログ「日本の未来を考える」            2014年1月20日(月)ネットを使い個人の力を引き出そう 日本経済新聞の2014年1月6日の社説は、以下のように書いています。 「日本が、国際社会で存在感を高めるには、インターネットによる「つながる力」をもっと生かす必要がある。人々の絆が東日本大震災を乗り越える力となったように、新たなつながりが、経済や社会を変える大きな原動力となる。」 そ...

    2014年1月20日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    落語 研精会 杞憂に終わった一年前の心配

    日曜ブログ「閑話休題」               2014年1月19日(日)落語 研精会 杞憂に終わった一年前の心配 研精会も、昨年の春は、大抜擢で注目を浴びた落語協会の春風亭一之輔に、話題が集中していました。彼が抜けると、研精会は、どうなるのだろうかと、皆、心配していました。 それから、1年たち、研精会も新しいメンバーで、立派な姿になりました。これを考えると感無量です。メンバー、一人一...

    2014年1月19日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    誰もが同じ条件で競争できる国に

    土曜ブログ「日本の未来を考える」            2014年1月18日(土)誰もが同じ条件で競争できる国に 日本経済新聞の2014年1月5日の社説は、以下のように書いています。 「競争はより良いサービスや商品を生みだす源だ。事業を営む人たちの切磋琢磨(せっさたくま)が経済を成長させ、人々の暮らしを豊かにする。誰でも自由に競争できる社会にすることが大切だ。 しかし、今の日本はその環境に遠い。通...

    2014年1月18日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    人口が減っても活力を維持しよう

    金曜ブログ「日本の未来を考える」            2014年1月17日(金)人口が減っても活力を維持しよう 日本経済新聞の2014年1月4日の社説は、以下のように書いています。 「政府が1964年にまとめた将来推計人口をインターネット上で閲覧できる。日本の総人口は、2005年の1億2170万人で天井を打つと予測していた。 結果はどうか。実際のピークは08年の1億2810万人で、政府の予測はほ...

    2014年1月17日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    日立の改革が映す日本企業再生の道筋

    木曜ブログ「日本の未来を考える」            2014年1月16日(木)日立の改革が映す日本企業再生の道筋 日本経済新聞の2014年1月10日の社説は、注目の巨艦日立の再生をとりあげて、以下のように書いています。 「長らく業績低迷に苦しんだ日立は近年大胆な改革を進め、面目を一新した。リーマンショック後の2009年3月期には日本の製造業として過去最大の7873億円の純損失を計上したが、今年...

    2014年1月16日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    産業社会をモデルチェンジする

    水曜ブログ「日本の未来を考える」            2014年1月15日(水)産業社会をモデルチェンジする 日本経済新聞の2014年1月3日の社説に、「産業をモデルチェンジする」と題する社説が、掲載されました。 ここでは「日本の未来を考える」上で、今、ただちに取り組まねばならないテーマが、丁寧に網羅されています。私が、ビジネススクールに在籍していた頃、専門にしていた分野であり、久し振りに、大い...

    2014年1月15日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域の未来を考える(その8) 里山資本主義(5)

    火曜ブログ「地域の未来を考える」            2014年1月14日(火)地域の未来を考える(その8)里山資本主義(5)広島県庄原市 本書のこの章の著者、夜久恭裕さんが「とりこになった革命の舞台」といっているところが、もう一つあります。 広島県の最北端、庄原市の更に外れにある総領地区。人口4万人。高齢化率、40%。ここに、このような地域にこそ、富があるのだと考え、そのように生活し、これを全...

    2014年1月14日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域の未来を考える(その7) 里山資本主義(4)

    月曜ブログ「地域の未来を考える           2014年1月13日(月)地域の未来を考える(その7)里山資本主義(4)世界経済の最先端、中国山地(その3)バイオマスで自立する町のトップランナー真庭 中国地方は、太古から戦後まもなくまで、山から得るものを徹底的に利用して、地域経済を自立させていました。  この地域は、古くからのタタラ製鉄の歴史があり、日本の代表的な、鉄の産地でした。製鉄...

    2014年1月13日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    日本演芸若手研精会 第389回 睦月公演

    日曜ブログ「地域の未来を考える」            2014年1月12日(日)日本演芸若手研精会 第389回 睦月公演 2014年1月9日、新年の研精会を見に行きました。場所は、水天宮前の日本橋劇場です。 会場は、新年らしい華やいだ雰囲気に包まれていました。和服の女性も、普段より多かったです。 仲入の休憩時に、桂宮治君が、大声で前売り切符を売っていました。二つ目の落語家が、切符を売る風景は、自...

    2014年1月12日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域の未来を考える(その6) 里山資本主義(3)

    土曜ブログ「地域の未来を考える」            2014年1月11日(土)地域の未来を考える(その6)里山資本主義(3)世界経済の最先端、中国山地(その2)、岡山県真庭市のペレットボイラー 中島浩一郎さんの先導されたものとして、もう一つ大事なものに、ペレットがあります。これは、昨日のブログで、北海道大学の大友先生の指導で、地域活性化を実現した、滝の上町の事例を、ご紹介しましたが、これも考え...

    2014年1月11日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域の未来を考える(その5) 里山資本主義(2)

    金曜ブログ「地域の未来を考える」            2014年1月10日(金)地域の未来を考える(その5)里山資本主義(2)世界経済の最先端、中国山地(その1)、岡山県真庭市のバイオマス発電 この書の第1章では、中国山地での里山資本主義の先覚者、先導者の活動が紹介さています。今日のブログで、紹介するのは、木質バイオマスによる町おこし、衰退一途だった製材工場を、希望の先端産業工場に変えた、中島浩...

    2014年1月10日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域の未来を考える(その4) 里山資本主義(1)

    木曜ブログ「地域の未来を考える」            2014年1月9日(木)地域の未来を考える(その4)里山資本主義(1) 私は、50年後の日本は、「地域」中心の社会になると考えていますが、このことを考える上で、きわめて、重要な本があります。藻谷浩介著「里山資本主義」~日本経済は『安心の原理』で動く~(引用・参考文献①)です。 この本の「はじめに」の冒頭で、NHK広島取材班の井上恭介氏は、...

    2014年1月9日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域の未来を考える(その3) 新たな帰郷の時代

    水曜ブログ「地域の未来を考える」            2014年1月8日(水)地域の未来を考える(その3)新たな帰郷の時代 東北芸術大学の東北文化研究センターの赤坂憲雄所長は、新たな帰郷の時代が始まるかもしれないと、以下のように述べられています。 「山形県高畠町には、星寛治さんという、大変すぐれた指導者がいて、有機農業を中心として、さまざまな活動を行なっています。この高畠町には、60人以上の...

    2014年1月8日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域の未来を考える(その2) 交流居住

    火曜ブログ「地域の未来を考える」            2014年1月7日(火)地域の未来を考える(その2)交流居住 都市部以外の地域の50年後を考えるときに、重要な言葉に「交流居住」という言葉があります。 愛知県に「交流居住センター」というものがあります。ここでは「短期滞在から本格的な移住まで、様々な田舎暮らしを、交流居住と位置付ける」と、パンフレットに書いてあります。 また、このパンフレッ...

    2014年1月7日

    椎野 潤

  • 地域の未来を考える

    地域の未来を考える(その1) 輝く都市国家

    月曜ブログ「地域の未来を考える」            2014年1月6日(月)地域の未来を考える(その1)輝く都市国家 私は、50年後の日本の姿を、次のように考えています。まず、50年後、日本は、シンガボール、香港のような都市国家になるだろうと思います。 日本は、これから、人口が減少していきますが、東京(厳密に言えば東京都を中心とした首都圏)の人口は、あまり減少せず、その知的レベル、技術レベ...

    2014年1月6日

    椎野 潤

  • 椎野塾の活動

    50年後の日本を考える 椎野塾の活動(その3) 椎野塾で考えてきたこと(2)

    日曜ブログ「椎野塾の活動」            2014年1月5日(日)50年後の日本を考える 椎野塾の活動(その3)椎野塾で考えてきたこと(2) 一方で、日本人の美質を調べて行くと、これは大変古くから、日本人が持っていたものであり、日本列島で、国家が、まだ、充分形成されていなかった女王卑弥呼の時代まで、その起源を、遡ることが出来ることがわかりました。 そして、これは四方海に囲まれ、...

    2014年1月5日

    椎野 潤

  • 椎野塾の活動

    50年後の日本を考える 椎野塾の活動(その2) 椎野塾で考えてきたこと(1)

    土曜ブログ「椎野塾の活動」            2014年1月4日(土)50年後の日本を考える 椎野塾の活動(その2)椎野塾で考えてきたこと(1) 長い間苦しんできた円高株安を脱却して、円安株高になり、2014年は、久しぶりに明るい新年を迎えました。アベノミックスによる新産業の創出や、その障害になる規制緩和の検討も、急ピッチに行なわれています。椎野塾を開塾した1年9カ月前の沈滞した社...

    2014年1月4日

    椎野 潤

  • 椎野塾の活動

    50年後の日本を考える 椎野塾の活動(その1) 凄い学生達との出会い

    金曜ブログ「椎野塾の活動」            2014年1月3日(金)50年後の日本を考える 椎野塾の活動(その1)凄い学生達との出会い ようやく、日本と日本人の未来について、危惧する若者達が、立ち上がりました。 2013年12月、全国30都道府県101大学の学生1240人を集めて、「Next Leaderes Meating 2013 を開催した二人の学生、徳本進之介君と、喜多恒...

    2014年1月3日

    椎野 潤

  • 日本の未来を考える

    正月 箱根駅伝

    木曜ブログ「閑話休題」                 2014年1月2日(木)正月 箱根駅伝 正月2日、今日は、恒例の箱根駅伝がありました。若い人達の必死の力走を、私は、毎年、楽しみにして見ています。 この箱根駅伝を走る若者達は「小学生のときから、今日まで、箱根駅伝を走ることを夢見て頑張ってきました。このレースに参加できて、本当に嬉しいです」と、異口同音に言っていました。 子供の頃から目指すもの...

    2014年1月2日

    椎野 潤

  • 閑話休題

    明けましておめでとうございます

    水曜ブログ「閑話休題」                 2014年1月1日(水)明けましておめでとうございます。 あけましておめでとうございます。ブログの読者の皆様、今年もよろしく、お願いいたします。 今年の正月は、元旦から、落語を観にいきました。上野鈴本演芸場、平成26年正月初席「吉例落語協会初顔見世特別公演」新春爆笑特別興行、第三部(夜の部)です。今年から、第三部(夜の部)のトリ(主任)は、柳...

    2014年1月1日

    椎野 潤